就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

■ 内定獲得への強い味方、『0円就活』の賢い使い方

就活の進捗が不安な時、就活エージェントを利用するという打ち手がある

就活が解禁されてから3~4ヵ月経過すると、春採用の結果が殆ど決まってしまい、その時点で1社も内定を取れていないと、焦りが募ります。

特に2022年卒の就活は,未だコロナ禍の状況で先行きが不透明のため、就活を今までと同じ気持ちで更に進められるかどうか、精神的、肉体的に持つかどうかが不安な方も多いと思います。

就活はタフであり、「気力」、「体力」、「考える力・集中力」、「時間」、「費用」が続くのか、自分自身でも分からなくなってしまうのです。

もし、あなたが現在そんな悩みや不安を持っているのなら、就活エージェントに相談してみるという「打ち手」があります。

この記事では、今注目の就活応援エージェント、『0円就活』を例に、その賢い相談の仕方、使い方を解説します。

『0円就活』とは

『0円就活』は就活に係る費用までサポートしてくれる、ユニークな就活応援エージェントです。

『0(ゼロ)円就活』というサービス名称は、就活生は以下の3つ費用がゼロ円で済むことからきています。

  • 面接交通費0円:交通費は全額、0円就活が負担
  • リクルートスーツ0円レンタル:内定GETまで無料でレンタルが可能。採寸と受け取りが店舗*でOK
  • 人気美容室0円:面接に向かうためのカット・セットのヘアスタイリングが無料

*リクルートスーツは業務提携しているカリクルにて提供

『0円就活』といっても、就活に係る費用が全く掛からない訳ではありません。『0円就活』は、面接交通費、リクルートスーツ、ヘアスタイリングの費用がゼロ円という意味なので、そこは誤解の無いようにしてください。

しかし、面接交通費、リクルートスーツ、ヘアスタイリングの費用まで就活エージェントが負担してくれるのは、『0円就活』だけです。コロナ禍で、アルバイトもままならず、就活用の費用が心配な就活生には適したサービスと言えます。

就活エージェントの『0円就活』がこれらの費用を負担する条件は、『0円就活』の専属アドバイザーからのしっかりとしたコンサルティングを受け、求人企業を紹介してもらった上で、あなたがその企業に興味を持ち、納得した上で選考を受ける場合に限ります。

殆どの就活エージェントは、求人企業にあなたをマッチングして、無事に内定・入社に至ることで、その企業から成果報酬が支払われます。コンサルティングや面接対策などの就活サポートに関する費用は、就活生が負担しない(無料)が一般的です。それは『0円就活』も同じです。

前述の面接交通費、リクルートスーツ、ヘアスタイリングの費用は、通常であれば就活生が払わなければならない費用で、就活エージェントは負担しません。それに対し、『0円就活』では、あなたが紹介を受けた企業の選考に臨む条件で、就活生に代わって『0円就活』が負担するのがユニークな点です。

就活エージェントをを利用する時は、「自分が納得できるか」が全て

『0円就活』に限らず、就活エージェントのサービスを受ける時に、最も気にして欲しいのは、紹介してもらった企業があなたを評価してくれて、仮に「内定を出してくれた場合、入社する意思がある」という一点です。

これはとても重要なポイントです。

内定獲得に大きな不安を感じている人は、自分の可能性を広げる意味で、無料で利用できる就活サービスは積極的に利用すべきです。

現在の就活は、一人で悩む必要はありません。もちろん、悩んで壁にぶち当たることで、就活を通じて大きく成長することも可能なので、悩むこと自体は悪いことではありません。

悩んでも良いのですが、そこからバウンズバック(立ち直る)ことが、納得できる就活の結果を出す上で、非常に重要なのです。

就活の結果が出ず、「無い内定状態」、「持ち駒も尽きてしまった」、「何が何だか分からず、自信が無くなった」という時に、バウンズバック(立ち直って、就活を更に進める)する力になってくれるのが就活エージェントの存在なのです。

はっきり言って、そういう状況に陥ってしまった学生にとっては、就活エージェント程、頼りになる存在はありません。

この記事で取り上げている、『0円就活』は、他の就活エージェントになない、「面接交通費、リクルートスーツ、ヘアスタイリングの費用を負担してくれる」というメリットは明らかです。

しかし費用負担は付帯のサービスに過ぎません。

本質のサービスは「就活生が、入社後やりがいを感じて活躍してくれそうな企業を紹介すること」、そして「就活生に自己分析や面接対策のサポートをすることによって、求人企業の選考を経て内定を獲得に導くこと」です。

就活エージェントに求めるべき本当に重要なことは、「あなた」の意思や考えを踏まえた上で、プロの視点で「あなたに合い、あなたが活躍できる企業」を紹介してくれることです。

後はあなたがエージェントが紹介してくれた企業を「納得して、選考を受け、内定したら入社する意思がある企業」として選考に進むか否かの決断をすることです。

もちろん、「紹介してもらえる企業による」と言うのが本音だと思いますし、そのスタンスは変える必要は全くありません。

『0円就活』に限ったことではありませんが、就活エージェントを利用する場合は「自分が納得できるか」が全てです。

納得できなければ、選考を受けないことですその決断だけは自分でしてください。あなたは就活エージェントに対し「あなたに合った、万全のサポート」をお願いし、あとは自分で決断すれば良いのです。

そして、紹介を受けた企業は、自分自身でもよく調べてみることです。企業研究をしてください。ネット上の情報や就活の口コミサイト、転職サイトでの評判を「自分自身」でチェックしましょう。その上で最終判断を自分で下して下さい。

選考に進まなければ、費用に関するサービスは受けられないため、妙な「後ろめたさ」を感じる必要は全くありません。

『0円就活』は怪しい?

就活生が就活エージェントを使用する場合、「人が集まらない辛い仕事の企業を紹介されるのではないか」、「営業ノルマが厳しく、入社してもすぐ離職してしまうような企業に強引にマッチングさせられてしまうのではないか」、「労働環境が悪い、所謂ブラック企業に誘導されてしまうのではないか」等の不安を抱くのではないでしょうか。

特に「面接交通費、リクルートスーツ、ヘアスタイリングの費用を負担してくれる」という誘い文句はで、逆にその不安を増してしまう場合もあるでしょう。

そんな人のために『0円就活』を展開している株式会社C3(シースリー)のことを若干解説しておきます。

株式会社C3の設立は平成22年(2010年)で、既に10年以上の歴史があります。事業の中心は企業価値を⾼めるコンサルティングや⼈材のスキルアップサポートなど、⼈材ライフプランナーとして成長しており、『0円就活』模試の一貫の事業なのです。

株式会社C3の「C」は、キャリア(Career)、クリエイティブ(Creative)、チャレンジ(Challenge)の頭文字から取っており、”NO CHALLENGE NO CAREER”の精神で、『人』と『情報』から常に新しい価値を創造し日本の『働く』を変革すること目指しています。

企業概要:株式会社C3

 

会社名: 株式会社C3(シースリー)

  • 所在地  :
    • 大阪 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル27階
    • 東京 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-32-7 大樹生命池袋ビル2F
  • 電話番号 :大阪 06-6344-0343、東京 03-5956-9505
  • 設立日 : 平成22年11月4日
  • 有料職業紹介事業
    • 許可番号              27-ユ-303312
  • 労働者派遣事業
    • 許可番号              派 27-304747
  • 代表者    岩井英治
  • 資本金    10,000,000円

『0円就活』に求人を出している企業をチエック

『0円就活』に求人を出している企業をみても、『0円就活』に対する不安は拭えると思います。

現在『0円就活』には、大手、中堅、中小、ベンチャーの様々な1,000社を超える紹介企業があります。その中で、就活生の皆さんが良く知っている大手企業も多数あり、以下はその一部です。

更に気になる人は株式会社C3の取引企業を検索して、ご自分の目で確かめてみて下さい。

もちろん基本的に大手の就活人気の高い企業は、放っておいても数万、数千、数百という優秀な志望者がエントリーしてくるため、新卒採用では就活エージェントを使用しない企業が一般的です。

大手のナビサイトの掲載企業数は、2021年3月時点で、マイナビで24,215社、リクナビで10,830社もあるので、『0円就活』に求人を出している1,000社を超える企業の中に、現在のあなたが希望する条件の企業が見つからないこともあるでしょう。

しかし、皆さんが良く知っている大手企業の一部(Google、ソフトバンクグループ、シャープ、京セラ、住友不動産、オリックス、ニトリ、日産自動車、オープンハウス、ヤマト運輸等)が『0円就活』に求人を出している事実が分かれば、「怪しくない」ことは分かると思います。少なくとも「とりあえず相談だけでもする価値」はあります。

もう少し『0円就活』のことが知りたければ、LINEで友達登録をするだけです。まずLINEでのやり取りをして、納得できれば相談に進み、相談して納得できなければ、その先に進まなければ良いだけです。

\\ 0円就活をLINEで登録 //

就活応援サービス【0円就活】

これからの就活に、いったいいくらかかるのか

就活生にとって悩ましいのが就活に係る費用の問題です。

特にコロナ禍においてはい飲食店のアルバイトが無くなってしまったり、シフトが減らさりたりする事象が多発しており、就活費用の捻出が苦しくなっている人も多いと思います。

そもそも『0円就活』は、そんな就活生をサポートするためにできたサービスなので、費用面でも不安に思っている就活生にとっては心強いサービスです。

就活費用に関する各種の調査データからは、コロナ以前の就活費用は全国平均で13万~14万、関東の学生で11万~12万、地方の学生の平均が18万程度、最も高い北海道の平均が22万~23万の費用でした。

コロナの影響を受け、オンライン化が一気に進んだ2021年卒の就活生が、就活にかかった費用の平均は10万円程度(全国平均)となっています。

オンライン化が進み、交通費や宿泊費が大幅に減少したことによって就活費用は減少していますが、親に資金援助を頼れない学生はアルバイト収入の減少によって、費用面の苦しさはコロナ以前と同じか、むしろ悪化して、より苦しさを感じているでしょう。

それでも春採用迄で内定を獲得できていれば、今後就活をもう少し継続する場合でも気持的な余裕は持てるでしょう。

まだ内定を獲得できていない就活生や、獲得していても「納得できず、他の選択肢を本気で探したい」と考えている方は、この先の就活でかかる費用は、できれば押さえたいと考えるでしょう。

すでに支出した費用を除いても、これからの就活に4万~5万程度はかかると考えるのが普通なのでは?

費用をかけない、節約することは手段にすぎず、目的は少しでも自分が納得できる就職先をみつけ、そこから内定を得ることです。『0円』は手段であり、本質は「あなたが活躍できる企業、納得して入社できる企業」を紹介してもらうことに変わりはありません。

『0円就活』は、就活生が交通費の捻出に頭を悩ませ、受けたい企業の選考を諦めたり、不本意なリクルートスーツやヘアスタイリングで面接に臨まなくて良いように、『就活に集中して、早期により納得度の高い企業から内定を獲得する』ためのサービスなのです。

少しでもメリットを感じた方は、まずはLINEで友達登録だけでもしてみて下さい。

\\ 0円就活』をもっと知りたい  //

就活に関わる費用が、なんと0円【0円就活】