就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【データで読み解く】短期間でエントリーシートの量産が必要な理由を理解しよう

3月1日に就活の一般ルートの広報が解禁されると、各企業別の採用スケジュールがオープンになり、エントリーシートの受付開始と締め切りが明らかになります。

エントリーシートの応募受付の時期

エントリーシートの提出は一回限りで終了する企業(春採用のみ)、春採用の中で一次募集、二次募集等、時期を複数回に区切って募集する企業があります。

また春採用のみではなく、夏・秋採用として6月以降にも新たなエントリーを受け付ける企業もあります。各社は過去の採用実績を基にして採用ポリシーとスケジュールを決めています。

志望者が何千、万を超えるような就職人気が高い企業の場合は一回限りでESの受付を締め切る企業もあれば、人気がある企業でも、あえて複数の締め切りを設け、就活生に機会を与えている企業もあります。

志望者の絶対数の確保が難しい知名度がない企業や、中堅・中小企業、事業開始後歴史が浅いベンチャー企業は大企業の春採用の選考に落ちた優秀な学生を引き付けようと、夏~秋まで募集をしている企業も数多いのです。

しかしながら、一般的な就活の趨勢は春採用にかかっています。

春採用で思うような結果が出ない就活生は、夏・秋採用での就活をせず、あえて留年して来年再度就活に取り組む学生もいるほどです。

プライドと企業のブランドに拘って就活を進めている学生ほど、6月末の段階で思うような結果がでていないと、なかなか切り替えが出来ず、苦しんでしまうのです。

最大の山場が初めに来るという難しさ

就活の最大の山場は、3月1日の就活広報解禁直後から始まります。

企業説明会の受付(オンライン・リアルの両方)→参加、エントリーシートの受付解禁から締め切り、適性・能力検査と立て続けにスケジュールが埋まっていきます

新型コロナウイルスの影響で、説明会はオンラインで行われるのが主流になっているので、リアルな説明会が主流であった時代から若干時間的には余裕はあります。

しかし、初めの関所であるエントリーの締め切りは、早い企業だと3月20日前後に設定しており時間がありません。

多くの企業は4月中にはエントリーを締め切り、ESの選考、適性・能力検査の選考と、選考の合否が明らかになっています。

一部の企業では3月から面接を開始、多くの企業も4月~5月に面接を集中して行っています。そして5月のゴールデンウィーク後から内々定の連絡があり、政府が要請している6月1日の選考開始の時点で、実質的な内定(内々定)の通知が開始されていきます。

6月中には最大の山場である春採用は終了します。

3月1日の就活広報解禁からいきなり最初で最大のハードルである、エントリーシートの選考という山場を迎え、春採用は僅か3ヵ月で趨勢が決まり、終了してしまいます。

内定を獲得するにはエントリーの数が必要

大手ナビサイトの一つであるキャリタスを運営している株式会社ディスコの調べでは、2021年卒の就活生1人あたりのエントリー社数の平均は26.9社、選考試験の受験状況に関しては、ES提出社数が平均13.1社。筆記9.0社、面接5.9社(2021年5月1日現在)という結果でした。

「就活の答え」では、春採用のエントリー数の基準を30社にすることを推奨しています。

選考の結果をモニターしつつ、持ち駒を確保していき、就活全体としては50社程度のエントリーを目指そうとアドバイスしています。

いくら数多くエントリーしても人気企業ばかりでは選考通過の確率は上がりません。

採用予定人数、過去の採用実績校、競争率、学歴フィルターの有無の口コミ情報、適性能力試験の基準点の情報などの情報を分析して、戦略的に志望企業のバランスをとりながら、できるだけ多くの企業にエントリーをしていきましょう。

株式会社ディスコの調査でも、平均で13社にESを提出しています。それも3月から4月の短期間で行わなければなりません。

オープンESを採用している企業を除き、各社のESの設問は違います。全く同じESを提出することはできないので、平均でも13種類のESを短期間に仕上げる必要があります。

エントリーシートの量と質の問題

まず提出の量を担保するためには、手書きのESを採用している企業を回避するか、数を絞るという戦術をとりましょう。

手書きのES作成は非常に手間がかかるため、志望意欲が高い場合に限ることで、その時間を別のことに使いましょう。

オープンESでエントリーできる企業をミックスしていくという戦術もとれます。

また、逆求人型スカウトサービスに登録して、企業側からのオファーを貰うルートを開いておくのも有効です。

内定獲得に近づくには、1社のESを10時間かけて作成するより、10時間で5社のESを完成させて提出する方がはるかに効率的です。

3月中には目標は30社、どんなに少なくとも平均である13社のES提出ができるようにしましょう。

平均的なES提出社数13社を基準にした場合、ES通過率を平均的な5割と考えると、能力検査や面接に進めるのは6~7社、最終面接までのハードルが能力テストを入れて4関門として、それぞれの関門が仮に5割の通過率を適用しても内定をとるのは難しいことがすぐに分かると思います。

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率97%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

 irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【23年卒】首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。