就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

就活の志望動機をまとめる6つのステップ

志望動機を作るステップ

すでに志望動機を何パターンか書き上げている学生はそれを更に熟成していってください。一回書き上げてもそれで終わりではないのです。

志望動機といっても、何を始めにやるべきかが分からない学生は以下のプロセスを参考にしてください。ただし最低限の自己分析と業界・業種研究がまだできていない学生がそれから取り組んでください。

自己PRの作成は志望動機と同時進行でも問題ありません。その二つは今後の就活プロセスにおいても相互に関連していくため、車の両輪と思って両方を調整して進めていく必要があります。

Step 1: 自己分析と業界・業種研究の結果・記録を用意

 自己分析と業界研究が済んでいれば、志望業種は最低3つの候補業種ができていると思います。業種選定過程において興味を持ったが、上位3つに入れなかった業種のリストとメモも残っていますよね。

さらに業種ごとの一応の順位付けが出来ていると思います。順位付けはプライオリティというよりは、比較のためにつけましょうと説明しました。できていなければ業種研究に戻ってまずそのステップを踏んでください。

Step 2: 業種志望動機のまとめ方

 

自己分析の結果、絞り込まれた3業種と、それ以外の候補業種のリストをノートに書き出してください。次に一番就職したいと思える業種と他の業種を比較して、次の質問に答えていってください。

  •            より仕事の意義を感じるのは何故なのか?
  •            より自分の興味を引いているのは何故なのか?
  •            より自分の価値観と合っているのは何故なのか?
  •            この業種の代表的な会社と、他の業種の会社の違いは何なのか?
  •            自分がこの業界に向いていると考える理由は?

これら5つの答えを記述していきます。その過程で対象企業のホームページ、比較企業のホームページを再度読み込み、書き出していくのです。

そうすることによって自分がこの業種・業界を志望する理由がはっきりとしてきます。上位業種から順番に行ってください。

 

Step 3: 会社志望動機のまとめ方

業種の志望理由付けができたら次は会社です。業界ごとに自分が最も働きたいと思える企業と、同業種他社を最低2社(合計3社)をリストアップしてください。

ここでも企業のホームページやOB・OG訪問で得た情報、感想、考えを基に以下ポイントを書き出し「比較」をしていってください。

以下の16の切り口を参考にしてください。この分析プロセスは「その企業でなければ」を見出すとても大切なポイントなので粘り強く取組みましょう。

  1. そもそもその企業は何のために存在しているのか?
  2. 企業理念は?
  3. 企業ビジョンは?
  4. 企業経営者は何を目指しているのか?
  5. 業績は?
  6. 事業分野は?
  7. 歴史は?
  8. 社風は?
  9. 強みは(弱みは)?
  10. 企業をとりまく外的な環境、市場状況は?
  11. 現在・将来的に力を入れている分野は?
  12. 独自性は?
  13. 社内・業界内の評判は?
  14. 給与は?
  15. 福利厚生は?
  16. 就活に使えそうなコネクション、自分との接点の有無は?
全部の企業の全項目が埋まらなくても良いです。自分が惹かれるポイントを書き出してマーカーしていってください。エクセルで縦列に項目、横列(行)に企業名の表を作って埋めていくイメージです。企業分析で作成した結果がほぼそのまま流用できます。

Step 4: 職種志望動機のまとめ方

次に企業ごとの組織と事業、そして部門を細かくチェックしていきます。第一志望の企業は時間をかけてできるだけ細かく見ていきましょう。

己分析の結果と照らして、自分に適合する職種・部門をリストアップしていきます。その際、なぜそう思ったのか」、理由をかならず明確にしてメモしてください。次に「自分の強みを活かせると思うのはなぜなのか」を考え必ず記録しましょう。

それを第二、第三希望の職種にもしていくのですが、第一志望で2-3職種に絞りこめたら、その職種を中心に第二、第三希望の会社をみていきます。差や特長がある場合はかならずそれをノートしていきましょう。

Step 5: キャリアビジョンのまとめ方

Step 3で職種まで絞り込めたら、その職種は他部門とどういう関係性にあるのか、部門の大きさ、新人が配属されるような部門なのか、など入社後のビジョンやキャリアパスイメージをつくる情報収集をしましょう。

情報収集はWEBサイトや先輩の1日などのリクルート用コンテンツ、OB・OG訪問、業界研究サイトや口コミ、掲示板サイトなどで行います。取りにくいと思われる情報でも努力すれば結構とれるものです。

一例をあげると企業の経営企画部や事業企画部門は、いきなり志望してもほとんどの場合新卒では配属されません。営業職、営業管理、生産管理、マーケティング部、などのパスが存在するケースがほとんどです。

経営企画は経理部門、営業職、調達部門などを経験した後につく職種であることが多く、調べもせずにいきなりその種の職種をキャリアパスの説明なしに志望すると「夢見る子ちゃん」「企業研究が甘い学生」とみなされてしまうリスクが高いので注意が必要です。

また企業によって同じ呼称の職種でも、やっていることが大きく違うケースも多いのです。できるかぎり個別の企業の正確な情報を仕入れましょう。

Step 6:入社後ビジョンのまとめ方

入社後のビジョンを、1年目(新人の)自分、3年目の自分、5年後、10年後の自分、20年後にはなにをしていたいかを、自己分析に従って書き出していきましょう。正確に記述できないのはあたりまえなのでこんなことをしてみたいというビジョンで良いので書き出しておきましょう。自己実現のイメージ、想像で構いません。言葉にしましょう。

以上6つのプロセスで、志望動機をまとめるパーツの準備はできました。後はどうまとめていくか、プレゼンするかを把握していきましょう。

志望動機を効率的に作る方法

志望動機は自己PRと並び、企業が選考で重視する最も重要なポイント。しっかり業界、企業研究を行い、自己分析とあわせて志望動機をかためていくことが基本ですが、志望意欲はなんとなくはあるが、それを言葉に出来ないことはよくあること。「なんとなく」を確かな言葉や文章にするのは、ノウハウが必要です。特に自分の思い入れが相対的に低い業界、企業はなおさらです。でも大切です。

就活サイト「キャリアパーク」の『志望動機作成マニュアル』なら、穴埋め形式で説得力がある、的確な志望動機が作れます。優良企業の選考に勝てるレベルの志望動機を効率よく作るには、とても便利なツールです。無料でダウンロードできるため、ノーリスクで試せます。

的確な志望動機を作って、限られた時間の中で悔いのない就活をしていきましょう。

→選考に勝てる、的確な志望動機を作成する(無料)

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。