就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接で盲点の「友人」に関する質問への対応

「友達は何人ですか?」、「あなたは友人から、どんな人と言われていますか?」、「どう思われいますか?」と聞かれたらどう答えますか?

面接が中盤から後半にかかって、学生も少しリラックスしてきた段階で、唐突に「ところで、友達は何人いますか?」と友人の人数を質問される場合があります。また、「あなたは友人からどんな人と言われていますか?」、「友人からどう思われていますか?」と、他人からの評価を聞かれることが良くあります。

最近の面接では、学生の自己評価ではなく、友人との関係性や、友人からのあなたの評価を質問する面接官が増えています。

この記事を読み進む前に、あなたならどう答えるかを考えてみてください。この質問は、「ところで、・・・」と今までの会話のフローを切り替えてすることが多いためです。アドリブの対応力も試す意味で、自分の言葉で語ってみて下さい。

最近この質問が多用されるのは、それだけ重要な質問であるということです。質問の意図から解説していきます。

質問の意図:「友達は何人ですか?」、「あなたは友人からどんな人と言われていますか?」、「どう思われていますか?」

この三つの質問は友人に関する代表的な質問です。それぞれの意図を簡単に解説します。

 「友人は何人ですか?」の質問の意図

面接官のこの質問の意図は「人数」そのものを知りたい訳ではありません。あなたの人柄を理解したいのです。対人関係に対しどういう考え方や価値観をもっているかを、友人の数をきっかけにチェックしたいのです。

この質問は単独で終わることは少ないです。ほとんどの場合、掘り下げの質問として、次にあげる友人からの評価を尋ねる質問が続きます。

「あなたは友人から、どんな人と言われていますか?、どう思われていますか?」の質問の意図

面接官がこの質問をする意図は、次の2点に集約されます。

  1. あなたの自己PRの内容と整合しているか、一貫性があるかをチェックしたい
  2. あなたの対人関係に対する価値観や、他人からの評価が会社組織やチームワークに適応するかどうかをチェックしたい
最近の学生は就活の研究を真面目にして、面接を入念に準備している学生が多く、自己PRなどは皆とても上手く語れるようになっています。そのため差がつけにくく、視点を変えて他人からの評価を答えさせることによって、自己PRの内容の信憑性をチェックするのです。

それでは回答のポイントを解説していきます。

回答のポイント:「友人は何人ですか?」

 

何人かと質問されているので、人数は答えましょう。ただ人数を答えただけでは回答になりません。

どんな友人が何人いて、どんな関係にあるのかを答えましょう。薄い友人関係は答えないで良いです。親友、親しい友達というレベルで話しましょう。

「友人はいません」と答えたら即死します。4~5人のレベルでも全く構いません。「本当に気の置けない友達、親友」と紹介してその具体的な関係を話せばよいのです。

  • 知り合った関係
  • 友人はあなたにとってどういう存在なのか
  • 友人関係を語るエピソード
この3点を入れて話しましょう。

回答のポイント:「あなたは友人から、どんな人と言われていますか?」、「どう思われていますか?」

 Point1:他己分析の結果をもう一度振り返ろう

 

あなたが自己PRを作る過程で他己分析を既にしており、その結果を自己PRの内容に反映している場合は、それを基にして語ることで的確な回答になるはずです。

他己分析を行っていない場合は、メールなのでクイックに行う手もあります。もし時間的な余裕が全くなければ、エントリーシートに記載したPR内容に関連して、友人からかけられた言葉や、象徴的なエピソードを思い出して、言葉にしておきましょう。

大切なのは整合性、一貫性です。嘘はいただけませんが、自己PR内容が事実であれば友人との出来事や言葉の中で共通点があるものを見つけられるはずです。

Point 2:  友人との関係、友人からの評価=自己PR内容を、仕事の文脈で語ろう

 会社組織、ビジネスはすべて対人関係で成り立っていると言っても過言ではありません。企業がコミュニケーション能力を重視するのはこのためです。

友人との関係値は、チームワークに関するあなたの価値観や行動原理が色濃く反映するため、会社内のチームワークや、顧客との関係値構築に役立つポイントを探して、さりげなく結んで語りましょう

例えば、あなたが友人からいつも頼られる存在であれば、あなたはそれに値することを友人にしてあげているはずです。友人が苦しい時に、一緒に飲みに行って励ます、などが典型的な行為だと思いますが、「チームの仲間が困っている時は、サポートに回ります」という仕事に対する姿勢をアピールできる訳です。

36個の質問に答えて、自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

「友達は何人ですか?」、「あなたは友人から、どんな人と言われていますか?」の回答例

本当に気の置けない親友と呼べる友人は6人です。

一人は小・中学校の幼馴染、高校時代の友人が二人、大学の親友は三人です。それぞれ私にとってはでかけがえのない友人です。

 

友人から私は「辛い時に会いたくなる奴」とよく言われます。私も辛い時は友達と飲み明かします。友人も同じで、お互いに辛い時に、精神的に支えあうような存在です。

 

社会にでても、まずチーム内で頼られる存在になりたいです。そのために必要なのは、苦しい時には必ずサポートに回る気持ちだと思います。自ら率先して、そういう存在になることで、チームワークができていくと信じています。

簡潔に答えたうえで、面接官からフォローの質問があれば、答えた内容を証明する象徴的なエピソード、出来事を簡潔に紹介しましょう。素のあなたの「ひととなり」、性格、人間性をアピールしてもらえればこの質問をクリアできます。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。