就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【業界別:就活の筆記試験/Webテストの種類と形式】主要な新聞社・通信社の過去実績を一挙に公開

「就活の答え」では、主要な新聞社・通信社の筆記試験、Webテストの種類と形式を一覧表にしています。

はじめにお断りしていますが、これは特定企業の大卒・院卒用の能力試験・適性検査をピンポイントに特定したり、予測するものではありません。

あくまで参考として過去の実績をまとめたものです。ご自身でも更に綿密なリサーチをして、テスト対策と準備を進める資料としてご活用ください。

業界・企業別の筆記試験/Webテストの種類と形式を知ることの意味

「就活の答え」編集部では、就活生の皆さんが就活をできるかぎり効率的に進め、且つ自分にベスト、ベターな結果を出す上で、業界・企業別の筆記試験/Webテストの種類と形式の過去実績を早い段階で把握しておくことは価値があると考えています。

その理由は以下の通りです。

  • 一部の高学歴就活生を除けば、就活の筆記試験・Webテストは時間をかけた対策が必要
  • 就活の筆記試験・Webテストの種類は多く、企業によって採用している種類・形式は様々
  • 1種類のテスト形式を対策するだけでは、志望したい企業をカバーできない可能性大
  • 第一志望の企業が、マイナーな試験を採用している可能性もあり、その場合は特別な対策が必要
  • 志望業界の幅を広げる上で、筆記試験・Webテストも業界を横断的にみて、特徴や傾向を把握しておくべき
  • その上で、限られた時間を有効に使うために、テスト対策もプライオリティをつけて実施できる

これらの利便性に価値を感じた方は、順次業界別で一覧表を公開していきますので、他の業界の実績も是非参考にして対策をすすめてください。

新聞社・通信社の筆記試験/Webテストの種類と形式一覧の使用上の注意

以下の一覧表は、過去の「就職四季報」(東洋経済新報社)、「この業界・企業でこの「採用テスト」が使われている!【最新版】有名企業1300社でこの採用テストが出る!(SPIノートの会・洋泉社)、および就活生の皆さんから寄せられている2024年卒の筆記試験の形式に関する情報をもとに調査し、編集をしています。

本選考を対象にして、できるだけ新しい情報に更新を心がけていますが、企業によっては2019年〜2023年卒の情報が混じっています。

2021年~2023年卒生の就活は新型コロナウイルスの影響で、従来ならテストセンター方式やインハウス方式を採用していた企業が、自宅受験型のWebテスティング方式に変更する傾向が目立ちました。

現在は新型コロナウイルス感染症の収束に従い、Webテスト形式からテストセンター形式に戻す企業も増えています。(自宅受験型のWebテストでも、監視機能を付けて行う企業もあります)

同じ企業でもテストセンターとWebテスティングが時期の違い等で混在している場合もあります。

今までもそうでしたが、一部にはテストの形式や種類そのものを変更する企業もあります。従って、過去の実績が、必ずしも2025年卒以降の特定企業の試験をピンポイントで正確に予測することはできないのです。同様の形式・種類で出題されることを保証するものではありませんのでご注意ください。

それでも過去実績から傾向をつかみ、効率よく対策を進めておく意味は大いにあります。

能力・適性検査の位置づけ

コロナ禍がほとんどの業界・企業の業績に悪影響を及ぼしたここ数年では、今まで以上に能力検査・適性検査の重視度が上がっていました。

経済の先行き不安や、ウクライナ戦争に代表される世界の政情不安、資源価格高、インフレ懸念、ドル高・円安など、不確実性が増している現状では、企業の採用方針は、早期に且つ確実に仕事がこなせる人材を求める傾向が強くなります。

事業が複雑化、かつ不確実性が増している現状では、企業の採用方針は能力重視の傾向が強まっています。早期に且つ確実に仕事がこなせる人材や、所謂「地頭の良さ」や「頭の回転の速い人」を求めます。

その判断の一つの指標が、能力・適性検査です。

また、23年卒以降の採用活動では、人材獲得競争が激しくなっており、選考プロセスの早期段階で、志望者の能力を測る重要性が増しています。

加えて24年卒の選考からは、ChatGPT等のAIによる、エントリーシートの同質化問題から、能力・適性検査と面接での応答のスコアの評価ウェイトが高まっています。

特に就活人気の高い企業は、能力重視の傾向が強いことを認識しておいてください。

もちろん、能力検査や適性検査が全てではありません。企業は多様性や特出した才能の持ち主も求めているため、保守的傾向一辺倒ではありません。

幸いなことに、企業の採用意欲は回復傾向にあり、2023年卒の就活では、内定率はコロナ前の状況まで戻り、2024年卒の内定率は更に好調に推移しています。

Web面接が常態化し、門戸は広がる傾向にある中で企業は絞り込みを進めるため、能力検査・適性検査の重視度が上がると考えて、準備をすすめておきましょう。

新聞社、出版社、テレビ局各社は、一般的な就活スケジュールと比較すると、選考プロセスの開始が非常に早い企業が多いので、マスコミを志望する方は特に早めの準備が必要となります。

そのためにもマスコミ業界、新聞社、通信社に興味がある方、志望を考えている就活生は、下記の筆記試験/Webテストの種類と形式一覧を参考にして、効率よく対策を進めてください。

主要な新聞社・通信社の筆記試験/Webテストの種類と形式一覧

 マスコミの就職試験は、企業独自の筆記試験が中心にはなりますが、志望者が多い企業等はWeb試験を採用しているケースもあり、参考にしてください。 

新聞社

企業名 テスト名
朝日新聞社 SPI(WEBテスティング)、SPI(テストセンター)英語も実施→オリジナル試験:論述
河北新報社 企業オリジナル筆記試験一般教養(60分)、小論文(40分、400字)、作文(60分、600字)
神奈川新聞社 SPI(Webテスティング)
産業経済新聞社 Webテスト自社オリジナル(国語)、小論文
山陽新聞社 一般常識・TAL
信濃毎日新聞 一般常識・作文
中国新聞社 筆記試験:一般常識・作文
中日新聞社 一般常識:(数学問題、国語問題、英語問題))・時事・作文、筆記試験:適性検査(クレペリン形式の問題)
下野新聞社 一般常識:時事
長崎新聞社 筆記試験:SPI 適正検査(40分300問)、知的能力検査(言語・非言語:70分70問)、英語あり、小論文
新潟新報社 言語・英語・一般常識・作文
西日本新聞社 筆記試験:SPI・作文
日本経済新聞社 SPI(テストセンター、Webテスティング 英語)、筆記試験:企業オリジナル、一般常識(日経テスト準拠・英語)、小論文、TAL
北海道新聞社 C-GAB、筆記試験(時事、一般教養、英語)、作文・論文要約等
毎日新聞社 筆記試験:企業オリジナル・毎日ニュース検定(時事:N検2級準拠)、職種専門試験あり(作文 etc)
ビジネス部門:SPI(Webテスティング)
読売新聞 企業オリジナル(言語・非言語)・一般常識・時事・国語・漢字・英語、作文
通信社
共同通信社 筆記試験:作文、時事、漢字・和文英訳・英文和訳、筆記試験:時事問題、職種別専門分野試験有*一般記者、英文記者別
時事通信社 筆記試験:作文、SPI(テストセンター)、Web性格検査:TAL

 同じ業界内で、複数の企業を志望する場合のプライオリティ付けや、違う業界の志望企業を選ぶ際に、まずどの試験から対策を進めるべきかの材料にしてください。

就活の能力試験・適性検査は種類の違いはもちろんですが、方式の違いによっても対策を立てておく必要があります。限られた時間を有効に使用するために、効率的に準備をすすめていきましょう。

SPIを本テストと同じ方式で模試演習する方法

就活で重要度が増す、能力検査。数あるテストの中で、採用企業数が最も多いSPI対策から始めましょう。SMART SPI-Gは多くの業界大手の企業が採用しているSPIテストセンターを本番環境と同様に模試演習できるツールです。

有償ですが、その料金は6ヵ月間使いたい放題で、今なら2,500円(税込)というコスパの良さ。(通常価格は3,500円)

能力検査は全く自信がない。でも自分の良さを認めて欲しいと思う人へ

就活は筆記試験(能力検査・適性検査)が通らないと、その後の面接もしてもらえない企業が多いのが現実であることも「不正」が行われてしまう背景となっています。

もしSPIや玉手箱の問題をやってみたけど、自分には全く自信がないと思ったら、能力検査のない企業を選んで志望するという方法があります。

しかし、選考の緩い企業は「もしかしたらブラック企業かも?」、「仕事がきつく離職率が高く、とにかく若い人材を集めているのでは?」と不安になってしまいますよね。

そんな時は、自分のプロフィールや自己PRを登録しておくだけで、企業側がそれを見て「この学生に会ってみたい」と思ったら、面接のオファーをくれるスカウト型就活サービスがあります。

自信がないと思ったら、即チェックをしてみましょう。以下のリンクで、代表的なスカウトサービスである、OfferBox (オファーボックス)を例にして、スカウトサービスを詳しく説明をしています。

スカウトサービスで就活の不安をなくそう

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
26年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスで、インターン情報やスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、朝日新聞、ニトリ、コクヨ、SoftBnak、JCB、ATEAM、sansan、Nissin、Opt、Funai Soken、RISOなども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう

doda_campus_fix_image.jpg2
25年・26年卒の就活生には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

少しでも納得感が高い内定を目指す25年卒の就活生、インターンに参加したい26年卒の就活生は、スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

kuchikomi_150x150.jpg3
納得できる内定獲得のための就活サイト、【就活会議】に無料登録すれば、88,000枚以上の本物のESを閲覧できる!

就活は情報戦。企業が提供する情報は重要ですが、それだけでは不安です。実際の社員の評価や、選考を受けた先輩達の口コミによる生の声を入手できる「就活会議」を徹底解説。ESや選考情報のリアルを手に入れよう

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

 b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【25年卒】首都圏の学生で、納得できる内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します