就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

自己分析が何故必要なのか。その答えがここにある

色んな就活本やマニュアルに従って自己分析を既に終えている学生は、いままでの人生、特に学生時代を振り返って自分らしい取組み・活動を複数洗い出していると思います。

それぞれの取組や活動について、始めた動機、困難だった点、自分がどう向き合って克服し、何を得ることができたかをまとめ、そこに共通する、「自分らしさ」「特徴」「強み」をいくつか発見できていると思います。

もしあなたが既に就活自己分析マニュアルの膨大なワークシートをこなしているのなら、この先を読む必要はありません。あなたは既に膨大な時間を使っているので、他のことに時間を振り向けましょう。

自己分析が未だできていない、あるいは、就活の自己分析マニュアルは、量が多すぎて自分には無理、自分に向かないと思っている方は、まず以下の記事を参照してから先に進んでいきましょう。

就活に自己分析は何故必要なのか?

「自己分析」が就活の一丁目一番地になったのは1990年代からで、約25年以上の歴史があります。その発端は1993年発行の杉村太郎氏の著書である『絶対内定』という大書から始まっています。

それまで就職活動に「自己分析」を行うことを体系的に唱導した企業・大学はありませんでした。良いか悪いかはおいておきますが、そのトレンドは現在も変わっていないのが現実です。その現実に向き合う就活生のために、「自己分析」の本質を解説します。

自己分析の目的

現在の採用活動は、大学名やコネの有無で学生を差別しない「オープン化」された採用が原則となっています。もちろん例外は存在しますが、学生はインターネットを通じて志望したい企業に自由にエントリーできる訳です。

その結果人気のある企業は数万,数千というエントリー数となるため、本当にその企業に就職する熱意があるのか、就職するに足る人材なのかをまず見極め、振り分ける必要があります。

その見極めはエントリーシート、適性検査から最終面接までつながっていくのです。あなたが、その企業に入社するに値する人材かを判断をするために、企業は以下のポイントをまず知る必要があるのです。

あなたはどんな人なのか:

  • 人柄・人間性
  •  長所(強み)/短所(弱み) 
  • 好み 興味 価値観
  • 知識
  • ポテンシャル
就活でいう「自己PR」の要素になります。

あなたの志望動機:

  • 業界・業種
  • 会社
  • 職種
  • 将来へのビジョン
「あなたの人格」と「あなたの志望動機」が、企業の価値観や欲しい人材像とマッチしているか、そのマッチング度合いを知る必要があるのです。

企業の視点では、この2大要素を基準に「将来の戦力として会社に貢献してくれそうか」「一緒に働いていけそうか」を見極めていくことになります。

特に大卒新卒の3年以内離職率が30%以上になる現在では、企業側の「ミスマッチ離職」を防ぐために「厳選採用」したいという欲求はますます強くなっています。

このことを学生側からみると、膨大な数のライバル就活生と競って、内定を取らなければいけないのが現実であり、企業側に自分は「厳選採用」に足る学生であることを売り込む必要があるのです。

売り込んでいくために必要なこと

  • 「自分をよく理解したうえで、自分はどういう人間であるか自信を持ってアピールする」
  • 「自分はその企業を志望する充分な理由と根拠があり、それを証明できる」
  • 「自分はその企業の将来に貢献できるビジョンとポテンシャルがあり、一緒に働いていける共通の価値観とモチベーションがある」
上記3点を企業側に強く印象づける必要があるのです。一言でいえば主役ではなくても、自分はその映画の、その役にあった役者である、と自分を売り込んで行かなければならないのです。

好むと好まざるにかかわらず、現状の就活ではどうしてもこの3点をアピールする必要があり、それを自分の言葉で表現できるようにするためのプロセスが「自己分析」なのです。

就活マニュアルにある膨大なワークシートは、かえって収拾がつかなくなると感じる人も多いと思います。「就活の答え」では本質的で重要なポイントを中心に、効率的な自己分析のフレームワークを解説していますので参考にしてください。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

現在の就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。