就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

自己分析:エントリーシート・面接にチェックしておくべきこと

「大学時代に力を入れたこと」を基に自己分析ができた方は、時間をみて次のワークにトライしましょう。これらのワークは「大学時代に力を入れたこと」のように時間を使わなくて良いです。ただし面接で質問される場合があるため、一通りは押さえておきましょう

Point 1:  集団、グループ、チーム内での自分の役割や行動分析

 ゼミ、サークル、アルバイトなどでの集団内の自分の役割や行動パターン、人からの評価をメモでも良いのでまとめて書き出しておきましょう「大学時代に力をいれたこと」から抽出した「自分らしさ」「長所(強み)」「特徴」とマッチしているかをチェックしてください。グループディスカッション参加時の役割を考える際にも役に立ちます。

Point 2: どんな仕事が向いているか、したいと思うかの分析

エントリーシートや特に面接で頻出する質問です。自分の5大特徴、長所(強み)とチーム内での役割と行動分析から、自分はどんな仕事に向いていると思うかを率直に書き出します。また、「こういう仕事は絶対いや」と思うものがあればそれも書き出しましょう。

「誰からも干渉されずに黙々と仕事がしたい」、「チームでワイワイしながら何かを作り上げるような仕事がしたい」「大企業じゃないと自分のプライドが持たない」など、レベルは気にしなくて良いです。

エントリーシートの書き方、面接での答え方は後で考えるとして、自分の5大特徴、長所(強み)とチーム内での役割や行動分析と整合しているかをチェックします。

整合していれば良いのですが、整合していない場合は自己分析のどこかに嘘があると思いましょう。ここが整合しないと、どうしても説得力がなく、面接でも不利になってしまいます。志望動機の志望職種にも関係するため、職種研究の際でもよいので行ってください。

Point 3:  ことわざ、名言、好きな言葉の分析

 エントリーシートの項目に「好きな言葉とその理由」の記入欄があったり、よく面接で質問されたりする項目です。質問の意図は「あなたはどんな価値観をもっているか」と「強み・特徴との整合性」です。

この場合の価値観とは、行動や考え方の指針になるものを指しています。「好きな言葉」と、あなたの強み、過去の経験、エピソードとの整合性がとれているかチェックしてください。

Point 4:  尊敬する人物、好きな人物の分析

 こちらも面接では頻出する質問になります。質問の意図は上記と同様「あなたはどんな価値観をもっているか」と「強み・特徴との整合性」です。

尊敬する人物の場合は「自分の弱点の裏返し」や「憧れ」の存在として表現することも可能ですが、「そうなるためには、あなたはどんなことが必要と思いますか」という答えまで用意しておきましょう。

Point 5 : 小学校から高校時代の自分分析

面接時に「子供のころ夢中だったことは?」「高校時代は何に力をいれていたか?」「つらいと思ったことは?」などの質問をされるケースがあります。

この質問の意図は、あなたが説明した特徴や強み、価値観が一貫してつくられてきたものなのか、いつごろから作られたのかの検証を試みているのです。

少年期・少女期につくられたアイデンティティや性格は青年期にも引き継がれているという前提で、裏をとる目的です。あなたが抽出した特徴や強みを語れる思い出、エピソードを逆引きすれば良いのです。小学校まで遡って細かく何をやっていたか、何を考えていたか、ぶっかった困難はと積み上げていては時間がいくらあってもたりないので、ここは逆引きで時間を節約しましょう。

Point 6: 隠れている細かい長所の分析

5大特徴や長所(強み)を「自主性」や「チャレンジ精神」、「粘り強さ」、「協調性」などの通り一片のワードから、細かいポイントまで落とし込み、言葉にしましょう。

たとえば協調性」を特徴のひとつに挙げた人は、それがどんな協調性なのかを自分の経験や価値観と照らして考えていきます。「サークル内の声の小さい人でも意見を吸い上げてみんなと議論できるように心がけている」「上下関係は常に意識して行動している」などのレベルまで落とし込みます。

このワークもゼロから行っていると時間がいくらあっても足りない為、抽出したものを中心にまとめましょう。本当にかくれた長所は自分では見つけられません。それは他己分析に委ねましょう。

以上5つの補足的な分析は、できればエントリーシート提出まで、遅くとも面接までには一通り行っておきましょう。自分用のメモレベルでかまいません。いきなり質問されて頭が真っ白にならないための対策となります。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

現在の就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。