就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【例文あり】面接の自己PRで、チームワークを的確にアピールする方法

面接の自己PRでは、何が見られているのか

学生にとっての面接の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。従って全ての回答は自己PRにつながります。狭義では、エントリーシートに記載した、能力・力、長所を、面接であらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの長所は何ですか?」という質問で聞かれます。チームワークやチームワーク力を自己PR、長所としてアピールしたい場合、どう話せば面接官に響くのでしょうか?自己PR質問の意図からおさらいしておきましょう。

面接官が自己PRや長所の質問で知りたいのは次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す紹介ができるか

つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性、物事に取り組む熱意をアピールするべきなのです。どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。チームワークやチームワーク力をアピールする場合の、大切なポイントを解説していきます。

自己PRで、チームワークを取り上げる場合の注意点

チームワークは、企業が選考時にあたって重視するポイントです。経団連が1997年より毎年行っている「新卒採用に関するアンケート調査」で、直近の2018年卒ではチームワークに必要な「協調性」が第四位にランクしています。

ちなみに第一位はコミュニケーションの能力(82.0%)、二位は自主性(60.7%)、三位はチャレンジ精神(51.7%)と続き、四番目がチームワークに必要な協調性(47.0%)の順です。

面接でチームワークや協調性を自己PRや長所であげられたポイントだけで判断しているかというと、それは違います。他の質問の答えとの整合性、性格を含めて全人格的な資質そして企業によってはグループディスカッションやグループワークを通じて学生のチームワーク力を判断しているのです。

 チームワーク力とは何か

チームワークは説明の必要がないでしょう。チームで一緒に仕事をしていくことで、すべての企業活動はチームワークによって成立しています。社内のみではなく、協力会社との連携もチームワーク、法人顧客との関係性もパートナーとしてのチームワークが必要不可欠です。

チームワーク力はどうでしょうか?あなたは「チームワーク力がある人」を、どうイメージしますか?10人に同じ質問をした場合、10人とも解釈が違う答えをしてきます。

ある学生にとっては、「周囲の人とうまくコミュニケーションがとれて、一緒に働いていける人」、「チームワークに貢献できる人」またある学生にとっては、「調整することが得意な人」、「皆の意見をまとめることができるリーダー的な存在」、「指導力がある人、統率力がある人」、などバラバラな回答が返ってきます。

このように「チームワーク力=チームワークに貢献するチカラ」とは非常に曖昧であり、人によって伝わる意味やイメージが違うということをまず知っておきましょう。

就活の文脈でいうチームワーク、チームワーク力とは何か

企業が選考時にあたってチームワークで仕事ができるかを重視するのは、全ての仕事はチームプレイで成り立っているという、非常にシンプルな理由からです。

企業にとってチームに貢献する能力や姿勢は、「当然備わっていて欲しい資質」なのです。どんな仕事でも上司や同僚、場合によっては協力会社や顧客との連携が不可欠ですし、程度の差はありますが周囲の協力かないと仕事は進められません。

多くの学生がサークルや部活で「チームとして達成できたこと」をアピールポイントにして自己PRを行います。その数が多いこと、また、チームに対して貢献する能力や姿勢は、企業にとって当然備えていて欲しい資質という2つの意味で、他の学生との差別化が難しい長所ということを知っておいてください。

自己PRでよくある、「徹底的に話し合いをした結果チームで合意することができ、イベントも大成功しました」レベルのアピールでは面接官の印象には残りません。

就活文脈のチームワーク、チームワーク力に必要な要素

就活文脈のチームワーク、チームワーク力をもう少し深く考えてみましょう。企業のニーズにマッチするチームワーク力の要素は以下のようになります。

  • チームの重要性、チームで成果を上げる目的をよく理解している
  • 個人プレイに走らず、チームプレイで最高の成果を出すために貢献できる
  • チームメンバーの個性や能力を理解して、適切な対応やサポート、アドバイス、コーチングができる
  • 自分の役割と、各チームメンバーの役割を理解して、効率的な連携作業ができる
  • 意見が対立した際、傍観せずに自ら対立点を整理して、合意への努力を惜しまない
  • 対立した意見や組織の利害を調整するのが得意、調整力がある
  • 会議で参加者の発言を促し、参加者が納得できる結論へ導く能力
ビジネスで求められるチームワークやチームワーク力は、学生が思っているチームワークよりはるかに重ものです。もちろん、学生のあなたに、全てを求めている訳ではありません。

しかし、あなたがチームワークやチームワーク力を自己PRのポイントにするならば、あなたが語るエピソードにこれらの要素が一部でも感じられないと、非常に弱い自己PRになってしまいます。

チームワークやチームワーク力を具体的に語ろう

チームワークやチームワーク力の持つ意味が曖昧で、個人差があるため、チームワークやチームワーク力をアピールする際には、具体的にどんな強みなのかを定義して語ってください自分がアピールしたいチームワークやチームワーク力とは何かをはっきり定義するべきなのです。

チームの中でのあなたの役割と、どんな能力を発揮してチームに貢献したのかを、あなた自身が自ら行ったこととして説明しない限り、自己PRにはならないので特に注意してください。

間違っても「私は他のメンバーの意見にも耳を傾けて、チーム一丸になることを最も大切にしています」という文脈だけでチームワークやチームワーク力を語らないでください。大事なことですが、当たり前過ぎてアピール力がありません。意地悪な面接官は、「それって、全く普通のことで、長所でも何でもないよね」と切り捨てます。

アピールポイントの根拠を語ろう

チームワークやチームワーク力のアピールポイントを語っただけでは誰も信じてくれません。なぜそう主張できるのかを事実・経験に基づいたエピソードで証明しましょう。

自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

チームワークやチームワーク力をアピールするには次の3点をアピールできるエピソードを選びましょう。

  • 何故チームワークが重要だと思ったのかの気づき・視点・理由
  • あなたがチームで最良の結果を出すために、具体的に何をしたのか、あなたの役割を強調できるもの
  • エピソードの中に、あなたが自主的に、積極的にチームに提案したこと、働きかけたことを必ず入れること
  • 事実に基づくことが前提ですが、対立した意見をまとめて成果に貢献した実績
チームワークやチームワーク力を上手くアピールするために、次の強み・長所を上手に伝えるパターンを応用してください。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の長所は○○○を○○○するチームワーク力です」(長所のチームワーク力を具体的に表現する)

経験・エピソードパート:

  1. 長所の根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る
  2. そこにあった問題点・課題、課題に対して考えたこと・課題解決への動機
  3. 問題・課題に対してとった行動とその結果

まとめパート:

  1. チームワーク力のまとめと、仕事への活かす決意
あなたが最も主体的に取り組んだ事例を選びましょう。チームで達成した結果、成果そのものより、あなたの具体的な取り組み、プロセスを簡潔に語ってください。

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

チームワーク・チームワーク力を自己PRする場合の回答例

私は3年間続けた居酒屋チェーンでのアルバイト経験から、色々な立場や考え方の人をまとめてチームで成果を出す力があります。

 

大学1年の時から大手居酒屋チェーンでのアルバイトをはじめました。もちろんマニュアルがあって、それを理解すれば一通りのことができたのですが、当初はミスも多くお店に迷惑をかけてしまいました。

 

そんな時、一人の先輩が私の事を見かねて、マニュアルの書かれている内容の深い意味を教えてくれました。お客様に気持ちよくお金を払っていただくということは、どういうことなのか、何故マニュアルに書いてある業務が必要なのかを丁寧に教えてくれたのです。

 

私はその先輩を尊敬し、先輩と同じことができるように懸命に仕事を覚えました。その結果、お客様から評価も高くチェーンで表彰も受けました。

 

私は先輩が私にしてくれたことを、新人アルバイトに対して必ず行いました。居酒屋のアルバイトは色んな人がいて、その目的も働くモチベーションもばらばらです。年上の方や子育て中の母親の方もいらっしゃいます。私はその人たちの個性や、働くモチベーションを聞きだし、それに合うような説明の仕方をするように工夫しています。

 

マニュアルも店長の許可をいただき、その店独自の追補版を作成しました。

 

人の出入りが激しく厳しい環境でしたが、アルバイト同士でも「いい仕事をしよう」という雰囲気ができていきました。その結果、お店自体も関東地区で最も売り上げ効率の高い店舗となり、アルバイトも含めて地区表彰されたのです。

 

この3年間で学んだことは、チームに対して自分が貢献することの大切さです。アルバイトという立場でしたが、自分で工夫したり、提案したり、アドバイスしながらチームに貢献する姿勢が良い結果に結び付くということを学びました。また、大きな自信にもなりました。

 

社会人になっても、このチームワークへ貢献する姿勢を大切に、最高の成果が上がるように働きたいと考えています。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

簡単に内定レベルの自己PRがつくれる神ツール

就活の全ては自己PRに繋がると言ってよいほど、自己分析からアピールできる要素をみつけるのはとても重要なプロセスです。

多くの就活性がはじめにつまずくポイントです。企業はインターンシップの選考ですら、学生の自己PRをチエックしています。

学生は他人に自分の良さを自信をもって語れないのが普通です。なので「他人に自分の事をうまく説明できない」、「本当にこれでいいのかな?」、「信じてもらえるかな?」と不安ですよね。

就活サイト「キャリアパーク」の「自己PR作成マニュアル」を早い段階でダウンロードして、自己PRをつくってみませんか?説得力のある自己PRのフローが論理的に組み立てられているため、シートに穴埋めしていくことで、的確な自己PR文が書けるように出来ています。

→「自己PR作成マニュアル」(無料)を試してみる

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。