就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

必読!企業が採用したい学生の資質・能力とは?

社会人基礎力とは?

企業が期待する資質や能力を理解しておくことは、就活をしていく上で大切な指針になります。自己分析の5大特徴から始まり、面接での自己PR、大学生活で最も力をいれたことを話す際にも、自分がフォーカスするポイントを企業が求める人材像と重ねて話すことが出来るようになります。

数多く出版されている就活対策本は、企業が期待する資質や能力に関してあまり系統立てて説明せず、「協調性のアピールの仕方」「自己PR:主体性をどう書くか」など表層的なテクニックの解説に終始しているものがほとんどです。とくに「何故?」という視点が欠けているため、就活生も「なんとなく、企業や仕事というものは、そういうものだ!」とざっくり理解している人も多いと思います。

ここでは一旦立ち止まり、本質に帰って企業が期待する資質や能力を理解するため、経済産業省が2006年から提唱している「社会人基礎力」をおさえておきましょう。

社会人基礎力は、経済活動をして活躍していくために必要な能力を定義したものです。就活を効率よく進めるために、企業が求める人材像をイメージしておくことはとても重要です。

企業を取り巻く環境の変化

なぜ国は「企業が期待する資質や能力」を多くの企業、専門家と共にまとめ、発表したのでしょうか?それは日本が戦後培ってきた競争力が、通用しなくなってきている現実があるからです。

経済のグローバル化、ボーダレス化、社会や業務のIT化、業際の融合・他分野からの競争、勝てるビジネスモデルの変化・短命化、そして日本がかかえる根本的な問題の人口減少・少子高齢化など、企業を取り巻く変化のスピードがあまりにも速くなっていることに起因します。

これらの劇的な変化に伴い、日本企業の特徴であった「終身雇用」や「年功序列」はすでに崩れて「雇用の流動化」と「成果主義」が常識になっています。企業が勝ち残るためには「変化に対応していく力と態度」が備わっている人材が必要なのです。

しかし「変化に対応していく力と態度」ではあまりに抽象的なので、経産省では次に示す3つの力と12の能力に分けて定義ています。これらの力があり、且つ変化に対応できる人材を企業は求めているのです。

経済産業省 社会人基礎力 3つの力と12の能力

前に踏み出す力(アクション):一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力

  1. 主体性:物事に進んで取り組む力
  2. 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  3. 実行力:目的を設定し確実に行動する力
考え抜く力(シンキング):疑問を持ち、考え抜く力
  1. 課題発見力:現状を分析して、目的や課題を明らかにする力
  2. 計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する能力
  3. 創造力:新しい価値を生み出す力
チームで働く(チームワーク):多様な人々とともに、目標に向けて協力する力
  1. 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  2. 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く能力
  3. 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  4. 状況把握力:自分と周囲の人々や、物事との関係性を理解する力
  5. 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  6. ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する能力
どうでしょう。すでにあなたが作るべき軸が見えてきませんか?

もちろん自己分析で自分が得意と思えないものを、無理やり柱にしてはいけません。ただ闇雲に考えるより、これらの力の中から自分がアピールできそうな力を合わせて考え、自己分析からはじまる就活の羅針盤にしてください。

経団連調べ:2019年4月入社対象 選考にあたって重視した点

次に経団連が2018年選考時に行った調査結果の、項目別TOP 10ランキングをみていきましょう。選考に当たって重視した点を5つ選択して集計した結果のTOP10項目は以下のようになります。

上位から順に並べます:

  1. コミュニケーション能力:82.4%
  2. 主体性:64.3%
  3. チャレンジ精神:48.9%
  4. 協調性:47.0%
  5. 誠実性:43.4%
  6. ストレス耐性:35.2%
  7. 論理性:23.6%
  8. 責任感:22.1%
  9. 問題解決能力:19.8%
  10. リーダーシップ:17.1%

先ほどの社会人基礎力との相関を考えてみると次のようになります。

コミュニケーション能力:

  • 発信力:自分の意見をわかりやすく伝える力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く能力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や、物事との関係性を理解する力
主体性:

  • 主体性:物事に進んで取り組む力
  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
チャレンジ精神:

  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
  • 創造力:新しい価値を生み出す力
協調性:

  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く能力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
  • 状況把握力:自分と周囲の人々や、物事との関係性を理解する力
誠実性:

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 傾聴力:相手の意見を丁寧に聴く能力
  • 柔軟性:意見の違いや立場の違いを理解する力
ストレス耐性:

  • ストレスコントロール力:ストレスの発生源に対応する能力
責任感:          

  • 規律性:社会のルールや人との約束を守る力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
論理性・問題解決能力:

  • 課題発見力:現状を分析して目的や課題を明らかにする力
  • 計画力:課題の解決に向けたプロセスを明らかにし準備する能力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力
リーダーシップ:

  • 働きかけ力:他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力:目的を設定し確実に行動する力

社会人基礎力は、企業が内定を出す際に重視したポイントに重なっています。企業があなたに求める力を理解できましたね。

もちろん、その他、柔軟性(15.0%)、潜在的可能性(ポテンシャル)(13.5%)、専門性(12.0%)、創造性(11.1%)、信頼性(10.9%)、一般常識(6.5%)、語学力(6.2%)、履修履歴(4.4%)、留学経験(0.5%)などの項目もあがっていますが、「何が本質的に求められているのか」を理解するのと、しないのでは、就活に大きな差がついてしまいます。

迷ったらかならずこの記事に戻って読み直してください。自分には何のとりえもない」と思っている学生も、掘り下げていけば必ず企業人として必要な、これらのチカラのひとつ、ふたつは備わっているものです。自己分析をしっかりやって自分を信じて前に進みましょう。

簡単に内定レベルの自己PRがつくれる神ツール

就活の全ては自己PRに繋がると言ってよいほど、自己分析からアピールできる要素をみつけるのはとても重要なプロセスです。

多くの就活性がはじめにつまずくポイントです。企業はインターンシップの選考ですら、学生の自己PRをチエックしています。

学生は他人に自分の良さを自信をもって語れないのが普通です。なので「他人に自分の事をうまく説明できない」、「本当にこれでいいのかな?」、「信じてもらえるかな?」と不安ですよね。

就活サイト「キャリアパーク」の「自己PR作成マニュアル」を早い段階でダウンロードして、自己PRをつくってみませんか?説得力のある自己PRのフローが論理的に組み立てられているため、シートに穴埋めしていくことで、的確な自己PR文が書けるように出来ています。

→「自己PR作成マニュアル」(無料)を試してみる

選考に強いエントリーシートを効率的に作る方法

大手人気企業内定者のESは就活を成功に導く、非常に優れた参考書、ガイドになります。

厳選した難関企業に内定者先輩のエントリーシートを手に入れて、設問の内容、傾向と内定に導いたESの答え方やアピールのレベルを早めに知っておくことは、その後の準備を効率よく、かつ効果的に進めることに役立ちます。

ES100選の中には、ANA/JAL/トヨタ/日産自動車/花王/電通/博報堂/三菱東京UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/伊藤忠商事/三菱商事/ 三井物産/NTTデータ/JR東日本/JTB/HIS/リクルート/サントリー/日清/明治/森永製菓/IBM/ゴールドマン・サックス/ モルガン・スタンレー/BCG/NHK/東京海上日動/三井住友海上火災/野村證券…(他)の内定者ESを無料でダウンロードできます。

21年卒で就活を始めたばかりの方も、自己分析・企業研究を終えられた方も、実はもう、そんな自時間はありません。

就活の成功は、まず行動を起こすこと。

→今すぐ、人気企業100社の内定者ESをダウンロード

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。