就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接でよくある70の質問【回答例付き】:質問の意図と答え方を徹底解説

面接の本質は、企業が「本当のあなたは、どんな人なのか」を知ること、あなたは企業に「本当のあなたは、どんな人なのか」を伝えることです。「あなたはどんな人なのか」をもう少しブレークダウンすると次の3点に分解できます。

  • あなたはどんな特徴、良いところ、強みがあるのか?=自己分析→自己PR
  • あなたは当社にフィットする人か?=自己分析→業界・企業・職種研究→志望動機
  • 入社したら活躍してくれそうか?=自己分析→自己PR+志望動機

つまり、面接する企業に提出したエントリーシートの精度が高ければ、予想をしていなかった質問でも、ある程度までは回答の精度を高めることができるのです。

その意味で「自己分析」の結果、「業界・企業・職種研究」、「自己PR」、「志望動機」の内容と、その企業に提出したESを面接の前にもう一度振り返ることをお勧めします。

そうは言っても、面接で良く出る質問に関しては、質問の意図や適切な答え方を知っていれば、的外れな答えも避けられますし、他の学生と差をつける「この学生は一味違うな!」という印象を面接官に残すことが出来ます。

この記事では就活の面接でよくある質問70問を厳選しました。分かり易く質問を目的別にリスト化していますので、面接直前でも素早く参照することができます。

それぞれの質問毎に質問の意図と、回答のポイントを徹底解説し、回答の参考例文もついた記事のリンクがあります。目次をクリックして参照してください。面接対策に、就活生必見のまとめ記事です!「お気に入り」「ブックマーク」しておくと、とても便利です。

以下の目次の質問をクリックすると、その質問への解説記事に遷移するので、クリックして記事を参考にしてください。

Contents

人格・価値観・個性・行動原理・興味、関心に関する質問

Q1.自己紹介をしてください

就活面接の冒頭は自己紹介で始まります。自己紹介は学生の第一印象を左右する大切な機会です。印象を良くして差をつけ、その後の質疑応答をスムーズに展開する4つのポイントを解説します。

Q2.あなたの人柄を一言で言ってください

就活の面接で頻出する、人柄・性格を一言で表現する質問への答え方を解説します。「あなたを一言で言うとどんな人ですか?」、「あなたの性格を一言で言ってください」に上手く答えてあなたの印象を残しましょう。

Q3. あなたらしさ、一番自分らしいと思うところは、どんなところですか?

就活面接の頻出質問の一つ、「あなたらしさ」、「一番自分らしいと思うところ」に対応する回答方法の解説です。「強み」や「長所」との差は何か、質問の意図を理解し的確な回答のポイントを理解し準備をしましょう。

Q4.これまで一番辛かったことは何ですか? 学生時代、あなたが一番大変だったことを教えて下さい

就活の面接で、辛い体験、大変だったことを尋ねられる場合があります。頻出問題の一つです。この質問に的確に答えるために、どの経験を選ぶのか、何に絞って答えるのかを4つのポイントに分けて解説します。

Q5.あなたの趣味は何ですか?

就活面接では「あなたの趣味」に関する質問が頻出します。単に趣味を答えるだけでは、魅力ある回答になりません。あなたの人柄や熱意、物事に対する取り組み方、ストレス対策をアピールできる答え方を解説します。

Q6.あなたにとって仕事とは何ですか?

就活の面接で「あなたにとって仕事とは何ですか?」と、いきなり本質的な質問をされる場合があります。自己分析をしっかりしていないと答えられません。質問の意図を理解して的確に答える方法を解説します。

Q7.部活やサークル活動の経験はありますか?

就活の面接で、部活やサークルでの活動内容を聞いてくる質問が頻出します。「何をしていたか?」、「経験を教えて」と質問されたた場合、どう答えれば良いのでしょうか?面接官の質問の意図に的確に答える方法を解説します。

Q8.どんなアルバイトをしていましたか?

就活の面接で聞かれるアルバイトの経験。「どんなアルバイトをしていましたか?」というシンプルな質問です。就活マニュアルの答えとは一味違う、面接官が本当に知りたいポイントに的確に答える方法を解説します。

Q9.今までにした一番の失敗は何ですか? あなたの挫折体験を教えて下さい

就活の面接で尋ねられる、失敗体験、挫折した経験に関する質問は、頻度も高く、学生にとっては答え難い質問です。失敗体験や挫折した経験を、どう選んで、何を答えると的確な答えになるのかを詳しく解説します。

Q10.最近気になったニュースは何ですか?

就活の面接で頻繁に出る「最近気になったニュースは何ですか?」という質問。準備をしていないと、何を答えたら良いのか適切な判断が出来ません。質問の意図を理解し、的確な答えで好印象を残す方法を解説します。

Q11.友人は何人いますか? あなたは友人から、どんな人と言われていますか?

就活の面接で最近重視される、友人に関する質問。友人との関係、友人からの評価は、あなたの自己PRを補う重要な回答になります。質問の意図を理解し、友人に関する質問に的確に答える方法を解説します。

Q12.ゼミ・研究内容を教えて下さい。卒業論文のテーマは何ですか?

ゼミや、卒論のテーマに関する質問は、就活の面接での頻出質問です。答え易い質問ですが、専門知識を話しても面接官は理解できず、あなたの良さも伝わりません。質問の意図を理解し、的確に答える方法を解説します。

Q13.学業で力を注いだことは何ですか?

新卒採用では「企業の戦力にいち早くなれるポテンシャル=素質と能力」をチェックする目的で、学生に「学業で力を注いだこと」を質問します。就活の面接でこの質問に的確に答える方法やESへの展開を解説します。

Q14.あなたの尊敬する人は誰ですか?

就活面接で定番の「あなたの尊敬する人は誰ですか?」という質問。「一番影響を与えた人」という場合もあります。誰を選び、どう答えれば良いのかがわかりにくい質問です。この質問の意図を理解し、的確に答える方法を解説します。

注意:この質問は厚生労働省が告知している「公正な採用選考」に反する質問に当たるため注意が必要です。

Q15.あなたを○○に例えると、何と答えますか?

  • 「あなたをモノに例えると、 何と答えますか?」
  • 「あなたを動物に例えると、 何ですか?」
  • 「あなたを色に例えると、 どんな色と答えますか?」
[/list]

就活の面接で頻発される「あなたを動物や色、ものに例えると、何と答えますか?」という質問。いきなり聞かれると答え難い質問です。質問の意図を理解して的確に回答する方法、パニックにならない方法を解説します。

Q16.どんな人が苦手ですか?

就活の面接で「どんな人が苦手ですか」と問われる場合があります。マイナスの一面を答えなければいけない質問なので、どう答えていいのか判断が難しく、準備をしておきましょう。質問の意図を理解し、的確に答える方法を解説します。

Q17.大学・学部を選んだ理由を教えて下さい

就活の面接で頻出する「あなたの大学・学部の選択理由を教えて下さい」との質問。強い目的意識をもって大学や学部を選んでいない場合、答え難い質問です。質問の意図を理解して、的確な回答をする方法を解説します。

Q18.あなたの好きな言葉、座右の銘は何ですか?

就活面接での定番、あなたの好きな言葉、座右の銘を聞く質問。古くから使用されてきた質問の一つです。用意していないと答え難い質問ですが、決めておけば難しい質問ではありません。質問の意図を理解し、的確に答える方法を解説します。尚、この質問は厚生労働省が告知している「公正な採用選考」に反する可能性がある質問であるため、質問を推奨するものではありません。

Q19.学生と社会人の違いは何だと思いますか?

就活の面接で頻出する「学生と社会人の違いを、どう思いますか?」という質問。漠然とした質問に対し、急に意見を求められると答え難いものです。面接官の質問の意図を理解し、的確に回答する方法を解説します。

Q20.あなたは、○○○(時事問題・テーマ)に関して、どう思いますか?

就活面接で頻出する時事問題の質問。特に「あなたは○○についてどう思いますか」と、テーマが指定される場合は、その知識がないと対応できません。質問の意図を理解し、時事問題を的確に答える方法を解説します。

Q21.あなたのキャッチフレーズ、キャッチコピーを教えて下さい

就活の面接でよく聞かれる「あなたのキャッチフレーズ、キャッチコピーを教えて下さい」という質問。トリッキーな質問ですが、頻出質問の一つです。準備は必須です。ベストな対策を詳しく徹底解説します。

Q22.あなたが最近読んだ本を教えて下さい。最近興味深かった本、 お勧めの本はありますか?

就活の面接で「あなたが最近読んだ本を教えて下さい」、「最近興味深かった本はありますか?」等、本に対する質問が頻出します。読書の習慣がなく簡単に答えられない学生でも、的確に答えを出す方法を解説します。尚、この質問は厚生労働省が告知している「公正な採用選考」に反する可能性がある質問であるため、質問を推奨するものではありません。

Q23.最近感動したことは何ですか? 今まで一番感動したことは何ですか?

就活の面接の難問の一つ、感動したことを聞く質問です。「最近感動したこと」、「今までで一番感動したこと」という2パターンあります。この難問の意図を理解し、的確に答える4つのポイントを詳しく解説します。

Q24.仕事とプライベートをどう考えますか? ワークライフバランスについてどう思いますか?

就活の面接で、仕事とプライベートをどう考えるかを聞く質問。ワークライフバランスや「残業とプライベートのどちらを優先?」と具体的に聞く場合もあります。質問の意図を理解して適切に答える方法を解説します。

Q25.あなたが今までで、一番嬉しかったこと、楽しかったことは何ですか?

就活の面接で、「今までで、一番嬉しかったこと」、「一番楽しかったことを」を答えさせる質問があります。質問の意図を理解しないで答えると残念な答えになります。この質問に的確に答える方法を詳しく解説します。

Q26.あなたの集団の中での役割を教えて下さい

就活の面接で、集団内の役割を聞く質問。「あなたの集団の中での役割を教えて下さい」、「集団・組織内でどんな役割をすることが多いですか?」と尋ねます。この質問の意図を理解し、的確に答える方法を解説します。

Q27.今までで一番成功したこと、 あなたの成功体験を教えて下さい

就活の面接で「今までで一番成功したことは何?」、「成功体験を教えて下さい」と成功体験を聞く質問。どんな成功体験を話せばいいのか。成功体験と呼べる体験がない。そんなあなたに的確な回答方法を解説します。

Q28.あなたのこだわりは何ですか?

就活面接の頻出質問の中の難問、「あなたのこだわりは何ですか?」、に対応する方法を解説します。意図が分からないと何を答えれば良いのか分かり難い質問です。意図を理解し、質問への的確な回答方法を解説します。

Q29.あなたの人生のターニングポイントについて教えてください?

就活の面接でよくある「人生のターニングポイントを教えてください」という質問。質問の意図や回答のポイントを理解していないと、的確な答えができません。この記事ではこの難問に対するノウハウを徹底解説します。

Q30.あなたが熱中していること、熱注しているものは何ですか?

就活の面接の「熱中しているもの」に関する質問は、独特の難しさがあります。熱中の対象の解釈に幅がでるため、答えに一瞬戸惑ってしまうのです。この記事では質問の意図を明確にして適切に答える方法を解説します。

Q31.留年の理由を教えて下さい

就活の面接で、留年した学生にその理由を聞く質問があります。留年の理由を的確に答えないとマイナス評価を受けてしまいます。でも大丈夫です。質問の意図を理解して、留年の理由別に的確に答える方法を解説します。

面接で重要なのは本当の自分の強みを理解すること

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

自己PRの要素、強み・長所・(弱み・短所)、チカラ・能力に関する質問

Q32.あなたの自己PRをしてください

就活の面接では「自己PRしてください」と要求されます。エントリーシートのPR内容を口頭で「息を吹き込む」のが基本です。あなたの「自己PR」を印象に残して差別化する5つのポイントを解説します。

Q33. あなたの強み、長所を教えて下さい

就活の面接で聞かれる「強みや長所」の質問です。自己PRと被りますが、人格ではなく「チカラ」、「強み」、「長所」にフォーカスしています。強みや長所に説得力を与え、象に残す5つのポイントを解説します。

Q34.学生時代に力を入れたことを教えて下さい。学生時代に打ち込んだことは何ですか?

就活の面接で定番の質問、「学生時代に力をいれたことを教えて下さい」、「学生時代に打ち込んだことは何ですか?」(ガクチカ)に対し、魅力ある回答にするための4つのポイントを解説していきます。

Q35.あなたの弱み・短所を教えて下さい

就活の準備で短所や弱点の分析に時間をかけていないため、面接で「あなたの弱点・短所を教えて下さい」と質問されるとうまく答えられません。「弱点・短所」の質問に、うまく対処する5つのポイントを解説します。

Q36.あなたの特技・資格について教えて下さい

就活の面接では特技や資格に関する質問も頻出します。特技・資格を答えるだけでは印象に残りません。質問の意図を理解し、その背景や、動機、取り組み方、努力を効果的にアピールして、人格をアピールしましょう。

Q37.あなたの語学力・英語力について話してください

就活の面接で、語学力・英語力に関する質問も頻出します。「あなたの語学力・英語力について話してください」という質問です。語学・英語の得意、不得意を問わず、この質問に的確に答える方法を解説します。

Q38. リーダーシップを発揮した経験を話してください。リーダーシップについて、あなたの考えを聞かせて下さい

就活の面接で聞かれるリーダーシップを発揮した経験・考えに対する質問。リーダータイプではない学生にとっては非常に答え難い質問です。面接官がこの質問を多用する意図を理解し、的確に答える方法を解説します。

Q39.どんな研究をしていますか?あなたの研究内容を教えてください

就活のESや面接の「研究内容」についての質問。特に理系の学生の技術系総合職、研究開発職を志望の場合は必須です。この記事では研究開発の質問に的確かつ魅力的に答える方法をケースバイケースで徹底解説します。

Q40.あなたが、「誰にも負けない」と思うことは何ですか?

就活面接の難問の一つである「誰にも負けないこと」を聞く質問。この質問の存在や対処法を知らないと答えに窮してしまいます。この記事ではこの難問が出てきた時の回答方法を企業の採用担当視点で詳しく解説します。

Q41.「ストレス耐性・コントロール力」をチェックする質問

企業は志望者の「ストレス耐性やコントロール力」を就活の面接で確かめます。ストレスに対する力は、単純な質問への答えだけで決まる訳ではなく注意が必要。安易な回答テクニックではなく本当の対策を解説します。

Q42.あなたが、この会社に貢献できることは何ですか?

就活の面接で頻出する「あなたが会社に貢献できること」に関する質問。就活生が答えに窮する質問の一つです。この記事では難問の「会社にどう貢献できるか」に的確に答える方法を質問の意図を基に詳しく解説します。

Q43.これまで、何かを変革した経験がありますか?、何かを変革したエピソードを教えてください

就活のESや面接での「何かを変革した経験」、「変革のエピソード」を聞く質問。それ程頻出はしませんが、準備していないと答えらえない難問です。難関企業で問われる傾向が強いため、例文も交えて徹底解説します。

強み、長所、能力別での自己PRの解説記事

「就活の答え」では、面接での自己PRを30の強み、長所別で徹底解説しています。以下の記事で自分の強、長所や能力と重なるものを探して、併せて参考にしてください。

志望動機、志望意欲、就活の軸、就活の状況、内定受諾・入社意思確認に関する質問

Q44.あなたの志望動機を答えてください。この業界(業種)を志望する理由、当社を志望する理由は何ですか?

就活面接のでは最重要の、志望動機に関する質問にどう答えるかを徹底解説します。業界・業種、企業の志望動機、それぞれに、説得力を増すための準備と答え方を身につけよう。志望動機の答え方を解説します。

Q45.あなたの就活の軸を教えてください

就活の面接で頻出する「就活の軸」に関する質問。「就活の軸」の意味は「仕事・企業選びで重要な判断基準」です。質問に、的確に答えて面接官に好印象を残す方法を4つのポイントで分かりやすく解説しています。

Q46.あなたの希望職種何ですか? 職種の志望動機を教えて下さい

就活の面接で必ず聞かれるのが希望職種に関する質問です。「あなたの希望職種は何ですか?」「職種の志望動機は?」と尋ねてきます。職種に関する質問に説得力のある回答方法で、好印象を残す方法を解説します。

Q47.あなたのキャリアプランを教えて下さい

就活の面接で、キャリアプランに関する質問に的確に答えましょう。的確に答えられれば、あなたが真剣にその企業を志望している裏付けになります。志望動機に説得力を増す4つのポイントを解説していきます。

Q48.女性のキャリアプランに関する質問

就活の面接で頻出するキャリアプランの関連質問。特に女性は、結婚、出産、育児との関連でどう答えるべきか迷います。この記事では面接官の質問の意図と共に、女性のキャリアプランの適切な答え方を徹底解説します。尚、この質問は、質問の仕方によっては男女雇用機会均等法に反する可能性のある質問であることを注記しておきます。

Q49.他にどこを受けていますか? 他社の選考状況を教えて下さい

就活の面接で、答え難い質問の一つが「他社の選考状況を教えて下さい」と就活の選考状況を問う質問です。準備ができていないと答えに詰まります。面接の段階に応じた、適切な答え方を準備しておきましょう。

Q50.当社は第一希望ですか? 当社の志望順位は?

就活の質問で頻出する、志望順位に関する質問にどう対応すればよいのでしょうか。正直に答える、嘘をつくなど心の葛藤もあります。口籠って答えに窮してしまわないように、どう答えるべきかを詳しく解説します。

Q51.当社でどんなことをしたいですか?

就活の面接で必ず聞かれる「当社でどんなことをしたいですか?」という質問。この質問に即答できないと面接の評価を下げてしまいます。質問の意図を理解し、的確に答える方法を参考例文付きで解説します。

Q52.将来の夢は何ですか?

就活面接で、「夢はありますか?」、「将来の夢は何ですか?」と夢について聞かれたら、あなたならどう答えますか?どのレベルの夢を、どう答えれば良いのか、的確に答えるために質問の意図、回答のポイントを解説します。

Q53.勤務地に対する希望はありますか? 転勤は大丈夫ですか?

就活の面接で、勤務地の希望や、転勤に関する質問があります。正直に答えて良いのか、学生にとって答え方が気になる質問です。勤務地や転勤に関し、総合職、一般職、専門職に分け、的確な答え方を解説します。

Q54.希望していない部門・職種に配属されたらどうしますか?

就活の面接の定番質問、「希望していない部門・職種に配属されたらどうしますか?」に対する適切な答え方を解説します。職種や部門への志望動機をどう考えて返答すべきか、面接官の質問の意図から詳しく解説します。

Q55. 10年後のあなたはどうなっていると思いますか?

就活の面接で「10年後の自分は何をやっていると思いますか」という質問が頻出します。思い付きで答える学生は、抽象的で誰もが答えられるような答えをしてしまいます。質問の意図を理解し的確に答える方法を解説します。

Q56.なぜ、同業他社ではなく、当社を志望するのか?

就活の面接で、会社志望動機を「なぜ、同業他社ではなく、当社を志望するのか」という比較で答えさせる質問がよくあります。会社志望動機を同業他社との比較で聞く面接官の意図と回答のポイントを解説します。

Q57~Q67.就活の面接、「当社について」の質問と的確な答え方をまとめて解説

【対象質問:以下47~57の回答のポイントを解説して、回答方法のパターンを例示しています】

    • Q57. 当社のホームページを見て何が一番印象に残りましたか?

    • Q58. 会社説明会を通じて、当社にどのようなイメージを持ちましたか?

    • Q59. 当社の企業イメージを、どう思いますか?

    • Q60. 当社のCMについてどう思いますか?

    • Q61. 当社の良さはどこだと思いますか?

    • Q62. 知っている範囲の事業内容を言える範囲で答えて下さい

    • Q63. 当社の企業理念を覚えていますか?

    • Q64. 当社の製品について、どう思いますか?

    • Q65 当社の店舗について、どう思いますか?

    • Q66. 当社と○○社の違いは何だと思いますか?

    • Q67. 当社の課題は何だと思いますか?

 

Q68.当社が内定を出したら、どうしますか。就職活動を止めていただけますか? 内定を出したら入社ますか?

就活の面接も最終段階に入ると、入社の意思確認の質問があります。「当社が内定を出したら、どうしますか?就職活動を止めていただけますか」に代表される、入社の意思確認質問に的確に答える方法を解説します。

面接の最後の質問・逆質問

Q69.最後に何か質問はありますか?

就活面接の最後に「最後に何か質問はありますか?」と逆に質問を求められる場合があります。「特にありません」で終わるべきか、最後にアピールすべきか、聞いておくべき質問、避ける質問を知って的確に対応しましょう。

Q70.最後に何か言いたいことはありますか? 最後に何か伝えたいことはありますか?

就活の面接で、「最後に何か言いたいことはありますか」と最後の一言を求める質問。どう答えれば良いのか、「特にありません」で良いのか、答えに迷います。この質問の意図を理解し、的確に答える方法を解説します。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

1月7日(土)開催!ANA、花王、NHK、鹿島建設等、人気企業・機関の最新情報を一気にGet! 『ミキワメLIVE YOUTUBE』

憧れの人気企業ばかりと効率よく出会えると大評判の『ミキワメLIVE YOUTUBE』が1月7日(土)に開催されます。 24年卒の就活生(大学生・大学院生)なら、視聴の申し込みをするだけで、全員が以下の人気企業からの説明と、チャットによる質疑のセッションに参加できます。 開催日時:2023年1月7日(土) 10:00-20:00 Youtubeにて、オンライン開催入退場自由/服装・私服推奨 /完全無料
  • 人気の企業に効率よく出会える企業別セッション
    • 入退場自由!1社あたり約25分!YOUTUBEで1日で最大7社の最新情報が入手可能!
    • 人事や活躍している社員の方からの説明があり、短時間で深く企業を知ることもできます
    • 各業界の一流企業を1日で比較できるため、自分に合ったエントリー先についての考えがまとまります
    • 年末年始を過ごし焦っている人。本選考前にスタートダッシュを切りたいかたに最適!
 
  • 参加企業・機関
    • 【商社】三菱商事 / 岩谷産業 / JFE商事 / 蝶理
    • 【コンサル】デロイト トーマツ コンサルティング / アビームコンサルティング / ベイカレント・コンサルティング
    • 【消費財・化学】花王 / 旭化成 / ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
    • 【IT】楽天 / NTTコムウェア / TIS
    • 【放送】NHK(日本放送協会)
    • 【金融】農林中央金庫 / みずほ証券
    • 【精密機器】コニカミノルタ / ディスコ
    • 【鉄鋼】日本製鉄 / JFEスチール
    • 【不動産】旭化成ホームズ
    • 【文具・空間デザイン】コクヨ
    • 【ゼネコン】鹿島建設
    • 【官公庁】財務省
    • 【エンタメ】エポック社
企業別セクション以外も充実の「特別コンテンツ」
  • 当日限り! 豪華ミキワメLIVE限定コラボ講演会:
    • 財務省 × 鹿島建設 × エポック社
    • NHK × 花王 × ANA
  •  生配信!総合商社、財閥系デベロッパーなどの内定者が語る「内定者セッション」
  • 15分で選考対策!『ES・面接フィードバックコーナー』や、豪華来場特典も!

\\\ 詳しくはこちらから ///

ミキワメLIVE YOUTUBEの視聴は公式ページへ

 

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
24年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

irodas_sq.jpg3
【24年卒】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

Lognavi_icon_Sq.jpg5
【Lognavi(ログナビ)】の適性テストを試して、納得できる就活の結果をゲットしよう

就活で気になるのが、「自分に合った企業は、どんなところだろう?」という疑問。就活アプリ【Lognavi(ログナビ)】の適性テストで、自分との相性が良い企業から、納得できる内定をゲットしよう!