就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

2021年卒就活は、もう始まっています

本サイト「就活の答え」が「2021年卒就活は、もう始まっています」という記事を公開したのは2019年4月のことでした。

「何故、そんなに早く」と思う方もいると思いますが、その意味は、世間的に超売り手市場とされている就活の難しさを認識していただきたかったからです。

最初に結論を述べますが、超売り手市場と言われている状況でも、「本当に入りたい企業から内定をもらえる学生は一握りの学生」でしかないという現実です。

学生の皆さんを焦らせるようで本意ではないのですが、大学3年生、大学院1年生も2021年就活に「何となく不安」と思っている方が多いため、出来るだけ早いタイミングで「納得できる、ベストな会社に入社すること」を達成するために必要なこととは何なのか、そしてその理由を解説しようと思って書いた記事なのです。

以下の目次をクリックすれば、自分の現在の状況にあわせて、知りたい内容の読みたい記事に遷移します。

2021年就活のスケジュールと質的な変化

この記事を読む前に、今起こっている新型コロナウイルスの2021年卒・就活に与える影響と、その対策についての記事を緊急に掲載しました。関心がある方は、以下の記事を参照ください。

2018年9月に経団連の中西宏明会長が「現行の就職活動の指針を2021年春入社の学生から撤廃する」と発表しました。この記事を読んでいる学生は、皆さん「えっ、で、どうなるの」と思ったことでしょう。

その後大学側から、この撤廃による混乱や就活前倒しによる学業への悪影響、懸念が表明され「3月情報解禁、6月選考開始、10月内定」のスケジュールを継続して欲しいという要請がなされ、結果的に政府による関係省庁連絡会議が開かれ、「現行の日程が定着しつつあり、維持が望ましい」という結論が出されました。

つまり「3月情報解禁、6月選考開始、10月内定」のスケジュールに変化はなく、人手不足、売り手市場が継続している現在の状況と併せて「一安心」している学生も多いのが現状です。

しかし、この決定の質的変化を見逃してはいけません。この決定をした関係省庁連絡会議は文部科学省や厚生労働省が参加し内閣官房長官が取りまとめたものです。経団連と、大学側の就職問題懇談会はオブザーバーとして参加しています。

つまり、2020年卒の就活ルールは経団連自らが決定した「指針」に則って行っているものなのに対し、2021年卒のルールは政府が決めたものを企業側に要請するという形式になったのです。経団連の「採用指針」の策定は今後行わないという決定は変わっていません。

「就活の答え」ではこの質的変化の影響は色んなところに出てくるだろうと分析しています。

就職・採用活動の日程に関する関係省庁連絡会議のとりまとめ ポイント

政府は、2021年の就活日程に関し、以下の内容を発表しています。

  • 学生の就職・採用活動日程(いわゆる「就活ルール」)については、今般の経団連の「指針」に関する方針決定等を受け、学生が抱える不安を解消し、学修時間を確保しながら安心して就職活動に取り組むことができるようにすることが重要
  • このため、政府としては、これまでと同様、今年度末を目途に、2020年度(2021年3月)に卒業予定の学生の就職・採用活動について、経済団体等への要請を行う。その際、日程については、現行と同じ日程(広報活動3月、採用選考活動6月)の遵守を要請する
  • 2021年度(2022年3月)以降に卒業予定の学生の取り扱いは、来年度以降に改めて検討(これまでもルールは毎年度決定)。なお、現時点においては、急なルールの変更は学生に混乱を生じさせるおそれがあること、企業の新卒一括採用を基本とした雇用慣行の見直しには一定の時間を要すること等を踏まえると、当面は現行の日程を変更する必要が生ずる可能性は高くないであろうとの認識を共有
  • 学生が在学中にしっかりと学業に専念し、その成果が企業の採用活動において十分に活用されていくという環境を整えるため、今後、大学側と企業側双方の取組が重要であるとの認識を共有
また、2019年度卒(2020年卒の就活生)までは、①経団連が「指針」を策定し、②大学側(就職問題懇談会)が「申合せ」を行い、③関係省庁(内閣官房、文科省、厚労省、経産省)が連名で経済団体等に対して遵守等を要請、というプロセスで策定されてきましたがが、2020年度卒(=2021年卒就活生)の就活日程は関係省庁連絡会議において検討した結果、上記のポイントを決定、2021年度(2022年3月卒)のスケジュールに関しては2019年10月の関係省庁会議で2021年卒と同様、3月企業広報開始、6月選考開始となることが発表されています。

遵守を要請するといっても、守らない企業に対しての罰則は設けられていません。つまり運用は企業の考え方次第という余地を残した決定であり、妥協の産物、企業側が渋々認識を共有したものであるという点は見逃せません。政府は企業に対して「守ってください」と言うだけなのです。

就活スケジュールの形骸化が加速

そもそも経団連が何故、「採用選考に関する指針」の廃止を決定し、発表したのかをチェックしておきましょう。

現在でも就活スケジュールは形骸化しています。そもそも外資系企業や経団連に加盟していない企業、メガベンチャー企業、新興IT企業などは経団連の決めた指針に従う必要はないため、3年生の早い段階、もしくは大学2年生にもコンタクトを開始し、優秀な学生の囲い込みを行っています。または通年採用というカタチで門戸を開き、能力のある学生をじっくり選別しています。

企業にとって優秀な学生を一人でも多く獲得したいというのは当然であり、経団連傘下の名だたる一部上場企業でも6月選考開始と同時に内々定を出す企業もたくさんあります。

きちんと指針を守っている企業は、優秀な人材の獲得競争に後れをとってしまうことになっているのが現状です。一言で言うと「形骸化」です。

この形骸化したルール(正確には指針に過ぎませんが)を、経団連自らが決めているということに非常に違和感を持っていたのが中西会長であり、経団連傘下の企業なのです。また中西会長は「ルールを作って徹底させることは、経団連の役割ではない。強制力も持っていない」と述べています。

経団連の加盟企業の中には2015年卒採用までとられていた「12月に採用広報解禁、4月選考解禁」を望んでいる企業も多く現状のまま変えない方が良いと思っている企業は少数、全体の10%程度だという調査もあるくらいです。

以上の事実を積み重ねて考えていくと、現在でも形骸化している就活スケジュールが2021年卒の就活では一層前倒しするかたちで、形骸化がさらに加速しています

新型コロナウイルスとオリンピック延期の影響

2020年7月~8月に開催する予定であった東京オリンピックは、新型コロナウイルスの影響で1年後へと延期になりました。

企業はオリンピックが予定通り開かれる前提で2021年卒の採用計画を立てていたため、特に志望者の殺到する人気企業は前倒しのスケジュールで進めています。

もちろん、政府が決定したスケジュールに沿えば、6月1日より選考解禁であり、そこから面接が行われるのが建前です。しかしそれを守っている企業は少数です。

4月・5月で採用したい学生に実質的な「内定意向」を伝えて囲い込みを行うことが明らかです。早めに囲い込み、個別のコンタクトで実質的な内々定へ導いています。6月1日になったら最終面接を行い、内々定を出すというパターンです。

そのため、リクルーターによる相談会のような疑似面接がインターンシップから開始されて絞り込みが行われていくと認識しておいてください。特に理工系の皆さんはリクルーターとのコネクションによって、3月~4月中に実質的な選考が行われ、内々定を出す上場企業も多いのです。

その反面、新型コロナウイルスという予想もしなかった事態が勃発し、先行きが不透明な業界(観光、航空、娯楽、イベント等)は特に心配ですが、優秀な人材のみを採用して、採用予定数を満たさなくても採用活動を終了するところも出てくるでしょう。

また新型コロナウイルスの影響で会社説明会や対面での集団面接等ができないことと、東京オリンピックの準備~本番までの6月から8月の空白期間が出来たことで、採用スケジュールを当初計画より後ろ倒ししたり、期間を延ばす企業もでてくるでしょう。

春採用で人気企業から早期内定を獲得できていない優秀な学生を採用したいという企業も多いので、そのような企業は二次募集、三次募集というかたちで夏・秋まで採用活動を継続していきます。

エントリーシート選考や、筆記試験、面接の初期段階で思うように選考を通過できない就活生は、随時エントリーを追加し、持ち駒が途切れないように最後まであきらめないことです。

コロナ自粛解除後の就活は、自己分析が必須

緊急事態宣言が解除され、各企業の採用活動が本格化している今日。
web面接でも通常の面接でも、説得力のある回答をするためには、自己分析をしっかりとしておく必要があります。

そんな時に活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

インターンシップ重視の傾向

2018年10月に政府が要請するかたちで決着した2021年卒の就活スケジュールに関して、その後、2019年2月に政府は「採用直結型のインターンシップの禁止の要請」をする方針であることが報じられました。

背景には学生に対して2020年夏開催のオリンピックにボランティアとして参加して欲しいので、その日程とインターンシップ開催が重なるのは好ましくないということや、政府自らがまとめた2021年卒の就活スケジュールを骨抜きにされ批判されたくないということが背景にあるようです。

「就活の答え」では採用直結型」とういう点と、何ら罰則がない要請であるという2点において、この要請も形骸化するものと予測していました。

そもそも、今まで、そして現在もおこなわれているインターンシップですら、外資系企業やIT系企業の一部を除いて建前では「採用直結」とはしていません。

しかし、これを真に受けてはいけません。企業インターンシップ(会社紹介的な、I Dayではなく、数日間に及ぶもの)に関しては、その選考の倍率も高く、位置づけとしては、「本選考」のようになっています。

そして、インターンシップで優秀と思われる(インターンの選考に残ったことで既に証明され、実地でよほどひどくなければ殆どOKという意)学生には、ばっちりリクルーター(リクルーター制度がある企業は)がついて、内定獲得までフォローしてくれるというのが実情です。

企業はインターン参加を条件にしていない(通常のプレエントリーから志望した学生)も、排除せず、優秀であれば囲い込むということであって、インターンシップが本選考化する動きはもはや止められない状況です。

企業は今のグレーゾーンのスタンスを加速させることはあっても、後退させることはないでしょう。オリンピック関連で開催時期の調整を行う企業がある程度でしょう。

企業が本格的なインターンシップや通年採用に期待しているのは、同質化した平均的に良くできる学生ではなく、変化の激しい時代でも活躍できる本当に優秀な学生、「採りたい学生を採る」ということです。このトレンドは益々重要視されているのです。

早期インターンシップの重要性が増しています

2019年4月というとても早い段階でも外資系企業の一部は新3年生(もしくは2年生を含む)を対象としたグループワーク体験セミナーを行っています。また大手就活サービスのWebサイトではサマーインターンシップに参加するためのノウハウを教えるセミナーなども積極的に開催しています。

もちろんサマーインターンシップはベンチャーから大手企業まで数多く開催されています。

インターンシップはボランティアではりません。平気で参加を拒否されます。人気企業や優良企業の場合、ンターンシップに参加するにも「選考」を通過しなければならないのです。選考を通過してインターンシップに参加するためには、就活本番で必要な要素を早い段階である程度用意しておかなければならないのです。

特に、エントリーシートや面接のエッセンスである自己紹介、自己PR、この業界・企業に興味を持った理由、仕事に対する価値観や実現したいことなど、インターンシップへのエントリー段階で答えなければならないポイントも多いのです。(人気企業は、ほとんど本選考状態です。直接問われないかもしれないが、その準備は必要と認識してください。)

まだ自己分析や業界研究も充分行われていない段階で、特に大学3年生には高いハードルですが、企業側はインターンシップを通じて自社で活躍してくれそうな優秀な人材に早期にコンタクトを開始して、囲い込みをしたいと考えているのです。

特に前述した2021年卒就活の状況の変化によってサマーインターンシップから、オータムインターンシップ、ウィンターインターンシップへと囲い込みの前倒しが進むことが予想できるのです。

サマーインターンシップの多くは5月情報がオープンになり、6月に締め切り、選考の後7,8月に開催というパターンが多いです。

サマーインターシップを行わない企業は、2020年卒の内定式が行わてれる10月1日以降、オータムインターシップを行っていきます。企業によっては12月から2月にウィンターインターシップを行います。

インターンシップへの参加を目指すことは、就活に対する意識付けにもなり、参加できれば企業や社員の雰囲気や学生のレベルも体感できるため、その後の就活を進めるうえでとても価値があります。企業側にとってはその後のリクルーターによる囲い込みも対象を明確にできるというメリットがあります。

就活生にとっては早く就活のスタートが切れる、自分の適性について考えるきっかけにもなり、本当にやりたい仕事や、向いている仕事に対する考えをまとめられるという良いきっかけになります。

上記のような短期インターンシップ以外でも、アルバイトの代わりに大学1年や2年から、もしくは大学3年生の時に長期インターンシップに参加する方法もあります。

通常のアルバイト以上の時給がもらえ、且つ企業の実際のビジネスの一部を担当することによって、ビジネスパーソンとしての仕事に対する意識、対人コミュニケーション能力や専門知識の習得が可能です。学業とのスケジュール調整ができれば就活への実利が期待できる方法です。

自分には大学のランクも含めて、ポジティブにアピールできるものがないと感じているノンバイザーには、就活を逆転するための一つのチャレンジになります。

インターンシップに対する準備

「就活の答え」では就活に必要なノウハウを出来る限り丁寧に解説した記事を掲載しています。数多くの業界研究に関する記事もありますので、自分に興味がありそうな業界をカテゴリーの「良く分かる業界研究」、「業界研究まとめ記事」をクリックしてみつけてみてください。また「業界・業種別、就活で人気の50社の志望動機」も参考になると思います。

時間がなければ内定者のエントリーシートを読んで参考にする方法はありますが、就活初期段階で他人のエントリーシートを真似するのはお勧めできません。

簡単でも、自己分析、他己分析を行って「自分」を見つめ直して自分の強みや、弱い所、長所や短所を把握することからスタートしましょう。他人のエントリーシートは、ある意味完成形なので、はじめからそれを真似してしまうとかえって遠回りになるリスクもあるのです。参照にするにしても、まず自分のバージョンを作ってみるのが基本です。

就活の答えでは、強みや長所別の「自己PR」の書き方、面接での説明の仕方も詳しく解説しています。あわせて参考にしてください。

就活準備に出遅れた!何とか短期間で巻き返したい人に、海外武者修行インターンンシップ「旅武者」という選択肢がある

2021年卒就活生の皆さんの中で「就活準備に出遅れた」、「今のままじゃ不安。自分を成長させないと厳しいのでは?」と不安になっている人はいませんか?

また、ゼロから自分を見つめ直し、そこをスタートとして「企業名や、企業規模に関わらず、本当に自分がやりたいと思う道に進みたい」と思う学生もいるでしょう。

そんな人には、今、一部の就活生や、大学でも話題の「旅武者」という、2週間集中の海外武者修行インターンシップに参加してみるという選択肢を検討してみては?

詳しくは、以下の記事で解説しています。就活を乗り越えるのは「行動し、改善して、また行動する」の繰り返しです。まず、記事を読んでみて、少しでも興味があれば説明会に参加してみよう。

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。