就活生の疑問・悩みを解消し、自分にベストな「就活の答え」を見つける就活情報サイト

就活の面接で、入社の意思確認をされた場合の答え方

「内定を出したら、就職活動を止めますか?」と聞かれたら、どう答えますか?

就活の面接も最終段階に入ると、非常にストレートな入社の意思確認の質問があります。「当社が内定を出したら、どうしますか?就職活動を止めていただけますか」、「内定を出したら入社ますか?」という問いかけになります。

最終役員面接、そのひとつ前の面接から入社意思の確認の質問があることを覚悟して面接に臨んでください。

この質問にあなたなら、どう答えますか?その場面を想像してみてください。質問の内容からして最重要質問です。的確な対処法、答え方を頭に入れておきましょう。

面接官や役員が、この質問をする意図から解説します。

質問の意図:入社の意思確認、「当社が内定を出したら、どうしますか?」

面接官や役員がこの質問をする意図は次の2つです。

  1. 内定を出すに足る学生と評価し、実際に内定を出そうと考えているため、出す以上は入社してもらわないと困る。そのために最終の意思確認をして学生を囲い込みたい
  2. 内定を出しても良い学生と評価しているが、まだ迷いがある。本当に当社が第一志望で、内定を出したら必ず入社するか、その確約を内定の条件にしたい
それぞれの意図に従って、回答のポイントを解説していきます。

回答のポイント:入社の意思確認、「当社が内定を出したら、どうしますか?」

Point 1: 明確に「入社します」と意思表示しよう

企業側がこの質問を出すという意味は、「内定を前提に、あなたと面接している」ということです。企業はこの時点で、あなたと同じくらい優秀な学生の候補を採用予定人数より多く持っており、本当に入社してくれる学生(=内定を辞退しない学生)を選別します。

もし、あなたがこの回答で「検討します」、「少し考えさせてください」、「もう一社選考に残っている会社があり、少し待っていただけますか」と答えたら、企業側は「あなたは、内定を辞退する可能性のある学生」と判断します。

そんな答えをしたら、人気企業、難関企業の場合はここで終了です。あなたが、ずば抜けて優秀で、企業側が欲しくて、欲しくてたまらない場合は交渉の余地が残される場合もあります。

技術職や専門職の場合で、余人をもって代えがたいと判断する場合などがそれにあたりますが、総合職の場合は、その会社へのあなたの就活は終わると考えて下さい。

あなたがその会社から内定が欲しくない、もしくは、他に既に内定を得ている企業があり、その内定獲得済企業に入りたいと思っている場合を除き、答えは一つです。「はい。内定をいただけたら御社に決めます。就職活動も終えます。」と明確に即答してください。

Point 2:  明確に「入社します」と答える理由を用意しておこう

あなたが内定の当落線上にいる場合も同じです。どんな状態にいるのかは、企業側にしか分かりません。企業側は内定候補者の中から能力の高い順、志望意欲の高い順で採りたいと考えています。ここまで選考に残っている学生は、あなたと同程度の能力がある学生です。

つまり、内定を確定させるには明確な意思表示と、志望意欲を伝えてもう一押ししておくべきなのです。特に役員相手の最終面接では、役員に気に入られる必要があります。そのキーワードは熱意です。

あなたがどんなに能力が高くても、熱意が伝わらないと一部の役員から嫌われて最終選考で落ちる場合があります。最後まで安心してはいけません。

「はい。内定をいただけたら御社に決めます。就職活動も終えます」と明確に意思表示したあと、あなたの会社志望動機、あなたの就活の軸(会社選定で譲れない基準)を簡潔に語り、志望意欲の高さをアピールしてください。

あなたが心配しないために・・。

面接で「入社します」と明確に意思表示して、後日内定をもらったとしても、後から内定を断ることは可能です。

労働者は2週間の予告期間を置けば、労働契約を一方的に解約できます(民法第627条1項)。2週間とは労働を開始する日から2週間前という意味です。2週間の予告期間を置いたうえで内定を辞退すれば、有効に労働契約を解除できるので、会社に対する損害賠償義務は生じません。

面接で「入社します」と告げたとしても、その時点で企業が内定を決定している訳ではありませんし、企業側に学生を拘束する権利など一切発生しいていません。

もっと言えば、企業側に合理的な理由さえあれば、内定をあなたに出した後でも、企業側からあなたの内定を取り消すこともできるのです。その意味ではお互い様ですし、あなたが引け目を感じることは全くありません。

従って、もしあなたがその企業から内定を取りたいと思うのであれば、明確に入社の意思を伝えて下さい。職業選択の自由は憲法にも保障された権利です。

企業によっては、その場で選考中の企業に電話を入れろという、ひどい対応をする場合があります。面接の終盤では、現状では面接する企業しか残っていないと答えておきましょう。

入社の意思確認、「当社が内定を出したら、どうしますか?」の回答例

はい。内定をいただけたら御社に入社します。

私は御社で○○○をしたいと考え、御社を第一志望として就職活動を続けてきました。

御社に入社出来たら、全力で仕事に取組み、貢献することを誓います。内定をいただいたら、その時点で就職活動も終えます。よろしくお願いいたします。

あなたの就活偏差値はどのくらい?就活力診断シート

SPI image

平均点は58点!あなたの就活力は?

80〜100点 Sランク
就活力高い
60点〜79点 Aランク
就活力普通
40点〜59点 Bランク
就活力低め
39点以下 Cランク
就活以前に習慣を見直す必要あり

自分の『就活力』を診断してみる

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg2
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。

5606243-e1556884063700.jpg 3
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

Pair_b031fe2a0103efda20f2298ef982b4a0_s-e1556865083874.jpg 4
21年卒で就活が不安。自信はないが、大手には入りたい人への神サービス

就活に自信がない人が、大手企業を目指すには早くスタートをきること。そして実践で自分を磨いていくことです。LINEで簡単に就活のスタートができ、インターンや選考会への参加ができる神サービスを試してみませんか。

1f062fcb6611e333344e3ae7017531f5_s-e1556884695829.jpg 5
答えられる?就活の面接でよくある質問ベスト60【参考回答付き】

面接では「あなたの短所は?」「他にどんな会社を受けていますか?」「あなたの集団の中での役割は?」など様々な質問が聞かれます。この記事では、よく聞かれる質問をランキング形式で紹介しました。回答例つきなので、すぐに回答のポイントがマスターできるでしょう。