就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

就活の面接で、入社の意思確認をされた場合の答え方

「内定を出したら、就職活動を止めますか?」と聞かれたら、どう答えますか?

就活の面接も最終段階に入ると、非常にストレートな入社の意思確認の質問があります。「当社が内定を出したら、どうしますか?就職活動を止めていただけますか」、「内定を出したら入社ますか?」という問いかけになります。

最終役員面接、そのひとつ前の面接から入社意思の確認の質問があることを覚悟して面接に臨んでください。

この質問にあなたなら、どう答えますか?その場面を想像してみてください。質問の内容からして最重要質問です。的確な対処法、答え方を頭に入れておきましょう。

面接官や役員が、この質問をする意図から解説します。

質問の意図:入社の意思確認、「当社が内定を出したら、どうしますか?」

面接官や役員がこの質問をする意図は次の2つです。

  1. 内定を出すに足る学生と評価し、実際に内定を出そうと考えているため、出す以上は入社してもらわないと困る。そのために最終の意思確認をして学生を囲い込みたい
  2. 内定を出しても良い学生と評価しているが、まだ迷いがある。本当に当社が第一志望で、内定を出したら必ず入社するか、その確約を内定の条件にしたい
それぞれの意図に従って、回答のポイントを解説していきます。

回答のポイント:入社の意思確認、「当社が内定を出したら、どうしますか?」

Point 1: 明確に「入社します」と意思表示しよう

企業側がこの質問を出すという意味は、「内定を前提に、あなたと面接している」ということです。企業はこの時点で、あなたと同じくらい優秀な学生の候補を採用予定人数より多く持っており、本当に入社してくれる学生(=内定を辞退しない学生)を選別します。

もし、あなたがこの回答で「検討します」、「少し考えさせてください」、「もう一社選考に残っている会社があり、少し待っていただけますか」と答えたら、企業側は「あなたは、内定を辞退する可能性のある学生」と判断します。

そんな答えをしたら、人気企業、難関企業の場合はここで終了です。あなたが、ずば抜けて優秀で、企業側が欲しくて、欲しくてたまらない場合は交渉の余地が残される場合もあります。

技術職や専門職の場合で、余人をもって代えがたいと判断する場合などがそれにあたりますが、総合職の場合は、その会社へのあなたの就活は終わると考えて下さい。

あなたがその会社から内定が欲しくない、もしくは、他に既に内定を得ている企業があり、その内定獲得済企業に入りたいと思っている場合を除き、答えは一つです。「はい。内定をいただけたら御社に決めます。就職活動も終えます。」と明確に即答してください。

Point 2:  明確に「入社します」と答える理由を用意しておこう

あなたが内定の当落線上にいる場合も同じです。どんな状態にいるのかは、企業側にしか分かりません。企業側は内定候補者の中から能力の高い順、志望意欲の高い順で採りたいと考えています。ここまで選考に残っている学生は、あなたと同程度の能力がある学生です。

つまり、内定を確定させるには明確な意思表示と、志望意欲を伝えてもう一押ししておくべきなのです。特に役員相手の最終面接では、役員に気に入られる必要があります。そのキーワードは熱意です。

あなたがどんなに能力が高くても、熱意が伝わらないと一部の役員から嫌われて最終選考で落ちる場合があります。最後まで安心してはいけません。

「はい。内定をいただけたら御社に決めます。就職活動も終えます」と明確に意思表示したあと、あなたの会社志望動機、あなたの就活の軸(会社選定で譲れない基準)を簡潔に語り、志望意欲の高さをアピールしてください。

自分は内定先で活躍できるタイプなのか、自己分析の本格ツールで自分の適性を客観的に診断しよう

就活も本番に入ると、選考結果が次々と出てきます。結果が順調で内定を獲得できた人は、その会社や仕事は、本当に自分に向いている仕事なのか、気になりませんか?

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、選考結果に納得がいっていない人や、更に就活を継続してより良い選択をしたい人は登録して損はありません。

本格的なツールで客観的に自己分析を見直し、本当の適職をみつけましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

あなたが心配しないために・・。

面接で「入社します」と明確に意思表示して、後日内定をもらったとしても、後から内定を断ることは可能です。

労働者は2週間の予告期間を置けば、労働契約を一方的に解約できます(民法第627条1項)。2週間とは労働を開始する日から2週間前という意味です。2週間の予告期間を置いたうえで内定を辞退すれば、有効に労働契約を解除できるので、会社に対する損害賠償義務は生じません。

面接で「入社します」と告げたとしても、その時点で企業が内定を決定している訳ではありませんし、企業側に学生を拘束する権利など一切発生しいていません。

もっと言えば、企業側に合理的な理由さえあれば、内定をあなたに出した後でも、企業側からあなたの内定を取り消すこともできるのです。その意味ではお互い様ですし、あなたが引け目を感じることは全くありません。

従って、もしあなたがその企業から内定を取りたいと思うのであれば、明確に入社の意思を伝えて下さい。職業選択の自由は憲法にも保障された権利です。

企業によっては、その場で選考中の企業に電話を入れろという、ひどい対応をする場合があります。面接の終盤では、現状では面接する企業しか残っていないと答えておきましょう。

入社の意思確認、「当社が内定を出したら、どうしますか?」の回答例

はい。内定をいただけたら御社に入社します。

私は御社で○○○をしたいと考え、御社を第一志望として就職活動を続けてきました。

御社に入社出来たら、全力で仕事に取組み、貢献することを誓います。内定をいただいたら、その時点で就職活動も終えます。よろしくお願いいたします。

自分の面接力が今すぐ分かる面接力診断をしてみよう

面接の本番前に、自分の面接力をチェックしてみませんか?

就活の選考で最も難しいのが面接選考です。

面接ではあなたの自己分析の深さや、性格、強み、企業理解度や志望動機の強さが見抜かれます。

面接前に自分の面接力をチェックして客観的に認識し、どのポイントがダメなのかを知ることは、そのポイントを面接までに改善できるためとても重要です。

それを可能にしたのが「面接力診断」です。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、あなたの面接力を指数化してくれます。

更に重要項目ごとの、強さ、弱さもグラフで「見える化」してくれるため、改善へのアクションに繋がります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考を突破しましょう。またこのツールを利用するための登録時に、自分に役立つと思う完全無料の就活サービスを選び、就活をより効率的に進めていきましょう。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。