就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接、これで安心!尊敬する人についての質問への対処法

あなたは「尊敬する人は誰ですか?」という質問に答えられますか?

就活の面接で頻発される「尊敬する人は誰ですか?」という質問。定番とも言ってよいでしょう。

厚生労働省は「採用選考時に配慮すべき事項」の中で、適性や能力に関係のない避けるべき質問の中に、思想信条に関わることの一つとして「尊敬する人物に関すること」を挙げています。コンプライアンスに厳しい企業は「あなたが一番影響を受けた人は誰ですか?」という質問に変えて質問するでしょう。

面接官は何故、あなたが尊敬する人、あなたが一番影響を受けた人を聞くのでしょうか?あなたが質問に答えない、もしくは「尊敬する人はいません」と答える事で、マイナスの評価を受けてしまうのは、あまりにも馬鹿馬鹿しいため、この質問への対策はしておきましょう。

この記事を読み進む前に、是非あなたの答えを出してみて下さい。そして後半の解説と照らし合わせて、問題なければ、以下の質問の意図を反映した答え方をすれば大丈夫です。

それでは、この定番質問の意図から順に解説していきます。

 質問の意図:「尊敬する人は誰ですか?」

面接官がこの質問をする意図は次の3点に集約できます。

  1. あなたがどんな人を尊敬するのか、またその理由は何かを知ることであなたの価値観や人柄を知りたい
  2. 尊敬する人から、どんな影響を受けて変化したことはあるのか、物事に取り組んでいるのか、自分はどうなりたいかを具体的に知りたい
  3. 質問の意図を理解し、的確な答えを返せるかをチェックしたい

この質問が答え難いのは、普通の学生は日ごろから「尊敬する人」を特別意識して生活している訳ではないので、いきなり質問された場合、誰を答えて良いのか判断できない点です。

尊敬するレベルに、あまりにも差があるため、たとえば両親、父親、母親が頭に浮かぶ人もいれば、恩師、歴史上の人物、スポーツ選手、著名人、経営者など、どういう人選にすべきかがその場で判断できずパニックになります。

答えを想定していないと苦しまぎれに、両親、イチロー選手、スティーブ・ジョブス、マザーテレサなどが頭に浮かんで、適当に答えてしまうことになります。

 回答のポイント:「尊敬する人は誰ですか?」

Point 1: 面接官(普通の社会人)なら知っていると思われる人から選んでみよう

レベルの差こそあれ、尊敬する人の何人かは思い浮かぶと思います。そして明確ではないかもしれませんが、だいたいの順位付けができるでしょう。その順位で一番上位にくる、面接官(普通の社会人)なら知っていると思われる人を第一候補にしましょう。

そして、なぜその人を選んだのか、その人のどんなところに惹かれたのか、尊敬の念をいだいたのか、その理由を自分の言葉で表現しましょう。それがあなたの価値観や性格、人柄を表す言葉になります

面接官(普通の社会人)なら知っていると思われる人から優先して選ぶ理由は、面接官にはその人物に対するある程度のイメージや理解があるため、それを前提としてあなたの主張が共感されやすいためです。

適当な人が見つからない場合のセカンドチョイスは、あなたの最も興味のある分野のエキスパート(プロ、学者、その道の権威など)、から選びましょう。面接官が知らなくても、あなたが何故その分野に興味があるのかを説明できれば、その分野を通じてあなたの価値観や個性が伝わるからです。

最終チョイスは恩師や先輩、両親など、あなたしか分からない、周囲の人からの人選になります。

面接官と価値観が共有できないため、このチョイスをする場合は「具体的な出来事」を通じて、どんなとこが尊敬できるのかを、交わした会話やエピソードなどを織り交ぜて詳しく説明する必要がありますそれがないと、スルーされるか、世間が狭い学生と思われるリスクが高まります。

Point 2: 最も影響を受けたと言えるだけの、変化や良い影響を語ろう

ただ単に、尊敬する人とその理由を語るだけでは不十分です。

特に「一番影響を受けた人」という質問に対して答えるには、その人の言葉や生き方を学ぶことによって起きた考え方、ものの見方の変化や、物事に取り組む姿勢がポジティブに変わった点など、影響そのものを答える必要があります。

尊敬する人の場合も、価値観への影響や物事に取り組む姿勢の変化を加えて語りましょう。その変化や影響を、社会人になって活かせるか、自分はどうなりたいか、という目標視点で語れると、より的確な答えになります。

Point 3: 志望企業の社風や相手を考慮して、的確に答えよう

この質問は、面接の質問の一つに過ぎませんが、年配の面接官が重視する傾向があります。また企業の社風や事業内容にも気を使う必要があります。

たとえば歴史も古く、重厚長大で保守的な社風の企業に、尊敬する人としてマーク・ザッカーバーグを上げた場合、共感は得られにくいことは覚悟すべきです。場と相手を読むということです。

この質問には正解などありませんし、基本的にあなたの尊敬できる人から答えれば良いのです。誰を選ぶかを面接前に考えていればパニックは防げます。

尊敬する人、尊敬する理由と、あなたに与えた良い変化・影響、仕事に活かせるかを簡潔に答えられれば的確な答えになります。

Point 4: 自己分析ツールで「尊敬する人物」の回答を完成させよう

「尊敬する人物」はあなたの価値観を聞く質問。上手く答えるには、自己分析を通じて、自分はどんな事に価値を感じるタイプなのか理解しておく必要があります。

そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。

36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。

My analyticsを活用して、自分を深く理解し、面接官を唸らせる回答を完成させましょう。

「尊敬する人は誰ですか?」の回答例

 回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

新渡戸 稲造です。

 

多くの大学の設立や教鞭にも関わり、教育者として大きな実績を残していますが、戦前、世界を相手にした活躍には目をみはるものがあります。

 

国際連盟の事務次長としても活躍され、その時、人種差別撤廃提案をするなどの先駆的な活動には驚くばかりです。日本の「武士道」を翻訳して、日本人の倫理観を世界に紹介するなど、まさに日本と世界の懸け橋のような人でした。

 

私は幼いころから剣道をしており、また国際志向も強かったので、「武士道」の英文原書を大学一年の時読んで感銘を受けたのが尊敬の念を抱いたきっかけです。

 

私が総合商社を志望しているのも、新渡戸稲造の影響が大きく、世界を相手に大きな仕事をしたいと強く思っているからです。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。