就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の時事問題に対する3つの大切なポイントとは?

ビジネスパーソンとして、今世の中に起きていることに対して敏感であることは基本中の基本です。

なぜなら企業は「今の世の中」に必要なものやサービスを通じて利益をあげているからです。

今の世の中をどう捉えて、他社より競争力のあるものやサービスを提供できるかが勝負なのです。企業の中で、どんな立場にあろうともそれに鈍感であってはならないのです。就職後、長い仕事人生において勝ち残っていくためにはとても重要な意識です。

今の内からその癖をつけておきましょう。

時事問題にとりくむ3つのポイント

 時事問題と一口に言っても「あまりに広すぎてどこから手を付けるべきか分からない」という声をよく聞きます。一般企業向けの就活に、まず手をつけるべき3つのポインを解説しますので参考にしてください。  

  • 現在の日本経済が抱えるマクロな課題
  • 新しいサービスやテクノロジー
  • 志望する業界のニュース・志望業界の企業ニュース

現在の日本経済が抱えるマクロな課題

まず社会問題や日本の特殊性、問題をおさえておきましょう。たとえば「少子高齢化社会」、「人口減少社会」、「日本の成長戦略」「日本の消費」、「コロナ禍での経済政策」、「地球温暖化」などがマクロ視点での問題になります。

何が問題であり、課題なのかを把握して自分なりの考えを持てるようにしておきましょう。

あまり難しく考えずに自分の興味のもてるトピックや、ネット上のコンテンツの検索からでも良いのではじめましょう。志望する業界にどういう影響があるのかの視点を常に持ち、メモでも良いのでまとめておきましょう。

面接でいきなり「少子高齢化社会の問題についてどう思いますか?」と聞かれ「思考停止」で全く答えられないという事態に陥らないように、大きなトレンドや問題へのアンテナは常にはっておいてください。

新しいサービスやテクノロジー:

次に意識しておくべきは、新しいサービスやテクノロジーに対する感度です。

たとえばIT系の企業を志望する学生が「クラウドサービスの可能性についてどう思うか?」という質問をされた場合「クラウドサービスってなんですか?」としか切り返せなかったら全く話になりませんよね。

さすがにそのレベルはあり得ないと思いますが、「IoTをどうと考えていますか?」ではどうでしょう。

どこまで必要かは業界ごとで差があり一概には言えませんが、志望企業のHPで使わせている新しい技術やサービスのワードは必ず理解しておきましょう。業界研究としても重要です。自分の言葉で自信を持って語れるレベルを目安に学習することです。

正確に理解していれば志望動機にさりげなく入れることで「この学生は意識が高い」というアピールにもなります

志望する業界のニュース・志望業界の企業ニュース:

更に自分の志望する業界に関連するニュース、話題、は押さえておきましょう。ポジティブなものからネガティブなものまで志望業界のトレンドや企業ニュースは必ず押さえておきましょう。

自動車メーカーを志望する学生が「電気自動車」や「自動運転」、「シェアサービス」に対する日本や世界のトレンドや最近のトピックを知らなければ話になりません。

トヨタを志望する就活生は、実験都市「Woven City(ウーブン・シティ)」について相当の知識を持っているべきなのです。

志望業界に対するニュースを追っていくことは業界への知識・理解が増えていくため、その業界へ就職したいという意欲が高まります。相乗効果を生みますのでぜひ取り組んでください。

企業や業界のWEBサイトのチエックは当然です。

業界によっては、業界新聞や業界雑誌を購入しなくても、WEB上で業界新聞・雑誌のコンテンツサマリーが無料で読める場合があります。まずそこから手をつけて、重要なトピックに関しては深く掘り下げていきましょう。

合計200問掲載のSPI問題集で対策をはじめよう

数ある筆記試験の代表格であるSPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。

そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

※このツールを利用する登録の際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

▶︎いますぐ無料ダウンロードする

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。