就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接で、転勤や勤務地に関する質問に上手に答える方法

面接で転勤や勤務地を聞かれたら、正直に答えて良いのか?

就活の面接で「勤務地に対する希望はありますか?」、「転勤は大丈夫ですか?」と質問される場合があります。

「勤務地の希望に関して、正直に答えて良いのか?」、「転勤はしたくない、と答えてはまずいと思うが、本当はどうなのでしょうか?」など、多くの学生にとって、答え方が気になる質問の一つです。特に親元から離れたことのない学生は、本音で言えば現住所からの通勤を希望するのではないでしょうか。

自分の意思表示をすれば良いだけなので、特別に何かを準備する必要はありません。しかし頻出の質問であるため、どう答えるべきかを知っておくべきでしょう。答え方によっては、内定の可否を決める重要な質問なのです。

面接官が勤務地や転勤に関して質問する意図から解説していきます。

自己分析をやり込み、面接に備えよう

採用面接では様々な角度の質問がされ、「あなた」が深堀りされます。上手く答えるには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解する必要があります。

そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。

36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・性格のタイプを診断できます。

My analyticsを活用して、自分を深く理解し、面接官を唸らせる回答を完成させましょう。

質問の意図:「勤務地に対する希望はありますか?」、「転勤は大丈夫ですか?」

面接官がこの質問をする意図は以下の3点に集約できます。

  1. あなたは仕事というものをどう考えているのかを、「勤務地」、「転勤」のフィルターを使ってチェックしたい
  2. 「勤務地」、「転勤」の可能性が大きい職場の場合、勤務地や転勤を理由に内定辞退をせず、無事に入社するかどうか、あなたの志望意志の強さを確認したい
  3. 入社後、勤務地や転勤を理由に、会社を辞めることがないことを担保しておきたい
それぞれのポイントに的確に答える方法を解説していきます。

回答のポイント:「勤務地に対する希望はありますか?」、「転勤は大丈夫ですか?」

Point 1: 自己分析と志望動機を振り返り、仕事についてもう一度考えてみよう

あなたが総合職を志望している場合、「あなたにとって仕事とは何か?」、「就職する意味は?」をもう一度振り返ってください。

その本質的な価値と、勤務地は関係ありますか?その勤務地でないと、あなたは仕事が出来ませんか?就職する意味はないですか?もう一度本質から考えれば自ずと答えが出ると思います。

あなたが研究職、専門職志望の場合は、自分の希望をキャリアビジョンと共に答えましょう。的確な答えをするためには、もう一度企業研究をチェックし、志望職種と勤務地の関係を整理しておいて下さい。

Point 2: 「勤務地」、「転勤」については前向きに答えよう

あなたが家庭の事情や個人的な理由で「勤務地」や「転勤の有無」を就活の軸(企業選びの譲れない基準)としている場合は、それを正直に答えましょう。

何故ならそれは、あなたにとって譲れないことだからです。しかし、その企業の選考に残れないことを覚悟してください。そして勤務地がほぼ限定される企業、転勤の可能性がほぼない企業の面接に注力してください。

面接官がこの質問をする意図は、「あなたの志望動機には、勤務地や転勤の有無に関しては書かれていないが、大丈夫ですよね。志望動機からみると、勤務地や転勤は気にしませんよね」という確認です。

エントリーシートや面接では、志望動機の強さや熱意が協調されています。あなたが総合職を志望している場合、企業が展開している場所ならどこにでも配属、移動、転勤の可能性があり、それを受け入れることを前提として面接しているのです。

この質問は、「あなたが主張してきた志望動機や熱意は、勤務地や転勤のフィルターを通しても変わりませんよね」という確認なのです。従ってそれを拒否した場合、ほとんどの場合は選考に残れません。「勤務地は問いません。採用いただければどこにでも参ります」と前向きに即答してください。

一般職の場合は勤務地や勤務地域の質問に対して、希望がある場合は正直に伝えて下さい。特に希望がない場合は「できれば、○○が希望です。それ以外でも対応します」と答えましょう。

Point 3:あなたを採用することが、ミスマッチではないことをアピールしよう

「ご両親と同居されているようですが、大丈夫ですか?」「たとえば、研修後、○○(勤務地)に配属ということでも対応できますが?」と、掘り下げの質問をしてくる場合があります。

念を押す意味の場合と、具体的な採用条件の意図で質問する場合があります。内定を出した後や、入社後のミスマッチを防ぐためです。

ここで、「何故あなたが勤務地に拘らないか」の前向きな理由を答えられれば、あなたの主張に説得力を増すことが出来ます。地方のお客様に接することが、自分のキャリアプランにどう良い影響を及ぼすか、あるいは工場勤務で商品製造の苦労を体験することの意味など、前向きに捉えて答えましょう。

「勤務地に対する希望はありますか?」、「転勤は大丈夫ですか?」の回答例

どの勤務地でも全く問題ありません。

 

勤務地にこだわりはありません。営業職を希望していますが、様々な地域のお客様のニーズに対応することは得難い経験になると考えます。

 

大学から親元を離れて暮らしており、見知らぬ土地での対応力も身についています。

 

もしくは、

 

新しい土地、新しい人々との出会いはいつも新鮮で、モチベーションになります。地方勤務の場合、親元を離れることになりますが、社会人として独り立ちする良いチャンスだと思っています。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。