就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

簡単にできる他己分析

「就活の答え」流、かんたん自己分析が一通りできた学生は一息ついたところでしょうか。ざっくりとは言ってもけっこうパワーが必要だったと思います。

自分自身を分析するのは疲れますよね。特に長所や短所、強み、弱みを自分で再認識するのは、なかなかしんどいものです。しかし自己分析にも弱点はあります。自分が自分を分析することで、果たして本当に正しく分析できているのかが良く分からない点です。

自分で難しい問題をつくって、自分なりの答えを導き出したが、それが本当に正解なのかよく分からないという感じです。自分は当然と思っていて、長所や強みとして認識できないことは良くあります。もしくは自分では気が付かない隠れた長所は他人でしか分からないものなのです。

就活は他人の評価がすべて

身も蓋もないですがそれが真実です。いままでの皆さんの人生では、多かれ少なかれ自分の努力が程度の差こそあれ報われてきましたよね。

たとえば筆記試験でだいたい50点くらいしかとれていなかったが、集中・継続して勉強した結果、70点はとれるようになったというように、たとえライバルは80点とっていたとしても、あなたの努力の結果として少なくとも20点分はプラスとして報われたと考えるでしょう。

採点には主観的、恣意的な要素が挟まれないため、努力した分が結果として現れた訳です。

この原理は就活にはあてはまりません。なぜなら採点者は人間で、合格不合格の基準も主観に左右される点が多く、さらに恣意的な判断もまかり通るイベントだからです。万全の準備をして自分としては100点の出来と思えたとしても落とされるのが就活なのです。

だから努力しても意味がないということではありません。大いに意味があり、努力なくして成功は絶対にありません。ただし、努力しても報われない場合が多いのもまた事実なのです。何故か。それはひとえに、選考する側裁量=採用担当者や面接官があなたをどう見て、どう感じて、どう評価したかがすべてだからです。他人の評価がすべてです。

他己分析は重要

簡単にいきましょう。友達、特に一緒に就活している友人、兄弟、親などに「私を他の人に紹介するとしたら、どう紹介するか、性格、長所、短所、それを象徴するエピソードなどをいれてメールして!就活の参考にしたいのでよろしくお願いします。」とお願いしましょう。

できれば10通以上の返信を目標にします。もしくは「就活の参考にしたいので、私はどういう人だと思いますか?性格、長所、短所、象徴的なエピソードなどをいれてメールしてみて!」とお願いしましょう。就活生の友達なら意味も理解してくれるはずです。

また同じような依頼があればぜひ協力してあげましょう。他人を分析して、その人の特徴を紹介する他己紹介はグループワークなどのアイスブレーク(会議の初めに緊張した雰囲気をほぐすためのもの)にも使われるので慣れておくと便利です。

どうですか?友人や知人からの評価と自己分析のギャップはありましたか?あなたは他の人にはそう見えているのです。ほとんど一緒で安心できましたか?

ギャップが大きい場合の対処法

まず、就活の参考にしたいので、と前置きした質問をしているため普通はポジティブな内容の返信が集まると思います。それはそのまま自信にしましょう。良いエピソードなどが書かれていれば自己PRのネタにもできます。

逆にネガティブなコメントの方が多い場合それはあなたの「弱み」として卒直に受け止める必要があります。大丈夫です。今後の就活において、それを反転していくような工夫をしていけば良いのです。例を挙げて解説します。

「○○君は若干内向的で、付き合いが良い方ではないよね。その分いつも冷静で、正論を言ってくれると思う。でも、またそれが正論であるだけに、ちょっと付き合いづらい時もある。もう少し柔軟になってくれればいいなと思う。間違いなく頭はきれるので、少しもったいないかな。たとえば…のとき—-」というような場合・・・。

かなりネガティブなコメントですね。就活の過程では、ネガティブなポイントを意識して改善していく必要があります。少しでもいいところは伸ばすようにしていきます。就活を通じて「成長する」と意識してください。

ネガティブの改善

次のようなアプローチでネガティブを改していきましょう。

内向的→無口⇒自分の意見をはっきり言う。言い方も気をつける

付き合いが悪い→群れるのが苦手⇒相談にのってもらうように自分から誘ってみる

柔軟ではない⇒人の意見を聞いて、いろんな視点からディスカッションする

ポジティブの補強

良い点はさらに磨きをかけて強みにしていきましょう。

正論を言う⇒正しいことをちゃんと言える。ただし言い方を工夫してみる。

頭が切れる⇒分析能力があり論理的思考が得意⇒相手の納得度を高めるような説得をしてみ

ネガをポジにする意識を持ち、努力・訓練をしつつ、ポジはポジで伸ばしてPRできるレベルまでもっていきましょう。

ネガからポジへの反転は、真剣に取り組んで克服できれば、就活のプラスのエピソードとして活用できます。ぜひあきらめないで取り組みましょう。もう一度言います。「就活が他人の評価がすべて」です。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

現在の就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。