就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活で自動車部品メーカーに着目したら、まず業界研究をしてみよう

「就活の答え」の業界研究は、業界ごとに以下のポイントをカバーした記事を提供しています。

  • その業界の基本ビジネスモデル
  • 業界の現状と課題・未来
  • 業界の特徴的な仕事、職種の情報
  • 業界で働く人の「やりがい」やモチベ―ションは何か
  • 業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 業界の構造と主要食企業の概要、もしくは主要企業リスト

上記のポイントは業界毎にいくつかの記事に分けて「よく分かる業界研究」の中に掲載しています。この記事では自動車部品業界、自動車部品メーカーに関する記事をまとめました。

自動車部品業界全体の平均年収の水準は他業界と比較して高いと考えて良いでしょう。特にトップ10に入るような部品メーカー、トヨタ系企業の年収は高いレベルです。

自動車部品業界は非常に裾野が広いく、日本自動車部品工業会の会員企業だけでも434社もあります。これらの工業会に所属している企業でもごく一部であり、国内には約6000社の自動車・同附属品製造業(完成車製造、車体組付け企業を含む)の企業が存在します。そのうち従業者規模300人未満の中小規模企業が95.0%を、20人未満の小規模企業が54.6%を、占めています。

従って、部品メーカー全体の給与水準が高いわけではなく、あくまでも大手自動車メーカーの系列企業や、独自技術で上場した大企業の話であり、その中でも差があることは認識しておきましょう。

オープン化の傾向にある業界ですが、やはり「系列」、もしくは特定の完成車メーカーや1次部品メーカーとの取引が多く、事業分野も特定されているため、納得して入社していれば入社後のミスマッチは起こりにくい業界と考えて良いでしょう。

「就活の答え」では、自動車部品業界全般を短時間で理解できるように以下に4つの業界研究記事を提供しています。まずはこれらの記事を読んで業界研究のスタートとして下さい。

自動車部品業界の構造とビジネスモデルを把握しておこう

自動車を完成させるには2万から3万点にも及ぶ部品が必要であり、中小企業から上場企業まで含む数層のサプライヤー企業群が存在します。

以下の記事では、理工系の学生以外ではあまり馴染みがない自動車部品業界の構造と自動車部品メーカーのビジネスモデルを解説していきます。自動車業部品界入門編として活用してください。

自動車部品業界の現状と課題を理解して、その未来まで俯瞰してみよう

広く自動車業界を検討している就活生に向け、自動車部品業界の現状と課題、そこから見通せる未来を分かり易く解説します。現在自動車業界は大きな変換点を向かえています。

職業に自動車メーカーもしくは自動車部品メーカーを検討しようかと考えている就活生の皆さんの将来に関する重要なポイントをまとめています。

志望動機の切り口にもなるので、就活の業界研究に是非役立てて下さい。

自動車部品メーカーの職種や仕事、「やりがい」、そして「適性」をチェックしてみよう

就活で自動車部品メーカーへの志望を考えている方に向けて、自動車部品メーカーの特徴的な職種や仕事内容、そこで働く人のモチベーションや「やりがい」、向いている人、向かない人の資質や性格を解説しています。

自動車部品メーカーは系列の取引や下請け構造のBtoBビジネスなので、適性はかなり重要です。自動車部品メーカーを就活の選択肢にするか否かの参考にしてください。

自動車部品業界の主要各社の現況を把握しておこう

この記事では自動車部品業界の中で特に就活生に人気が高い、一次部品メーカー、中でも売上上位企業に絞って自動車部品メーカーの現況やその事業を取り巻く状況をまとめて解説します。

自動車部品業界の企業は数が多く理解するのが難しい専門的な分野や事業が多いのですが、上位企業の事業の概況を理解して業界のイメージをつかむことは意味があります。

就活生が、未来をこの業界、自動車部品メーカーに託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

まとめ

就活の初期段階で自動車業界、自動車部品メーカーに興味を持てた方は、是非個別の企業の研究に進んでください。ピンとこない人は他の業界に研究の時間を使いましょう。限りある時間を有効に使って自分にベスト、ベターと思われる業界を探していきましょう。

大手自動車部品メーカーは売り上げ1兆円を超す企業も数社あり、日本を代表するグローバル企業です。

安定感もあり、日本が得意な分野の「モノづくり」業界であるため就活人気も高いです。理工系の学生だけではなく、文系の学生や海外で活躍したいと考えている学生にも人気が高いため、内定を獲得するためにはしっかりとした準備が必要です。

これからは自らダイナミックに変わっていくことが必要な業界であり、やりがいも大きいと思います。ぜひ積極的にチャレンジしてみてください。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎就活力を診断する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。