就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接で、学生と社会人の違いについて的確に答える方法

学生と社会人の違いについて、どう答えますか?

この質問は就活の面接で頻出する質問の一つです。「学生と社会人の違いについて、どう思いますか?」「学生と社会人の違いは何だと思いますか?」という非常に漠然とした質問です。

このような、あなたの考えを聞く質問で、且つ、抽象的な聞き方を突然されると答え難いものです。自由に自分の考えを述べれば良いだけなのですが、日ごろ意識していない質問なので、稚拙な答えを返してしまう学生も多いのです。

どうして面接官はこの質問を多用するのでしょうか?質問の意図から解説していきますので、的確に回答できるように準備をしておきましょう。

質問の意図:「学生と社会人の違いについて、どう思いますか?」

面接官がこの質問をする意図は、次の3点に集約できます。

  1. あなたが社会人というものを、どう考えているかを知ることにより、学生から社会人になるという自覚ができているのかをチェックしたい
  2. あなが「就職する」、「働く」ということを、どうイメージして、自分事化できているかをあなたの答えから読み解きたい
  3. この会社の中で働きたいという意欲が伝わるかをチェックしたい
この質問はあなたの自覚が問われています。質問の意図に従って回答のポイントを解説していきます。

 回答のポイント:「学生と社会人の違いについて、どう思いますか?」

Point 1: 社会人の本質とは何かをまず考える。次に学生との違いを言葉にする

回答例を読む前に、あなたが考える「社会人の本質」を3つ程度考えてみましょう。他の質問のアドリブ対応力の練習にもなります。

無防備で答えた場合、「社会人とは仕事を通じて社会に貢献し、定期的に安定した収入を得る」のような誰にでも答えられるようなものになってしまいます。このような答えの場合、まだ社会に出るという自覚が薄い学生と判断されてしまいます。

また、単に「学生と社会人の違いは責任の大きさです」のような答えも稚拙と判断されてしまいます。中学生でも答えられるような答えを求めている訳ではありません。

就活の面接で「社会人」という言葉が使用される場合、「組織人」としての同調圧力が含まれている場合があります。企業や担当した面接官によっては、「命令に対する従順さ」を期待してこの質問を投げる人もいるでしょう。それを理解していれば、その文脈に乗らないように自分の答え方でコントロールしましょう。

自己分析の過程で、「働くことの意味」、「何故、就職するのか」を深く考えた学生はそれが大きなヒントになりますのでノート・メモを振り返っておきましょう。自分にとっての「働くことの意味」は、とても重要な質問です。まだ考えたことがなければ、少し時間をとって自分の頭で考えてみましょう。

考えた上でうまくまとまらない場合は、まず社会人とは何かを定義するために、「仕事をする上で最も大切なこと」、「企業は何のために存在していて、そこで働くことの意味」から発想したほうが的確な答えの近道になります。

社会人の定義ができたら、「学生の本質」を社会人の本質に対比するかたちで定義して、違いとして語るのが基本の答え方です。

Point 2: 自分の体験を通じて語れれば、説得力が増します

Point 1で導いた答えは基本になりますが、観念論だけでも答えにはなります。しかし、それ以上を狙いましょう。あなたが語る社会人の定義を実感した体験がある学生は、その体験を語りましょう。アルバイトから学んだこと、インターンシップで体験したことなど、実体験に基づいたものがあれば、説得力が増します。

既に体験しているということは、あなたが社会人になる自覚が出来ている、働く意味が既に自分事化されていることの証明にもなるため、良いアピールになります。

Point 3: 最後に一言簡潔に、あなたの意欲を加えて結びましょう。

あなたが社会人として、その会社でどのように働きたいと思っているのか、貢献したいと思っているのかのイメージを伝えましょう。あなたのビジョンや抱負を語ることによって、志望意欲が高いことをさりげなくアピールしましょう。

「学生と社会人の違いについて、どう思いますか?」の回答例

回答例は要素と構成の参考にしてください。簡潔にこたえるべき質問なので、結論(=違いは何か)から答えましょう。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

基本の答え

社会人と学生の違いは成果に対する責任です。

 

社会人とは自らが提供する時間と労働により、企業や団体にとっての成果を生み出すことによって報酬を得るというのがその本質だと考えます。学生の本質は「学ぶ」ことですが、それは自分の価値を高めることであり、すべて自分に委ねられています。そこに具体的な報酬が発生する訳ではありません。それが本質的な違いだと思います。

更に掘り下げて加える

仕事の成果は自分一人ではなく、チームワークで生み出すものだと思いますが、その成果に対しては個人の責任があると思います。自分が求められる成果に対し責任をもって貢献することで報酬が払われると自覚しています。

 

アルバイトも数多く経験していますが、時間や労働の提供という意味合いが強く、やはり生み出す成果に対する責任の重さには大きな違いがあると思います。社会人として十分な自覚を持ち、自ら価値を生み出して御社に貢献したいと考えています。

あなたと企業が対等な関係でお互いの価値を交換しあって、そこにあなたへの報酬が生まれるという考え方に立ってほしいのです。あなたは企業の「下僕」ではなし。そうなるべきでもありません。あなたの自主性が成果という価値を生み出すという文脈で「社会人」という言葉を考えてみましょう。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

平均点は58点。あなたは平均点を超えられますか?

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

doda_campus_fix_image.jpg2
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

ES_icon.jpg3
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。