就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

自己分析に自信がない人へ、無料の自己分析・特性診断ツールの賢い利用法を徹底解説

就活のはじめ、自己分析は順調ですか?

2021年卒の就活生の皆さんは、一般ルートの就活解禁を迎えて就活の準備を加速させているでしょう。

人生初の就活を早い段階から始め、「自己分析」から「業界・企業研究」、「自己PR」、「志望動機」等のエントリーへの準備も万全な方もいるでしょう。

一方、「自己分析」で足踏みしている、「自己分析」をしてみたが、いまいちピントこない、これが本当の自分なのか自信が持てない、「自己分析」を業界や企業、職種の選択にどうつなげれば良いかわからないで困っているとう学生からの声も多いです。

「就活の答え」では、そんなあなたの悩みを解決する方法をお勧めします。それは【自己分析】と【自己分析・特性・適性診断ツール】の併用をしてみることです。

就活生の皆さんは中には既に大手ナビサイトや就活サービス企業が無料で提供している「自己分析ツール」、「性格・特性診断ツール」、「適性診断ツール」のいくつかを使ったことがある方も多いと思います。

もし、それらの結果が「本当の自分」に良く当てはまっていると実感でき、それを元に業界・企業・職種の選択や自己PRのポイントを整理し、エントリーシートへの記入の準備も万全であればそのまま進めていけば良いと思います。

その反面、分の今までの人生や出来事をベースにした自己分析からは、就活を進める充分なエッジ(アピールできるポイント)が見えてこない人、また、自己分析・特性・適性診断ツールを使ってみたが「本当にこの結果で就活を進めて良いの?」、「自分の思い描いている仕事と違うので、どう考えれば良いのか」悩んでいる人もいるでしょう。思い当たる人は、以下の記事を読んでください。

「自己分析」は必須

就活の答え」では、自己分析に膨大な時間を使い、詳細なワークを行うことはお勧めしていません。しかし自己分析」は就活を乗り切る上でとても大切なプロセスであり、一番はじめにするべきことであることには変わりはありません。

自己分析は「自分」による性格、価値観、思考特性、規範意識などの内面と行動原理や対人能力に対する分析であるため、主観というバイアスがかかるのは必然です。

また自分で自分を分析する為、自分では気がついていない「良いところ」、「強み」、「ユニークさ」、「社会に出たら意外に大切な資質」、逆に「弱み」、「強みと思っていたが弱点にもなる資質」等が自分では良く分からない(何となくいいかな、と思っているが、自信がない)という学生が非常に多いのも事実です。従って「他己分析」を併用して、自分の分析を検証することをお勧めしています。

しかし「他己分析」も万能ではありません。何故なら友人もあなたと同じレベルであることが普通ですし、何よりビジネスの経験がないため「仕事という文脈での分析が難しい」からです。

あなたも、世の中のあらゆる分析に客観的な視点やその結果を裏付けるデータがないと信じられないでしょう。

人に信じてもらうため、就活という「変数」が多いライフイベントを乗り切るために、プロの知見や科学を利用して「客観な、あなた自身のデータ」を知っておくべきなのです。

自己分析に客観データを付加して「自信」をつけていこう

多くのWebサイトでは【自己分析・特性・適性診断ツール】のメリットやそれを無料で提供してくれている就活サービスのメリット、デメリットを中心に解説しています。

それらを把握しておくことも良いのですが「就活の答え」では、もっと本質的なところに目を向けるべきだと思っています。そして【自己分析・特性・適性診断ツール】を就活に活かす考え方と賢く使い倒す方法をお勧めしています。

自己分析・特性・適性診断ツールの賢い利用法

何のための使うのか

まず、これらのツールは何のために使うのかを明確にしておきましょう。これらのツールは「あなたの自己分析を客観的なデータで裏付け、あなたの「意志」を強固にする」ために使うべきなのです。

この目的が曖昧だと、あなたはデータに惑わされ、泳がされるだけです。はじめに「あなたの意志」があり、ツールによるデータはあなたの意志を実現するためのものと考えましょう。

データは参考にすべきですが「あなたの意志」を実現するための道具として使用しましょう。このスタンスがないと、いくら客観データだけを集めても「迷うだけ」なのです。

この種の分析ツールの分析結果で良くあるのは、「あなたの性格」を5軸に分けて、それぞれの軸を指数化(ポイント)にして表示するパターンのものです。たとえば外向性55、協調性58、良識性60、情緒安定性65、知的好奇心63のようなカタチです。

またビジネスに対する価値観(変革・創造、異文化適応、ストレス耐性、自己実現、社会的成功など)や強み・弱み(前に踏み出す力、考え抜く力、チームで働く力)を指数化しています。

これらのスコアが非常に突出したものであれば、おそらくあなたの自己分析の結果と一致して、それを自己PRに活かすことも容易にできるでしょう。

しかし多くの場合、傾向は掴むことができますがそれが就活の「売り」にできるレベルなのかが分かりません。

また弱みと判断されたが今一つ「納得できない」ということが起こります。

平均が50だとすれば、55や60が果たして強みや長所と言るか、という疑問です。強みと言えるとしたら、それはどの程度差別化できるものなのかは、誰もが悩むところでしょう。

この疑問、悩みにに対する正解は「ない」です。

つまり、これらはあくまで「傾向」と考えるべきなのです。「傾向」は参考にはなりますが、あくまで参考として使うべきです。そしてどう使うかは「あなた次第」なのです。

はじめに「あなたの意志」があるべきと言うのはそういうことです。

まず「データがあなたの意志を決めるのではない」ことをはっきりさせておきましょう。

たとえばあなたが「広告会社」に入りたいと考えていたとします。そして対人コミュニケーション能力が平均以下という結果が出たとしたら、あなたは広告会社への志望を諦めますか?もちろん諦めるべきではありません。

広告会社でも色んな職種があります。そしてコミュニケーション能力なんて努力次第で克服できることが山ほどあります。若干の「弱み」のデータ、傾向なんて面接までにいくらでも改善できるのです。

本当に低いスコアで、本人の自覚もはっきりしている場合はその結果を真摯に受け止め、職種志望を考えるべきです。しかし平均との乖離がそうでもない場合は、参考程度に考えておきましょう。

診断ツールで「弱み」の傾向を知れたことが良かったと考えるべきです。客観データの入手は冷静に自分を見直す最良の機会です。「意思決め」をする参考として大いに役立ててください。

自己分析をしてみたが、先に進めない人へ

自己分析を頑張ってみたが、どうしても自己PRに繋がる「何か」が見いだせない、方法論は分かったし、企業が求めることも理解したが、「どう自分に当てはめていいのか」が分からない就活生が多いのも事実です。

あなたがそう思っている悩みは、普通にあることです。心配しないでください。

自己分析で自分が見えてこない人には、以下の【自己分析・特性・適性診断ツール】を先に使用してみて、その結果に基づく「強味」、「長所」、「価値観」を掘り下げ、今までの人生で当てはまるエピソードを探していく「逆引き」という手法もあるのです。

これは就活の準備が遅れてしまった学生や、どうしても自己分析がうまくできない学生が試してほしい方法です。

就活は時間との戦いでもあるのです。就活を効率的に進めたい人、進めなければいけない人も以下の記事を参考にしてください。

就活用の特性診断ツールをどう使えば良いのか

 

特性から導かれる「適性」は仕事を選ぶ上でとても重要です。自分では良く分からない「適性」を客観データで把握することは、職業がハッピーと感じることができるかどうかの基準になります。

自己分析や簡単な他己分析を終えたら、分析ツールを無料で提供している複数の就活サイトに登録して、それぞれの診断・データを入手しましょう。複数の診断をする理由はそれぞれの診断方法と診断結果の項目に違いがあるためです。

病気の時に違う病院でセカンドオピニオン求めるのと同じですが、就活でアピールできるアングルを探すのはもっと複雑なので、できれば3つのツールで診断することをお勧めします。どのデータも上手く使えば、就活→就職→充実した職業体験に繋がります。

2つではなく3つなのかという理由は、2つでは微妙に違う傾向が出た場合判断が難しいためです。3つのデータであれば3つのうち2つの近似傾向をみて判断しやすいためです。

おすすめの分析サービス3選

「就活の答え」では優良な就活サービスに限って就活生にご紹介していますが、以前からご紹介している逆求人型スカウトサービスの「OfferBox」と「キミスカ」は、それぞれ無料で【自己分析・特性・適性診断ツール】を提供しています。

また心理学統計に基づいた特性分析が無料で受けられ、その結果に適合する企業を紹介、マッチングするサービスを提供している「Future Finder」の3つを使用する例をご紹介します。

これらの診断サービスはすべて無料で利用できます。診断結果に基づいたスカウトやマッチングを受けても良いですし、診断結果を入手した後しばらく様子をみて、これらのサービスが自分に合わないと感じたら退会すれば良いだけなので就活生の負担はありません。

それぞれのサイトで登録した後、診断ツールを無料で利用できます。どのツールも質問に答えていく(選択肢の中から自分に最も近いものを選ぶ)という方式なので、15分から20分程度しかかかりません。

以下3つの診断サービスの特徴を紹介します。

Analyze U+で何ができるのか

Analyze U+は100万人以上の就活生のデータを基に、適性診断における性格や意欲、思考力や仕事に対する適性を測るために開発された自己分析ツールです。アウトプットは経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。以下がアウトプットイメージです。

Analyze U+は251問の設問に5択で答えていくだけで、「本当のあなたの強み」を相対的に数値として「見える化」してくれる非常に優れたツールです。

このツールを試すにはスカウト型就活サイトのOfferBox に登録する必要があります。もちろん全て無料です。自分のプロフィールを登録しておくと、企業側から「会ってみたい」というオファーや「インターンシップ参加への案内」や就活のノウハウをアドバイスしてくれるイベントに参加でききるなどのメリットも受けられるため、登録しておく付加価値もあります。

OfferBoxは700社以上の上場企業も利用しているので、思わぬ人気企業からのオファーも期待できます。まずは登録して、基本情報を入力すればAnalyze U+を利用できます。本当の自己分析、自己PRをつくっていきましょう!

まずは登録して、基本情報を入力すればAnalyze U+を利用できます。本当の自己分析、自己PRをつくっていきましょう!

\\ 1分で完了。すべて無料 //

OfferBox Analyze U+の利用はこちらから>>

キミスカ適性検査

逆求人型スカウトサービスを提供しているキミスカが無料で提供している適性検査です。キミスカに登録して自己PRと画像をアップすることによって無料で利用できる自己分析ツールです。

150問の選択式の質問に答えていくだけであなたを9つの観点から分析し指数化、グラフ化してコメントしてくれます。9つとは「性格の傾向」「意欲の傾向」「思考力の傾向」「ストレス耐性」「価値観の傾向」「職務適性」「戦闘力」「虚偽回答の傾向」と「人物像及び人材活用に関するコメント」という構成です。

キミスカの適性検査は学生の間でも「本当の自分だ」、「結構当たっている」、「見抜かれたな」という評判も多く、一度データを取っておくことをお勧めします。

そしてスカウトサービスなので、診断結果やあなたのプロフィール、自己PR等の内容に興味を持った企業からスカウトのオファーがくる仕組みになっています。

キミスカの特徴は「ありのままの自分」に合った企業との出会いです。大企業、人気企業、有名企業に拘らず、本当の自分に合った仕事を重視したいと考えている学生向きのサービスです。

もし自分に合わないと感じたら退会すれば良いので、やってみましょう。

\\ たった30秒で登録完了 //

キミスカへの登録、適性検査はこちらから>>

Future Finderの性格特性分析

Future Finderは大学のキャリア教育、就職支援プログラムを大学に提供、企業には教育支援サービスを提供して、大学と社会の架け橋となる事業を展開している株式会社ジェイックが提供している就活サービスです。

その特徴は心理統計学を駆使した科学的設計による151問の設問にこたえることによって、あなたの「性格特性」や「タイプ」についての本格的な分析を行い、あなたの未来を可視化することを目指しています。

Future Finderは学生と企業の適合性を重視しており、あなたに合った企業を紹介してマッチングするサービスです。

企業側の診断も行うことで組織・風土・文化・仕事の特徴を可視化・定量化して学生とのマッチング度合いを企業側が判断し、「適合性」「学歴」「希望勤務地」「文理」 等々の情報も加味して学生にオファーを出すというサービスです。

診断結果はFacebookの友達同士でシェアして比較することも可能です。もちろんしなくても構いません。また診断結果を勝手にFB上に投稿されることありませんし、Facebookを利用していなくてもサービスは受けられるので安心です。

更に京地区の人は希望すれば個別面談や面接セミナーへの参加も可能です。

Future Finderを利用してきた企業にはダイキンやりそな銀行、日本旅行、オプトなど学生に人気のある有名企業、上場企業もありますが、勢いのある新興企業、ベンチャー企業や優良なBtoB企業が多いです。業種は人材、コンサル、広告、IT系の企業が多いのが特徴です。

これらの企業は事業の成長スピードや業績の割に新卒学生の確保が難しい企業でもあるため、多くのオファー・メールを受けることも多いです。メールの多さをデメリットとして挙げている学生もいますが、自分が興味がなければ「お断り」をすれば良いだけで全く問題ありません。

また診断を受けた後、どうしてもFuture Finderのサービスが合わないと感じたら簡単に退会が可能なので安心です。

「本当の自分に合う企業って、どんな企業なのか」を知っておくことは、就活を進め、色んな判断をする際の基準として使うこともできます。就活の初期段階か、自部の就活を見直そうと考えた時に使うことをお勧めします。

まずは登録して会員登録して診断ツールを使ってみましょう。

2021年卒の方の性格特性分析はここから登録

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。