就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接で「人柄・性格を一言で言ってください」にどう答える?

「あなたを一言で言うとどんな人ですか?」、「あなたの性格を一言で言ってください」の「一言質問」への答え方

「○○を一言で表現すると、何ですか?」という質問が好きな面接官は多く、特に人柄や性格に対するものは頻出質問のひとつです。

あなた自身の人柄や性格についての「一言」質問に即答できますか?一通り就活のワークシートをこなしている学生でも、準備をしていないと言葉に詰まってしまうものです。

この記事では「人柄・性格」の一言質問への対応方法を解説します。類似の質問に「あなたのキャッチフレーズを教えて下さい」があります。キャッチフレーズの付け方は別の機会で解説しますが、本質は同じことを聞いていますので、この記事も参考にしてください。

質問の意図:「あなたを一言で言うとどんな人ですか?」、「あなたの性格を一言で言ってください」

面接官がこの質問をする意図は、以下の3ポイントに集約できます。

  1. あなたが自分自身のことを深く理解し、一番象徴的な特長を簡潔に表現できるかをチェックしたい
  2. あなたがどのような人柄や性格で、それがビジネスに有効かどうか、一緒に働いていく上で適したものかどうかをチェックしたい
  3. エントリーシートの内容、面接の他の質問の応答内容や態度、印象と一貫性があるか、「素のあなた」と信じられるか

それぞれのポイントにアプローチして、適切に答える方法を解説していきます。

回答のポイント:「あなたを一言で言うとどんな人ですか?」、「あなたの性格を一言で言ってください」

Point 1: 自己分析から自己PRの記録、提出したエントリーシートを振り返ろう

面接官は手元資料としてあなたのエントリーシートや履歴書、データを参照します。そこにはあなたの特徴や自己PRの内容が記載されています。従ってその内容を集約して一言で表現するのが基本スタンスです。

「人柄や性格を一言で」と求められた場合は、自己PRで一番にあげたポイントを答えましょう。

一例ですが「一言で」と求めているため、チャレンジ精神を一番のPRポイントにしている学生は「チャレンジ精神が強い性格」という回答になります。

面接官との「間合い」によりますが、一言で言い切った後、面接官が「例えば、どういう点でチャレンジするのですか?」とフォローの質問をしてくれたら、あなたの主張の根拠になる「あなたがチャレンジ精神を発揮したエピソード」を簡潔に語りましょう。

基本的に自己PRで準備している内容を「強み・長所」にフォーカスして答えれば的確な答えになります。面接官がフォローしてくれない場合は、「チャレンジしたことは沢山あるのですが、一番大変だったのは、・・・・・」と自ら象徴的なエピソードを紹介してください。

Point 2: あなたの人柄・性格をビジネスの文脈で結んでみよう

就活の面接なので、あなたの仕事に対する考え方や、その企業や職種に対する熱意を織り込みましょう。例えば「御社の営業職を志望しておりますが、新規のお客様を開拓にもチャレンジ精神は活かせると考えております。」という流れになります。これも自己PRの応用で対応できます。

Point 3: すべてに一貫した「素のあなた」の印象を残す

 

面接官は1日に何人もの面接をこなします。また、選考の仕方として、「まず、誰を落とすか」を仕分けして、残した学生の中からもう一度「誰を残すか」を判断します。

個別の応答内容も重要なのですが、その積み上げと同じぐらい、もしくはそれ以上に重要なのは全体の印象、全人格的印象です。

全体の印象を強める、残すのに大切なのは一貫性です。一貫性がないものは「素のあなた」として信じられないのです。「チャレンジ精神が強い」と主張したあなたが、覇気がない受け答えをしていたら信じられませんよね。またエントリーシートの記載内容と、面接での主張が違っている場合も違和感が残ります。

キーワードは一貫性です。そして「どう答えるか」、答え方のトーンやマナーを一致させることです。面接の練習で磨いていきましょう。

Point 4: 自己分析ツールを活用して、自分のタイプを把握しよう

「自分の性格は?」と聞かれた時に上手く答えるには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解する必要があります。

そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。

36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。

My analyticsを活用して、自分を深く理解し、面接官を唸らせる回答を完成させましょう。

「あなたを一言で言うとどんな人ですか?」、「あなたの性格を一言で言ってください」の回答例

回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作ってください。

 チャレンジ精神が強い人(性格)です。

 

チャレンジ精神を発揮して達成したことは沢山あります。一番象徴的なのは(エントリーシートに表現したエピソードを語る)大学3年の時に自転車で東北の被災地を回るツアーを企画し、実現したことです。

 

困難なことに挑戦すると燃える性格は、御社の営業にも活かせると考えています。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。