就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

学歴フィルターやガクチカを逆転!長期インターンシップという打ち手がある

こんな学生にトライして欲しい

「就活の答え」編集部としては、以下の学生は特に長期インターンシップにトライしてみる価値があるとお勧めしています。

  • 就活における定番質問、「学生時代に力を入れたこと」、「最大の困難、課題を克服した経験」、「最も成長したと思える経験」、「リーダーシップを発揮した経験」、「やり切ったと思えること」などに関して、「書けるものがない」と思ってる学生
  • 学歴フィルターを逆転したい人
  • Web系、IT系の新しいビジネスに興味がある人
  • 企画系、営業系の職種に興味がある人
  • ベンチャー系で、事業の立ち上げやサポートを経験してみたい人
  • 通常のアルバイトではなく、実際の企業の中で働くことによって対人スキルやキャリアに繋がるものを習得したい人
  • 就活をアルバイトと両立させ、効率的に行いたい人
  • 春採用が全滅してしまい、夏・秋採用にも自信を失くして就職留年を検討している人
  • 早くから就活に取り組みたいという意欲のある大学1年生、2年生

学歴フィルターやガクチカの壁を感じている学生は、例えば長期インターンシップの比較的選考が通り易い営業職で自分を磨き、そこでブランド大学の学生に負けない「強さ」を手に入れることで学歴フィルター、ガクチカの壁を突破できる確率を上げましょう。

夏休みや長期休暇前は志望者が多く、採用競争率も上がるので長期インターンシップに興味が湧いたら早めに登録して内容を精査していきましょう。どんな時、どんな状態でもアクションを起こすこと、チャレンジしてみることが就活を成功に導きます。

まずは公式サイトを自分の目で見て確かめてみてください。得難い経験によって本当に自分のためになる就職に繋がることを切に願っています!

\\ 登録はこちらから //

日本最大級の長期インターン求人メディア『キャリアバイト』

長期インターンシップを仲介してくれるキャリアバイトって信用できるの?

長期インターンシップを仲介してくれるキヤリアバイトは株式会社アイタンクジャパンが運営しています。キャリアバイトは日本最大級の大学生向けの長期実践型インターンシップ求人サイトです。

運営会社のアイタンクジャパンは『大学生がアルバイトを「時間の切り売り」ではなく、 「成長機会」として捉えるような文化を広める』というミッションを持ち、2007年に創業した企業です。

既に10年以上の歴史があり、学生向け長期インターンシップの紹介事業のパイオニアであり、実績も日本最大級を誇ります。

現在は人材総合サービスを提供する東証一部上場企業のエン・ジャパン株式会社と経営統合し、そのグループ企業になっています。学生が時間の切り売りではなく、長期インターンシップを通じて成長をして行くこによって、将来的に企業や日本の社会の成長に貢献していくことを存在意義としています。

キャリアバイトの特徴

実際にキャリアバイトのWebサイトをチェックすれば分かりますが、以下のような特徴を上げることが出来ます。

    • 長期有給インターンシップの求人数が他のサイトより多く、種類も豊富
    • 8万人以上の学生が登録している
    • 就活の実力が付く、企画系や事業創出、IT系、ベンチャー系などの求人が多い
    • スキルやキャリアに関する体験型イベントに参加できる
    • 性格や価値観の診断が受けられ、それに基づいたスカウトのチャンス有
    • 大学1年生から応募可能
    • 求人数が多いため、学業と調整・両立しやすい
    • 東京・大阪の求人が多い。その他は神奈川、千葉、大阪、京都、愛知での求人のみ
    • 時給は殆ど1000円以上の求人
    • 業界、職種、エリア、身につくスキル、時給、シフト・働き方、特徴(歓迎条件、スキル・経験、企業の特徴、新卒採用情報、等)での求人検索が容易

以下のような業種の求人があります。

コンサルティング、広告/PR、不動産/建築、IT/ソフトウェア、金融、エンタメ/芸能、教育、メディア/出版 他

以下のような職種の求人があります。

エンジニア、デザイナー、編集/ライター、企画、マーケティング、コンサルタント、営業、他専門職

\\登録はこちらから//

日本最大級の長期インターン求人メディア『キャリアバイト』

キャリアバイトのデメリットとしては、東京・大阪が中心になってしまうこと、選考がシビアな求人もある、逆に学生側の希望条件がシビアな場合、マッチングが上手く行かず必ずインターンシップに参加できる訳ではないということは頭に入れておきましょう。

しかしこれは良く考えれば当然のことですよね。一般のアルバイトであっても条件が良いアルバイトは見つからない、見つかってもアルバイトできない場合も多いのと同じです。

あとは労働法規的にはアルバイトと同じですが、企業の中で社員と共にビジネスに携わるためアルバイトよりは社会人としてのモラルや常識が求められます。長期インターンとして採用された場合、どうしても途中で辞めたいときは少なくとも2週間前に企業側に意思を伝える必要はあります。もちろん企業が持っている情報の守秘義務等の社会人としてのモラルも求められます。

\\ 登録はこちらから //

日本最大級の長期インターン求人メディア『キャリアバイト』