就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【就活の業界研究】:人材業界の主要各社の現況を把握しておこう

就活初期にできるだけ幅広い業界・業種を理解するために、業界研究コンテンツを作りました。何故それが大事かに関しては以下の記事を参考にしてください。

「就活の答え」では人材業界を、以下の項目に沿って解説していきます。

人材業界の6つのポイントを押さえよう

  • 人材業界の特徴とビジネスモデル
  • 人材業界の現状と課題・未来
  • 人材会社にはどんな仕事があるのか、職種の情報
  • 人材会社に働く人のモチベ―ションは何か
  • 人材業界に向く人、向かない人はどんな人か
  • 人材業界の上位企業の特徴と業績

人材業界の中でも上場している企業を中心に、就活生にとって気になる売上上位企業に絞って企業の現況やその事業を取り巻く状況をまとめて解説します。

就活生が、未来をこの人材業界に託したいと思うか、志望の意思を固める上での参考にして下さい。

人材業界、上位企業の概況

株式会社リクルートホールディングス

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)2,310,756
税引前利益(百万円)239,814
当期純利益(百万円)175,381
包括利益 (百万円)172,216
従業員数 (人)45,856
連結子会社数/持分適用関連会社数352社/11社

リクルートホールディングスは多様な事業を展開しており、就活生の皆さんにダイレクトに関わるリクナビや、コンパで使用するHotPepperグルメなどでもお馴染みの身近な企業です。

リクルートグループの事業は、「HRテクノロジー事業」、「メディア&ソリューション事業」及び「人材派遣事業」の3つ分かれており、それぞれの事業の中で更に細分化され、傘下のグループ企業が具体的な事業を展開している構造です。リクルートホールディングスはグループ全体を経営統括するホールディングカンパニーという位置づけです。

各事業セグメントの具体的な内容は以下の通りです。

HRテクノロジー事業:

HRテクノロジー事業は、オンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」及びオンライン求人広告及び企業情報サイト「Glassdoor」に関連する事業で構成されており、その事業内容は以下の通りです。

Indeed:

Indeedは企業のウェブサイト、求人広告サイト及び「Indeed」に直接掲載された求人情報等から最も適切な求人情報を検索結果として提供することにより、仕事を探しているユーザーの求職活動の効率化すると同時に、求人広告及び採用サービスを通してクライアントの求人活動を支援するサービスです。求人に特化した検索エンジンに求職者の履歴書登録と求人企業の候補者検索を合体させたサービスを展開しています。

 

Glassdoor:

Glassdoorは求人情報とユーザー投稿による企業レビュー等、独自のデータベースを展開してユーザーの求職活動を支援し、Glassdoorのクライアントは求人広告や企業ブランディング等を含む人材採用ソリューションを利用することによって大規模な採用活動を実施することが可能になるサービスです。

メディア&ソリューション事業:

メディア&ソリューション事業は、販促領域及び人材領域で構成されています。販促領域の内容は、就活生の皆さんもよく知っている以下の事業になります。

  • 住宅分野:住宅の売買・賃貸・リフォームに関する情報誌・情報サイト「SUUMO」等を発行・運営。また、新築マンションや注文住宅購入に関する相談カウンターサービスの提供
  • 旅行分野:主に国内の宿・ツアー・周辺観光情報を掲載した情報誌及び検索・予約サイト「じゃらん」を発行・運営。宿泊予約のサポート
  • 飲食分野:飲食店の情報と割引クーポンを掲載した情報誌及び検索・予約サイト「HotPepperグルメ」を発行・運営。クライアントに対する業務支援サービスの提供
  • 美容分野:ヘアサロン・リラクゼーション&ビューティーサロンの情報を掲載した情報誌及び検索・予約サイト「HotPepper Beauty」を発行・運営。クライアントに対する業務支援サービスの提供
  • その他分野:中古車情報誌・情報サイト「カーセンサー」、高校生向け進学情報誌・情報サイト「スタディサプリ進路」、学生・社会人向けインターネット学習支援サービス「スタディサプリ」の発行・運営
  • 飲食分野や美容分野のクライアントの業務・経営支 援サービスとして、「Airレジ」や「Airペイ」をはじめとする「Airシリーズ」を提供
  • 人材領域:

新卒向け就職情報サイト「リクナビ」、社会人のための転職サイト「リクナビNEXT」や人材紹介サービス「リクルートエージェント」を提供し。アルバイトやパート等の求人を掲載した情報誌・情報サイト「タウンワーク」等を発行・運営

リクルートの人材派遣事業:

人材派遣事業は、国内派遣領域及び海外派遣領域で構成され、事務職派遣、製造業務・軽作業派遣及び各種専門職派遣等の人材派遣サービスを提供しています。

  • 国内派遣領域リクルートスタッフィング及スタッフサービス・ホールディングス等の子会社を通じて、サービスを提供しています
  • 海外派遣領域では、北米のStaffmark Group, LLC及びThe CSI Companies, Inc.、欧州のAdvantage Resourcing Europe B.V.、Unique NV、USG People France SAS、USG People Germany GmbH及びUSG People Holdings B.V.、並びに豪州のChandler Macleod Group Limited等を通じて、人材派遣サービスを提供しています

上記の様に多彩な事業を展開しているリクルートは連結売上2兆3000億円を超える巨大企業グループです。その事業別内訳は以下の通りです。

2019年3月期セグメント別売上収益(連結):

事業セグメント売上収益(単位:百万円)
HRテクノロジー326,928
メディア&ソリューション721,458
人材派遣1,290,288
全社/消去-27,918
合計2,310,756

尚、上記メディア&ソリューション事業の売上収益で、人材領域の売上収益は316,854(百万円)であり、メディアソリューション事業の売上収益の43.9%を占めています。

また人材派遣事業の売上収益の国内派遣領域と海外派遣領域の内訳は以下の通りです

国内派遣領域(百万円)542,50842.0%
海外派遣領域(百万円)747,78058.0%
合計1,290,288100%

リクルートは「私たちは、新しい価値の創造を通じ、社会からの期待に応え、一人ひとりが輝く豊かな世 界の実現を目指す。」との基本理念と、「Follow Your Heart」というビジョン(目指す世界観)、「まだ、ここに ない、出会い。より速く、シンプルに、もっと近くに。」というミッション(果たす役割)、「新しい価値の創 造」・「個の尊重」・「社会への貢献」というバリューズ(大切にする価値観)によって広汎な事業を展開しています。

2019年3月期の人材に関連する事業の概況は以下の通りです。

HRテクノロジー事業:

Indeedでは新規及び既存クライアント(企業等)の有料求人広告利用が増加し、クライアント基盤が拡大しています。またの月間ユニークビジター数は約2億5,000万人となり、引き続き前年同期比で増加傾向にあり好調です。Indeedは14ヶ国、29都市にオフィスを展開し、従業員数は約8,900人規模にまで拡大しています。

 

子会社化が完了したGlassdoorの業績も売上収益の成長に寄与しています。Glassdoorの月間ユニークビジター数は約6,700万人(2019年1月)となり、前年同期比で二桁の伸びになっています。またクライアント基盤の拡大により、企業ブランディング及び求人広告商品の売上が増加しています。

 

メディア&ソリューション事業:人材領域

国内の労働市場の逼迫した情勢が継続するなか、引き続きブランド力強化策の実施やユーザー集客及び営業体制の強化等を行い、売上収益が増加しています。

 

人材派遣事業:

 

2019年3月期では、国内派遣領域の人手不足が継続する環境を受けて国内売上収益が伸長(前連結会計年度比6.5%増)したものの、海外派遣領域においては主に欧州における不透明な経済環境の影響、為替影響及び管理会計の一部変更により売上収益に対してマイナス(前連結会計年度比5.3%減)となったため全体では若干の減収(前連結会計年度比0.7%減)となっています。

リクルートグループでは各グループ会社別で採用活動を行っています。

人材関連は以下のグループ企業になるため、興味が湧いた方はリクルートグループの全体像を理解して個々の企業の研究を深く進めると同時に、難関ではありますがインターンシップにも積極的にチャレンジすることをおすすめします。

グループ経営統括ホールディングカンパニー:

  • 株式会社リクルートホールディングス

メディア&ソリューション:

  • 株式会社リクルート:販促メディア事業、日本のHR事業及びグローバル斡旋事業を統括
  • 株式会社リクルートキャリア:社員募集領域における人材採用広告事業/斡旋事業を担当)
  • 株式会社リクルートジョブス:アルバイト、パート、派遣から正社員まで、多種多様な雇用領域における人材採用に関する総合サービス
  • 株式会社 リクルートマネジメントソリューションズ:トレーニング・アセスメント・コンサルティングなどを組合せ、企業の経営人事課題の解決を支援

人材派遣:

  • 株式会社リクルートスタッフィング:一般的な人材派遣業
  • 株式会社スタッフサービス・ホールディングス:オフィスワーク、エンジニアリング、医療、製造分野の人材派遣を中心

HRテクノロジー:

  • Indeed Japan株式会社

パーソルホールディングス株式会社

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)925,818
経常利益(百万円)43,982
当期純利益(百万円)24,361
包括利益 (百万円)15,984
従業員数 (人)38,954
連結子会社数/関連会社数135社/12社

パーソルホールディングス及びそのグループ会社は以下のセグメントで事業を展開しています。

  • 派遣・BPO:人材派遣業及びBPO(ビ ジネスプロセス・アウトソーシング)事業はパーソルグループの中核事業になります。BPO事業とは、企業と業務委託契約を締結し、業務コンサルティング及び業務設計、業務の運営・管理等を行う業務で、受託する業務は、受付や受注処理等の事務業務、給与計算、データ入力、テレマーケティング等が中心
  • リクルーティング:リクルーティング事業の中心は求人広告事業です。「an」「LINEバイト」ブランドを中心としたアルバイト・パート領域、また「doda」ブランドの正社員領域におけ る求人メディアの運営が主な事業
  • 人材紹介事業:主に「doda」ブランドにて行う有料職業紹介事業、再就職支援事業
  • PROGRAMMED: 豪州の人材サービス、設備メンテナンス事業大手のProgrammed Maintenance Services Limited及びその傘下の連結子会社が豪州を中心に行う、メンテナンス事業とスタッフィング事業
  • PERSOLKELLY:世界4位のグローバル人材サービス会社であるKelly Services, Inc.との合弁事業で、主に「PERSOLKELLY」ブランドでアジア・パシフィック地域にて行う人材派遣及び人材紹介サービス、業務委託、人事労務コンサルティング等の事業
  • ITO:ITO事業は通信ネットワークやシステム関連の企画・開発、ICTアウトソーシング、ソフトウ エアの受託開発が中心の事業。遠隔地や海外に拠点を設けて、グローバル環境下における次世代のIT技術人材の育成のほか、人事関連システムの自社開発等により総合ERPシステムの提供を事業展開
  • エンジニアリング:に機械設計、電気・電子設計、開発等の専門的技術開発に携わる技術系人材領域に係る人材サービスに特化した事業。プロジェクト内容や規模に応じた支援体制を顧客企業へ提案し、人材派遣や業務の受託等により研究開発の支援を行う事
  • 全社及びその他事業:グループ全体に係る事業並びに教育研修事業、障がい者に関連する事業、ファシリティマネジメントに関する事業等

2019年3月期における上記事業の売上収益及びセグメント別利益は以下の通りです。

2019年3月期連結セグメント売上・利益の概要

事業セグメント売上収益(百万円)事業利益・損失(百万円)
外部売上売上構成比事業利益事業利益

構成比

派遣・BPO506,67354.7%23,99154.4%
リクルーティング84,6739.1%15,55535.3%
PROGRAMMED201,47621.8%8411.9%
PERSOLKELLY76,0398.2%5481.2%
ITO25,1802.7%1,7023.9%
エンジニアリング29,3503.2%2,7626.3%
その他2,4110.3%-558-1.3%
調整額120.0%-732-1.7%
合計925,818100.0%44,111100.0%

パーソルは2008年にテンプスタッフとピープルスタッフが統合してできた持ち株会社であり、その後2013年インテリジェンスホールディングスを子会社化し、更に国内、アジア諸国の人材派遣企業を買収して事業基盤を拡大してきた企業です。

2016年6月に新グループブランド「PERSOL(パーソル)」を発表し、2017年には豪州の人材サービス・メンテナンス会社のProgrammed Maintenance Services Limitedの株式を取得し子会社としています。

現在パーソルグループでは、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」を掲げ、以下の5点を課題として事業を展開しています。

  1. グループ認知度の向上
  2. 更なる事業成長へ向けたシステム投資や生産性向上
  3. グループシナジーの創出及びグループ経営の推進
  4. アジア・パシフィック地域におけるプレゼンス向上
  5. M&Aによる積極的な事業基盤強化及びサービス領域の拡大

国内においては生産年齢人口の減少が進む中、女性・若年者・高齢者の方々等に向けた様々な働き方を可能にしていくことや、より付加価値の高い成長分野への失業なき労働移転の実現という社会的な課題に対して、総合人材サービスグループとしての取り組みを強化しています。

株式会社パソナグループ

2019年5月期連結決算

売上高 (百万円)326,984
経常利益(百万円)9,237
当期純利益(百万円)1,975
包括利益 (百万円)4,616
従業員数 (人)7,855
連結子会社数/持分法適用関連会社数67社/11社

パソナ及びグループ企業は、エキスパー トサービス(人材派遣)、インソーシング(委託・請負)、キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援)、福利 厚生アウトソーシング等の8セグメントに分類し、人材関連事業や地方創生事業等を行っている企業です。

具体的な事業内容は以下の通りです。

  • エキスパートサービス(人材派遣):厚生労働大臣の許可を受けて派遣スタッフを募集・登録し、企業等へ派遣する「労働者派遣事業」
  • インソーシング(委託・請負):顧客から業務を受託または請け負い、パソナグループの社員、その業務遂行のため雇用契約を締結した労働者等の体制で業務処理を行うビジネス。業務委託・請負契約による取引には、オンサイト(顧客内)において 受託業務を行う形態と、パソナグループの設備・システム等を使用し顧客の業務プロセスを受託するBPO(ビ ジネスプロセス・アウトソーシング)やコンタクトセンター運営等が含まれます
  • Rコンサルティング、教育・研修、その他:子会社のキャプラン株式会社による教育研修機関「Jプレゼンスアカデミー」の運営、企業や官公庁・自治体から 受託している教育・研修、人材を一元管理するタレントマネジメントシステムの販売及び導入・活用に関するコンサ ルティング、人材育成や人事管理等に関するコンサルティングを事業としています
  • グローバルソーシング(海外人材サービス):海外での人材紹介、人材派遣・請負、給与計算、教育・研修等のアウトソーシングなどフルラインの人材関連サービス

以上の4事業は決算上の報告セグメントではエキスパートサービスに含まれています。

  • キャリアソリューション(人材紹介、再就職支援):転職・就職の希望者を募集・登録し、 同時に求人情報を収集して相互のニーズをマッチングする有料職業紹介事業
    • 会社都合による退職者または退職予定者等に対して、再就職先が決定するまで、職務経歴書作成や面接対策、求人情報の提供、独立支援などを行う事業
  • アウトソーシング:企業や官公庁・自治体等が、株式会社ベネフィット・ワンの運営する会員組織の法人会員となり、法人会員の従業員(個人会員)が宿泊施設、スポーツクラブ、各種学校等の福利厚生メニューを利用できる福利厚生代行事業を主軸に、 パーソナル事業(主に協業先企業の個人顧客に向けたサービス)、インセンティブ事業(多彩なポイント交換アイテ ムを通じたロイヤリティ・モチベーション向上支援サービス)、ヘルスケア事業(健診サービスや特定保健指導、ス トレスチェック等の疾病予防のための健康支援)など
  • ライフソリューション:認可・認証保育所、企業内保育施設、学童保育の運営などを行う保育事業、デイサービス、訪問介護などを行う介 護事業、家事代行事業
  • パブリックソリューション:レストラン、宿泊やエンターテインメント施設、道の駅等の運営や地域商社として地元特産品の販路拡大などを行う地方創生事業、東北地方の復興支援事業、障害者の雇用創造に関する社会福祉関連事業

2019年5月期における上記事業の売上収益及びセグメント別利益は以下の通りです。

2019年5月期連結セグメント売上・利益の概要

事業セグメント売上収益(百万円)事業利益/損失(百万円)
外部売上売上構成比事業利益事業利益

構成比

エキスパートサービス270,28582.7%7,31642.0%
キャリアソリューション15,2714.7%3,51020.1%
アウトソーシング34,23110.5%7,71944.3%
ライフソリューション5,5021.7%1681.0%
パブリックソリューション1,6930.5%-1,279-7.3%
合計326,98417,435100.0%
調整額—--7,970
合計326,984100.0%9,465

パソナグループは創業以来「社会の問題を解決する」という企業理念のもと、「年齢や性別に関わらず、誰もが自由に好きな仕事を選択することができ、個人個人のライフスタイルに合わせた働き方のできる社会」の実現を目指して事業を展開しています。

中長期的な経営戦略としては、人材関連事業を通じた雇用創造を基本としつつ、時間や場所、組織にとらわれない多様で自由な働き方を応援するプラットフォーム「JOB HUB」のほか、AI/IoTなどテクノロジーの発展に対応する国内外での人材育成や東京一極集中を打破し地方に新たな産業を創造する地方創生事業人々の豊かな生活を実現する新たな健康・ヘルスケア産業の確立など、未来を見据えた様々なイノベーション創出に注力していく計画です。

現在は、特にHRソリューション事業領域の拡大、多様化する働き方改革の推進、持続可能な地方創生の事業を課題として、働く人々にとって就業機会の拡大となる事業に注力しています。

株式会社メイテック

2019年3月期連結決算

売上高 (百万円)97,736
経常利益(百万円)12,643
当期純利益(百万円)8,829
包括利益 (百万円)8,974
従業員数 (人)10,356
連結子会社数5社

株式会社メイテックはエンジニアリングソリューション事業として、正社員エンジニアを派遣するビジネスを中核として、さらにエンジニア紹介事業はエンジニアに特化した職業紹介事業を展開しています。技術者の質、単価ともに業界首位の企業です。

エンジニアリングソリューション事業では、派遣エンジニアの属性によって以下の5社でサービスを提供しています。

  • (株)メイテック: メイテックグループのコア事業であるハイエンドのエンジニア派遣事業
  • (株)メイテックフィルダーズ :ミドルレンジのエンジニア派遣事業
  • (株)メイテックEX :シニアエンジニア派遣事業
  • (株)メイテックキャスト: 製造業を主要顧客とした登録型人材派遣事業
  • (株)メイテックビジネスサービス: 一般事務処理業務の受託

またエンジニア紹介事業は(株)メイテックネクストが行っています。

収益の柱は技術者派遣であり、中核のハイエンドに加えミドル領域においても自動車向けなどの需要に対応しています。

2019年3月期のセグメント別売上収益と利益の概要は以下の通りです。

事業セグメント売上収益(百万円)事業利益・損失(百万円)
外部売上売上構成比事業利益事業利益

構成比

エンジニアリング

ソリューション事業

96,10098.3%12,07595.6%
エンジニアリング

紹介事業

1,6361.7%5604.4%
合計97,736100.0%12,635100.0%

メイテックの根幹事業はエンジニアリングソリューション事業であり、「共生と繁栄」の経営理念に立脚して全社員がつながりあい、エンジニア価値を起点として、5つの価値(エンジニア価値、社員価値、顧客価値、株主価値、社会価値)を持続的に向上させていく経営を行っています。

エンジニアリングソリューション事業の業績は、技術力の高いエンジニア、プロのエンジニア集団を形成する社員数とその稼働率の多寡に懸かっています。

そのため受注営業、採用・増員、キャリアサポートの業務について、環境変化を適切に捉えてバランスを取りながら、それぞれの業務を強化して持続的成長を実現していくことが最大の課題です。

まとめ

以上、人材業界の上位企業の現状をみてきました。凝縮したサマリーですが、人材会社の事業内容と規模感や経営方針、グローバルへの展開などを感覚的にも理解できたと思います。

上位企業は就活においても非常に人気の高い企業であり、難関です。人材業界に興味や志望意欲を繋ぐことができた方は、志望企業候補のあたりをつけて、詳細な企業研究を進めて下さい。

上位企業の多くはインターンシップに積極的です。OB・OG訪問も含めぜひトライして門戸を開いて行きましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

9219fc8ca4440aa388894f2f66bb2386.jpg1
自分の就活力を客観的にチエックできる神サイト!就活対策はここからスタート

あなたの『就活力偏差値』知りたくありませんか?自分のポジションを客観的に知って、就活をマネージしていくことが、就活を効率よく進める第一歩。簡単な質問に答えるだけで、無料で診断ができます。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。