就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

就活の面接、「第一志望ですか?」の質問への答え方

志望順位に関する質問に正直に答えて良いのか?

就活の面接で聞かれる志望順位の質問。「当社は第一志望ですか?」とダイレクトに質問される場合と、「当社の志望順位は?」とやや婉曲的に聞かれる場合があります。必ず聞かれると言っても良い頻出質問です。

この質問への回答に、事前に準備することは特にありませんが、志望順位の質問に対する心の準備をしておくことと、「どう答えれば適切な答えになるか」、答え方を知っておく必要があります。

就活に直結する質問をいきなり受けた場合、準備が出来ていないと口籠ってしまいがちです。学生にとって、「正直に答えていいのか、嘘をつくべきなのか」の葛藤があるためです。

シンプルな質問ですが、頻出するのはそれだけ重要な質問なのです。多くの学生が悩ましいと感じる、志望順位の質問にスマートに対応する方法を解説します。

質問の意図:「(当社は)第一志望ですか?」

志望順位を確かめる質問は以下の2点に集約できます。

  1. 志望会社への熱意を志望順位で自己評価させてみることで、面接官の評価が正当かどうかの判断の裏付けにしたい
  2. 最終的に内定を出した場合に、入社してくれるかの判断材料にしい
両方とも重要な目的になります。シンプルですが大事なことなので順に解説していきます。

回答のポイント:「当社は第一志望ですか?」「当社の志望順位を教えて下さい」

Point 1: 面接を受けるという意味をもう一度認識してみよう

面接で志望順位を聞かれる迄、あなたはどんな答えをしていましたか?通常の場合、熱くその企業への志望動機や、いかに自分がその企業に向いているかを必死にアピールしていましたよね。

あなたがすでに志望順位の高い企業から内定を獲得していて、面接を受けている企業があなたにとって、志望順位が明らかにに低いという特殊な場合を除けば、あなたは面前の企業から内定を獲得したいと考え、全力で応答しているはずです。

あなたは常に他の学生と相対評価されていることを忘れないでください。内定を獲得できるまでは、「今面接している企業があなたの第一志望である」と伝わらない限り内定を獲得できません。

面接の初期段階では「第一志望群です」という答え方で、その理由も正当性があり、且つ、面接官があなたにポテンシャルを感じれば選考を通過できる場合もあるでしょう。しかしあなたのポテンシャルを判断するのは、あなたではなく企業側です。「群」という曖昧性をあなた自ら付ける必要は全くありません。企業側も、初期段階であれば言わなくても分かります。シンプルに「第一志望です」と答えましょう。

第一志望である理由を、あなたの就活の軸(企業選択の譲れない基準)と併せて答えて下さい。それが第一志望の理由に正当性を与えることになります。もしあなたが「第二志望、第三志望」という答えをした場合、いくらポテンシャルがあっても面接は通過できません。

企業はあなたのために面接をしてくれているのではありません。企業のために行っているのです。それまでの面接で、面接官があなたに良い評価をしていた場合、良い評価の肩を押すのがこの質問をする意味なのです。

あなたにとって、面接が常に最終面接であるということをもう一度認識しましょう。この面接を通過できなければ、次はありません。嘘をつく、正直に答えるという概念は捨てて、あなたの面接で必死に主張してきたことに一貫した姿勢を保てば良いだけです。

就活で大事なのは一貫性です。そのことに集中してください。

Point 2: 選考が進み最終面接に近づくにつれ、意思をはっきり伝えよう

企業側もよりクオリティの高い学生を採用枠まで確保することに必死です。面接はゲームではなくビジネスです。面接の選考段階が中盤から最終までの段階では、「あなたに内定を出したら、あなたは入社してくれるか」が採用・不採用を決めるの大きなファクターになります。

クオリティの高い学生ほど既に他社から内定をもらっている、もしくは、他社も同じようなタイミングで内定を出すであろうという前提であなたを判断します。

従って、あなた自身から「はい。この会社が第一志望です」という、はっきりとした言質を取りにいきます。

あなた自身にはっきり答えさせることによって保険をかけたいのです。「内定を出したら他に行くなよ、第一志望って言ってきたよね」という保険です。

あなたが他社から納得できる内定を獲得できていない状態の場合は、常に「第一志望です」と躊躇せずに答えてください。

もしも既にあなたが他社から内定を得ていて、面前の会社ではなくその会社に入りたいと明確に思っていれば、あなたはこの面接を受けていないはずです。

よりよい選択肢がないかをまだ模索中で、面接を受けている会社が選択肢の一つであれば、常に「第一志望です」と明確に即答してください。その理由もあわせてアピールすることを忘れないでください。

正直に気持ちを伝えるのは有りか、無しか

面接も終盤に入り、あなたが面接している企業が本当は第一志望ではなく、本当の第一志望の企業が最終面接を受けることが確定している場合は「正直に申し上げますと、御社と同様に選考が最終段階にある企業があり御社とその企業が第一志望です」という答え方はあります。しかしこの答え方は面接官によって評価が分かれます。

誠実さが伝わり好感を持つ面接官も多いのは事実です。面接官にとっては「内定を出しても蹴る可能性のある学生」をこの段階で知ることができるので、好都合という実利もあります。逆に「志望度」にクエッションを付け、評価しない面接官もいるためリスクがあると考えて下さい。

面接を受けている企業があなたを「どうしても確保したいポテンシャルを持った人材」と評価している場合で、あなたにも確信に近い自信がある場合や、他にはるかに志望順位が高い複数の企業が最終選考段階にある場合は、「正直、第一志望群の企業が最終選考段階にあり、もし両社からご内定を頂いた場合は悩みに悩みぬくことになると思います」という答え方もありです。

従って、この質問に対する「どちらが正解」というものはありません。面接は相対的な評価なので誰にも、どんな場合でもあてはまる解はありません。通常の場合は、こちらが売り手、企業側が買い手になるため、もし迷ったら「御社が第一志望です」と答えましょう。

「当社は第一志望ですか?」「当社の志望順位を教えて下さい」の回答例

回答例はこの内容の回答をしましょうという趣旨ではありません。自分自身の志望動機から志望動機の核になる部分を切り取り根拠を表現してください。

御社が第一志望です。

 

エネルギー政策のゼミに参加しているため、エネルギー業界の中でも日本全体のインフラを支える事業に就きたいと考えております。地域ごとではなく、石油エネルギーを全国に供給する使命を担いたいのです。

 

国内マーケットで基礎を培ったあと、輸入関連業務で世界を相手にビジネスをすることが私のビジョンです。そのために英語学習はかかさず継続しております。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

Tabimushya_201507201255431153.jpg2
就活の不安に即効!今、就活生の間で話題の「旅武者」を企業視点で徹底解説

このままの自分では就活が不安、と考えている大学生の間で注目の、海外武者修行インターンシップ「旅武者」を企業の採用者視点で徹底解説!自分を見直し、爆速で成長したい、納得のいく就活をしたい人は必見です。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。