就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【面接回答例あり】「あなたの特技・資格について教えて下さい」に的確な返し方

「特技・資格に関する質問」に答えるポイントを知ろう

「趣味」に続いて特技や資格に関する質問も頻出します。

伝統的に履歴書に記載項目に「特技・資格」欄があるので、趣味を聞いた後の流れで「特技・資格」を尋ねる面接官も多いのです。

学生はエントリーシートや履歴書に記載した内容を口頭でフォローするのが基本の考え方です。

就活本やマニュアルは特技・資格欄を空欄にするべきではないとアドバイスしているため、ほとんどの学生は何かを記載しているのではないでしょうか?

面接官が、記載されているのに敢えて質問する意図を解説していきます。

質問の意図:「あなたの特技・資格について教えて下さい」

面接官がこの質問をする意図は、以下の3ポイントに集約できます。

  1. 「特技」や「資格」となったきっかけ、動機を知ることであなたの価値観と人柄を把握する
  2. 「特技」となる過程、「資格」を取る過程において、あなたがどんな取り組み方をしたのか、努力をしたのか、どのくらい打ち込んだのかを具体的に知りたい
  3. 「特技」や「資格」の獲得・達成レベルと、「特技」や「資格」があなたの生き方にどんな影響をあたえているか、今後の仕事にプラスになるかをチェックしたい
それぞれのポイントにアプローチして、適切に答える方法を解説していきます。

回答のポイント:「あなたの特技・資格について教えて下さい」

 Point 1: 「特技」や「資格」の背景を通じてあなたの人柄を語ろう

 特技や資格の捉え方は人それぞれです。エントリーシートや履歴書にも様々なレベルの特技や資格が記載されています。レベルはバラバラです。

しかし、誰でも「何故、それを特技と書いたのか」「何故その資格を取ろうと思ったのか」という背景や動機があるはずです。特技として「英語」や「英会話」と書いた学生は、どうして英語や英会話に取り組もうと考えたのか、その背景やきっかけ、動機を語りましょう。

「200円で作れるおかずを100種類作れます」と書いた方は、その動機が必ずあるはずです。背景や動機を語ることで、あなたの考え方、人格をアピールしましょう。

Point 2: 特技になる過程、資格を取る過程で払った葛藤や努力、工夫を語ろう

 「特技」や「資格」と書けるレベルになるには、それ相当の努力があったはずです。はじめから上手く出来るような天才は一握りですし、天才と呼ばれる人でも人一倍努力はしているものです。

何をエントリーシートに書いたかのレベルの差こそあれ、あなたが払った努力や、どんな気持ちで取り組んだのかを感情を込めて語りましょう。熱意は伝わるものです。

「どうせ、たいした事ではない」と自分から冷めた語り口になるのはやめましょう。熱く語っていればユニークな学生、ユーモアがある返答と思ってもらえる可能性もあるのです。

Point 3: 特技・資格の獲得過程で学んだこと、成長したポイントを強調しよう。仕事にあてはめて考えてみよう

特技や資格のレベルが高い場合は素直にアピールしましょう。ただし、自慢話に聞こえないように注意しましょう。

一般的に特技や資格がそうでもないレベルの場合、それを自慢げに話されても、かえって白けてしまいます

重要なのは特技や資格を獲得する過程で学んだこと、成長できた点、今の生活にどのような影響を与えているかを語ることです。

就活の面接なので、その「特技」や「資格」が志望する企業や職種で役立つものであれば、積極的に「仕事に活かしたい」で結びましょう。仕事に関連性が薄いものは、無理やりこじつける必要はありません。

「あなたの特技は何ですか」の回答例

回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作ってください。

特技は中国語会話です。

 

まだ片言レベルですので特技とまでは言えないかもしれませんが、大学3年の夏休みに2週間、上海を一人旅してきました。一人でしたので、片言の中国語会話で切り抜けることができました。

 

第二外国語で中国語を選択し、ものすごいスピードで成長している中国に興味もあったため、自分の目で確かめたかったというのが動機です。

 

通学時に中国語会話のリスニングをしたり、NHKのTVとラジオの番組で学習したりして、お金をほとんどかけずに学んでいました。地道な努力で、止めようかと思う時もありましたが何とか継続して中国語検定3級までは合格しました。

 

まだビジネスに使えるレベルではないと自覚しており、現在も勉強は続けています。仕事においても中国に係わっていたいという意思が強く、中国市場に進出されている御社を知りエントリーしました。

自分の面接力が今すぐ分かる、面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。またこのツールを利用する際、就活をより効率化できる無料の就活サービスを同時登録することも忘れずに!

TOEIC対策の決定版なら
TOEICの点数をどうしても伸ばしたい!リクルートが開発した英語学習の新定番!2ヶ月でスコア250点UPの実績、スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

本選考直前!優良企業による大学限定オンライン合説&座談会「ミキワメ LIVE」開催

詳しくは以下の記事で!

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
24年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
就活が不安な24年・25年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な24年卒・25年卒の就活生は、スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファーの受信率は99%(23卒2022年6月時点、プロフィール入力率80%以上の場合)。ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

irodas_sq.jpg3
【24年卒】完全無料の就活スクール「irodasSALON(イロダスサロン)を活用しよう

irodasSALONは、就活に関する充実したアドバイスが受けられ、面接やGD/GWのセミナー、企業の選考参加へのオファーももらえる就活エージェントサービス。更に学生同士が交流できるコミュニティで、情報やノウハウの共有が可能です

Kimisuka_after_Sq.jpg4
落ちてしまった選考の結果を、スカウト獲得に活用できる心強いサービスがある

スカウトサービスの大手、【キミスカ】の特徴は、落ちてしまった選考の結果さえもスカウト獲得に利用できる点です。それまでの頑張りを評価してくれる、「本当のあなた」を認めてくれる企業からのオファーを獲得しよう

Lognavi_icon_Sq.jpg5
【Lognavi(ログナビ)】の適性テストを試して、納得できる就活の結果をゲットしよう

就活で気になるのが、「自分に合った企業は、どんなところだろう?」という疑問。就活アプリ【Lognavi(ログナビ)】の適性テストで、自分との相性が良い企業から、納得できる内定をゲットしよう!