就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

就活で医療機器業界に注目したら、まず業界研究をしてみよう【平均年収・離職率データ付き】

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では医療機器業界、特に医療機器メーカーに興味を抱いた就活生が、はじめに知っておくべき業界情報を整理してまとめました。

医療機器メーカーは企業毎に特徴、得意分野、製品群があり企業研究には時間がかかります。理系で自分の専門分野が明確な就活生は別として、文系の学生には実態が良く分からないというのが本音かと思います。

医療機器という分野に興味を持った学生が、はじめにするべきことは医療機器業界の全体像をあまり時間をかけずに理解することです。

この記事では冒頭に就活生の皆さんが最も気になる、主要な医療機器メーカーの平均年収のデータを東洋経済新報社の就職四季報2020年版から引用して表にまとめています。

更に業界の魅力と仕事との相関指標として、入社3年後の離職率のデータも引用しました。こちらは企業差、個人差があることを大前提として考えて欲しいデータになりますが、大学生の皆さんには気になるデータだと思いますので、今後この業界の企業を更に突っ込んで研究し、エントリーする業界にするか否かの判断材料の一つにして下さい。

医療機器メーカーの平均年収と入社3年後離職率

出典:東洋経済新報社 就職四季報 2020年版

企業名平均年収(平均年齢)3年後離職率
オリンパス874万円 (42歳)4.4%
テルモ784万円 (43歳)9.6%
キヤノンメディカル

システムズ

739万円 (43歳)12.6%
シスメックス818万円 (41歳)13.6%
日本光電885万円 (40歳)9.6%
川澄化学工業639万円 (40歳)4.8%
日機装611万円 (42歳)27.3%

上記は東洋経済新報社の「就職四季報」にメーカーカテゴリーの「住宅・医療機器他」にリストアップされている企業の中から、医療機器メーカーを抽出したものです。

医療機器ビジネスは高度な専門性と技術が求められるビジネスの為、各メーカーはそれぞれ複数の専門分野、注力分野を持って分野特化型の構造になっているのがこの業界の特徴です。

更に企業分類としては「医療機器メーカー」とされていない企業でも、医療機器を製造している企業は上記以外に沢山存在します。

例えば画像診断装置で言えば、日立製作所、コニカミノルタ、島津製作所などが製造していますし、AEDはフクダ電子がトップシェアを持っています。

精密機器メーカーや光学機器メーカー、電子機器メーカーが医療機器を数多く手がけているため、業界研究をして「医療機器」に興味を持てたなら、近接した業界・企業の研究をすることをお勧めします。

更に医療機器分野では外資系企業がシェアを獲得しています。GEヘルスケア、シーメンスヘルスケア、フィリップス、ジョンソン・エンド・ジョンソン等のグローバル企業も研究してみると良いでしょう。

平均年収は製薬業界と比較すれば低めですが、全体の水準は高い業界と言えるでしょう。3年後の離職率も低く安定しています。成長している業界であるため就活での医療機器業界に対する人気は非常に高くなってきています。

「就活の答え」では、医療機器業界をを短時間で理解できるように以下4つの業界研究記事を提供しています。まずはこれらの記事を読んで業界研究のスタートとして下さい。

医療機器業界のビジネスモデルを知ることからはじめよう

医療機器メーカーは理系の就活生にとっては人気の高い業界です。文系の学生は精密機器メーカーや事務機器・電子機器メーカーの業界研究から医療機器にも興味を持つパターンが多い傾向です。

医療機器と一口に言ってもマスクや手術用の手袋などの消耗品から、注射器、レントゲンカメラやCT、MRI、心臓のペースメーカーや人口関節や手術用の内視鏡、遠隔治療用のロボットまで、その製品群の幅が広いのが特徴です。

また医療機器はその用途によっては、不具合が生じると患者の生死に関わり、あるいは人の健康に重大な影響を及ぼすために、厚生労働省の厳しい規制下にあることも特徴の一つとなります。

以下の記事では中々なじみのない医療機器業界とはどのような特徴があり、どんなビジネスを展開しているのかを解説しています。業界研究の第一歩として参考にしてください。

医療機器メーカーの現状と課題を把握したうえで、未来についても考えてみよう

この記事では日本の医療機器メーカーを取り巻く状況と課題、そして医療機器メーカーの未来についての解説をしています。この業界が自分にとって就活の対象にできるかを判断する上で、現在の課題や近未来に関するアウトラインを把握しておくことはとても重要です。志望動機の作成のヒントにもなると思います。医療機器業界入門編としてぜひ活用してください。

医療機器メーカーの職種や「やりがい」を理解し、自分の適性も冷静に考えてみよう

医療機器業界は安定成長が続いているため、最近では就活人気も高く難関の業界になっています。理工系の学生のみならず、営業職や事務系の職種は文系の学生にも広く門戸が開かれています。

以下の記事では医療機器メーカーの代表的な職種と、働く人のモチベーションや「やりがい」は何か、医療機器メーカーに向いている人、向かない人はどんな人か、「適性」について解説しています。

職種によって、働いている人のモチベーションや「やりがい」、「適性」は違いますが、共通しているコメントも数多いものです。

自分と業界とのマッチングは非常に重要です。就活初期の段階で、「ピンとくる」のかどうかも、この業界で先に進んでいくのかを判断する材料になるものです。自己分析や自己PRの内容に照らしてチェックしてください。

医療機器業界の構造と主要医療機器メーカーの現状を把握しておこう

安定性や成長性が評価されて就活人気も高まっている医療機器メーカー。医療機器は消耗品からMRI等の高額な機器まで幅が広く、その構造を理解するのが難しい業界でもあります。

以下の記事では医療機器業界の構造と大手医療機器メーカー6社の概況を、直近年度の有価証券報告書や中期計画を基にまとめました。就活生が、医療機器業界に自分の未来を託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。