就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

圧迫面接:自己PR内容、実績、経歴を否定する質問への対処法【回答例あり】

圧迫面接の質問の意図と、質問のパターンを以下におさらいしておきます。

圧迫面接の質問の意図

企業が圧迫面接をしてくる意図は、以下の5つに集約できます。

  1. 通常の面接では中々分からない、学生本来の性格、人間性、本音を引き出す
  2. 理不尽なことへのストレス耐性をチェックする
  3. 圧迫面接と察することができるか。冷静、前向きな対応ができるか
  4. 想定外の質問に対する対応力(切り返しの速さ・地頭の良さ・思考力)
  5. 総合的なコミュニケーション能力

圧迫面接の質問パターン

面接官が圧迫面接で仕掛けてくる質問は以下の5つのパターンに集約できます。

  1. 人格・人間性の否定
  2. 自己PR内容・経歴・実績の否定
  3. 企業との適合性を否定
  4. やる気・熱意の否定
  5. 執拗な掘り下げ質問・質問攻め
この記事では自己PR内容、実績、経歴を否定するの質問を具体的に紹介し、その代表的な質問に対する回答のパターンを解説します。

まず、自己PR内容、実績、経歴否定の頻出質問をリストアップします。

自己PR内容、実績、経歴を否定する質問

「この経歴をみると、一貫性が無いようにしか思えませんが・・どう?」

「ありきたりの回答だね」

「たいしたことないね・・・」

「普通でしょ。そんなこと誰でもやると思いますが・・・」

「学校で学んだことは当社では活かせませんよ」

「なぜ、わざわざそんなことに取り組んだの?」

「それで、○○能力があると思う?」

「アルバイトのスキルを話されても、誰が信用できるの?」

「サークルとアルバイトだけですか。他に何もしなかったの?」

「部活の経験なんて、うちでは活きないんだけど・・・」

「○○力が長所って書いてあるけど、XXXXX、XXXX(短所の側面を挙げる)という意味では短所ですよね」

「この成績じゃ、無理だね。なんでこんな成績悪いの?」

「その資格(点数)では使えませんね」

「・・・・だけですか?」

質問ではありませんが、何を答えても「あっ、そう」「ふーん」「・・・で?」「本当に?」を繰り返すパターンもあります。

自己PR内容、実績、経歴を否定する質問への対応

上記のようなひどい質問の内容に、面接官の高圧的な態度が加わるため、非常にプレッシャーがかかります。特に、自己PRの内容に関して攻撃してくるため、まともに聞いていては怒りを覚えますし、相当打撃を被ります。

第一にするべきことは、こちらも面接のモードを切り替えることです。「圧迫面接がきた!」と察知しモードを切り替えましょう。圧迫面接はストレス耐性を証明するゲームだとすぐに考えを切り替えましょう。つまり真に受けないことです。相手もゲームとして、失礼なことを聞いてきているだけと思う事です。

ろくでもない質問なので、あなたが答える内容はそれほど重要ではなく、あなたが冷静に対応できるかに神経を集中させましょう。

面接官は意図的にあなたの神経を削る質問を連発してきます。ゲームなのでそれに腹を立てたり、怒ったり、落ち込んだりせず、全て肯定で受けとめてから、適当に答えれば良いのです。大切なのは、キレないで最後まで冷静にゲームに付き合ってあげることです。

自己PR内容、実績、経歴を否定する質問の回答例

「普通でしょ。そんなこと誰でもやると思いますが・・・」

 

Q「普通でしょ。そんなこと誰でもやると思いますが・・・」

 

A「はい。そうかもしれません。その時の自分としては、できる限りのことをしたつもりです」

 

Q「甘いですね。もっと他にやることを考えなかったの?」

 

A「はい。先輩からも助言をいただき、チームのメンバーにも説得して分かってもらいました」

 

Q「先輩のアドバイスなのですね。あなたが考えたことじゃないんだ・・・。それで自己PRになりますかね・・・」

 

A「はい。確かに先輩の助言はいただきました。しかしそれを忠実に実行しただけではなく、私なりに考え、良いと思ったことをミックスしながら試行錯誤して試した結果、成果につながったのです」

 

Q「何でそれが成果につながったと言い切れるの?証拠はある?証明できなければ、言っていることは信じられないですね・・・」

 

A「はい。成果に繋がるまでの長い過程で、項目ごとでデータを取って記録していきました。項目ごとの客観的なデータで、改善の進捗をメンバーとも共有していきました。私のやり方が良くなければ、改善できないはずなので、それが証明になると思います」

 

Q「困りましたね。それは客観的な証拠じゃないのが分からないかな・・。あなたの方針に従って行ったからではなく、単純にメンバー一人一人のスキルが向上したからともいえるでしょ?そんなことも分かりませんか?」

 

A「はい。確かにその可能性もあります。ご指摘の通りです。しかし私は一人一人、個別に相談にも乗って、それぞれの課題に対しても助言をあたえて、一緒に頑張ってきました。直接の証明にはなりませんが、改善されたのは事実です」

 

Q「結局、証明できないということですね。素直に認めたらどう?」

 

A「はい。全てが私の実行した結果と言うつもりで、この実績をご紹介したわけではありません。しかし結果に対し良い貢献ができたことは実感としてあります」

このように面接官が質問を切り上げるまで延々と適当に付き合ってあげてください。キーワードは「とことん付き合う」です。

適当に答えたことが、裏目に出て、さらに突っ込まれても適当に返せば良いのです。更に追い込まれても、素直さをにじませつつ、更に適当に答えましょう。怒りが爆発してしまったらゲームセットなので、冷静に言葉のゲームを繰り返しましょう。

圧迫面接への心構えと対策さえ知っていれば、怖がる必要はありません。圧迫面接そのものや圧迫的なニュアンスをもつ質問パターンや面接官の質問の仕方、通常の面接での質問の見分け方を知っておきましょう。圧迫面接に負けないための対策をまとめましたので、面接の前に必ず読んでおきましょう。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。