就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【状況別トーク集】これで安心!内定、内々定の電話連絡への対応

内定・内々定の電話連絡を受ける心の準備

最終面接に合格すると、企業の人事担当から内定、内々定の連絡を受けることになります。電話かメールでの連絡が一般的です。両方とも企業側の都合で連絡があるため、心の準備をしておく必要があります。

特に電話の場合は、その電話で内定承諾、入社の意思確認をしてくる場合も多いのです。あなたが本当に入りたい企業の場合は、素直にお礼を告げて、必要なことをしっかり聞き、メモをとれば良いだけですが、内定を留保したい(待ってもらいたい)、辞退したい、または即答するレベルまで気持ちが固まっていなくて迷っている場合は注意が必要です。

企業側の人事担当者は、当然あなたは内定、内々定を承諾するものと考えて連絡しています。あなたも最終面接まで、「第一志望です。ぜひ入社したいです」と主張してきたはずです。

その企業より、志望順位の高い企業の選考が進んでいる場合、その電話にどう答えて良いのかは悩むところです。

あなたの状態別に、電話の対応方法をまとめましたので活用してください。

基本的な対応方針

最終面接が終わったら、スマートフォン・携帯電話には受電できるようにしておいてください。

充電はもちろん、出にくい状況でもマナーモード+バイブレーションの設定をしておくことです。

新卒で就職する企業を決めることは、あなたにとって重い決断です。あくまであなた自身の意思で決めるべきですが、リスクを減らすために以下の基本方針を参考にしてください。

  • 連絡してきた企業が第一志望の場合即刻口頭で承諾しお礼を述べ、その日にお礼メールを出す
  • 連絡してきた企業が第一志望群で、他に選考が進んでいない場合即刻口頭で承諾しお礼を述べ、その日にお礼メールを出す
  • 連絡してきた企業も入りたい企業ではあるが、他にもっと志望順位の高い企業の選考が進んでいる場合即刻口頭で承諾しお礼を述べ、その日にお礼メールを出す
  • 連絡してきた企業の志望順位が低く、決断できない。内定は保持していないが他の企業の選考が進んでおり、その結果を待ちたい内定承諾を待ってもらえるか交渉。全く待ってもらえなければ承諾の返事をする
  • 他の企業から内定をもらっていて、どちらにするか考えたい状況を説明して、内定承諾をいつまで待ってもらえるかを交渉
  • 他の企業から内定をもらっていて、むしろその企業に行きたい状況を説明して丁重に、誠実に内定を辞退する

内定を受諾して、お礼を述べる電話対応

企業の人事担当も忙しいため、お礼と確認事項を簡潔に確認しましょう。

「ありがとうございます。ぜひ御社のご期待に沿えるよう、精一杯努力したします。よろしくお願いいたします」
今後のスケジュールや手順が先方から特に説明がない場合:
「今後に必要な手続きとスケジュールを教えていただけますか」
要件を必ずメモして不安な点は再確認して、再度お礼を述べて電話を切りましょう。
「大変お世話になりました。ありがとうございました」

内定の承諾を待ってもらうよう交渉する電話対応

他の企業で選考が進んでいる場合:

他の企業から既に内定が出ていて、どちらかを判断したい場合:

「ご連絡ありがとうございます。本来であればこの電話で承諾の意思を申し上げるべきですが、御社と同時に選考が進んでいる会社がございまして、現在その連絡を待っている状態です。つきましては○月○日まで返事を待っていただけないでしょうか?」

少しだけ時間が欲しい場合:

「ご連絡ありがとうございます。就職先の決定に関しては、親に報告してから返事をする約束になっておりまして、大変申し訳ありませんが親と話しをしてから、こちらからご連絡申し上げます。○月○日までには話せますので、その日にご連絡するということでよろしいでしょうか」
  •  待ってくれる場合は、○月○日の具体的な連絡方法を確認して、丁重にお礼を述べ電話を切りましょう
  • こちらの都合までは待ってくれない場合は、いつまでなら待ってくれるのかを聞いて交渉してみましょう。ある程度譲歩してもらえれば、具体的な連絡方法を確認して、丁重にお礼を述べ電話を切りましょう
  • 待ってくれない場合は、内定を受諾して、お礼を述べ電話を切りましょう。それ以降、内定辞退をしても入社予定日から2週間を切っていなければ法的に問題ありません。内定を持っていなければ、無内定になるリスクを避けられます。内定を持っている場合は、3日ぐらいじっくり検討して、選び、どちらかの内定を辞退することになります
  • 安易に「ありがとうございます」「よろしくお願いします」とお礼を言うと内定承諾と受け取られる場合がありますので、「ご連絡いただきありがとうございます」にしておきましょう

内定辞退を告げる電話対応

既にその会社より、志望順位が高い会社の内定、内々定を持っている場合で、あきらかにそちらに入社したいと判断する場合は丁重に内定辞退の意思を告げましょう。

企業側も多くの時間とコストをかけて、せっかくあなたに内定を出してくれたということを忘れないでください。あなたが、最早その企業に興味がなくなってしまっていても、不遜な態度をとってはいけません。誠実に対応しましょう。

辞退する理由は必ず質問されます。まず「辞退したい」という結論を初めに述べて、辞退する理由も簡潔に説明しましょう。そして最後は丁重なお詫びの気持ちを述べて電話を切りましょう

「内定(内々定)のご連絡をいただきありがとうございます。内定をいただきながら誠に心苦しく、申し訳ありませんが、内定を辞退させていただきます。」
内定辞退の理由を述べる:

人事担当にもプライドや、せっかく内定を出してあげたという心象があります。それを出来るだけ害さないように丁重に断りましょう。ライバル会社から内定をもらっていても、それをそのまま理由にしなくても良いのです。

心象を害さない伝え方:

最終面接の結果を待っている間に、別の業界の会社から内定をもらい、最後まで悩んだ結果すでに内定承諾の連絡をしております。(別の業界を理由にする)
最終面接の結果を待っている間に、○○職での内定を先にいただいた会社があり、悩みましたが○○職の方が私の適性を活かせるという結論に達しました。最後まで悩み身勝手とは存じますがお許しください。(別の職種と適性を理由とする)
最後にお詫びとお礼をして電話を切りましょう:
今回の選考に関しまして、貴重なお時間をいただき、また私を評価していただいたにも拘らず辞退する結果になってしまい、大変ご迷惑をおかけしました。ご連絡をいただき、このような連絡となり申し訳ありません。ありがとうございました。失礼いたします。

内定、内々定の通知連絡の際、電話で意思確認の対応を求められた場合の準備をして、良い結果を待ちましょう。

自分は内定先で活躍できるタイプなのか、適性を診断してみよう

選考を突破するには、ビジネスマナーを把握するだけでなく、自分の強みを本番で上手くアピールしなければなりません。また、内定を承諾、あるいは辞退する前に、もう一度自分とのマッチングを確認するのがベター。

そのためには自己分析をして、あなた自身の強み・弱みを正確に把握しておく必要があります。でも、そんな時間がとれない人も多いはず。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみま翔。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を有利に進めましょう。

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。