就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

イベント参加者内定率90%以上。Meets Companyの評判と就活生の向き、不向きを徹底解説!

Meets Companyとは?

Meets Companyは、就活生と企業が座談会形式で対話ができるマッチングイベント(合同説明会)を、全国で年間850回以上開催している就活サービスです。

人材事業、WEB事業、研修事業、医療事業を幅広く行っている株式会社DYMが運営しており、日本経済新聞、報道ステーション、東洋経済オンラインや北海道テレビなどの多くのメディアでも取り上げられている注目のサービスです。

他の就活サービスは東京・大阪を中心に行われているのに対し、Meets Companyのイベントは全国で開催されており、地方の学生もイベント会場への交通費以外は就活生の経済的負担がないため安心です。

2021年卒の就活シーズンに突入する直前、新型コロナウイルスが就活を直撃しました。2月中旬から、合同企業説明会や個別の会社説明会が開けない状況になっています。

その結果、就活生が直接企業と出会い、雰囲気や社風、文化を感じる機会がなくなっています。

就活生にとって、最も残念なのは「実際の企業に勤めている社員と話す機会がない、少ない」ことです。つまり、大事な社会人慣れ、疑似的な面接慣れをする機会がほとんどないことです。

Meets Companyは、企業のマネージメント層や社長と直接コンタクトができるため、社会人慣れ、疑似的な面接慣れをする機会として、上手く活用することも可能です。

「就活の答え」では、一貫して通常の一般選考ルートと、自分にあった優良な就活サービスを賢く使う併用をお勧めしていますが、全国の就活生のための選択肢としてこのサービスを詳しく解説していきます。

Meets Companyはこんな就活生に向いています

どんなことにも向いている、向いていないがあり、「向いていない」と思った人がサービスを受けた場合SNSや口コミサイトでネガティブな情報を拡散します。それはある意味当然なことです。就活で重要なのは「自分の考え」をしっかり持って、自分で判断することです。

「就活の答え」では、このサービスを験者した多くの学生からの取材内容をまとめて、このサービスに向いている人、向かない人、メリット、デメリットの両面を解説します。

Meets Companyを体験して欲しい人とは?

  • まだ自分の就活の軸(業界や会社選びに外せないポイント)がはっきりしておらず、色んな業界や企業の人と直接会って、話を聞いてみたい、視野を広げたいと思っている人
  • 自分には、「どんな業界・企業が向いているのか」が良く分からない人。実際の企業とコンタクトする体験や人材コンサルタントの意見を参考にしたいと思っている人
  • (大都市圏だけではなく)自分の住んでいる地方での就職を優先して考えている人、何らかの事情で地方を離れられない人
  • 誰もが知っているような大企業・人気企業への就職に特にこだわりがなく、自分にあった企業や仕事に就きたいと考えている人
  • ブランドや安定より、自分の頑張りで途を切り開いていくメンタリティを持っている人
  • 面接の疑似体験やプロから就活のアドバイスを直接聞きたいと思っている人
  • ES選考や能力試験に疑問を持ち、人物重視で「本当の自分」を受け入れてくれる企業の中から就職先を決めたいと思っている人
  • 早期内定を持っておきたい、通常ルートの就活だけでは不安、もしくは早期内定を得ることによる「安心感」を通常の選考ルートに活かしたいと考えている人

上記のポイントのいくつかに共感する人は、Meets Companyの就活サービスを検討する価値はあります。そう思えた人は読み進めて下さい。

Meets Companyが向いていない人

  • 既に自分の就活の軸(業界や会社選びに外せないポイント)を固めており、それ以外の選択肢は「ない」とはっきり言いきれる人
  • 既に自分がベストと思える内定先を確保できている人、「ある程度納得できる」内定先を得ており、これ以降は一般ルートの就活をプラスアルファと考えている人
  • 現時点で自分の就職する会社は、知名度のある企業、安定している大手企業しか「あり得ない」、それ以外は時間の無駄と考えている人

上記にあてはまると思った人は、一般ルートの選考に勝ち残れるように就活対策を集中する、また、自分の目的に合った他の就活サービスの利用を検討して下さい。

Meets Companyのメリット

メリットは上記の「向いている人」のポイントに対応する根拠になります。

  • 自分の知らない業界、企業を知ることができ、就職活動の視野を広げることができる
  • イベント1 回あたり最大 8 社の企業・30 名の学生による少人数制の座談会形式で、企業の代表や幹部、人事責任者と直接話をすることができる
  • 面接という肩の凝る形式ではなく、リラックスした雰囲気の中で社長や幹部、人事担当に直接自分をアピールすることができる
  • 日本全国30ヵ所で年間850回以上のイベントを開催しているため、地方の就活生でも気軽に活用可能。Uターン就職を考えている学生にも最適
  • イベント参加にESは不要。必要なのは履歴書1枚と筆記用具のみ
  • 希望すればMeets Companyのリクルーターと1対1で向き合ってもらい就活に関する相談やアドバイスを受けることが可能
  • イベントで出会える企業とのマッチング以外でも、相談の上企業の紹介や特別選考枠の機会をもらうことも可能

Meets Companyを利用するメリットは上記の様に多数あります。特に他の大都市圏中心の就活サービスとは一線を画し、大都市圏だけではなく、地方の需要にもきめ細かく対応している点は他の就活サービスはない特長です。

Meets Companyのデメリット

デメリットは上記の「向いていない人」にあげたポイントの根拠になります。

  • 当日参加するまで、どんな企業が参加するかが分からないため、就活の軸、企業選択がしっかり固まっている学生や、既に内定を得ている学生には敢えてお勧めしません
  • Meets Companyは東証1部上場企業の一部も利用していますが、多くは勢いのある新興企業やベンチャー企業、知名度は無くても優良な中堅企業が数多く参加しています。就職先に「規模」、「知名度」を就活の軸の本音、絶対条件にしている方は他のことに時間を使いましょう
  • Meets Companyは社会福祉事業ではなく、株式会社DYMが行っているビジネスです。この事業は参加企業に最適な学生をより多く採用してもらう、企業視点では採用できる、といいうことで成り立っているため、Meets Company のリクルーターからの熱心なフォローアップがあることを前提に考えて下さい。学生によっては「しつこい」と思ってしまう可能性もあるでしょう

Meets Companyのサービスを利用する上で、まず理解しなければならないのは、イベントに参加する企業の名前が分からない点です。この点に違和感を持つ学生も多いのは当然です。自分の「就活の軸」がしっかり固まって、志望業界や志望企業群もはっきり定まっている学生であれば自然な感情でしょう。

従って、そう思う学生は一般ルートの選考を頑張る、または他の就活サービスを使用して自分の軸にあった企業へアプローチしていきましょう。

また、あまり考えたくはありませんが、春採用で結果が出ない場合にもう一度このサービスの利用を検討すれば良いでしょう。

Meets Companyのイベントのフロー

ここからは、実際のイベントの流れについての解説です。Meets Companyが自分に向いていない、メリットよりデメリットが大きすぎると考えた人以外は読み進んでください。

イベントの流れ

Meets Companyの合同説明会イベントの概要とスケジュールは以下のようになります。

イベントの基本情報:

  • 1回のイベントは上限4時間に設定されています。企業の参加数は最大8社です
  • イベントに参加された場合、Meets Companyの担当者がイベントの進行を行います。当日の簡単なスケジュール、概要の説明があったあとは出展企業が1社ずつ自社の説明を行うことから実際のイベントが始まります
  • 参加する学生は1イベントあたり最大30人程度となります

企業PRタイム:

  • 1社あたり5分で、企業の担当者から参加している就活生全員に向けて企業の説明(企業PR)があります
  • 5分という短い時間なので、企業側のアピールポイントや就活生に期待することを凝縮した内容になります
  • 1社あたり5分の座談会形式なので、8社の場合40分というスケジュールになります

就活生によるグループワークタイム:

  • 各テーブルに分かれてグループワークやグーループディスカッションが行われます
  • 実際の企業で出題されたテーマやチームワークを競うグループワークですが、堅苦しい高度何用ではないので積極的に参加、自分の意見を言うという意識があれば心配しなくても大丈夫です

出展企業と就活生の座談会:

  • 総当たり形式の座談会で、1社毎に企業の担当者が各テーブルを回って質疑応答ができます
  • 少人数なので企業担当の「生の声」を聞ける、学生側からは率直に質問したり、興味がある企業であれば本当の自分を直截アピールすることも可能です
  • 学生を8組(1組あたり4名)に分けて、各テーブル1名の企業担当者がつき、企業担当が巡回します
  • 1社あたり15分の座談会形式なので、8社の場合120分というスケジュールです

アフターイベント:

  • ここまでを約3時間で行い、以降1時間で8社の中で気に入った企業が有ればリクエストとイベント時のアンケート結果を基に企業とのマッチングを行います
  • この段階で専任のリクルーターがついて面接の日程調整や内定獲得のためのサポートがおこなわれることになります
  • マッチングした学生には特別選考ルートも用意されており、一次選考から社長面接が行える場合もあり、内定獲得に近づけます
  • イベント当日は移動時間を除いて4時間+α(往復時間な除く)はかかるものと考えて下さい。

まとめ

Meets Company をご紹介する理由は、全国展開しているサービスであること、就活エージェントやスカウトサービスとは違う他にはないユニークなサービスであるためです。

ユニークであるがために、向いている人、向かない人がはっきりしています。

少しでも興味があり、就活をキックオフするきっかけにしたい、面接を疑似体験してみたい、他の学生のレベルや考え方をみてみたい、早期内定を確保しておきたいと考える学生は、下記のボタンから自分が参加出来そうな場所と時間を選択して登録(ページの一番最後にあります)をしておきましょう。30秒ほどで簡単に登録できます。

21年卒就活に「出遅れ」を感じている人には、特におすすめです。履歴書以外は特に事前の準備が要らず、4時間の体験で得られるものは決して無駄にはならないでしょう。

完全無料ですし、イベントに参加してみて、自分には向いていないと思ったら簡単に退会できますので心配はいりません。

日本経済、世界経済の先行きも怪しくなってきました。一般選考ルートに加え、別ルートで手を打っておきましょう。どんな就活サービスでも自分が主体的に、賢く利用すればいいのです。就活は自ら行動することで途が開けます。実体験で就活をキックオフして、ペースに乗っていきましょう。

\\ 30秒で登録可能! 下のボタンから //

参加者内定率96%のMeetsCompany