就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

圧迫面接:志望企業との適合性を否定する質問への対処法【回答例あり】

圧迫面接の質問の意図と、質問のパターンを以下におさらいしておきます。

圧迫面接の質問の意図

企業が圧迫面接をしてくる意図は、以下の5つに集約できます。

  1. 通常の面接では中々分からない、学生本来の性格、人間性、本音を引き出す
  2. 理不尽なことへのストレス耐性をチェックする
  3. 圧迫面接と察することができるか。冷静、前向きな対応ができるか
  4. 想定外の質問に対する対応力(切り返しの速さ・地頭の良さ・思考力)
  5. 総合的なコミュニケーション能力

圧迫面接の質問パターン

面接官が圧迫面接で仕掛けてくる質問は以下の5つのパターンに集約できます。

  1. 人格・人間性の否定
  2. 自己PR内容・経歴・実績の否定
  3. 企業との適合性を否定
  4. やる気・熱意の否定
  5. 執拗な掘り下げ質問・質問攻め
この記事では志望企業との適合性を否定する質問を具体的に紹介し、その代表的な質問に対する回答のパターンを解説します。

まず、志望企業との適合性を否定する質問をリストアップします。

志望企業との適合性を否定する質問

「うちには向いていないんじゃない?」

「この業界(会社)では、あなたの学歴は全く役に立たないと思うけど、どうして受けたの?」

「ちゃんと会社研究してる?業界のことすら分かってないんじゃない?」

「志望動機がさっぱり分からないのですが・・・、真剣にうちに入りたいの?」

「この仕事は、あなたみたいな性格では長続きしないよ」

「他の仕事の方がいいんじゃない?」

「そんな考え方では、うちでは通用しませんが・・。それでも受けますか?」

「他の会社の方がいいと思うけど・・。どうですか?」

質問ではありませんが、何を答えても「あっ、そう」「ふーん」「・・・で?」「本当に?」を繰り返すパターンもあります。

志望企業との適合性を否定する質問への対応

上記のようなひどい質問の内容に、面接官の高圧的な態度が加わるため、非常にプレッシャーがかかります。特に、志望企業との適合性を否定して、攻撃してくる質問は注意が必要です。いくら業界や企業研究をしていても限界があるため、学生側は圧倒的に不利です。その企業に、「自分が合っているかもしれない」、「合っていなくても魅力があるので選考に参加したい」という学生の自然な気持ちを折りにかかります。

そもそも、本当に合っているか、合っていないかがESや履歴書の記載内容、面接だけでは分かるのであれば、敢えて圧迫面接などをする必要がありません。

圧迫面接されているということは、少なくともあなたに可能性があり、それを試されているのだと思えば気が楽になります。

第一にするべきことは、こちらも面接のモードを切り替えることです。「圧迫面接がきた!」と察知しモードを切り替えましょう。圧迫面接はストレス耐性を証明するゲームだと、すぐに考えを切り替えましょう。つまり真に受けないことです。相手もゲームとして、失礼なことを聞いてきているだけと思う事です。

ろくでもない質問なので、あなたが答える内容はそれほど重要ではありません。内容より、あなたが冷静に対応できるかに神経を集中させましょう。

面接官は意図的にあなたの神経を削る質問を連発してきます。ゲームなのでそれに腹を立てたり、怒ったり、落ち込んだりせず、全て肯定で受けとめてから、適当に答えれば良いのです。

瞬発力で臨機応変に答えることになりますが、深く考えて説得しようと考えるのではなく、真っ当な自分の考えをスピード感を持って返すことを心がけましょう。会話を終わらせようと考えるのではなく、会話を続ければ良いのです。大切なのは、キレないで最後まで冷静にゲームに付き合ってあげることです。

志望企業との適合性を否定する質問の回答例

「うちには向いていないんじゃない?」

 Q「うちには向いていないんじゃない?」

 

A「申し訳ありません。具体的に、どこが向いていないと思われるのかを教えていただけますか?」

 

Q「甘いですね。人に聞く前に自分で何か思いませんか?面接なのに何でこっちが答えるの?」

 

A「はい。私の自己PRのポイントが、御社の期待と、ずれていたかもしれません。サークルの経験を通じて培ったコミュニケーション能力を長所として、営業職への志望動機を説明いたしました。仕事で必要なスキルには満たないと自覚はしていますが、入社まで、また入社後も努力して御社に見合う能力を身に付けます。

 

Q「他の仕事の方がいいんじゃない?」

 

A「営業職に向いていない点をご指摘いただければ、改善いたします。私としては自分の性格や長所が最も活かせる職種と思っています」

 

Q「そこに説得力がないから、向いていないと、さっきから言っているんだけど・・・」

 

A「はい。申し訳ありません。お話ししたサークルでの経験以外にも、コミュニケーションの力を活かしてアルバイトでも高い評価をいただいています。先輩、後輩とも良好な人間関係を築けており仕事も円滑にすすめることができました」

 

Q「そんなの普通すよね。アルバイトでうまくいったからといって、うちで通用すると思ってるの?そんなことで、うちに向いていると思って受けたの?」

 

A「いいえ。御社を志望したのは、御社の法人営業でお客様のニーズを聞きだして、最適な提案ができる営業になりたいと思ったからです。もちろんコミュニケーション能力だけでそれを達成できないことは自覚しています」

 

Q「じゃあ、やっぱりうちに合っていないよね」

 

A 「そう思われるかもしれませんが、熱意も重要だと思います。確かにまだ学生の私は御社に見合わないと思われるかもしれませんが、御社への熱意は負けません」・・・・・

このように面接官が質問を切り上げるまで延々と適当に付き合ってあげてください。キーワードは「志望意欲を言い続けること、折れないこと」です。

適当に答えたことが裏目に出て、さらに突っ込まれても適当に返せば良いのです。更に追い込まれても、素直さをにじませつつ、更に適当に答えましょう。怒りが爆発してしまったらゲームセットなので、冷静に言葉のゲームを繰り返しましょう。

圧迫面接への心構えと対策さえ知っていれば、怖がる必要はありません。圧迫面接そのものや圧迫的なニュアンスをもつ質問パターンや面接官の質問の仕方、通常の面接での質問の見分け方を知っておきましょう。圧迫面接に負けないための対策をまとめましたので、面接の前に必ず読んでおきましょう。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。