就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

Webテストの最有力「玉手箱」の傾向と対策

8割が落とされ、面接に進めないという現実

現在の就活で何故か軽視されがちなのが「適性検査」。特に能力テストです。

内定レベルのエントリーシートを作成する為に、自己分析に時間をかけ、業界・企業研究を行い、自己PRと志望動機を磨きあげることはどの就活本も、就活サイトもその内容を充実させていますが、「適性検査」、中でも「能力検査」の重要性を強調しているものは意外にも少数です。

しかし、一般的な就活プロセスでは、ESの選考に通っても適性検査にパスできなければその先(面接)にも進めません。

もちろん企業の人気度や適性検査をどのように位置づけているかによって差が出ますが、就活人気の高い企業は「適性検査(能力・性格)」を「足切り」のツールにしています。

もしあなたが「志望してみたいな」と思った企業の採用情報を検索してみて、Webテストやテストセンター試験を課している場合は早い段階から対策に手をつけておくことを強くお勧めします。

就活の能力検査は、リクルートキャリア社が提供しているSPIが有名ですが、SPIを採用していない企業も多いのです。

玉手箱を採用している企業は、メガバンク、生保、証券をはじめとした金融系、コンサル系、投資銀行、商社、メーカなど、著名で就活人気の高い企業が多いので注意が必要です。

過去の「玉手箱」採用企業実績*:

三井住友銀行、みずほフィナンシャルグループ、SMBC信託銀行、ソニー生命、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、アクセンチュア、ベイカレント・コンサルティング、日鉄物産、日立製作所、日産自動車、NTT西日本、KDDIアマゾンジャパン、TBS、三菱地所、他

*上記は過去の採用企業の一部の例です。今後の採用で使用されることを保証するものではないので、注意してください。

就活生の1/4が利用する【キャリアパーク】の無料ツール、ベスト5

  キャリアパークに登録すれば、就活を効率化できる 11のツールが利用できる!  
 
 jikobunseki_Sq.jpg 1
36の質問に答えるだけで、あなたの強みや適職を診断。My analyticsで、サクッと自己分析

就活は、あなたを企業に売り込む場。だから自己分析をして、自分の強みを理解しておく必要があります。自己分析ツールの「My analytics」なら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を把握できます

shiboudouki_Sq.jpg 2
説得力があり、的確で、選考に強い志望動機の基礎ができる「志望動機ジェネレーター」

志望動機を作成する際、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用しよう。簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機の基本版が完成します

 shyushokuryoku_Sq.jpg 3
20の質問に答えるだけ。あなたの就活力を6分野の能力別スコアで判定する「就活力診断」

あなたの『就活力偏差値』知りたくありませんか?自分のポジションを客観的に知って、就活をマネージしていくことが、就活を効率よく進める第一歩。簡単な質問に答えるだけで、無料で診断ができます

jikoPR_Sq.jpg4
シートを穴埋めして、説得力のある自己PRの基本形が完成!「自己PRジェネレーター」

就活の難題が「自己PR」。自己紹介はできても、自己PRが上手くできるか、不安はありませんか?でも大丈夫。「自己PRジェネレーター」なら、シートを穴埋めしていくだけで、説得力のある自己PRの基本形を作成できます

 ES_icon.jpg 5
誰もが知っている大企業内定者のエントリーシートが100種類、即閲覧可能になる「ES100選」

厳選した難関企業に内定した先輩のエントリーシートを入手できます。設問の内容、傾向と内定に導いた答え方やアピールのレベルを早めに理解することが、その後の就活を効率よく、かつ効果的に進めることに繋がります

Webテストの種類と対策

Webテストには自宅のPCで受ける自宅受験型と専用の会場に行って設置してあるPC端末で受験するテストセンター型の2つのタイプに分かれます。

最も多くの企業が使用しているのはリクルートキャリア社が行っているSPI3と呼ばれる試験ですが、適性試験はSPIだけではありません。

日本エス・エイチ・エル社が提供している玉手箱(自宅受験型)、C-GAB(Cギャブと呼ばれる玉手箱のテストセンター版)、Web-CAB(Webキャブ)と呼ばれるコンピュータ関連職用の試験や、ヒューマネージ社のTG-WEB、他CUBIC、TAP、SCOAなどの試験が存在します。

中でも日本エス・エイチ・エル社の玉手箱やC-GABは使用している企業も多いのです。

就活の準備も3年生の後半になり志望企業も固まっていれば、その企業の適性試験の内容をチェックして対策をするのは当然ですが、3年生の早い段階では自分の志望したい企業がはっきり決まっていないケースが殆どでしょう。

その為、早めにSPIや玉手箱等の問題(種類と傾向)を知って、その対策に手をつけておくことが重要なのです。現行のスケジュールではエントリー解禁の3月1日までには、適性試験の対策を終えておくことが必要です。

どのタイプの能力試験もそれぞれ特徴があるため、問題に慣れておかないと短期間ではクリアするのが難しいと考えておいてください。

自宅受験型の場合、インターネットで販売されているエクセル形式の回答集があれば大丈夫という声も聞きますが、不正防止のためにテストセンター方式を採用する企業が増えていますので、その場合は誤魔化しが効きません。

また自宅受験方式でのWebテストを回答集でクリアして、面接の数度の選考を勝ち抜いた絞られた学生に対して再度能力検査を行い、クロスチェックをする企業もあります。その場合いは不正はすぐに見抜かれてしまうでしょう。

SPIの場合は自宅受験型のウェブテスティングとテストセンター試験では内容が異なるため注意が必要です。

玉手箱とC-GABの内容はほぼ同じですが、計数問題に対して自宅では電卓が使用できるのに対し、テストセンターでは通常電卓は使用できないため暗算や筆算に慣れておく必要があります。

SPI対策と合わせて、自己分析も終わらせよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、SPI対策だけではなく自己分析をして、自分の強みを理解しておくことも重要です。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

玉手箱とC-GABの問題構成

玉手箱(自宅受験型)の問題は以下の構成になります。

科目名 問題数 制限時間 出題内容
計数理解

テスト

(電卓使用可)

四則逆算 50問 9分 を埋める方程式
図表の読み取り 29問 15分 表・グラフを読み取り数値を求め、解を選択
表の空欄の推測 20問 20分 表の中に1ヵ所の空欄があり、その数値を推測
言語理解

テスト

論理的読解

 

32問

(8長文 x 4問)

15分 長文に対する設問の論理的な正誤の判断
趣旨判定

 

32問

(8長文 x 4問)

10分 長文に対する設問の趣旨についての判断
趣旨把握 10問 12分 長文に対する設問の趣旨についての選択
英文理解

テスト

論理的読解

 

24問

(8長文 x 3問)

10分 長文に対する設問の論理的な正誤の判断
長文読解

 

24問

(8長文 x 3問)

10分 長文を読解して適切な答えを選択
性格テスト

 

本格版 68問 約20分 受験者の性格・傾向と企業、職種とのマッチング
簡易版 30問 なし
意欲テスト 本格版 36問 約15分 受験者の意欲と企業、職種とのマッチング
簡易版 質問文36か質問文24x2組のどちらか なし

*上記は標準タイプであり、設問数が多い場合もあります。

玉手箱の大きな特徴は2つあります。

    • SPIのように違ったタイプの問題が出るのではなく、同じ問題形式の問題が出続けること。たとえば計数問題の「空欄の推測」では空欄の数値を推測させる問題が20問出題されます。
    • 出題数が多く、制限時間も短いため、1問あたりにかけられる時間がとても少ない

したがって問題に慣れて、素早く解答を導くコツを習得しておかないと悲惨な結果になります。時間をかけてゆっくり解けてもあまり意味がありません。頭の回転の速さがとても重視されています。

C-GABの構成内容

科目名 問題数 制限時間 出題内容
性格テスト 68問 約20分 受験者の性格・傾向と企業、職種のマッチング
計数理解

テスト (電卓使用不可)

図表の読み取り 29問 15分 表・グラフを読み取り数値を求め、解を選択
言語理解

テスト

論理的読解

 

32問

(8長文 x 4問)

15分 長文に対する設問の論理的な正誤の判断
英語理解

テスト

長文読解

 

24問

(8長文 x 3問)

10分 長文を読解して適切な答えを選択

尚、C-GABの場合、性格テストは予約時に自宅のPCで行い、会場で行うのは能力テストのみとなります。計数問題は電卓は使えないので筆算になります。

玉手箱の見分け方

WEBテストの案内を受け取ったとき、以下のURLが含まれている場合は玉手箱である確率が高いです。

以下のURLが含まれている場合、玉手箱である確率が高くなります。

  • https://web1.e-exams.jp/
  • https://web2.e-exams.jp/
  •  https://web3.e-exams.jp/

 

特に注意が必要な計数問題

「就活の答え」では、特に文系の学生の皆さんが苦手なSPIの非言語問題のミニ問題集を掲載していますが、もう一つの大手である玉手箱・C-GABの計数問題にも早めに目を通しておくことをお勧めします。

問題集も数多く出版されていますので、是非購入して慣れておきましょう。玉手箱・C-GABの方がSPIと比較してビジネス使用に近い、より実践的な問題が出されます。

言語理解問題や英語理解はセンター試験のレベルをイメージしてもらえれば大丈夫です。しかしこちらもスピードが重視されるため、問題の数をこなしておくことをおすすめします。

ちなみに玉手箱の「四則逆算」という9分で50問を解く問題があります。

小学校の算数(四則計算・分数・少数)の知識と、一次方程式の基本的な知識があれば解けますが、問題の形式が独特で、且つ回答時間制限がきついので注意が必要です。以下に数問例題を挙げておきますので、問題なく素早く解けるかどうか手始めに5問だけトライしてみましょう!

玉手箱(自宅受験)四則逆算問題

以下5問は出題20問目から50問目までのレベルを抽出しています。問題の難易度は後半に進むにしたがって段々難しくなっていきます。一問10秒、合計50秒で解くことを基準にやってみましょう。ちなみに自宅テストなので電卓は使ってください。

画面のイメージは以下の様になります。

では例題5問です。に入る正しい数を5択の中から選ぶ問題です。ではスタート!

問題 1:

-8)×(29-21)=88

〇 16

〇 18

〇 12

〇 19

〇  8

問題 2:

216÷ × 6

には同じ数字が入る)

〇 10

〇 0.5

〇 9

〇 4

〇 6

問題 3:

+6÷(-6)=6

〇 6.5

〇 7

〇 7.6

〇 8.4

〇 9

問題 4:

0.7+  = 7/9 + 13/18

〇 0.8

〇 0.9

〇 1.1

〇 1.2

〇 1.4

問題 5:

19 ÷ 5  = (3/4 -) × 19

〇 0.35

〇 0.45

〇 0.55

〇 0.385

〇 0.625

いかがでしたか、5問50秒~1分以内で解けましたか?正解と解法は以下の通りです。

問題 1の解法と正解:

問題1の解法

問題 2の解法と正解:

問題2の解法

問題 3の解法と正解:

問題3の解法

問題 4の解法と正解:

問題4の解法

問題 5の解法と正解:

問題5の解法

自信がなければ早めに問題集に取り組むこと

いかがでしたか。解法を見てしまえば何のことはない計算問題なのですが、方程式がxでかかれていなくてのため、かえって混乱した方もいたのではと思います。

また方程式に分数や割算が入っている問題も、いきなり出されると戸惑うものです。この種の問題は一瞬混乱して「あれっ」と思ってしまうと時間制限もあるため焦ってしまい、軽いパニックを起こすことがあります。

冷静に考えて式の左右を入れ替えたり、移行したりできれば小学校レベルの知識で計算できる問題です。あとはスピードなので、問題数をこなしていくしかありません。

理系の学生は問題ないでしょうが、文系の学生で「あれっ」と思った方は早めに問題集を買って対策に着手しましょう。

電卓もメモリー機能を使うなど、計算を効率的に行いスピードを上げるテクニックがあります。日ごろメモリー機能を使っていない方は、覚えておくと便利です。スマートフォンの電卓機能ではなく、電卓を使用することをお勧めします。

この計算問題の後にヘビーな図表の読み取り問題や、表の空欄の推測問題が控えています。特に表の空欄の推測問題は結構難しいし、慣れておく必要があるでしょう。

見過ごされがちな「適性試験」、「能力試験」は採用試験です。そしてほとんどの企業が実施しています。これにパスしないと折角の準備が水の泡になってしまいます。心配な方はとにかく早めに問題集に取り組んでいきましょう。

お勧めの問題集はこちら!

能力検査は全く自信はない。でも自分の良さを認めて欲しいと思う人へ

就活は筆記試験(能力検査・適性検査)が通らないと面接もしてもらえないのが現実なのです。

もしSPIや玉手箱の問題をやってみたけど、自分には全く自信がないと思ったら、能力検査のない企業を選んで志望するという方法があります。しかし、選考の緩い企業は「もしかしたらブラック企業かも?」、「仕事がきつく離職率が高く、とにかく若い人材を集めているのでは?」と不安になってしまいますよね。

そんな時は、自分のプロフィールや自己PRを登録しておくだけで、企業側がそれを見て「この学生に会ってみたい」と思ったら、面接のオファーをくれるスカウト型就活サービスがあります。

自信がないと思ったら、即チェックをしてみましょう。以下のリンクで、代表的なサービスを詳しく説明をしています。

スカウトサービスで就活の不安をなくそう

合計200問掲載のSPI問題集で対策をはじめよう

数ある筆記試験の代表格であるSPIを対策するには、多くの問題を解くことが効果的です。

そこでおすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

▶︎いますぐ無料ダウンロードする

36の質問で、あなたの強み・適職を診断

就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・適職を診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。

My analyticsで自己分析する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率97%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

irodas_sq.jpg3
【23卒限定】日本最大の就活コミュニティ「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

Lognavi_icon_Sq.jpg5
オンライン就活+学生限定SNS機能で内定をゲット!就活アプリ【Lognavi】を試してみよう

現在の就活を制するには、オンラインや動画での自己PRが必須。就活アプリ【Lognavi】(ログナビ)なら、全国の就活生限定のSNSで繋がりながら、オンラインや動画でのノウハウ獲得と、アプリを通じた就活が簡単に行えます

SHARE