就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

圧迫面接:執拗な掘り下げ質問・質問攻めへの対処法【回答例あり】

圧迫面接の質問の意図と、質問のパターンを以下におさらいしておきます。

圧迫面接の質問の意図

企業が圧迫面接をしてくる意図は、以下の5つに集約できます。

  1. 通常の面接では中々分からない、学生本来の性格、人間性、本音を引き出す
  2. 理不尽なことへのストレス耐性をチェックする
  3. 圧迫面接と察することができるか。冷静、前向きな対応ができるか
  4. 想定外の質問に対する対応力(切り返しの速さ・地頭の良さ・思考力)
  5. 総合的なコミュニケーション能力

圧迫面接の質問パターン

面接官が圧迫面接で仕掛けてくる質問は以下の5つのパターンに集約できます。

  1. 人格・人間性の否定
  2. 自己PR内容・経歴・実績の否定
  3. 企業との適合性を否定
  4. やる気・熱意の否定
  5. 執拗な掘り下げ質問・質問攻め
この記事では執拗な掘り下げ質問・質問攻めを具体的に紹介し、その対応法と回答のパターンを解説します。

圧迫面接で使われる「執拗な掘り下げ質問・質問攻め」と、通常の面接の「掘り下げ質問」とはどこが違うのでしょか?それを知ることから始めましょう。

圧迫面接で使われる執拗な掘り下げ質問・質問攻めと、通常の面接の掘り下げ質問の違い

圧迫面接なのか、通常の面接の中で質問を掘り下げられているのかは以下の方法で見極めることができます。

圧迫面接の掘り下げ質問・質問攻め場合

  • 一つの返答に対して何度も何度もたたみかけて理由を掘り下げてくる
  • 学生の答えを否定的に返してくる。次の質問にも否定的な角度で掘り下げてくる場合が多い
  • 学生が答えに窮しているのに、何のフォローもしてくれない
  • 答え難い質問や掘り下げ質問が、違う質問でも連続する
  • 面接官の態度・言動が明らかに高圧的であり失礼、もしくは無視する態度をとる

一般の面接での掘り下げ質問の場合

  • 面接官が落ち着いた口調で、理由を掘り下げてくる
  • 同じ質問に対し過度に集中したり、否定的な質問で過度に掘り下げたりというより、否定は混じるが別のアングルの質問が連続して質疑が進んでいく
  • 学生が答えに窮していると、答えの糸口やヒントを出して、フォローしてくれる
  • 答え難い質問や掘り下げ質問が連続しない
  • 面接官の態度や言動が高圧的ではない、失礼ではない場合
両方とも共通するのは「答え難い」ことです。特に圧迫面接は対処法を知らないと「頭が真っ白になって、その後の面接がグダグダになってしまう」という危機的状況に陥ります。

また一般の面接でも選考が後半に進むにつれて、圧迫的な手法で掘り下げ質問を意図的に入れてくる場合があります。意図的でなくても、面接官の質問に熱が入って掘り下げ質問が連続する場合も多いのです。その場合は厳密に見分けるのは難しいかもしれませんが、どちらの場合でも冷静な対応が必要です。

圧迫面接で使われる執拗な掘り下げ質問・質問攻めと、通常の面接の掘り下げ質問の違いはありますが、対策としては共通な部分もありますが、答え方に違いをつける必要があるため注意が必要です。詳しくみていきましょう。

圧迫面接の掘り下げ質問・質問攻めへの対策

第一にするべきことは、あなたも面接のモードを切り替えることです。「圧迫面接がきた!」と察知し、モードを切り替えましょう。圧迫面接は、ストレス耐性を証明するゲームだとすぐに考えを切り替えましょう。つまり真に受けないことです。相手もゲームとして、失礼なこと、あなたを否定することを聞いてきているだけ、と思う事です。

あなたが答える内容はそれほど重要ではなく、冷静に対応できるかに神経を集中させましょう。答える内容そのものより、素早く切り返す臨機応変の対応力の方が重要です。

面接官は意図的にあなたの神経を削る質問を連発してきます。ゲームなのでそれに腹を立てたり、怒ったり、落ち込んだりせず、全て肯定で受けとめてから、適当に答えれば良いのです。大切なのは、キレないで最後まで冷静にゲームに付き合ってあげることです。勝たなくても良い、ただ負けなければ良いゲームだと割り切れば気が楽になります。

一般の面接での掘り下げ質問の対応

一般の面接で、圧迫的なニュアンスで掘り下げ質問が連続する場合の対応も、モードを切り替えることは重要です。「これって、もしかして圧迫面接かなぁ」と察知したらモードを切り替えましょう。

面接官の態度が否定的なニュアンスが強く、一つの質問に固執して、あきらかにプレッシャーをかけてきていると判断したら、上記の圧迫面接と同じモードになりましょう。あなたが答える内容はそれほど重要ではなく、冷静に対応できるかに神経を集中させましょう。答える内容そのものより、素早く切り返す臨機応変の対応力の方が重要です。

面接官の態度にプレッシャーが加わるが、必ずしも否定的なニュアンスばかりではなく、別のアングルの質問をしてくる場合は、質問に真剣に向き合いましょう答え難い質問と理解し、一拍おいて話したり、質問を反芻して聞き返してみたり、通常の面接と同じように対応しましょう。

それでは圧迫面接の執拗な掘り下げ質問と、通常の面接の掘り下げ質問の違いを、具体的な回答例で比較してみましょう。

圧迫面接の執拗な掘り下げ質問と、通常面接の掘り下げ質問の回答例

 

圧迫面接の執拗な掘り下げ質問の場合

 

Q「当社に入ったら、どんな仕事をしたいですか?」

 

A「入社後は営業の最前線に出て、お客様のニーズを聞きだしてベストな提案をしたいです。営業として一人前になった後は営業企画、事業企画といった企画職にもチャレンジしたいと思っています」

 

Q「何でベストの提案がしたいの?ベストな提案って何?」

 

A「お客様が本当に必要としているものを提案できれば、必ず販売に結び付くと考えています。本当に必要としているものを提案することがベストの提案だと思います」

 

Q「お客さんが、ほんの少しの必要性しかない場合は、ほんの少しの提案で言い訳だ。ほんの少しであれば売り上げは上がらないよね・・・。それでもベストなんだ・・」

 

A「はい。確かにその時はあまり売り上げが上がらないかもしれませんが、本当に必要なものを提案していけば長期的な関係が築けると思います」

 

Q「それでどうするの?長期的な関係が築けても、売り上げがあがらなければ手間ばかりかかって、会社的にはマイナスになることも分からないの?甘いんじゃない?」

 

A「はい。申し訳ございません。そこまではよく考えていませんでした」

 

Q「で、・・・」

 

A「売上とコストの関係も把握しながら営業するべきだと思います」

 

Q「じゃあ、お客様が必要としているものを提案するのは、ベストな提案ではないということでいいですね」

 

A「いいえ。必要としているものを提案しますが、会社の利益を併せて考えて営業します」

 

Q「どっちが大事なの。はっきり言おうよ」

 

A「どちらも大切だと思います。過度に不必要なものを販売して売り上げと利益を上げたとしても信用を無くすリスクがあると思います。一方利益があがらなければ企業は成り立ちませんので、利益は出さなければなりません。どちらも重要だと思います。どちらかという判断は今の私にはできません。営業の最前線に出て実践で学んでいきます」・・・・

一般の面接での掘り下げ質問の場合

 

Q「当社に入ったら、どんな仕事をしたいですか?」

 

A「入社後は営業の最前線に出て、お客様のニーズを聞きだしてベストな提案をしたいです。営業として一人前になった後は営業企画、事業企画といった企画職にもチャレンジしたいと思っています」

 

Q「どうして営業になって、ベストな提案がしたいのですか?」

 

A「はい。お客様の本当のニーズを理解することが全ての基本だと思っています。そのためには営業職としてお客様のふところに飛び込んでいくことが近道だと考えました」

 

Q「ベストな提案をもう少し具体的に説明してください」

 

A「はい。お客様が必要としているものを、お客様の事業計画や資金の相談をしながら提案していけば販売に結び付けられると考えました」

 

Q「その提案が、当社にとってのベストでない場合はどうしますか?」

 

A「はい。その視点が抜けていて申し訳ありません。営業としては、売り上げをつくり、利益を出すということがミッションだと思います。その意味で利益を出すことを条件として考えます」

 

Q「営業として、どのようにお客様と接しますか?ふところに入るとはどういう意味ですか?」

 

A「まず営業するというより、ご相談相手になることを目指します。実際に仕事をしていないので、それが現実的なのか、そうでないのか、今は、はっきり申し上げられませんが、少なくとも信頼していただけるような関係を築きたいです。具体的には、定期的にコンタクトをとってみるなどのアプローチはあると思います」

 

Q「営業としてトップを極めていくという道ではなく、どうして企画系の仕事がしたいのですか?」

 

A「はい。御社の企業研究をして、開発、製造、物流、マーケティング、販売、経理となど、様々な部門の横断した知識と連携が必要な営業企画や事業企画の職務内容に興味を持ちました。営業として一人前になることが大前提ですが、その後は企画系の仕事にも携わっていきたいと思いました」

 

Q「具体的なキャリアプランはありますか?」

 

A「入社後3年から5年で営業マンとしての結果を残し、高い評価を受けられるように努力します。その後、可能であれば営業企画職を5年ほど行い、会社の様々なセクションとの人脈作りと連携業務を行い、10年後をめどに事業企画部の仕事に携わりたいと考えています」

 

Q「当社の場合、営業成績が良ければ、営業部でずっと頑張って欲しいという場合も多いですが、どう思いますか?」

 

A「はい。キャリアプランはプランでしかありませんので、社命に従うのは当然だと思います。まず営業に注力して結果を出すことに全力を傾けます」

このようにいずれの場合でも、面接官が質問を切り上げるまで冷静に対応することです。キーワードは「冷静に、頭を回転させる」です。

答えたことが、裏目に出て、さらに突っ込まれても、だまったり、怒りが爆発してしまったり、諦めたりしたら、その時がゲームセットになります。冷静に言葉のゲームを繰り返えすことに集中しましょう。

圧迫面接への心構えと対策さえ知っていれば、怖がる必要はありません。圧迫面接そのものや圧迫的なニュアンスをもつ質問パターンや面接官の質問の仕方、通常の面接での質問の見分け方を知っておきましょう。圧迫面接に負けないための対策をまとめましたので、面接の前に必ず読んでおきましょう。

Contents

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。