就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

内定お礼メールの書き方【テンプレート付き】

内定・内々定に際してのお礼メール

内定・内々定を通知する連絡をもらった際、内定を承諾する意思を告げる、内定お礼メールを作成して送りましょう。

電話での連絡があり、承諾の意思を口頭で伝えてある場合でも、その日の内、遅くとも24時間以内にお礼のメールを送りましょう。メールだけの連絡の場合も同様です。 

お礼メールを送る理由

 電話での連絡があった場合:

内定・内々定の通知は非常に重要な連絡です。

あたなにとってはもちろんですが、企業にとってもそれは同じです。ビジネスで重要な連絡をする場合は、口頭で連絡した場合でも必ず文章で残すのがセオリーです。メールは送受信履歴のデータが残るために、記録を残すという意味でも非常に便利です。

あえて電話で連絡する企業が多いのは、確実に直接「内定通知・内々定通知」を学生に伝えられることと、その場で意思確認ができることです。学生のためにいち早く連絡し、採用を確実にしたいという意図もあります。

あなたは口頭で内定承諾の意思表示をしたとしても、それは録音でもしていない限り記録には残りません。

従って、あなたは確実に内定を承諾したという記録を残す意味で、お礼メールの送信が必要なのです。

メールのみの連絡があった場合:

メールのみの連絡の場合は、お礼メールがまさに内定承諾の第一報となります。まさにフォーマルなビジネスメールです。メールを受け取ったまま、何もしないと、いくら次のステップが指示されていたとしても、あなたの承諾の意思がその時まで企業側に伝わらないことになります。

指定された期日までにちゃんと意思表示をすれば良く、お礼メールを送らなくても内定・内々定を取り消されることはありません。しかしビジネスマナーとして、承諾するのであれば、お礼メールを送っていち早くあなたの意思を伝えるべきです。

お礼メールが返ってくると、人事担当も安心します。メールが正確にあなたに届いたという確認にもなります。手間も殆どかからないため、お礼メールは必ず出すようにしましょう。

 お礼メールを書く場合の注意点

 誤字脱字は厳禁

フォーマルなメールです。誤字脱字は絶対にないようにしましょう。特にセクション名、相手の氏名は絶対に間違えないようにしてください。メールを書き終えたら、送信メールアドレスも含め、送信前に必ず校正して送りましょう。

当日中、遅くとも24時間以内に送ろう

基本は連絡を受けたその日中にお礼メールを送りましょう。どんなに遅くとも24時間以内に送信してください。尚、土日や深夜に送るのは止めましょう。ビジネスアワー(9時―5時)の間に届くように送って下さい。

就活生の1/4が利用する【キャリアパーク】の無料ツール、ベスト5

  キャリアパークに登録すれば、就活を効率化できる 11のツールが利用できる!  
 
 jikobunseki_Sq.jpg 1
36の質問に答えるだけで、あなたの強みや適職を診断。My analyticsで、サクッと自己分析

就活は、あなたを企業に売り込む場。だから自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。自己分析ツールの「My analytics」なら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を把握できます

shiboudouki_Sq.jpg 2
説得力があり、的確で、選考に強い志望動機の基礎ができる「志望動機ジェネレーター」

志望動機を作成する際、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用しよう。簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機の基本版が完成します

 shyushokuryoku_Sq.jpg 3
20の質問に答えるだけ。あなたの就活力を6分野の能力別スコアで判定する「就活力診断」

あなたの『就活力偏差値』知りたくありませんか?自分のポジションを客観的に知って、就活をマネージしていくことが、就活を効率よく進める第一歩。簡単な質問に答えるだけで、無料で診断ができます

jikoPR_Sq.jpg4
シートを穴埋めして、説得力のある自己PRの基本形が完成!「自己PRジェネレーター」

就活の難題が「自己PR」。自己紹介はできても、自己PRが上手くできるか、不安はありませんか?でも大丈夫。「自己PRジェネレーター」なら、シートを穴埋めしていくだけで、説得力のある自己PRの基本形を作成できます

 ES_icon.jpg 5
誰もが知っている大企業内定者のエントリーシートが100種類、即閲覧可能になる「ES100選」

厳選した難関企業に内定した先輩のエントリーシートを入手できます。設問の内容、傾向と内定に導いた答え方やアピールのレベルを早めに理解することが、その後の就活を効率よく、かつ効果的に進めることに繋がります


お礼メールは簡潔で、必要十分な内容で良い

以下の要素を入れて書きます(テンプレート参照)

  • 件名
  • 宛先になる相手の所属名称と氏名
  • 挨拶
  • 自分の大学と氏名
  • 内定のお礼
  • 抱負
  • 挨拶
  • 【署名欄】自分の氏名、所属、住所、電話番号、メールアドレス

内定お礼メールのテンプレート

以下のテンプレートを参考に、自分の言葉でアダプテーションして作成してみて下さい。

【件名】 採用内定のお礼

○○○ 株式会社

○○部○○課

○○ ○○ 様

 

お世話になっております。

○○大学○○学部○○学科の○○○○○(氏名)と申します。

本日貴社より内定の通知をいただき、

誠にありがとうございました。

 

貴社に入社して貢献できるよう、入社の日まで

これまで以上に努力してまいります。

 

まずは略儀ながらメールにてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

【署名】

○○大学○○学部○○学科

氏名

住所:東京都○○区・・・・・

電話番号:○○○―○○○○―○○○○

メールアドレス:abcde@fghijk.lmn

お礼メールは長々と書く必要はありません。自分の気持ちを伝えることは大事ですが、上記のように簡潔にまとめましょう。余計なことを書くと誤解を与えるリスクがあります。

自分はどんな企業で活躍できるタイプなのか、自己分析の本格ツールで自分の適性を客観的に診断しよう


就活も本番に入ると、選考結果が次々と出てきます。結果が順調で内定を獲得できた人でも、その会社や仕事は、本当に自分に向いている仕事なのか、気になりませんか?

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、就活準備を始めた人、選考結果に納得がいっていない人や、更に就活を継続してより良い選択をしたい人も登録して損はありません。

本格的なツールで客観的に自己分析を見直し、本当の適職をみつけましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率97%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

 irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
【23年卒】首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。