就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

ウイズ・コロナの就活のカギは就活早期化対応とオンライン能力UP

21年卒の学生の採用活動解禁と共に、22年卒を対象としたインターンシップの募集がナビサイト上でオープンになっています。

21年卒の就活は、19年の夏から実施されたインターンシップへ参加した学生の早期囲い込みが進みました。誰も予想できなかった新型コロナ・ウイルス感染症が就活を直撃したにもかかわらず、4月、5月の段階で早期に内定を獲得できている学生はそうした学生達が中心でした。

その結果、2020年3月1日広就活広報禁に間に合うように2020年に入ってから就活に手を付けた学生との二極化がより鮮明に表れています。

21年卒の就活はオンライン化元年

新型コロナ・ウイルスが21年卒の就活を大きく変えたのが、「就活のオンライン化」です。企業は自社の採用活動によって、学生が感染するクラスターを作ることは避けなければならないと考えています。

それは学生を守るためでもあり、万が一クラスターの原因になった場合、社会的な糾弾の対象になることを避けるためでもあります。

就活のオンライン化は、企業市民として自粛要請に応える中で採用活動を進める唯一の道と考えられており、特に上場企業をはじめとする大企業や知名度が重要なBtoC企業にはその傾向が強いです。

全国で緊急事態宣言が解除された後に、採用活動が解禁される6月1日を迎えましたが、トヨタ、パナソニックや、三井住友海上火災保険のように最終面接までオンラインで行うことを発表している企業も出てきました。

完全オンライン化までいかなくても、実際に対面で学生と合うのは3次面接以降とか、最終面接のみとしている企業も非常に多くなっています。

「オンライン化」は「やむを得ない」という側面や、「本音では直接会って面接したい」という思いもある反面、学生、企業がそれぞれ発見したプラスの面があるのです。

学生は面接に参加するための交通費や時間の大幅な節約ができること、スケジュールを上手くやりくりすれば、リアルな面接以上に多くの企業の面接を受けることが可能になります。

また、自宅での面接実施となるため、過度な緊張をしなくて済むというメリットも発見しました。オンラインでの面接では、自分の主張したいことをまとめてPCスクリーンの後方に貼っておくことによって、大きなミスは防げることも安心につながっています。

企業側もオンライン就活を行うことによって、地方の優秀な学生や、海外に在住している学生に容易にリーチできるというメリットを発見しました。

22年卒ではオンライン就活が常識になる

22年卒の就活生は、今後新型コロナ・ウイルスがどのように推移していくか、ワクチンの開発や普及のスピードによっても違ってきますが、オンラインを前提とした就活になることは間違いないでしょう。

企業は常にコストをなるべくかけず、最大の効果を生むことを目指しています。新卒の採用でも、採用コストを抑えて自社が欲しい人材を必要数だけ確保することが人事に与えられたミッションです。

一言で言えば、効率化です。そのために、オンラインでできること、リアルでしかできないことを整理して、全体の効率化を図るのは当然の流れになります。

オンラインで技術的に不正を防止できれば、テストセンターでの筆記試験でなくても良くなるでしょう。

一次や初期段階の面接では、むしろオンライン化を進めることで選考する側も多くの評価者が参加できることにもなるので、初期段階での属人的な判断で優秀な人材を見過ごしてしまうことを防ぐこともできるのです。

ウイズ・コロナは当然として、コロナ・ウイルスが終息したとしても採用プロセスに上手くオンラインを組み入れることが普通の就活になるでしょう。

  • 22年卒以降の就活生は、今からオンラインでの情報処理環境、能力を整えておくこと
  • 自宅のPCや周辺機器、通信環境の整備から、ZoomやMicrosoft Teamsなどのオンライン会議ツールを使いこなすこと、Google Documentなどのクラウドサービスでの情報処理・共有能力を磨くこと

ウイズ・コロナの状況では、夏や秋に行われるインターンシップもオンラインで行う企業もでてきています。既にインターンシップの募集は始まっています。手をつけられるところから即行動に移していきましょう。

就活の長期化と早期化が同時に進行

21年卒の就活は当初予定されていた2020東京オリンピック、パラリンピックの開催を前提とし、例年にも増して早期化が進行していました。

その結果、2019年の夏から開かれていたインターンシップに参加した学生を中心に、企業側が囲い込みを行っていったため、新型コロナ・ウイルスが直撃した後でも、3月、4月の内定率は20年卒を上回って推移していました。

5月以降の内定率は、新型コロナ・ウイルスによる緊急事態宣言の発出を受けて昨年実績を割っています。緊急事態宣言によって、ESの締め切りを延期する、採用活動(面接)を後ろ倒しにするなどの措置を講じたことが内定出しの遅れにつながりました。

オンラインシフトとスケジュールの仕切り直しが同時に行われたため、就活全体としては長期化しているのです。

例年では6月中旬までに春採用の決着がついてきましたが、21年卒の6月1日時点の状況は既に内定を得た先行者や最終面接段階の就活生と、政府要請スケジュールによる選考に臨んでいる内定を獲得していない就活生が混在しています。

もちろん例年でも混在はしているのですが、21年卒の場合、オンラインで選考が進んだ内定獲得者は「企業をリアルに体験していない」という人も多いため、「内定」に対して「これで良いのか」という思いが強いと分析されています。

従って、インターンシップに参加して実際に企業を体験し、その企業から内定を獲得している場合は既に就活を終えている学生も多いのですが、それ以外の学生はまだまだ選考過程の中に混在しています。

企業にとっては、「内定を出す数と、その中から実際に内定を承諾する数」が非常に読みにくい状況となっているのです。

例年通りの予測で良いのか、例年以上に内定を出すべきなのか、それとも経済の先行きも不安なため、もしかしたらトップからいきなり採用数の削減の指令が出るかもしれない、等々の思いが交錯しているのが現状です。

学生側からも、コロナ・ショックによって「内々定取り消しなど、何が起こるか分からない」という不安から、10月1日の内定解禁まで複数内定をキープしておきたい、あるいはぎりぎりまで就活を続けたい、という声も上がっています。

つまり例年以上に混沌とした状況、春採用の決着がつきにくい状況になっているのです。

オンライン化がもたらした大手企業への偏り

オンライン化は大企業と中堅・中小企業の差を広げたという側面もあります。新型コロナ・ウイルスが2月に就活を直撃した時、いち早く本格的にオンライン化に取り組めたのはIT系企業や、ITベースのベンチャーと大企業です。

これらの企業はいち早くオンライン会社説明会を取り入れ、その後、動画による選考やオンライン面接に対応してきました。

学生側は知名度のある大手企業のオンライン説明会に参加して、志望企業を絞っていくため大手企業に志望が集中している傾向が強まっています。

例年であれば、リアルな合同説明会に参加して、「面白そうだな」と思った企業と出会えたり、大学での説明会にたまたま参加して企業研究に結びつき、ESを提出するなどの中堅・中小企業、BtoB企業との出会いの場がないことが、大手集中の大きな要因なのです。

知名度のある大手企業は採用活動が進むが、知名度がない中堅、中小企業はエントリーしてくれる母集団そのものが思うように形成できていないのです。

学生が能動的に選ぶことが少ない中堅・中小企業、BtoB企業の採用活動は、例年以上に長期化しています。

就活の長期化は内定を得ていない学生にとってはチャンスでしかない

新型コロナ・ウイルスの影響によって、採用そのものを中止したり、採用予定数を削減したりする企業が多くなるという不安を抱いている学生も多いと思います。

確かに、新型コロナ・ウイルスに直撃されている航空業界、観光(旅行・宿泊)業界や外食業界、エンターテイメント業界の企業は、採用活動を凍結(一時中断)する、採用予定数を見直す(削減する)企業も出てきています。

就職情報サイトを運営するディスコが5月下旬に行った全国の主要企業対象にした調査*によると、調査した1,122社の17.6%の企業が採用数を下方修正すると答えています。

*データ引用:2021年卒 採用活動の感触等に関する緊急企業調査(株式会社ディスコ キャリタスリサーチ)

就活全体としては、新型コロナ・ウイルスの影響を受け、「売り手市場」一辺倒から変化しつつありますが、日本経済全体が受けている悪影響を考えると17.6%をどう見るかは意見が分かれるでしょう。

同じ調査で、「当初の計画通り」と答えた企業は69.5%と7割を占めます。

あなたは喉が渇いているとき、コップに残った半分の水に対し「もう半分しか残っていない」と思うのか「まだ、半分も残っている」と考えるか、どちらでしょう。

現時点で採用活動が苦戦していると答えた企業が24.9%、大変苦戦している答えた企業が7.2%あり、全体の30%以上の企業が依然高い採用意欲を示しているのです。

更に言えば、夏採用実施予定企業は47.7%、秋採用実施予定企業では28.1%にも及んでいます。

6月初旬段階で内定を獲得できていない学生でも、また春採用が不調に終わった学生でも「まだまだチャンスが残っている」とポジティブに捉えていきましょう。

22年卒就活を勝利に導くキーワードも早期化とオンライン化

22年卒の就活は、ウイズ・コロナ、アフター・コロナの状況と夏に予定されている、東京オリンピック、パラリンピック、および日本・世界経済の状況による企業業績がどうなるかという、21年卒以上の変数が存在します。

その中で確実に言えることは、就活に早期に着手し、インターンシップ参加をはじめ、企業との接点をなるべく多く、厚くもっておくこと、そしてそのためにはオンラインでの情報処理能力をつけておくことの重要性です。

情報摂取、処理ツールをスマートフォンだけに頼っている人は、PCの併用をいち早く行えるようにしておきましょう。オンライン就活に備えるだけではなく、社会人としてPCスキルは必須です。

3年のリアルな学生生活が始まったばかりで「もう就活かよ」と思うかもしれませんが、早期に就活の全体像を理解し、スタートを切ることが「納得できる就活」する上でとても大切なのです。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

現在の就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。