就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活で医療機器業界に注目したら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では医療機器業界、特に医療機器メーカーに興味を抱いた就活生が、はじめに知っておくべき業界情報を整理してまとめました。

医療機器メーカーは企業毎に特徴、得意分野、製品群があり企業研究には時間がかかります。理系で自分の専門分野が明確な就活生は別として、文系の学生には実態が良く分からないというのが本音かと思います。

医療機器という分野に興味を持った学生が、はじめにするべきことは医療機器業界の全体像をあまり時間をかけずに理解することです。

医療機器ビジネスは高度な専門性と技術が求められるビジネスの為、各メーカーはそれぞれ複数の専門分野、注力分野を持って分野特化型の構造になっているのがこの業界の特徴です。歯科向けの専門機器も専業のメーカーや商社(卸・販売会社)があり、独自の市場を形成しています。

更に企業分類としては「医療機器メーカー」とされていない企業でも、医療機器を製造している企業は上記以外に沢山存在します。

例えば画像診断装置で言えば、日立製作所、コニカミノルタ、島津製作所などが製造していますし、AEDはフクダ電子がトップシェアを持っています。

精密機器メーカーや光学機器メーカー、電子機器メーカーが医療機器を数多く手がけているため、業界研究をして「医療機器」に興味を持てたなら、近接した業界・企業の研究をすることをお勧めします。精密機器業界は併願の対象になります。

更に医療機器分野では外資系企業がシェアを獲得しています。GEヘルスケア、シーメンスヘルスケア、フィリップス、ジョンソン・エンド・ジョンソン等のグローバル企業も研究してみると良いでしょう。

平均年収は製薬業界と比較すれば低めですが、全体の水準は高い業界と言えるでしょう。離職率も低く安定している業界です。成長している業界であるため就活での医療機器業界に対する人気は非常に高くなってきています。

「就活の答え」では、医療機器業界をを短時間で理解できるように以下4つの業界研究記事を提供しています。まずはこれらの記事を読んで業界研究のスタートとして下さい。

医療機器業界のビジネスモデルを知ることからはじめよう

医療機器メーカーは理系の就活生にとっては人気の高い業界です。文系の学生は精密機器メーカーや事務機器・電子機器メーカーの業界研究から医療機器にも興味を持つパターンが多い傾向です。

医療機器と一口に言ってもマスクや手術用の手袋などの消耗品から、注射器、レントゲンカメラやCT、MRI、心臓のペースメーカーや人口関節や手術用の内視鏡、遠隔治療用のロボットまで、その製品群の幅が広いのが特徴です。

また医療機器はその用途によっては、不具合が生じると患者の生死に関わり、あるいは人の健康に重大な影響を及ぼすために、厚生労働省の厳しい規制下にあることも特徴の一つとなります。

以下の記事では中々なじみのない医療機器業界とはどのような特徴があり、どんなビジネスを展開しているのかを解説しています。業界研究の第一歩として参考にしてください。

医療機器メーカーの現状と課題を把握したうえで、未来についても考えてみよう

この記事では日本の医療機器メーカーを取り巻く状況と課題、そして医療機器メーカーの未来についての解説をしています。

この業界が自分にとって就活の対象にできるかを判断する上で、現在の課題や近未来に関するアウトラインを把握しておくことはとても重要です。志望動機の作成のヒントにもなると思います。医療機器業界入門編としてぜひ活用してください。

医療機器メーカーの職種や「やりがい」を理解し、自分の適性も冷静に考えてみよう

医療機器業界は安定成長が続いているため、最近では就活人気も高く難関の業界になっています。理工系の学生のみならず、営業職や事務系の職種は文系の学生にも広く門戸が開かれています。

以下の記事では医療機器メーカーの代表的な職種と、働く人のモチベーションや「やりがい」は何か、医療機器メーカーに向いている人、向かない人はどんな人か、「適性」について解説しています。

職種によって、働いている人のモチベーションや「やりがい」、「適性」は違いますが、共通しているコメントも数多いものです。

自分と業界とのマッチングは非常に重要です。就活初期の段階で、「ピンとくる」のかどうかも、この業界で先に進んでいくのかを判断する材料になるものです。自己分析や自己PRの内容に照らしてチェックしてください。

医療機器業界の構造と主要医療機器メーカーの現状を把握しておこう

安定性や成長性が評価されて就活人気も高まっている医療機器メーカー。医療機器は消耗品からMRI等の高額な機器まで幅が広く、その構造を理解するのが難しい業界でもあります。

以下の記事では医療機器業界の構造と大手医療機器メーカー6社の概況を、直近年度の有価証券報告書や中期計画を基にまとめました。就活生が、医療機器業界に自分の未来を託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

新卒でITエンジニアになりたいなら、ITと就活の専門知識を持つプロに相談するのが近道

IT技術やWeb技術は今の社会にとって必要不可欠であり、それに係る人材は枯渇しています。

ITを担当するITエンジニアは多種多様な産業に渡り、且つ技術をベースとした専門分野に分かれているため、現状の自分にどんな可能性が広がっているのかを正確に判断するのは難しいものです。

この分野のすそ野は広く、プログラミングの知識が殆どなく、その「さわり」程度の知識しかない文系の学生でもITエンジニアの卵として就職することも可能です。

また大学で情報工学を学んでいる学生や大学院でAIを専門に研究してきた学生が、IT系企業だけではなく、外資系のコンサルティング会社や投資銀行のエンジニアとして就職することも普通にできるのです。

しかしほとんどの学生の場合、産業や企業、IT系の職種に対する知識が乏しいため、具体的な就活をどう進めたらよいのか分からず、最初の段階で躓いたり、無駄な時間を使ってしまいます。

そんな不満や不安を持つ就活生は、ITと就活の専門知識を持つ、ITエンジニアになるための就活に特化した就活エージェントである、レバレッジルーキーに一度相談してみましょう。

とりあえず専門家に聞いてみるのが近道です。もちろん気に入ればその後、全て無料で就活のサポートが受けられます。

少しでも興味があれば下記のボタンで内容をチェックして、興味が湧いたら自分の情報を登録してみよう。登録は1分でカンタンにできます。

レバテックルーキーをCheck>>

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。