就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接で「自分らしさ」についての質問にどう答えれば良いのか?

「自分らしいと思うところはどこですか?」、「一番自分らしいと思うところを教えてください」と聞かれたら、どう答えますか?

就活の面接で、「自分らしさ」について質問されることが良くあります。あなたの「自分らしさ」を聞かれたらどう答えますか?答えが直ぐに浮かんできますか?

多くの学生はから「自分らしさ」を答える際、「長所」や「強み」との違いが分からず、どう答えてよいのか迷ってしまうという声をよく聞きます。「就活の面接なので、アピールポイントとして強みや長所を答えれば良いのでしょうか」などの相談や質問です。

長所や強みに関する質問が先にあり、そのあとで「自分らしさ」について尋ねられたら「性格」や「特性」について答えれば良いと分かりますが、まず先に「自分らしさ」を尋ねられると戸惑ってしまうのです。

「自分らしさ」自体、かなり広い概念であるので「長所」や「強み」をカバーしているとも言えます。

従って本来「性格」や「特性」に関する質問ですが、「長所」や「強み」を「自分らしさ」として答えても、間違えではありませんのであまり気にしなくても大丈夫です。

しかし、この質問の意図はあなたの「性格」や「価値観や行動特性」を答えたほうが、質問の意図に沿った答えになります。

的確な答えをするために質問の意図から解説していきます。

質問の意図:「自分らしいと思うところはどこですか?」

面接官がこの質問をする意味は以下の4点に集約できます。

  1. 質問の趣旨を理解し、自己分析に基づいて、しっかり「あなた自身」の良さを説明してほしい
  2. 答えの中から、あなたの価値観や行動特性などを知ることによりあなたの人柄・性格を判断したい
  3. 「自分らしさ」という抽象的な概念を、どう解釈して魅力的に語れるかのコミュニケーションのセンスや能力をチェックしたい

この3点をきっちり押えれば的確なこたえになります。回答のポイントを順に解説します。

回答のポイント:「自分らしいと思うところはどこですか?」

Point 1: 「自分らしさ」の中から就活の面接に最も適切な答えを決めておこう

「自分らしいと思うところはどこですか?」、あるいは「一番自分らしいと思うところを教えてください」と問われた場合、全く何も準備していないと直ぐに頭に答えが浮かばないものです。

反射的に答えられたとしても「明るいところ」です、「仲の良い友人が多いところです」、あるいは「地道な努力を継続できるところ」のような通り一遍の答えしかできず、あなたを強く印象に残すことができないのです。

また、「休日にだらだらしながら、NETFLIXでドラマを楽しむ時間が最も自分らしい時間だ」と思い、それが正直な気持ちであっても就活の面接での答えとしては適切ではありません。

同様に、「最近アニメにはまっていて、鬼滅の刃の映画を3回も見てしまいました」という類の答えは、「好きなものにはまり易く、熱中するタイプ」をアピールしたいかもしれませんが、答えとしてはNGです。

面接官からは「好きなものに熱中するのは当たり前」であり、「仕事との関係性が評価不能」というマイナス評価になります。もっと言うと、その答えだけで「そのような答えしかできない学生」とみなされ、選考から外されることもあるのです。

その企業が求める人材像を把握し、それにつながるような自分の特性、性格がないかをまずチェックしましょう。

もちろん、全く適合しないものを無理やり合わせたり、嘘をついたりするのはやめましょう。あくまでも自分の性格や特性、それが活かされた経験・事実が企業の求める人材像と繋げる文脈で考えることです。

あまり難しく考えすぎる必要はありません。

まず、素直に「あなたという人間を、人に伝えるときに一番象徴的に伝える際、一番あなたらしい行動は何か」という問いを設定して、思いついた端から書き出していくことから始めてみて下さい。

そして、ランダムに書きだしたもののなかから、共通点を探してみましょう。見つからなければ、一番あなたらしいと思える行動を選んで、その行動の理由を「何故→何故→何故」と掘り下げていくと、うっすらとでも、人にはない「あなたらしさ」の本質、人間性や行動原理が見えてきます。

Point 2: 「あなたらしさ」を具体的なイメージとして伝えよう

「あなたらしさ」を短く答えるだけでは、面接官は具体的なイメージを持つことはできません。

面接全体の質疑を通じて、明らかに伝わるものがあればまだ救われますが、それがないと「ただ答えただけ」、「言葉だけ」で終わってしまい、あなたの良さを印象に残せません。

「あなたらしさ」を抽象的なワードではなく、それを具体的に捕捉する説明を加えて下さい。

  • 悪い例:厳しい状況になると、負けん気が湧くことです。
  • 良い例:厳しい状況になっても、集中できること、そしてひりひりした緊張感が好きなところです。

悪い例、良い例両方とも「あなたらしさ」が現れる具体例をきく掘り下げ質問がありますが、良い例の方が「らしさ」が伝わるのは明らかです。

Point 3: 「あなたらしさ」が象徴的に表れた具体的事実を語れるようにしておこう

「あなたらしさ」が何かに対してポジティブな結果に結びついた事実を語れるように準備しておきましょう。

Point 1・2で、どんなに良いことを伝えたとしても、それを裏付ける具体的な事実やエピソードがないと面接官の腑に落ちないものです。

Point 4: 「あなたらしさ」が仕事に活きるとすれば、どんな状況なのかを考えてみよう

「あなたらしさ」が仕事の文脈の中で活かせるとすれば、どんな時、どんな場面、どんな状況なのかを考えておきましょう。

このポイント3・4は、はじめから答えるのではなく、面接官とのやり取り、会話の中で自然に答えられれば良いのです。

「自分らしいと思うところはどこですか?」、「一番自分らしいと思うところを教えてください」の回答例

回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

厳しい状況になっても、集中できること、そしてひりひりした緊張感が好きなところです。

幼いころから継続してテニスをしてきたため、試合の緊張感が好きになりました。相手が強く、自分が不利な状況で集中力を高める訓練をしてきたため、不利な状況でも気持ちを強く持つことを常に心がけています。

 

社会に出たら、自分の思い通りにならないことの連続だと考えています。

 

不利な状況でも常に状況を打開できるかを冷静に考え、最後まで気持ちを強く持ってやり遂げるような人間になりたいと考えています。

この質問に対する回答の要諦は「あなたがどんな人なのか」を面接官に分かってもらうこと、印象付けて「好意を持ってもらうこと」です。

答える内容はすごくなくても良いのです。「すごいこと」を探さずに、素のあなたを好きになってもらうこと(その会社向きの人材かもしれない、と思ってもらうこと)に注力していきましょう。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

自己分析ツールを活用して、あなたの適職を発見しよう

就職先を決める時に一番重要なのは、その仕事が「自分に向いているかどうか」です。自分に向いている仕事を見極めるには、自己分析が欠かせません。

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「Analyze U+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録して損はありません。

手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な22年卒・23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明なの22年卒・23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。