就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

自己分析とは?「就活の答え」流、かんたん自己分析

「就活の答え」の自己分析はとてもシンプルです。その答えは「ホントは自分ってどんな人」を率直に把握することに尽きます。

就活を意識し始めて、一番初めにつきあたる問いは「自分は何になりたいか?」ではないでしょうか。以前から「自分は○○になりたい」と明確に決まっている学生は、大学もそれに合った専攻もして、職業の選択に迷いがないと思います。しかし、大半の就活生は、小さい時から親や友達によく聞かれた「将来は何になりたいの?」という質問に、即答できないのではないでしょうか。

誰しもが今まで漠然としか意識していなかった、「これからの人生、自分は何をして生きて行くのか、自分でどうお金を稼いで生活していくのか」の問いに直面していると思います。この問いは就職事情の好況、不況という客観的な状況に関わらず、どんな時代でも自分にストレートにつきつけられる問いなので、一番初めに「どう考え、アプローチすべきか」を自己分析の始めに考えてみましょう。

何故「自分は何になりたい」が決まっていないのか?

欧米では小さい時から教育の中に職業選択のためのプログラムが用意されていて、将来のなりたい自分をはっきりイメージしている学生が大半です。

大学の専攻もそれに基づいて選択する学生が多いのに対し、日本では「一流大学」→「一流企業」という親が考えるレールに載って、幼いころから塾→受験という「方法」をこなすことが目的化されてしまっていることが、日本の大学生の大半が、この質問に答えられない主因です。

企業側も、日本独特の新卒一括採用というシステムを続けているため、学生に専門知識を求めるのではなく、ポテンシャルを重視して採用し、入社後じっくり時間をかけて専門知識と経験を与えていきます。そのため、親も学生も、仕事の中身はほとんど意識せず、ブランド(社会的なステイタス・良い待遇の)のみを気にしてきたのです。

乱暴に言えば「ブランド」さえあれば「内容・中身」は問わない、という流れで親も子も流され、質的な「何をして生きて行くか」に向き合っていないのです。

いったん立ち止まって「自分は何になりたいか」を考えることからはじめましょう。

「自分は何になりたいか」が決まっていない学生へ

多くの就活本はまず「自己分析」からはじめましょうと、詳細な方法や分析ワークを提案しています。そして自己分析の中に長所・短所分析からの自己PRまでを含んで解説しています。

自己PRは就活において非常に重要ですので「就活の答え」では章を分けて詳細に解説します。ここでは、「自分は何を職業としていきたいか」を見つけるための「自己分析」に特化して解説をします。

「自分は何を職業としていきたいか」を見つけるための「自己分析」は、「必要最小限で、はじめにやっておきましょう」という程度のものです。他の就活マニュアルにあるような、膨大な時間を必要とするものではありません。

何故「やりたいこと」自己分析はそれほど重要ではないのか?

身もふたもない言い方かもしれませんが、自己分析をして自分の「好きなこと」「やりがい」を見つけたとしても(正確には、見つけられたと思ったとしても)、それが具体的に「何になりたいのか」「どんな仕事につきたいのか」に直結しないからです。

いくら小学校時代から今までの人生を振り返り、「子供のころからの夢」「好きだったこと」「嬉しかったこと」「やりがいを感じたこと」を絞り出す、大変な努力をして自己分析できても、それを現実の職業に結びつけることが出来る学生はどれだけいるのでしょう。

正直私はできません。なぜなら私も皆さんも「現実の職業の実態」をよく知らないからです。いくら自分の「やりたいこと」を分析できても、それが現実の職業に適合しているかどうかの判断をするには、圧倒的にそれを結びつける情報と知識、経験が不足しているからです。

その結果がこうです。

2017年マイナビ新入社員意識調査により引用:

社会人生活の中でどのようなことに期待を持っていますか?(複数回答)

  • 自分のやりたい仕事ができる:8%

厚生労働省による大卒3年以内の離職率

  • 新卒3年後の離職率:32%  (厚生労働省H.26年3月卒業者調べ)
では「自己分析」は全く無意味なのでしょうか?

こたえはNoです。やりたいことを真剣に考えてみる事は大切なことです。ただし、就活の冒頭で、それだけに膨大な時間と手間を欠けなくても良いというのが「就活の答え」のポジションです。やりたいこと探しの「自己分析」は「必要最低限」行っておきましょう。大切な時間を有効に、効率的に、使うために、始めに行っておくべき自己分析の目的とやり方を解説します。

自己分析の目的とやり方

「自己分析」の目的を理解しておきましょう。目的は次の4つに集約できます。

  • 目的1:自分が何に「興味」があるのか「興味」の手がかりを得る
  • 目的2:自分の「感性」「価値観」をおさえておく
  • 目的3:自分が適応できるものは何で、どうしても適応できないものは何かをはっきり「決める」
  • 目的4:自分の「長所」「短所」を分析して自分を見つめなおし、今後の就活に活かす
特に目的3はあなたの職業選択にとって重要です。目的別にどういうアプローチをすべきなのかを解説します。

Step 1:自分が何に「興味」があるのか、「興味」の手がかりを得るアプローチ

「何に興味がありますか?」と質問すると、答えられない学生も多いのです。普通に答えると「ゲーム」「ファッション」「 動画」「映画」「お笑い」「スポーツ」などの答えが返ってきます。短絡的に自分がその関係の職業に「つきたい」となりますか?そうならないから困るのです。

少しアプローチを変えてみましょう。

  • 質問1:いままで、あなたが最も多くの時間を割いて取り組んだことは?
  • 質問2:何の予定もない日に、休むこと・寝ること以外にしたいと思うことは?
この究極の2問と真剣に向き合って答えを書き出してください。

質問1の答えの出し方:

ひとつを書き出すのではなく、思うままに単語や文章を紙やポストイットにできるだけ多く書き出していってください。書き出したら同じ傾向の言葉を線で結ぶ、ポストイットなら近しい言葉をまとめていきます。

質問2の答えの出し方も質問の1と同じです。

Step 2:自分の「感性」「価値観」を知るアプローチ

それぞれの質問の答えがざっくりと、いくつかのグループにまとまったので、各グループを適切に表現する言葉でくくりましょう。

たとえば質問1でゲームというグルーピングの下に、今まで費やしてきた時間の多さと興味に比例したタイトルが書きだされているとします。

Step 2では質問1と質問2の答えに対してどうして自分それに興味が湧いたのか」「どうしてそれをしたいと思うのか」その理由を分析して記述します。

このStepによって、自分の「感性」や「価値観」の傾向がみえてきます。たとえば何の予定もない時に「友達に電話して誘ってみる」、と出ればその理由を言葉にすることによって自分の価値観、たとえば「楽しいことをみんなで分かち合いたい」などを再認識することができるのです。

Step 3:自分が適応できるもの、できないものを決めるアプローチ

ここまでできたら、仕事に関連する場面をできる限り想像します。その想像は、こうありたい、こうなったらうれしい、こういうところで自分を表現してみたいというポジティブなこと、これは耐えられない、これは絶対にいや、これは勘弁して、と思うネガティブことをランダムにできる限り具体的にあげていきましょう。そして今までと同じようにグルーピングしておきましょう。

一例をあげると、絶対に絶えられない事に「家族の予定があるのに休日に得意先との接待ゴルフに行く羽目になる」ということを想像された方は、「自分は仕事より家庭を大切にしたい」という価値観が反映されています。

その価値観はステップ2で抽出した価値観と矛盾があるか、ないかを分析して、絶対に譲れないものは何かを「決めておく」ことです。いやだけど「耐えられる」「場合によってはOK」ということと仕分けをしておきましょう。

ポジティブ面で、具体的な職業のイメージまで浮かべられた人は、その状況を言葉にして記述しておきましょう。たとえば「海外で自社のWEBサービスを英語でプレゼンして採用される」という具体的なイメージが出てくれば、それは自分自身の深層に、どこかでつながっている大事な発見ですStep 1の興味とStrep 2の価値観との関連を考えノートに残しておきましょう。深く考え、できるだけ多くのイメージを文字にしていって下さい。

Step 4:自分の長所と短所を把握するアプローチ

次は長所と短所の分析です

ポストイットを用意してください。1枚1枚に、思いつくままに自分の性格を示すキーワードをどんどん出していってください。

「短気」「我慢強い」「すぐ、いらいらする」などのワードでもいいし「一人で作業するのがすき」「友達が多い」「サークルでみんなといる時が一番好き」などの短文でもなんでもかまいません。思いつくことがなくなるまで書きなぐる感じでよいです。

それができたら近しいものをグルーピングしていきます。そしていくつかのグループができたらそれを俯瞰してみて、各グループのワードや文章の数・量を把握します。

次に、割と関連があると思われるグループを近くに置き、括る、もしくは結んでいきます。たとえば、「我慢強い」「粘れる」「すこし辛くても、最後まで頑張れる」系のワードの量が多い場合、それは長所として言葉にしておきましょう。短所も同じようにグループ化して言語化します。

最後にやるべきこと

ここまでできたら、いったん立ち止まって冷静に自分の性格とフィットしているかをチエックしましょう。

Step 3で明らかにした、職業において自分が適応できるものは何で、どうしても適応できないものは何かと、Step 4の長所と短所の相関をチエックします。ポジティブと長所、ネガティブと短所の相関を把握しておきましょう。

そして以上の4つのStepのノートやポストイットを保存するか、少なくともスマホで写真として記録しておいてください。自己PRの作成や面接対策などで頻繁に振り返ることになります。

ここまでで簡易的な自己分析は終了です。マニュアルにあるような時系列の年表や、共通するキーワードの発見、やりがいの詳細なリスト化、ランク付けは膨大な時間がかかります。

またどうしても「就活のためにする、内定を得る目的に最適化した」自己分析になりがちです。それに膨大な時間を使う前に、このフレームワークを使って「ホントは自分ってどんな人」を正直に把握してから次のステップにすすみましょう。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。