就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

エントリーシート:会社志望動機を書くための4つのステップとは?【例文あり】

会社ごとの志望動機が必要

あなたが選考担当になって「御社は成長企業で業績もよく、業界のリーディングカンパニーとして社会貢献されているため志望しました」という志望動機を読んだらどう思いますか?

どこにでも当てはまるような志望動機を書いてくる学生は入社への熱意のある学生だと思うでしょうか?「志望動機使い回しの刑」でそのエントリーシートを葬りますよね。

会社志望動機」にはその会社固有の特長が表現されていなければなりません。簡単に言うと「その会社を選んだ理由」「好きになった理由」を明確に伝える必要があります。

「好きな理由」は消費者目線の「〇〇を子供のころから愛用していたので」とか、「〇〇のTVコマーシャルが好き」のような子供じみたものは通用しません。しっかりとした企業研究を行った上で、何故好きなのか、入社したいのかを説得しましょう。

会社志望動機の作り方

すでに業界・業種からはじまり、企業研究まできっちり行っている学生は、その記録を読み直したり、マーカーをつけたポイントを整理したりすることで情報収集レベルは大丈夫です。あとはその要素を、どう整理してまとめるかを考えましょう。

会社志望動機の4つのステップ

Step 1: なぜその会社を選んだかを掘り下げてみる

その会社の「何に一番共感したのか」をもう一度振り返ってみましょう。そこには自己分析で洗い出した自分の価値観や興味のエッセンスが入っているはずです。具体的には:

  • やりたい仕事がある・できる
  • やりがい・働き甲斐がある
  • 社風・社員・人間関係が良い
  • 業績・成長性
  • 技術力・商品力
  • 経営者・経営理念
  • 給与・福利厚生・ワークライフバランス
  • 社内制度・研修・資格

などの選択理由を抽出してノートしておきましょう。価値観・興味・自分の強みからくる魅力度と言い換えてもいいでしょう。

Step 2: 経営者の言葉や企業理念を見直してみる

会社研究でマーカーした「経営者の言葉」や、記録した「企業理念」の中で、自分の価値観や興味と共感するものはありましたか?あればそれをリスト化しましょう。

リスト化したら、最も共感度の高いものを選んで、その言葉の意味や背景をしっかり把握しておきましょう。そして何故自分がその言葉に共感したのかを言葉にして書き出しましょう。

Step 3: 具体的に会社志望動機(基本形)を書いてみる

何故この会社を選んだのか、会社選択理由が自分の価値観・興味・強みとの関連で整理できていますよね。また共感した企業理念や経営者の言葉、共感の理由もできていればその二つの要素で基本形の会社志望動機を書いてみましょう。

会社志望動機:基本形の例

私は経営学部経営学科を専攻して会社の組織、人事、会計など会社の経営管理の基礎分野を学んでいます。その知識を就職にも活かしたいと考え、企業の現状をリアルタイムで把握し、経営に活かすという御社のITソリューションに魅力を感じました。また「統合的業務管理システムを中堅・中小企業に対しても、クラウドサービスを通じて安価に提供していく」という新たな企業戦略に、限りない成長性と独自性を感じたのも大きな志望理由のひとつです。

Step 4: 基本形を基に発展させる

肉付けは記入フォーマットに従って考えます。たとえば「会社志望動機」と「職種志望動機」の二つを記載するフォーマットの場合はそれぞれを、許された文字数やスペースに従ってしっかり記述すれば良いのです。それぞれ無理やり補強して重複してしまうことは避けましょう。

企業のフォーマットによって「会社志望動機」のみを記述する場合は、文字数やスペースが許せば、上記に例示した基本形を以下のパターンを使って補強してみましょう。

職種希望や入社して取り組みたいことを追加して補強:

 応用例:法人営業職志望の場合

私は経営学部経営学科を専攻して会社の組織、人事、会計など会社経営管理の基礎分野を学んでいます。その知識を就職にも活かしたいと考え、企業の現状をリアルタイムで把握し、経営に活かすという御社のITソリューションに魅力を感じました。

また「統合的業務管理システムを中堅・中小企業に対してもクラウドサービスを通じて安価に提供していく」という新たな企業戦略に限りない成長性と独自性を感じたのも大きな志望理由のひとつです。お客様と会社の接点として、私の強みである自主性とコミュニケーション能力で、お客様の個別のニーズを聞き出すこと、また自主的に潜在ニーズを発見して提案に結びつける営業職を志望いたします。

一つの会社といっても部門によって事業やビジネスモデルがまったく違う総合商社や電機、メガバンクなどの場合は、自分が魅力を感じる分野・部門を研究して、志望理由を明確に表現してください。大企業の場合は事業部・部門が違うと全く違う会社のようなケースがほとんどなので、しっかりとした研究が必要です。自分の価値観・興味・強みと関連付けることは企業に対する志望動機と同じです。

経験を追加して補強:

応用例:

私は経営学部経営学科を専攻して会社の組織、人事、会計など会社経営管理の基礎分野を学んでいます。その背景を就職にも活かしたいと考え、企業の現状をリアルタイムで把握し、経営に活かすという御社のITソリューションに魅力を感じました。

「統合的業務管理システムを中堅・中小企業に対しても、クラウドサービスを通じて安価に提供していく」という新たな企業戦略に限りない成長性と、独自性を感じたのも大きな志望理由のひとつです。また先日○○営業の○○さんに仕事についてお話を聞く機会をいただきました。その際「質問の仕方や話を聞き出すことがうまいいね、気持ちよく話せたよ」とのお言葉をいただいたことも自信となりました。お客様と会社の接点として、私の強みである自主性とコミュニケーション能力を発揮し、お客様の潜在ニーズを発見して、個別の課題に応える提案ができる営業職を志望いたします。

スペースが許せば自分自身のリアルな体験談と、そこから学んだことを盛り込んで補強しましょう。

学生時代のアルバイト経験を追加して補強:

応用例:

学生時代、個別学習指導塾でアルバイトをしてきました。親の希望をヒヤリングし、また子供の学習レベルを分析して自分なりに教材と説明の仕方を工夫した結果、担当した子供全員の入試を成功させることができました。小さなことかもしれませんが親御さんから感謝され、仕事のやりがいや喜び感じることができました。お客様の個別のニーズを聞き出し、また自主的に改善点を発見して提案に結びつけることに自分の特徴を活かせると考え、御社の営業職を志望いたしました。
スペースと前後のつながりを調整して完成させましょう。

多くのマニュアルでは、入社後にしてみたい具体的な提案を加えて補強することを推奨していますが無駄なのでやめましょう。

学生の作ったエントリーシートに書けるレベルの提案は、学生が企業の実際のオペレーションを理解していないため実務者からみると荒唐無稽、提案のための提案、現実を理解していない学生の夢としか映りません。それを考えるために時間をかけるのであれば、会社や職種研究を徹底して行ってください。

最後にもう一度、「会社志望動機」は使い回せません。パターンは流用してもかならず志望企業の独自の情報を盛り込んでください。

志望動機を効率的に作る方法

志望動機は自己PRと並び、企業が選考で重視する最も重要なポイント。しっかり業界、企業研究を行い、自己分析とあわせて志望動機をかためていくことが基本ですが、志望意欲はなんとなくはあるが、それを言葉に出来ないことはよくあること。「なんとなく」を確かな言葉や文章にするのは、ノウハウが必要です。特に自分の思い入れが相対的に低い業界、企業はなおさらです。でも大切です。

就活サイト「キャリアパーク」の『志望動機作成マニュアル』なら、穴埋め形式で説得力がある、的確な志望動機が作れます。優良企業の選考に勝てるレベルの志望動機を効率よく作るには、とても便利なツールです。無料でダウンロードできるため、ノーリスクで試せます。

的確な志望動機を作って、限られた時間の中で悔いのない就活をしていきましょう。

→選考に勝てる、的確な志望動機を作成する(無料)

選考に強いエントリーシートを効率的に作る方法

大手人気企業内定者のESは就活を成功に導く、非常に優れた参考書、ガイドになります。

厳選した難関企業に内定者先輩のエントリーシートを手に入れて、設問の内容、傾向と内定に導いたESの答え方やアピールのレベルを早めに知っておくことは、その後の準備を効率よく、かつ効果的に進めることに役立ちます。

ES100選の中には、ANA/JAL/トヨタ/日産自動車/花王/電通/博報堂/三菱東京UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行/伊藤忠商事/三菱商事/ 三井物産/NTTデータ/JR東日本/JTB/HIS/リクルート/サントリー/日清/明治/森永製菓/IBM/ゴールドマン・サックス/ モルガン・スタンレー/BCG/NHK/東京海上日動/三井住友海上火災/野村證券…(他)の内定者ESを無料でダウンロードできます。

21年卒で就活を始めたばかりの方も、自己分析・企業研究を終えられた方も、実はもう、そんな自時間はありません。

就活の成功は、まず行動を起こすこと。

→今すぐ、人気企業100社の内定者ESをダウンロード

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。