就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

エントリー段階での自己PR 簡易版の作り方【例文付き】

エントリー段階での自己PRを手早く、まとめる方法

エントリーシートを提出したいが、自己PRをまだしっかり考えていなかった、もしくは、まだしっかりできていない学生は次のやり方で自己PRを作ってみてくいださい。

簡易版といっても、しっかり考える必要はありますので真剣に取り組んでください。分かりやすいように学生A君の例を挙げて説明します。次のステップを参考にしてやってみましょう!

Step 1: 大学時代に力を入れたことを最低5つ書き出す(5つの引き出しを作る)

大学時代に力を入れたことを、最低5つ書き出してみましょう。分野、レベルは問わず書き出していきましょう。

  1. コンビニでのバイト
  2. 海外旅行一人旅
  3. ゼミでのプレゼン
  4. サークルのWEBサイト立ち上げ
  5. 英語力(英会話)
このレベルで良いです。次のStepからは1は1に、2は2につながっていますので、それぞれ参照しながらして読んでいってください。

Step 2: 自分は「何故それをやろうとしたのか」、動機を考えて記述する

Step 1で書き出した活動に対して、自分は何故それをやろうと思ったのか、それぞれの動機を書き出しましょう。何故そう思ったのかを、繰り返し自分に問いかけていくと、より深い動機を発見できるので、試してみましょう。

  1. :バイトして海外を一人で旅したいという夢を実現したかった
  2. :誰も助けてくれない環境のなかで、自分がどこまで対応できるのかを試したかった
  3. :会社法のゼミを選んだ理由は、父親が小さな会社を経営しており、会社というものはどういうものなのか、法人と呼ばれているが、どんなルールで法的に位置づけらえているのかに興味があったから
  4. :大学2年の時、所属している異文化交流サークルへの参加者を、もう少し増やしたいと考えサークルの友人・留学生とWEBサイトを立ち上げた
  5. :海外での一人旅で困らない最低限の英語力を身に着けようと考えた
まず上記のように動機を書き出していきます。

Step 3: 大変だったこと、克服しなければならなかったことを書き出す

それぞれの活動に関する問題点や、克服しなければならなかった課題を思い出して記述していきましょう。大変だったこと、苦労したことなどを思い出して書いていきます。

  1. :深夜シフトで眠かった。同僚が外国人で仕事上のフラストレーションがたまった
  2. :空港から出たとたん、怪しいタクシー運転手に呼び止められパニックになった
  3. :内容もさることながら、プレゼン作成をパワーポイントの使い方から始めたので、発表できるレベルまで作りこむのが難しかった。また、人前でちゃんとプレゼンするのも始めてだったため、どうしてよいのか分からなかった
  4. :友人・留学生と意見や方向性がバラバラで、まとめるのに苦労した
  5. :お金がない中、どうすれば実践的な会話力が身に付くのか、必死に考えて方法を探した
あと一息です

Step 4: 問題や課題を、どう捉えて克服・改善したのかを書く

活動を進めるるにあたって直面した問題や課題に対し、自分はどう向き合ったのかを考えます。大変だったことや苦しかったことを、どう改善して克服したのかを書き出しましょう。

  1. :仕事以外の部分で留学生とコミュニケーションをとるように心がけ、共通の話題をみつけて少しずつ信頼関係を築いていった
  2. :ブロークンイングリッシュで、とにかく質問しまくって、ちょっと怪しいと感じたので断ることができた
  3. :パワーポイントのマニュアルを読みまくり、2日間でだいたいのことができるようになった。恥ずかしかったが友達相手にプレゼンを聞いてもらい、リハーサルしたことで本番が落ち着いてできた
  4. :とにかくイメージが共有できるように、画面イメージとコンテンツ内容を具体的に共有しながら徹底的に議論した
  5. :Webサービスでスカイプを使ってフィリピンの先生と直接マンツーマンで話せるサービスをみつけて、とにかく文法は不正確でも、伝えたいことを伝える気持ちが重要ということを学んだ。

Step5:1~4のステップを編集して文を完成する

Step2から4で要素が揃いましたね。これをつないで編集しなおせば簡易版はすぐ完成です。

その企業に一番受けそうなテーマを仮説ベースで良いので選んで、そのプロセスで自分が最も得られたことを加えます。

現在の自分が何を思っているのか、しているのか、そして最後に企業に対する思い、「自分の意思」、その企業でやってみたいこと、貢献したいポイントのいずれかをを加えて締めくくりましょう。

そして質問に従った結論を冒頭に持ってきて完成です。たとえば「あなたの長所をお書きください」という質問であれば、冒頭は「私の長所は○○です」となります。そして、締めの文章は「~~の長所・強みを、御社の~~で活かしたいと考え志望しました」という文脈で結びましょう。

では、上記の学生A君の自己PR文を参考にしてください。

完成例文「あなたの長所をお書きください」:(300字)

私の長所は異文化の中でも活かせるコミュニケーション能力です。誰も助けてくれない状況で自分を試すため大学3年の夏タイを一人で旅しました。その資金を得るため、コンビニの深夜バイトを2年間つづけました。同僚のバイトは海外からの留学生ばかりで苦労しましたが、自らコミュニケーションをとることによって、異なる背景を持つ人ですら「信頼関係」をつくれることを学びました。英語力も伝えたいという気持ちが、文法の正確性より大事なのだということも体感しました。現在も英会話の勉強は続けています。異文化の中でもひるまずに向かっていける資質を、海外事業展開を益々重視されている御社で活かしたいと考え志望いたしました。

上記をひな形にして、書き出した要素を志望動機及び企業の事業分野に結びつけ、複数のパターン(違うエピソードで資質・能力のバリエーション)を用意しましょう。エントリーシートのフォーマットで、スペースや文字数に制限がある場合は、重要なポイントを残して文書を推敲してそぎ落としていきましょう。

自己PRが書けない時に!自己PRジェネレーターを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

▶︎自己PRを作成する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。