就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

すぐできる、OB・OG訪問メールの書き方【書き順付き】

OB・OG訪問の準備ができたら依頼メールを作成します。メールに盛り込むべき内容を、書き順付きで解説しますので作成してみましょう。

OB・OG訪問 依頼メールの書き方

 マニュアル本や就活関連サイトにテンプレートが載っていますので、コピペで利用すれば失礼のないものにはなります。

しかしコピペでは内容が薄くなったり、全く没個性のものになってしまいます。

「就活の答え」では以下のポイントをおさえてオリジナルをつくってから、就活本・マニュアルのテンプレートと比較・チェックして完成させることをお勧めしています。

ビジネスメールの書き方の練習にもなりますので、まず自分で作成してみてください。

依頼メールで押さえるべきポイント(書き順つき)

件名:「OB(OG)訪問のお願い」

本文内容:

  1. あて先:正式社名(前株か後株かを間違えないように)部門名(正式セクション名は正確に。○○部 ○○課まで)名前 (フルネームで正確に。伊藤・伊東、渡辺・渡邊など同音で違う漢字や旧漢字・人名漢字を注意すること。間違っている場合は失礼な印象をあたえます)
  2. 自己紹介:相手を知らない場合は「はじめまして。突然のメールで申し訳ございません。○○大学○○学部○○学科の○○○○(フルネーム、読みにくい場合は かなを併記)と申します。」旧知の先輩の場合ははじめましては不要。
  3. 個人情報取得の経緯の記載:「○○より○○様のご連絡先を紹介して頂きました」のように、どうやって個人情報を得たのかを正確に伝えます。旧知の場合は不要です。近親者・友人から紹介していただく場合は、あらかじめ近親者・友人に訪問対象者の個人情報開示の許可を得ることが前提になります。(近親者・友人に『○○大学の○○(ななたの名前)が○○(訪問対象者)に就活のOB・OG訪問の依頼連絡をすると思うけどいいよね』というの事前許諾の連絡でも良いです。)
  4. まず用件を伝えます:「お忙しい中恐縮ですが、○○様に是非OB(OG)訪問をさせていただきたく、メールいたしました」
  5. OB訪問を希望する理由を説明します:テンプレートに頼らず自分の動機を説明しましょう。どうしてもうまく書けない場合はテンプレートを流用してください。理由を述べた後は「ぜひ○○様のお話を伺いたく、ご連絡させていただきました。」の結びで大丈夫です。
  6. 訪問日時の打診:こちらの希望の日程を必ず複数(3つ)を開始時刻・終了時刻の幅を特定して提案してください。午前中・午後・午後早目などのあいまい表現はNGです。また朝一番や午後一番など、忙しい時間帯ををこちらから指定するのは避けましょう。午前であれば10時以降が常識の範囲です。また昼の時間帯の可能性もありますので、昼またぎはOKですが、その場合でも午前11時から午後15時のように余裕を持たせてください。正午から14時の間のようなランチの時間帯ピンポイントはNGです。「上記より○○様のご都合のよい時間・場所をご指定いただき、ご返信いただければ幸いです。」で結びます。
  7. 候補以外に可能性のある日時を尋ねる:3つの候補を提案しても、忙しい社会人はすべて予定が埋まっている場合があります。その場合をフォローする文章をそえておきましょう。「もし上記日時の御予定が埋まっている場合は、可能であれば○○様のご都合のつく日時をいくつかご教示いただけないでしょうか」という内容になります。ピンポイントで指定されても、あなたが対応できない場合があるので、複数の候補をもらえるようにしてください。
  8. お礼の言葉で結ぶ:「お忙しい中誠に恐縮ですが、何卒よろしくお願い致します」で大丈夫です。
  9. 署名・連絡先情報をフルで記載する:「大学名・学部名・学科名・フルネーム・メールアドレス・携帯メール番号・自宅電話番号・住所」を記載しておきましょう。アウトルックであれば署名を作成しておけばその都度打つ手間が省けます。

下書きが書けたら、誤字脱字がないかどうか、送信前にメールアドレスが正しいかなどの校正を必ずしてください。近親者がいる場合はチエックしてもらうのも良い方法です。

アポイントが決まれば次のステップ、返信メール、質問の事前メールの作成に進みます。次の記事を参考にしてください。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

※このツールを利用する登録の際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な22年卒・23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明なの22年卒・23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。