就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】コミュニケーション能力を長所として印象付けるための鉄則

面接の自己PRでは、何が見られているのか

学生にとっての面接の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。従って全ての回答は自己PRにつながります。

狭義では、エントリーシートに記載した、強み、能力、長所を、面接であらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの長所は何ですか?」という質問で聞かれます。

面接官が自己PRや長所の質問で知りたいのは次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢、行動特性
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す紹介ができるか
つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの人柄、考え方、行動特性、物事に取り組む熱意をアピールするべきなのです。どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。コミュニケーションの能力の場合を解説していきます。

自己PRで、コミュニケーション能力を取り上げる場合の注意点

コミュニケーション能力は、企業が選考時にあたって特に重視した項目の第一位です。経団連が1997年より毎年行っている「新卒採用に関するアンケート調査」では15年連続トップになっています。ちなみに、2019年卒の調査では、コミュニケーション能力(82.4%)から以下、主体性(64.3%)、チャレンジ精神(48.9%)、協調性(47.0%)、誠実性(43.4%)、ストレス耐性(35.2%)とつづきます。

しかし、これは学生の全体的な資質の一つとして、コミュニケーション能力を重視した企業が最も多かったという事であり、学生の長所や強みのうち、コミュニケーション能力を最も重視したということとは違います。

逆に言えば、企業にとってはコミュニケーションの能力は、「ある程度あたりまえに備えていて欲しい資質」「ないと困る能力とも言えるのです。

また、学生のコミュニケーション能力を自己PRや長所であげられたポイントだけで判断しているかというと、それは違います。

面接での受け答えを含め、全人格的なコミュニケーション能力を判断しているのです。従って、自己PRの強みや長所の説明で、コミュニケーション能力が高いとアピールすることが有効かというと、そんなに簡単なことではありません。

むしろ、企業がコミュニケーション能力が重視しているが故に、この能力を強みや長所としてアピールする学生が多いため、差別化が難しくなっています。

 コミュニケーション能力を具体的に語ろう

コミュニケーション能力をアピールする際には、具体的にどんな力、どんな強みなのかを定義して語ってください。

コミュニケーション能力と言っても、概念が広すぎ抽象的なので、人によってイメージするものが全く違います。ある人にとっては優しく語りかけて、人と良い関係をつくることかもしれませんし、ある人にとっては理詰めで粘り強く説得することかもしれません。

つまり、自分はどんなことをコミュニケーション能力のアピールポイントにするのかを、はっきり定義するべきなのです。

間違っても「自分はコミュニケーション能力があります」とは言わないでください。

それを聞いただけで「本当にコミュニケーション能力の高い人間は、いきなりそうは言わないよな」と思わず突っ込んでしまいます。

ESであれば、提出する前に自己PR文をもう一度読んであなたのアピール、あなた自身が「志望する企業の仕事に活きる、ポテンシャルがある」という印象が残るかどうかをチェックポイントとして下さい。

もし残らなければ、あなたの自己PR文は「就活」という括りの中ではうまく機能していません。もう一度、仕事に活きる「コミュニケーション能力とは何か」を考え、「仕事に役立つ」という印象が残るようにリライトして下さい。

アピールポイントの根拠を語ろう

特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性、物事に取り組む熱意までアピールするためには、あなたの特長を具体的に知ってもらうエピソードが必要です。

コミュニケーション能力のアピールポイントを語っただけでは誰も信じてくれません。なぜそう主張できるのかを事実・経験に基づいたエピソードで証明しましょう。

エピソードはESに取り上げるメインを含めて、少なくとも3つエピソードを用意しておきましょう。1つのエピソードだけでは根拠と言えず、仕事での再現性をアピールできません。2つの場合でも、どちらかのエピソードの評価がイマイチの場合、不安定であり、根拠が薄いという判断を受ける可能性があります。3つの場合、「自己分析をしっかりした上での強み」としての印象が強まり、面接官は根拠と再現性を評価しやすくなります。

深堀質問がこなくても、簡潔にに複数のエピソードを紹介できるようにしておきましょう。

自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の強み・長所は○○○を○○○する○○力です」(強み・長所のコミュニケーション能力を具体的に表現する)

経験・エピソードパート:

  1. 強み・長所の根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る
  2. そこにあった問題点と課題。課題に対して考えたこと、解決への動機
  3. 問題・課題に対してとった行動(努力や工夫)とその結果

まとめパート:

  1. あなたのコミュニケーション能力のまとめと、学んだ事、成長した点を仕事へ活かす決意

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

コミュニケーション能力の自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

※またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

コミュニケーション能力を、自己PRにする場合の回答例

私は通常の会話の中から、相手の求めているものを想定して、準備しておくことをいつも心がけています。

 

具体的には心の準備と、先回りの準備です。心の準備とは、「ああ、おそらくこの人はこういうことを言いたいのだろう。こういうことを求めているのだろう。」とある程度心の準備をしておくことです。

 

先回りの準備とは、「次のステップを予想し、自分がすべきことの見込みをたてておくこと、時間に余裕があれば先に調べたり、事前にできることに手をつけておいたりすることです。

 

私はアルバイトではカフェで働いていました。店長が指示を出す前に、他のアルバイトのメンバーに働きかけて、少し空いた時間に掃除をしたり、什器の補充をしたりして業務を効率よく回していました。

 

またお客様が口に出さなくとも、だいたい何を求めているのかが読めるようになり、備品の置き場を分かり易くする工夫や、POPを手作りしてお客様のフラストレーションを減らす事を率先して行ってきました。その結果オペレーションに余裕が持てるようになり、スタッフも雰囲気も、非常に明るく働きやすいお店になりました。

 

些細な日常会話の中から、また他人が口に出さないことでも、自分の頭で考えて先回りして準備しておくことで、沢山のことを良くして行けると思います。社会に出ても、チームの一員とし、私が良き媒介になって成果に貢献したいと思います。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

自己PRが書けない時に!自己PRジェネレーターを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

このツールを利用するための登録時に、自分に有益と思える完全無料の就活サービスにもチエックを入れて、就活をより効率的に進めていきましょう。

▶︎自己PRを作成する(無料)

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
26年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスで、インターン情報やスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、朝日新聞、ニトリ、コクヨ、SoftBnak、JCB、ATEAM、sansan、Nissin、Opt、Funai Soken、RISOなども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう

doda_campus_fix_image.jpg2
25年・26年卒の就活生には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

少しでも納得感が高い内定を目指す25年卒の就活生、インターンに参加したい26年卒の就活生は、スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

kuchikomi_150x150.jpg3
納得できる内定獲得のための就活サイト、【就活会議】に無料登録すれば、88,000枚以上の本物のESを閲覧できる!

就活は情報戦。企業が提供する情報は重要ですが、それだけでは不安です。実際の社員の評価や、選考を受けた先輩達の口コミによる生の声を入手できる「就活会議」を徹底解説。ESや選考情報のリアルを手に入れよう

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

 b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【25年卒】首都圏の学生で、納得できる内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します