就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接、比較質問「なぜ、同業他社ではなく、当社を志望するのか?」への答え方

「同業他社ではなく、当社を志望する理由」に的確に答える方法とは?

就活の面接で、会社志望動機を「同業他社との比較」で答えさせる場合があります。この聞き方をする面接官は多く、頻出質問の一つです。

会社志望動機を聞いていることは誰にでも分かるのですが、敢えて比較して答えさせるのにはそれなりの意図があります。

会社志望動機を答えるため、多くの学生にとって難易度は低い質問なのですが、丁寧に答えないと思わぬ落とし穴にはまります。質問の意図から確認していきましょう。

質問の意図:「なぜ、同業他社ではなく、当社を志望するのか?」

面接官がこの質問をする意図は次の3点に集約できます。

  1. あなたの志望意欲のレベルをチェックして、本気度を判断したい
  2. あなたの就活の軸(企業選択で譲れない基準)がこの会社に当てはまるかを確認したい
  3. 内定を出しても受諾しないミスマッチ、入社したら数年で辞めてしまうようなミスマッチを防ぎたい
順を追って質問の意図に的確に答える方法を解説していきます。

回答のポイント:「なぜ、同業他社ではなく、当社を志望するのか?」

Point 1: 企業研究を振り返って、その会社「ならでは」のポイントをチェックしよう

面接官は、「志望意欲の高い学生ほど当社の研究を良くしており、当社の良い所を知っているはず」という仮説をたてて面接します。

例えば、あなたの面接する企業がその業界の5位であったします。同じ業界内に面接企業より大きい企業が4社ある訳です。普通に考えると、あなたは上位会社の方が志望意欲・志望順位が高いという前提に立つでしょう。しかし、あなたは業界5位のこの企業を第一志望としてこの面接に臨んでいます。そこが面接官の一番気にするポイントなのです。

このような場合、「なぜ、同業他社ではなく、当社を志望するのか?」という質問をすると、本気度が低い学生は上手く答えられません。何故なら面接している企業の研究が浅く、その企業の独自性とあなたの価値観や判断基準がうまく説明できないからです。

あなたが満足のいく内定を獲得していない場合、目の前の企業を第一志望として面接に臨まない限り、面接の選考は通過できません。企業の独自性とあなたの興味・関心、あなたがその企業を「好き」と思える点を結び付けて答えましょう。

Point 2: 何故この企業を志望するのかを、同業他社との比較でまとめておこう

「この会社でやりたいこと」や「就活の軸(企業選択で譲れないポイント)」をもう一度振り返りましょう。

企業の独自性:

  • 企業理念・経営理念
  • 経営者
  • 事業内容・規模
  • 商品・サービス・技術・ノウハウ
  • 社風・社員
  • 他、あなたが重視した点、あなたがやりたいこと、企業の選択基準に合う点
 あなたの選択に最も影響した点を最低3つ選んで、他社との比較をして語れるようにしましょう。企業理念や経営者、社風や社員は独自のものなので語りやすい比較ではあります。しかし、企業理念や経営者のどんなところに、何故、あなたが強く共感したのかを語らないと説得力はありません

社風なら、あなたの価値観と社風との関係をちゃんと説明してください。「なんとなく」は禁句です。「明るい雰囲気」など、ふわっとした答えでは不十分です。

社員で答える場合は、インターンシップやOB/OG訪問で出会った○○部の○○さん、と名前をあげて、○○さんの何に共感したのか、憧れたのかを具体的に語ってください。

 

Point 3: 常に第一志望と思って面接に臨みましょう

ベテランの面接官なら、あなたの志望意欲・熱意を見抜きます。この質問はそのためにあるので、特に注意が必要です。

面接も中盤から後半にかけては、内定を出したら受諾する学生なのかを判断するために、この質問を使います。更に深いところまで掘り下げた質問をしてきます。それに備えるために最低3つは独自性のポイントを用意しておきましょう。

企業研究が不十分の場合、比較の質問にはなかなか上手く答えられません。あなたにとって志望順位が低い企業であっても、満足のいく内定をもらい就活を終了するまでは、目の前の企業は第一志望であることを再確認して面接に臨みましょう。

「なぜ、同業他社ではなく、当社を志望するのか?」の回答例

私が御社を志望するのは、御社の独自製品を開発する姿勢や力に魅力を感じるからです。

 

同じ業界の他社も色々研究し、実際にA社は選考中です。A社は売り上げ規模では御社より上ですが、私が御社を第一志望とするのは「世の中にないものを創る」というフロンティア精神と、実際にユニークな製品を世の中に送り届けているところです。

 

私は「新しいものを生み出して、あたらしい価値を創造するメーカー」を就活の軸にしています。その意味で同業種の中で、最も新しい分野の製品を世に出している御社を志望しております。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
コロナウイルスに負けるな!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

Athlete_agent_icon_fixed-e1589542385493.jpg 5
体育会系学生の就活をサポートする、専門就職エージェントとは?

体育会学生アスリートの悩みは、就活に充てられる時間が少ないこと。スポーツと就活を成功に導くために強力なサポートをしてくれる就職エージェントのサービスを、アスリートエージェントを例に詳しく解説します。

21年卒就活生必見!


内定ありますか?

あなたのプロフィールを見た企業からオファーが来る、もう一つの就活へ!

\\ 1分で完了。すべて無料 //

OfferBoxへの登録はこちら!