就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】面接や自己PRで、忍耐力を効果的にアピールする方法

面接の自己PRでは、何が見られているのか

学生にとっての面接の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。従って全ての回答は自己PRにつながります。狭義では、エントリーシートに記載した、能力・力、長所を、面接であらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの長所は何ですか?」という質問で聞かれます。忍耐力を自己PR、長所としてアピールしたい場合、どう話せば面接官に響くのでしょうか?自己PR質問の意図からおさらいしておきましょう。

面接官が自己PRや長所の質問で知りたいのは次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す紹介ができるか
つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性、物事に取り組む熱意をアピールするべきなのです。どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。忍耐力をアピールする場合の大切なポイントを解説していきます。

自己PRで、忍耐力を取り上げる場合の注意点

忍耐力は、企業が選考時にあたって特に重視した項目で常に上位に上がる項目です。経団連が1997年より毎年行っている「新卒採用に関するアンケート調査」で、直近の2018年卒ではストレス耐性が第6位にランクしています。

ちなみに第1位はコミュニケーションの能力(82.0%)、2位は主性(60.7%)、3位・チャレンジ精神(51.7%)、4位・協調性(47.0%)、5位・誠実性(44.2%)と続き、6番目がストレス耐性(34.5%)の順です。

忍耐力とストレス耐性は若干ニュアンスが違いますが、苦しみや、辛さ、困難なことに耐える力という意味では共通です。

経団連の調査は、企業が学生の全体的な資質として重視した項目を、20の選択肢の中から5つを選択した集計結果です。その結果、ストレス耐性を選んだ企業が比較的多かったということであり、学生の長所や強みのうち、ストレス耐性を6番目に重視したということとは違いますので注意してください。

また、学生の忍耐力やストレス耐性を、自己PRや長所であげられたポイントだけで判断しているかというと、それは違います。他の質問の答えとの整合性、性格を含めて全人格的な資質として学生の忍耐力やストレス耐性を判断しているのです。圧迫面接や、類似の質問で学生のストレス耐性をチェックするのはこのためです。

忍耐力とは何か

あなたは「忍耐力がある人」を、どうイメージしますか?「辛いこと、苦しいことにも耐えていける、我慢強い人」でしょうか?それとも「目標達成が困難な状況にあっても、最後まであきらめずに努力を続けられる人」でしょうか?忍耐力と一言でいっても色んなカタチがあります。またどの程度の事を「忍耐」と思うのか、人によって許容度にも大きな差があります。

「忍耐力」という言葉だけだと、「ひたすら耐え忍ぶ力」と考える人も多いのです。「ひたすら耐え忍ぶ」ことも必要な局面はありますが、それだけの場合は非常に受け身な印象を与えてしまうでしょう。

このように「忍耐力」とは非常に曖昧であり、人によって伝わる意味やイメージが違うということをまず知っておきましょう。

就活の文脈でいう忍耐力とは何か

何故企業は忍耐力を資質として求めるのでしょうか?就活の文脈で企業が求める忍耐力の意味をおさえておきましょう。

企業が選考時にあたって忍耐力を重視するのは、何も問題がなく、意図した通り実行できる仕事など、ほとんどないという事実、そして全ての仕事は人との関わりで進行しなければならず、仕事に関係する人の全員が気の合う人ではないという事実からです。

顧客から無理難題を要求される、社内スタッフや協力会社のサポートが得られない、上司が設定した目標が厳しすぎて達成できない、要求が厳しくて応えられない、社内の人間関係がうまく行かない、等々、社会人としてこれらのストレスに耐えて、結果を残していかなければなりません。

これらのストレスに耐えられないことが、新卒学生の3年以内離職率が30%を超えることの大きな一因となっていることから、企業は忍耐力やストレス耐性を重視しています。

企業にとって忍耐力やストレス耐性は、レベルはあるにせよ当然備わっていて欲しい資質」、社会人としての土台なのです。

就活文脈の忍耐力に必要な要素

就活文脈の忍耐力をもう少し深く考えてみましょう。企業のニーズにマッチする忍耐力の要素は以下のようになります。

  • 目的や目標達成に対する高い意識
  • 困難な状況(外部・内部環境・人間関係)への適応力、調整力
  • 問題解決や課題に対して根気よく取り組む姿勢
  • ストレスを上手くコントロールする自己管理能力
  • 投げ出さない、折れない、意思の強さ
  • 困難な状況下でも、物事を前向きに捉えられるポジティブシンキング
  • 最後までやりきる責任感
ビジネスで求められる忍耐力は、学生が思っている忍耐力よりはるかに重いものです。もちろん、学生のあなたに、全てを求めている訳ではありません。新卒の学生に対しては上記の要素を満たすポテンシャルがあるかをチェックしています。

しかし、あなたが忍耐力を自己PRのポイントにする場合、エピソードにこれらの要素の一部でも入っていないと、非常に説得力が弱い自己PRになってしまいます。

忍耐力を具体的に語ろう

忍耐力の言葉の持つ意味が曖昧で、個人差があるため、忍耐力をアピールする際には、具体的にどんな強みなのかを定義して語ってください。自分がアピールしたい忍耐力とは何かをはっきり定義するべきなのです。上記の企業ニーズをヒントにしながら、あなたのエピソードから、あなた自身の忍耐力を冒頭で語ってください。

「私は○○を我慢し続けました」、「○○を耐え忍びました」、「○○をやり過ごすことができました」という文脈だけで忍耐力性を語らないでください。意地悪な面接官は、「それって、とても受け身の姿勢ですよね」と短所として深堀りしてくる場合があります。

特に忍耐力がテーマのため、敢えて長所を短所として切り返してあなたの反応をみる、ということがありますので注意しましょう。

アピールポイントの根拠を語ろう

忍耐力のアピールポイントを語っただけでは誰も信じてくれません。なぜそう主張できるのかを事実・経験に基づいたエピソードで証明しましょう。

自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

忍耐力を上手くアピールするために、次の強み・長所を上手に伝えるパターンを応用してください。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の長所は○○○を○○○する○○力です」(長所の忍耐力を具体的に表現する)

経験・エピソードパート:

  1. 長所の根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る
  2. そこにあった問題点と課題。課題に対して考えたこと、解決への動機。
  3. 問題・課題に対してとった行動(努力や工夫)とその結果

まとめパート:

  1. あなたの忍耐力のまとめと、学んだ事、成長した点を仕事へ活かす決意

あなたが最も主体的に組んだ事例を選びましょう。個人やチームで達成した結果、成果も語りましょう。しかし結果よりもっと重要なのは、あなたの具体的な取り組み、どんな困難に出会って、どう克服したのかのプロセスです。

 忍耐力アピールでは、辛い体験、大変だった点、あなたがそれをどう克服したのかを具体的に説明しないとアピールが成立しませんので、面接官が辛さをイメージできるように感情を込めて語ってください。

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

自己PR作成ツールで、忍耐力をアピールしよう

「忍耐力」をテーマに自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

忍耐力を自己PRする場合の回答例

私の強みは、成功するまで最後まで諦めない忍耐力です。

 

工学部電子工学科に入ったのは、「自分で考案、設計したモノを多くの人に使ってもらう」という小さいころからの夢を実現することでした。

 

学部3年から実際に設計、試作、評価実験を行うのですが、その過程は困難の連続でした。1日10時間以上件研究室で過ごす日々が延々と続きます。

 

最も困難だったのは、シミュレーションでは動作した回路が、実際に製作して実装すると思ったように作動してくれないことでした。何度も何度も動作確認を繰り返し、検証し、また文献をあさりということを繰り返しました。

 

その過程で私の設計した回路に数か所の問題があったことを発見し、ひとつひとつを解決して最終的には意図した動作をしてくれる回路の設計に成功することができました。

 

最後まであきらめずにやり切ったことで、モノづくりの難しさと大きな喜びを体感することが出来ました。時間的にも肉体的にも非常にきつい体験でしたが工学部に進んで本当に良かったと思えた瞬間でした。

 

社会に出てモノづくり携わることは、これ以上に大変なストレスがかかると思いますが、達成できたときの喜びもまた大きいと考えています。この経験を通じて培った、最後まで諦めずにやりぬく力で御社に貢献したいと思っています。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

自己PRが書けない時に!自己PRジェネレーターを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

▶︎自己PRを作成する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。