就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接、徹底解説!志望動機に関する質問への答え方

志望動機に関する答えに説得力をつける方法とは?

面接の質問としては、最も重要なのが志望動機を問う質問です。選考での最重要ファクターは学生の全人格的「人柄」ですが、人柄は様々な質問に対する応答を総合的に判断するものです。

「志望動機」に関する質問は、まさにその業界、その企業、その職種、つまり就職そのものに関する直截的な質問になるため、個別の質問としては最重要質問になります。

この質問に対して、説得力のある答えができるか否かは、選考結果に直結しますので徹底的に解説します。

志望動機に関する質問には、「志望動機を答えてください」とざっくり質問される場合と、業界・業種、会社、職種と個別に問われる場合があります。

どんな場合でも、あなたの志望動機に説得力をつけて、面接官の印象に残す方法を身に付けていきましょう。

質問の意図:「あなたの志望動機を答えてください」

 

面接官が「あなたの志望動機を答えてください」とざっくり問う意図は、ほとんどの場合「業界志望動機と会社志望動機」を知りたいという意図です。

もちろん面接の流れによって判断するべきですが、志望動機に関連する質問のはじまりが、この質問の場合、あなたは業界(業種)志望動機と会社志望動機を答えるべきです。以下の個別解説を参照してください。

職種志望動機は、その後の質疑の中で答えるようにしましょう。理系やデザインなどの専門領域を志望する学生以外は、職種は採用決定段階に重視されるため、面接の初期~中期の段階では参考程度の扱いになるからです。それに反し、業界・業種への深い理解があるかどうか、企業への十分な志望動機があるかは、初期段階からどの面接官も重視するポイントです。

質問の意図:「この業界(業種)を志望する理由は何ですか?」

このように業界・業種に対する志望動機を、個別に聞く質問も頻出します。この質問の意図は以下の4つに集約できます。

  1. 深くこの業界・業種に対する研究をしているかをチェックしたい
  2. その結果が、あなたの価値観、経験や能力・資格と結びついているかを知りたい
  3. この業界・業種を志望する動機と熱意はどのレベルかを把握したい
  4. この業界・業種で何をしたいと考えているのか、ビジョンや展望を知りたい
回答のポイントを順に解説します。

回答のポイント:「この業界(業種)を志望する理由は何ですか?」

Point 1: 業界・業種研究、エントリーシートを振り返ろう

業界・業種の研究の記録を広げて、自分がこの業界・業種に一番興味を持った点を言葉にしましょう。そこに深い業界への理解を滲ませましょう。「なんとなく」「イメージが良い」「恰好がよい」「人気がある」なでの浮ついたものは全てNGです。エントリーシートに記述している場合は、その内容をフォローすることが基本です。ただし、その後更に業界・業種への知識や理解が深まった場合はそれを加えましょう。

Point 2: 業界・業種を価値観や経験、能力と結びつける

業界・業種はあなたにとってどういう存在なのか、あなたの価値観や、あなたのしてきた経験、持っている能力や資格に結び付けて語りましょう。志望動機と深く結びつけて説得力を与えましょう。

Point 3: 業界・業種への熱意を表現しよう

Point 1と2の内容から十分な動機を表現しましょう。キーワードは「熱意」です。話す内容も重要ですが、どう話すかもとても重要です。せっかく素晴らしい内容なのに、フラットに話されると印象に残りません。ビジョンにも関係しますが「志望」なので「志(こころざし)」を表現しましょう。話し方や態度で熱意を伝えることはとても重要です。

Point 4: やりたいこと、ビジョン、展望を含める

熱意にも関連しますが、本当に志望したい業種であれば、その業界・業種でやりたいことが少なからずあるはずです。職種にも関わることですが、将来の目標としての自分の姿を語ってください。

質問の意図:「当社を志望する理由は何ですか?」

志望動機質問の中核が「会社志望動機」を問う質問です。同種の質問に「何故、同業他社の中で当社を選んだのですか?」という質問も頻出します。この質問の意図は以下の4つに集約できます。

  1. 深い業種・業界・企業研究を行った上で判断しているかをチェックしたい
  2. 業界の中で、どうしてこの会社を選んだのか、その理由に説得力があるかをチェックしたい(その会社の特徴・良さの把握・同業他社との比較)
  3. ああなたの人柄や強みと、志望動機が結びついているかをチェックしたい
  4. この会社でやりたいことは何か?ビジョンはあるのか、を知りたい
回答のポイントを順に解説します。

回答のポイント:「当社を志望する理由は何ですか?」

Point 1: 業界・業種・職種・企業研究を振り返る

 業界・業種研究、職種、企業研究を通じて、志望企業を選んだ理由を振り返りましょう。エントリーシートに記載された志望動機と、今の気持ちや考えが同じかどうかをチェックします。同じであれば口頭で熱意をこめて語れば良いのです。

その後の就活の過程で変化したもの、加えたいものがあれば積極的に取り入れてください。書いてあることを、なぞるだけでは魅力ある回答とは言えません。今現在の心境や考えを熱意を込めて表現しましょう。

Point 2: 志望企業の特徴・良さ、他社との違いを語ろう

「何故この会社なのか」は「この会社ならば、自分は何の貢献できるのか」「何故この会社を選んだのか」のポイントで答えましょう。「この会社ならば自分に○○をしてくれるから」という発想は止めましょう。浮ついた理由、幼稚な理由もNGです。

「就活の答え」では会社志望動機の使いまわしは不可とアドバイスしています。その会社の独自の志望動機になっていれば、今の気持ちに正直に熱い思いを語ってください。

同業他社との比較で質問された場合は特にですが、その会社の良さ、独自性(事業特性、企業理念、経営者など、あなたが一番魅力に思った差別化ポイント)と、あなたの就活の軸(会社選びで譲れないポイント)を強調して答えてください。

Point 3: あなたの人柄、強み、長所と志望動機を結んで答える

エントリーシートに記載している自己PRの内容が、既に志望動機とうまくリンクして表現できている場合はそれを口頭でフォローします。

結び付けていない、結びつきがイマイチの場合は、面接で挽回する良い機会です。「人柄や自分の強み・長所、経験や能力が志望企業の仕事にどう貢献できるのか」、「志望する職種への適性はどうか」を考えて、熱く語りましょう。

Point 4: その会社でやりたいこと、将来のビジョンで結ぼう

キャリアビジョンがしっかりできている学生はそれを応用して答えられるはずです。キャリアビジョンまで、しっかり出来ていない場合でも、本当に志望したい企業であれば、その企業でやりたいことが少なからずあるはずです。職種にも関わることですが、将来の目標としての自分の姿を語ってください。

「あなたの志望動機を答えてください」の回答例

回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作ってください。

私が総合商社を志望業種としたのは、考え方によって、何でもビジネスに展開できる自由度と世界を相手にできるダイナミズムに魅せられたからです。

 

商社の本質は「商い」であり「商い」を創り出すことと理解しています。人やモノ、サービスをどう結び付けて新しいビジネスを創造するのが、私が最もやりたいことです。

 

御社の場合、海外ネットワークは業界トップクラスであり、特にアジアの事業に注力されています。大学のゼミでアジア経済を専門に研究していたこともあり、特にインドの自動車産業に関しては実態調査も行ったことから御社への志望動機が膨らみました。

 

英語の実力はまだまだで、TOEICでは800点レベルですが、インドの調査も英語でこなすことができているので、何とかお役にたてるのではないかと考えています。

< h2 class="hh hh9 pastel-bc">志望動機を簡単に作れるツールを使おう

志望動機はじっくり練ることが大切ですが、いつでも十分な時間がとれるとは限りません。新たにエントリーを追加したり、締め切りが迫ってしまった場合は時間を優先することも必要です。

そんな時に役に立つツールが「志望動機ジェネレーター」です。

志望動機ジェネレーターを使えば、質問に答えていくだけでしっかりとしたロジックによる志望動機が完成します。できたドラフトを基に、更にブラシュアップを加えれば、難関企業に提出できるレベルの志望動機が完成します。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
コロナウイルスに負けるな!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

Athlete_agent_icon_fixed-e1589542385493.jpg 5
体育会系学生の就活をサポートする、専門就職エージェントとは?

体育会学生アスリートの悩みは、就活に充てられる時間が少ないこと。スポーツと就活を成功に導くために強力なサポートをしてくれる就職エージェントのサービスを、アスリートエージェントを例に詳しく解説します。

21年卒就活生必見!


内定ありますか?

あなたのプロフィールを見た企業からオファーが来る、もう一つの就活へ!

\\ 1分で完了。すべて無料 //

OfferBoxへの登録はこちら!