就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

エントリーシートに書く長所がない時の解決法とは?【例文付き】

エントリーシートへの長所の書き方

自己分析で、ある程度自分の長所・短所を分析できていますか?まだ分析できていない学生、長所・短所をそれほど意識したことがなくて困っている学生は以下のアプローチを試みてください。

就活において期待される長所とは?

全く長所と思えない場合、むしろ短所であるという場合それを長所としてプレゼンしても、面接ではかならず見破られます。プラスのポイントとして評価されません。

しかし企業が期待する力をあらかじめ知っていれば、その力を自分に当てはめて自己評価をすることはできます。まずそれを復習しましょう。

Point1:アピールするポイントの焦点を絞る

企業が内定を出すにあたって重視した項目のトップ10と経済産業省が提唱する社会人基礎力の掛け合わせを上位項目からみていきましょう。

コミュニケーション能力

  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く能力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
主体性
  • 物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
チャレンジ精神
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力
協調性
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く能力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や物事との関係性を理解する力
誠実性
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
ストレス耐性
  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する能力
責任感
  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
論理性・問題解決能力
  • 課題発見力:現状を分析して目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する能力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

リーダーシップ

  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
上記以外に重視される力として挙げられるのは「継続性・忍耐力」「積極性」「感性」「探究心」は良いかと思います。この段階では大事なのは自分に正直に分析することです。上記のどれかに集約しろということではありません。

たとえば「好奇心旺盛」というレベルでは「何に対して、どうしたか」を具体的に説得する必要があります。「色んなことが好き」レベルでは話になりません。「探究心」であれば一つのテーマを継続的に追い続ける姿勢を表現できるので、自分の長所として掘り下げられる場合は取り入れてください。大事なのは具体的な事実でそれをサポートできるかです。それを基準にしてください。

Point2:事実と根拠でまとめる!

自分に全くあてはまらない項目は除外して、少しでも当てはまりそうな項目を縦一列にした表組をつくりましょう。その右の列に「何故そう思うのか、その根拠」を書き出していきましょう。

主体性の例を挙げておきますので参考にしてください:

主体性:

  • アルバイトでマニュアルに書かれていないことでも自主的に試してみた。うまくいった場合、店長とアルバイト仲間に提案した
次にその右にもう一列つくり、思い浮かんだシーン、話した言葉、かけられた言葉を、その時の気持ちを思い出しながら書いていきましょう。
  • お客様がお帰りになる時、必ずドアまで行ってドアを開けてお見送りをして「ありがとうございました」と声をかけるようにした。ほとんどのお客様から「ありがとう。また来るね」と感謝のことばをいただき、お店の雰囲気も明るくなってうれしかった
この要領で、自分が少しでも当てはまる力と具体的な事実、エピソード、シーン、気持ちに関連付けて行けばよいのです。

ここまでで必要な要素は抽出できました。あとは文字数制限とスペースにあわせて書いていきましょう。その際は以下のポイントをチェックして完成させましょう。

エントリーシートへの長所の書き方:5つのステップ

Step 1:結論を先に書く

設問に対する結論を冒頭に書きます。「あなたの長所をお書きください」であれば「私の長所は〇〇〇です」という書き出しにします。抽象的ではなく、具体的にどんな長所なのかを説明します。

Step 2:具体的な事実で説明する

次にその結論をサポートする具体的な事実を書き出します。なぜそれを長所として説明できるかを事実でサポートします。具体的な出来事、自分が行った行動を説明します。自分が行った回数、期間など数字でサポートできれば説得力が増します。

Step 3:ポジティブな結果を提示する

その結果どうなったのか、長所なのでポジティブな結果を記載します。具体的な数字が使えないか検討しましょう。アルバイトであれば時間帯の売り上げが○○%アップした、集客が前年比○○%アップしたなどです。

Step 4:感情にも訴える

シーンが思い浮かぶように、実際に評価された言葉があれば使いましょう。その時の自分の気持ちの変化、感情を加えます。

Step 5:長所と仕事を結び付ける

最後の結論:長所を仕事に活かす決意を述べて文章を結びます。

以上です。それでは悪い例と改善例をみていきましょう。

エントリーシート:長所の例文 (悪い例・良い例)

長所の書き方:悪い例

私は常に状況に気を配り、何か改善できる点があれば周囲に提案するように心がけています。直近までレストランでアルバイトを続けており、その間様々な提案をして店長から評価されてきました。またお客様からも感謝の言葉をいただき、やりがいを感じてきました。社会に出ても私の長所である提案力を通じて努力していきたいと考えています。

長所の書き方:良い例

私の長所は提案する力です。3年間イタリアンレストランでアルバイトをしてきましたが、その間、細かいことでも気づいたことは店長と仲間に改善の提案するように心がけてきました。通算では20以上の提案になります。一例ですがお客様がお帰りになるとき必ずドアまでいってドアを開け、「ありがとうございました」とお見送りを実施する提案しました。お店として採用するようになり、ほとんどのお客様から「ありがとう。また来るね」と感謝の言葉をいただきました。お店の雰囲気も良くなって売り上げも前年比14%UPを達成し、地区表彰されるお店になりました。たとえ小さなことでも提案によって改善されること学ぶことができ、働くモチベーションにもなりました。周囲のことに気を配って、良いと思ったことは自主的に提案する力を社会に出て活かしたいと考えています。

この例のように、抽象的な表現ではなく、数字やコメントで具体的な行動、成果、長所がはっきりと伝わるように書くことが重要です。

強調したいポイントは太字にする、下線をひくなど工夫しましょう。締めくくりは現在進行形で将来の仕事にどう活かそうと考えているのか卒直に語れば良いのです。

このフレームワークを使えば、単に「バイトは頑張ったかな」としか思い浮かばない学生でも、主張できる長所を発見できるはずです。あとは文章を文字数制限やスペースに従って、何度も推敲して仕上げてください。

簡単に内定レベルの自己PRがつくれる神ツール

就活の全ては自己PRに繋がると言ってよいほど、自己分析からアピールできる要素をみつけるのはとても重要なプロセスです。

多くの就活性がはじめにつまずくポイントです。企業はインターンシップの選考ですら、学生の自己PRをチエックしています。

学生は他人に自分の良さを自信をもって語れないのが普通です。なので「他人に自分の事をうまく説明できない」、「本当にこれでいいのかな?」、「信じてもらえるかな?」と不安ですよね。

就活サイト「キャリアパーク」の「自己PR作成マニュアル」を早い段階でダウンロードして、自己PRをつくってみませんか?説得力のある自己PRのフローが論理的に組み立てられているため、シートに穴埋めしていくことで、的確な自己PR文が書けるように出来ています。

→「自己PR作成マニュアル」(無料)を試してみる

自分を見つめ直しても、何も出てこない、書けない場合の対処法

「自分の人柄さえも信じられない、自信がない」いうという学生はどうすれば良いのかという質問を受けることが良くあります。まだ就活をスタートしたばかりの時は、特にそう思うでしょう。悩んでいる暇はあまりないので、即行動に移しましょう。日頃から興味を持っている何かがあれば「チャレンジ」と「体験」をキーワードにして行動を起こすことです。例えば「〇〇国の〇〇〇」に興味があるというレベルの関心があれば、それを自分が現地で体験するためにはどうしたら良いかを考え、資金作りから一人旅の計画、現地でのアポイントメント等、実現のために必要なことをして就活本番までに実際に「体験」することです。お金のかかる海外でなくても、ボランティア活動や、長期インターンでも、オーデイションでも何でもよいのです。

自分自身にとって「チャレンジ」と思える事、「リアルな体験」ができることが重要です。そして決めたら絶対に最後までやり切ることです。例えばオーディションに合格しなくても、自分がやりきったと思えるまで、チャレンジすることが重要です。そうすればその活動から何かしらの発見や成長があるはずです。そしてそれを最大限「就活」に活かせば良いのです。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。