就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

【例文あり】就活の面接で「10年後の自分」の質問に的確に答える方法

「10年後の自分は何をやっていると思いますか」、「10年後のあなたはどうなっていると思いますか」と聞かれたら、どう答えますか?

「10年後の自分が何をしているか、どうなっているか」を聞く質問は面接の定番と言っても良い頻出質問です。

就活を真面目に行っている学生なら、「プライベートなことを聞いているのではなく、仕事について答える質問」であることは直感で分かると思います。

しかし、その場の思い付きで答えると「後輩の指導をする立場」とか「会社を引っ張るように活躍したい」など抽象的で、誰にでも答えられるような印象に残らない答えになってしまいます。

面接官がこの質問を多用するにはそれなりの理由があります。まずこの質問の意図を理解することから始めましょう。

質問の意図:「10年後の自分は何をやっていると思いますか」、「10年後のあなたはどうなっていると思いますか」

面接官がこの質問をする意図は次の4点に集約できます。

  1. 企業研究を真剣に行った結果、この会社を志望しているのかを判断したい
  2. 目的意識を持つタイプか、流されるタイプなのかを見極めたい
  3. この会社で働く具体的なイメージができているかをチェックしたい
  4. キャリアビジョン、と現状の自社のキャリアパスのギャップを把握しておきたい
単に「後輩を指導する立場」に代表される、抽象的な答えが的確な答えではないことが分かると思います。この質問に的確に答える方法を解説していきます。

 

回答のポイント:「10年後の自分は何をやっていると思いますか」、「10年後のあなたはどうなっていると思いますか」

Point1:企業研究、OB/OG訪問で具体的なキャリア情報を仕入れよう

志望順位が低い企業の場合、学生は真剣にその企業の研究をしない傾向があるため、面接官は志望のレベル、熱意をこの質問によってチェックします。この質問に的確に答えるためには、企業のキャリア情報を集めて下さい。

企業の就活用WEBサイトや、就活情報サイトには、その企業の先輩が何を担当し、どんな仕事ぶりをしているのかを紹介されています。入社10年後であることから、30代前半の社員の情報を集めましょう。そして30台前半の社員はどんな活躍をしているのか、志望企業のキャリアパスのイメージを把握しましょう。

最も強力な情報源はOB/OG訪問です。職種を決めて、入社10年後だと、だいたいどういう立場で、どんなことをしているのかをまず聞いてください。

次に、入社からどんなプロセスでその立場になっていくのか、キャリアパスに関する質問をしましょう。その過程で大変なことや、その職種のやりがい、醍醐味も忘れずに質問して、記録しておくことです。

Point 2: 目的意識を強調しよう

Point 2はあなたのビジョンをもって話そうという意味です。入社10年後というのは、企業にとって「現場で最も働ける人材」です。一通りの教育を終わり、仕事の基礎も出来上がり、実務をバリバリこなして管理職への階段を上り始めるくらいの年回りなのです。

その企業で「自分は何をしたいか」、「将来の夢」、「ビジョン」から10年後の自分を想像してみましょう。

何をしたいかは会社志望動機のコアな部分なので、それを併せて語ることであなたは目的意識の高い人材であることをアピールできるのです。

Point 3: 3年後、5年後の自分のイメージをつくっておこう

入社3年後、5年後と区切り、それまでに何をしておきたいか、何を身につけたいかを語れるようにしておきましょう。

志望する職種に大きく関わる大切なポイントです。3年後、5年後、10年後という期間で自分が何をしていたいがが明確になっていれば、あなたは「真剣に入社を志望している熱意のある学生」と評価されます。

この種の質問はいつも10年後で設定される訳ではありません。10年後を聞いた後、掘り下げの質問で3年後、5年後と刻む場合もあります。

明確なイメージが出来ている学生=志望意欲の高い学生、抽象的なことしか語れない学生=あまり真剣ではなく志望順位が低い学生という評価になります。面接前に企業研究を必ず振り返って、キャリアイメージをつくっておきましょう。

Point 4: 現実的な事業計画にそったキャリアイメージを語ろう

この質問をすると「社長になって会社を引っ張る」「売上No 1を必ず達成します」などの宣言をする学生がいます。熱意を伝えたいのは分かるのですが、根拠を示せないために説得力が全くありません。キャリアイメージは根拠をつけられることを語りましょう。そのためにしっかりとした企業研究をしてください。

企業研究で近未来の事業内容が開示されている場合で、あなたがそれに携わりたいと強く思っている場合はそれをテーマに語る方法もあります。

例えば、2年後に東南アジアに進出、5年以内に中国市場進出という情報が開示されていて、あなたが海外志向の高い場合は、それを実現する為にあなたがやるべきことを説明しましょう。

「入社3年目までに国内店舗で基礎と店舗マネージメントを完璧にして、5年以内に実務英語と中国語を身につけます。そのために現在も英語のオンラインレッスンと中国語の基礎を学んでいます。」というように具体的に何をするか、何を準備しているかを答えましょう。

「10年後の自分は何をやっていると思いますか」、「10年後のあなたはどうなっていると思いますか」の回答例

10年後は御社のマーケティング部門でブランドマネージャーとして1ブランドを担当したいと考えています。

 

入社後はどのような立場でも、商品やブランドに携わりたいと考えています。流通のバイヤーを相手にする、営業の最前線もぜひ経験し、入社3年以内に社内の組織と顧客対応の基礎をすべて身につけ、一人前になりたいです。

 

その後は生産管理や物流の知識、マーケティングに必要な知識も蓄積して、5年をめどにマーケティング部門で活躍できるようなキャリアを積みます。

 

先日○○ブランドの、ブランドマネージャー○○様をOG訪問させていただきました。その際○○様の入社からブランドマネージャーになるまでの過程をうかがいました。

 

私も○○様のような経験をして、10年後にはブランドマネージャーとして独り立ちできるようになりたいと考えております。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。