就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

サマーインターンシップ活用は内定への近道

サマーインターンシップを検討してみよう

大学3年生、大学院1年生で翌年の就活を予定している学生は、翌々年の春には卒業して社会に出ていく方が大半だと思います。

そんな2021年卒の就活生の皆さんの中には、サマーインターンシップに参加を予定している方もいるでしょう。サマーインターンシップは8月に行われることが多く、その募集はだいたい5月くらいから始まります。

インターンシップにも選考があるため、既に参加を申し込まれた皆さんは、選考に向けて情報収集や準備をされているかと思います。

3年生の5月でサマーインターンに注目していると皆さんは、就活に対して非常に意識が高い学生と言えます。中には1-2年生で参加を検討している方もいて、最近ではサマーインターンシップへの関心が高まってきています。

サマーインターンシップとは?

サマーインターンシップの内容は企業によって全く違うので、個別に募集要項をみていく必要があります。

1日だけのセミナー形式のものや、2-3日でワークショップ形式の課題に取り組むパターン、工場見学や現役社員との交流やセッションを含むもの、または2週間から1ヵ月に及び、実務のサポート業務を担当する、ビジネス型の場合など、企業の考え方によって様々です。

基本的には無の場合がほとんどですが、実務をサポートする場合は、交通費や日当を出す企業もあります。

学生の皆さんにとっては、8月は夏休みのため、エンジョイしたり、アルバイトでお金を稼いだりと、色々と計画があるでしょう。

しかしサマーインターンを経験しておくことは、その後の就活に色んなメリットがあるのです。本番の就活並みに負担が掛かるものから、募集要項を正確に守って記入すれば参加できるような、ほとんど手間が掛からないもで色々あります。興味本位で構いませんので、どんなことが行われているのかを、知ることから始めましょう。

大手ナビサイトからのサマーインターンシップは6月から応募受付が始まっていきますので、まだ就活を意識していない方も、まず「どんな内容なのか」を調べて、前向きに参加を検討してみてください。

1日だけの開催の場合は、参加自体はそれほど負担になりません。倍率が高い企業も多いので、でできるだけ多くエントリーしてみてください。

サマーインターンシップを積極的に行っている企業

サマーインターンシップに力を入れている企業は様々です。その中でも、特に力を入れている企業として、優秀な学生をいち早く見極めて、囲い込む目的の、大手外資系企業、コンサルティングファーム、IT系・ネット系企業、総合商社、大手広告代理店などを挙げておきます。

その他、大手メーカーやマスコミ、官公庁も積極的に行っていますので、情報収集を早めに行ってください。大手外資系企業、就活人気の高い企業やコンサルティングファームのインターンシップは、本格的な内容のものが多く、選考も本当の就活と同じような厳しさで行われます。つまり、準備に時間が必要なのです。

情報収集をして、自分なりに消化することは就活の基本です。スピード感が重要なので、それに慣れる意味でもサマーインターンシップに参加することは、とても大きな意味を持つのです。

業界や特定の企業に興味をもっている学生ならば、「ライバル学生のレベルを、早い段階で把握できる」という意味においてもマーインターンシップは有効なのです。

サマーインターンシップの選考方法

選考内容も各社様々ですが、SPIや玉手箱などのWEBテスト、エントリーシートの書類審査、面接(集団及び個人)、企業によっては本格的なグループディスカッションの選考まで行う企業もあります。

難易度が高い、コンサルティングファームや外銀の場合は、本番と同様のクオリティが要求されると覚悟しておきましょう。先輩、OB,OGに経験者がいればぜひ体験を聞いてみることです。

どんな選考が行われるのかの情報をとって、何とか間に合うと思える学生はチャレンジしてみてください。選考に落ちても準備したことは決して無駄にはなりません。

難易度の高い選考なので、落ちるのがあたりまえです。そのことより、早くから就活のスタートが切れたことが重要なのです。

選考の難易度は、企業によって本当に差があるため、インターンシップ専門のWEB情報サイトや、登録サイトで確かめて、準備をしていってください。

インターンシップが何故内定への近道になるのか

経団連や文部科学省は、インターンシップと選考は明確に分けなさいという方針を示しています。

しかしながら、以前からそれに縛られない外資系企業を中心に、インターンシップ参加を選考の条件としている企業があるのです。

日本企業でもIT・ネット系企業やメガベンチャーと呼ばれる企業はその方針に縛られずにインターンシップと選考を結び付けてきたのです。とにかく参加してみたいと思う学生は、興味がある企業のWebサイトや採用サイトを頻繁にチェックしたり、インターンシップを専門で紹介している就活サービス企業や逆求人型スカウトサービスを行っている会社に登録をしておきましょう。

昨今の売り手市場と呼ばれる就活では、早い段階から優秀な学生をいかに確保して、選考に参加させて、内定→入社という軌道に乗せるかの競争が一段と激しくなっています。

一方学生の方は、「就活で長い時間苦しみたくない、なるべく効率的に、待遇や条件の良い、自分が納得できる企業から内定が欲しい」というニーズが益々高まっています。

この両面から、サマーインターンシップという早い段階で、「お互いに知り合っておこう。優秀なら内定を前提にコンタクトをしていきたい」というニーズが合致しているのです。

学生は、早い段階から就活への意識付けができることから、たとえ選考に落ちても疑似的な就活体験をすることになるのです。これがその後のスタートダッシュに役立つのです。

【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう

ウィズコロナの就活はイベントの自粛などもあり、思うように動けず、不安を感じている就活生も多いのではないでしょうか?
そこで「就活力診断」で自分の実力をチェックし、すぐに動き出せるよう準備しておきましょう。

就活力診断を使えば、24の質問に答えるだけで、内定を勝ち取る実力があるかグラフで見える化してくれます。

この診断ツールを使って、あなたの弱点を克服し、就活を成功させましょう。

▶︎就活力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。