就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

インターンシップの参加で、就活が有利になりますか?

インターンシップの意味

インターンシップに参加した方が就活に有利になりますか?という質問をよく受けます。内定に直結するか、といういう意味では絶対に「有利」とは言えませんが、「活用できるインターンシップは積極的にトライしましょうと答えています。企業側が何故インターンシップを行っているのか、その理由をおさえておきましょう。

企業側のメリット:

  • 早い段階で就活生を見極め、優秀な学生をできるだけ囲い込みたい
  • 就職後、採用した学生と企業とのミスマッチを防ぎたい
企業はこの二つの理由で手間のかかるインターンシップを行っています。

学生側のメリット:

  • 短期間でも実際の企業の中で働くという疑似体験ができるため、「自分にあっている企業なのか、否か」を体験的に「感じる」ことができる
  • その企業で働く先輩とコネクションができる
  • 自分の良さをアピールできる「可能性」がある
  • 早い段階で就活の準備を開始できる
  • 本選考時にインターンシップでの経験をアピールできる(ライバル企業、他業種でも説得力を増すことが可能)

このように学生にとってメリットは多いのです。

デメリットとしては、参加した学生が、社会人としての基本ができているか、採用に値するポテンシャルがあるかを事前にチェックされため、できていない場合は選考に不利に働きます。

インターンシップは短期間であることがほとんどです。もしあなたが採用担当だとしたら、その短期間に参加した学生が「出社の遅刻ばかり」や「集合時間に遅れる」「言葉使いや振る舞いが汚い、非常識」であったらどう思いますか?時間の無駄なので、早い段階で選考から落としますよね。

企業は慈善事業でインターンシップを行っているわけではありません。お金と手間をかけて、ひたすら自分たちのビジネスにプラスになる人材を選別するために行っているのです。

したがって「ちょっとチェックしたい」という軽い気持ちでの参加は慎みましょう。かえって就活リスクを高めます。一部企業を除き、参加しないと「不利」になるという訳ではありませんので、自信と時間がなければ、その時間を業界研究にあてれば良いのです。

インターンシップにも選考がある

インターシップの実施比率は、リクルート就活未来研究所のデータによれば調査企業1101社の平均で64.9%でした。従業員5,000人以上の企業では88.8%と企業規模が大きくなるほどその実施比率は高くなる傾向にあります。

それだけ多くの志望者の中から、できるだけ早く、効率よく優秀な学生を集めて、選考に繋げる機会ととらえているのですね。ライバル企業が実施している場合は、競争上実施するという側面もあります。

また就活の早期化も進んでいます。2019年卒、2020年卒と年々企業が内定を出すタイミングを早めてきています。2020年卒の就活では、選考の解禁日としている6月1日より1ヵ月前の5月1日の段階で、内定獲得率は51%に達しています。また、2020年卒採用について4月末までに内定出しを開始すると回答した企業が 43.1%。これは前年同月と比べて9.7ポイント増加しているのです。(リクルートキャリアのデータ。2019年5月時点)企業は出来るだけ早いタイミングで優秀な人材とコンタクトを持ち、本選考に繋げていち早く内定を出して囲い込む競争をしているのです。そのため、年々インターンシップが重視され、(実質的な)本選考のように扱う企業が増えているのです。

企業側が受け入れられるインターンシップの参加可能人数は限られているため、希望すれば誰でもできるというものではありません。

人気のある企業、そうでもない企業にかかわらず、インターンシップ選考があるのが普通です。選考は書類審査と面接によって行われます。「就活の答え」では、解禁前や就活初期に書類の出来、不出来のレベルを把握でき、リアルな面接を体験できるという意味でも、インターンシップの積極活用をお勧めしています。

インターンシップ選考では何が重要か?

 企業側が必ずチェックするのは「志望動機が明確で、的確か、強いか、弱いか」そして「自己PR(能力含む)」です。二つとも今後の就活プロセスにおいて、常に問われる重要なポイントです。

インターンシップ選考への準備をすることは、この二つの課題に取り組むことになるため、早い段階で就活のスタートが切れるのです。

面接では「なぜ当社のインターンシップに参加したいと思ったか?」をほぼ100%聞かれますその際、何故自分がその企業に興味を持ったのかを答えなければなりません。答えるためには、すでに業種、会社研究、自己分析をしている必要がありますよね。初期段階でこの質問に答えられるあなたは、就活生としては合格点をあげられます。

インターンシップの内容

 

インターンシップの内容、参加期間、やり方は企業によって大きくことなりますので、調べたり、OB・OGに取材したり、できるだけ事前に内容を把握してください

自分が想像していたものと異なったものだと、かえって志望意欲を弱める負の効果を生む可能性もあるので注意しましょう。

企業によってはインターンシップの名のもとに大教室でのレクチャー、会社説明会のような内容で終わる場合もあります。外資系企業など、インターンシップを重視している企業は、課題を設定しグループディスカッションやグループワークをさせて、学生の能力やパフォーマンスを真剣にチェックするという場合もあります。そのレベルは様々です。

参加期間も1日で終わってしまう座学型から、1ヶ月に及ぶ本格的なものまでバラバラです。下記が主なパターンとなります。

  • 企業見学型:企業の各部門、工場など実際に働く現場を見学して回る
  • 体験・参加型:セミナーや見学、グループワークなど複数のプログラムをこなす
  • リアル実践型:特定の部門のアシスタント業務を実際におこなったり、実際のプログラムを組んだり、リアルビジネスのアシストを体験する
  • グループワーク・研修型:選考段階後期に行われるグループディスカッション、グループワークを早い段階で実施、学生のポテンシャルをチェックする選考型
  • 専門・特化型:技術系の職種などで実際の現場、研究所や工場での雰囲気を体験する
  • セミナー・座学型:多人数の参加者に対して社員が講演や研修を行う、会社説明会のバージョンアップ型

スポンサーリンク:


こんなインターンシップには注意

 

ごく稀なケースですがインターンシップを安い労働力代わりに悪用する企業もありますので注意してください。悪評がある場合は検索や口コミ、掲示板サイトを参考に、貴重な時間を奪われないよう注意しましょう。

「悪用」とまではいきませんが、6ヵ月にも及ぶ長い期間を強いて、学生を選別して洗脳(言い過ぎかもしれませんが)して、他を受けさせない気持ちにして囲い込むケースもあります。同じく検索や口コミ、掲示板サイト、就活生通しての情報交換をして見極めしょう。

ベンチャータイプのインターンシップ

 優秀な学生を集めて、リアルなビジネス体験を訓練も兼ねて行い、優秀な学生をベンチャー企業に紹介するコンサルティング企業もあります。

自分は大企業には向かない、早く自分のビジネスを立ち上げたいと考えている起業志向が高い学生は検討してみましょう。密度は濃いので、特に起業を目指していない方でも得られるものは大きいです。企画系の仕事に就いてみたいと考えている方には特におすすめです。

インターンシップは企業の社風を実際に体感できる得難い機会です。積極的にトライしましょう。そこでの体験やリアルな社員との出会い、自分なりに発見したその企業の良いところは、志望動機に活用できる武器にもなります。就活は経験値が命です。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。