就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

圧迫面接:人格・人間性を否定する質問への対処法【回答例あり】

圧迫面接の質問の意図と、質問のパターンから再度確認しておきましょう。

圧迫面接の質問の意図

 

企業が圧迫面接をしてくる意図は、以下の5つに集約できます。

  1. 通常の面接では中々分からない、学生本来の性格、人間性、本音を引き出す
  2. 理不尽なことへのストレス耐性をチェックする
  3. 圧迫面接と察することができるか。冷静、前向きな対応ができるか
  4. 想定外の質問に対する対応力(切り返しの速さ・地頭の良さ・思考力)
  5. 総合的なコミュニケーション能力

圧迫面接の質問パターン

面接官が圧迫面接で仕掛けてくる質問は以下の5つのパターンに集約できます。

  1. 人格・人間性の否定
  2. 自己PR内容・経歴・実績の否定
  3. 企業との適合性を否定
  4. やる気・熱意の否定
  5. 執拗な掘り下げ質問・質問攻め
この記事では人格・人間性を否定する質問を具体的に紹介し、その代表的な質問に対する回答のパターンを解説します。

まず、人格・人間性を否定する頻出質問をリストアップします。

人格・人間性を否定する質問

「話が分かりにくいんだけど、もっとうまく話せないの?」

「結局、何を言っているのか、よく分からないのですが・・」

「あなたの話し方は感じがよくありませんね」

「普通ですね。個性が感じられない」

「就活の状況はどうですか?うまく行かない理由は分かりますか?」

「大学の偏差値は低いですね。勉強しなかったのですか?」

「成績が良くないみたいですが・・・?」

「字が汚いね」

「このまま面接続けますか?それとも止めようか」

「もしよかったら、もう帰ってもいいですよ。どうしますか?」

「もっと努力しないとダメでしょ・・」

質問ではありませんが、何を答えても「あっ、そう」「ふーん」「・・・で?」「本当に?」を繰り返す

限られたケースですが、容姿や家庭環境に関して指摘される場合もあります。

人格・人間性否定の質問への対応

上記のようなひどい質問の内容に、面接官の高圧的な態度が加わるため、非常にプレッシャーがかかります。

第一にするべきことは、こちらも面接のモードを切り替えることです。「圧迫面接がきた!」と察知し、モードを切り替えましょう。圧迫面接はストレス耐性を証明するゲームだとすぐに考えをすることです。

ろくでもない質問なので、あなたが答える内容はそれほど重要ではなく、あなたが冷静に対応できるかに神経を集中させましょう。

面接官は意図的にあなたの神経を削る質問を連発してきます。ゲームなのでそれに腹を立てたり、怒ったりせず、全て肯定で受けとめてから、適当に答えれば良いのです。大切なのは、キレずに最後まで冷静にゲームに付き合ってあげることです。

人格・人間性否定の質問の回答例(2例)

 

「話が分かりにくいんだけど、もっとうまく話せないの?」

Q「話が分かりにくいんだけど、もっとうまく話せないの?」

 

A「はい。申し訳ございません。自分では上手く話そうとしていますが、まだまだ全く足りていないことも自覚しています」

 

Q「コミュニケーション能力とか言っているけど、それじゃダメだよね」

 

A「はい。至らない点もまだまだ沢山あります。人の話や助言をよく聞くことから磨き直したいと思います。私の話のどこが一番わかりにくかったか教えていただけると、改善もできますのでお願いできますか?」

 

Q「一部じゃなくて全部。何が言いたいのか、意味が入ってこないよ」

 

A「はい。申し訳ございません。それでは声の大きさはどうだったでしょうか?」

 

Q「普通。話が長いし、何がポイントかよく分からない。それじゃうちの会社は厳しいと思うよ」

 

A「はい。なるべく結論をはじめに語ったつもりでしたが、つい話に熱が入ってしまい長くなって、かえってポイントが分かりにくくなってしまいました。反省いたします。本日ご指摘いただいたことを今後の就職活動に役立てます。ありがとうございました」

 

Q「うちは難しいと思うけど・・」

 

A「はい。もし可能であれば、私の他の面も併せて評価していただければ幸いです」

 

Q「他の面って何?普通だし、個性が感じられないなぁ」

 

A「はい。平凡と思われるかもしれませんが、100人いれば100通りの個性があると考えます。私の○○の長所で、御社に貢献したいと考え第一志望にしております」

このように面接官が質問を切り上げるまで延々と適当に付き合ってあげてください。キーワードは「暖簾に腕押し」です。

「このまま面接続けますか?それとも止めようか」

Q「このまま面接続けますか?それとも止めようか」

 

A「続けてください。お願いいたします」

 

Q「お互いに時間の無駄でしょ」

 

A「はい。申し訳ございません。至らなかった点がればお詫びいたします。少なくとも私にとっては無駄ではなく大事な面接なのでお願いします」

 

Q「至らない点、自分で分からない?」

 

A「はい。申し訳ありません。自分では精いっぱいお答えしているつもりです」

 

Q「まず、成績がよくない。字も汚い。全体的にうちのレベルに達していないので時間の無駄」

 

A「はい。申し訳ありません。成績の良くないのは言い訳できません。結果がすべてです。字が汚くて読みにくいのは大変申し訳ありません。必ず改善することをお約束します。可能であればその他でレベルに達していない部分を教えていただけますでしょうか?」

 

Q「日本語分かるの?時間が無駄じゃないのと、さっきから言っているんだけど・・・」

 

A「はい。お忙しい中、私の面接にお時間を割いていただいていることに感謝いたします。お時間が厳しいと思いますが、最後まで面接を続けていただけないでしょうか?ご質問いただいたのもごく僅かですし、私の志望動機も説明させていただいておりません。何卒最後までよろしくお願いいたします」

「帰っていいよ」と言われて直ぐ帰ったらその時点で選考は終了します。評判の悪いブラック企業で、あなたの志望順位がかなり低ければそれでも良いですが、これはゲームである、もっと志望順位の高い企業で圧迫された時の練習と思えば、回答例程度のお付き合いは出来ると思います。

キーワードは「常に前を向く」です!

圧迫面接への心構えと対策さえ知っていれば、怖がる必要はありません。圧迫面接そのものや圧迫的なニュアンスをもつ質問パターンや面接官の質問の仕方、通常の面接での質問の見分け方を知っておきましょう。圧迫面接に負けないための対策をまとめましたので、面接の前に必ず読んでおきましょう。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。またこのツールを利用するための登録時に、自分に役立つと思う完全無料の就活サービスを選び、就活をより効率的に進めていきましょう。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。