就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】面接や自己PRで、リーダーシップをアピールする方法

面接の自己PRでは、何が見られているのか

学生にとっての面接の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。従って全ての回答は自己PRにつながります。狭義では、エントリーシートに記載した、能力・力、長所を、面接であらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの長所は何ですか?」という質問で聞かれます。自己PR、長所でリーダーシップをアピールしたい場合、どう話せば面接官に響くのでしょうか?自己PR質問の意図からおさらいしておきましょう。

面接官が自己PRや長所の質問で知りたいのは次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す紹介ができるか
つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性、物事に取り組む熱意をアピールするべきなのです。どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。リーダーシップをアピールする場合の大切なポイントを解説していきます。

自己PRで、リーダーシップを取り上げる場合の注意点

リーダーシップは、企業が選考時にあたって重視する項目の一つです。企業は社会人の基本的な資質、土台としてリーダーシップを求めている訳ではありません。

本当の意味でリーダーになれるのは、ごく限られた一握りの人間です。リーダーシップを発揮できる人材は、組織として成果を出していくために必要な資質を沢山持っていることを企業は熟知しています。本当にリーダーシップを発揮できる人材は、喉から手が出るほど欲しいのです。

リーダーシップを本当に備えているが学生が、的確にそれをアピールできれば、非常に強い自己PRになります。しかし、学生が考えるリーダーシップと企業が求めるリーダーシップには、その認識は大きな差があるのも現実です。

多くの学生は、リーダーシップをリーダーとして活躍した経験としか捉えていません。その自己PRは「○○サークルで2年間リーダーをしていました」、「アルバイトのリーダーで、リーダーとして○○を達成しました」という内容になります。

企業はあなたがサークルやアルバイトのリーダーであったことには、ほとんど興味がありません。もっと言えば何を達成したかの結果も補足的な意味しかないのです。企業が知りたいのは、リーダーとしてのあなたの資質、リーダーシップを発揮するポテンシャルなのです。

リーダーシップを強みとして言い切るためには、沢山の資質が複合して必要のため、本当に自信がなければリーダーシップという言葉を使用せず、特化した個別の強みとしてPRしましょう。リーダーシップを自己PRのポイントにするには注意と工夫が必要です。リーダーシップと呼べる能力や貴重な資質、体験を魅力的にするためのポイントを解説していきます。

 リーダーシップとは何か

あなたは「リーダーシップがある人、リーダーシップを発揮できる人」を、どうイメージしますか?

  • 組織が向かうべき方向を明確に提示出来る人
  • 集団をまとめて、監督できる人
  • 目標達成に向かって自ら率先して行動し、組織を統率、牽引できる人
  • 信頼してついていける、責任感の強い人
  • 問題解決や課題に対して的確な判断ができ、明確な方針や指示を出せる人
  • 組織のメンバーをモチベートして、個々の能力を発揮させることが出来る人
このように、リーダーシップは人との関係性において評価されるもの、という共通点を除けば、人によってフォーカスするポイントが違います。またリーダーシップは上記のような資質が複合的に備わっていなければ発揮できません。他のアピールポイントとは一線を画し、より総合的な人格、資質とも言えるのです。

総合的な能力のため、「私の長所はリーダーシップがあることです」と言っただけでは全く伝わりません。「○○のリーダーをしていました。そこでこういう経験をしました」と伝えたとしても、あなたがリーダーとしての素質があるかどうかの証明には不十分なのです。

 就活の文脈でいうリーダーシップとは何か

多くの学生が部活やサークル、アルバイト、ゼミや研究、ボランティア活動等をテーマにリーダーシップをアピールします。このように組織の中での具体的な経験を話すことは、リーダーシップの自己PRには絶対に必要なことです。

「何をどうリードしたのか」という結論は冒頭に話すべきですが、企業が本当に知りたいことは、あなたがその活動をどう考え、どのようにメンバーと向き合い、どう実行して、その結果何を得ることができたのかという点です。その過程であなたが直面した問題、払った努力や成長を語り、あなたの人柄やリーダーとしての素質、どんな点がリーダーとしての素養なのかを伝えることが大切です。

就活文脈のリーダーシップに必要な要素

就活文脈のリーダーシップをもう少し深く考えてみましょう。企業のニーズにマッチするリーダーシップの要素は以下のようになります。リーダーの条件と言い換えても良いでしょう。

  • チーム・組織からの信頼がある
  • 目標・理想・ビジョン・課題を提示できる
  • 目標に対してコミットできる、チームの成果に集中・貢献できる
  • 判断力・決断力がある
  • コミュニケーション力(傾聴力、説得力、働きかける力、人間関係構築)
  • 率先する姿勢(自らやると言える人)、行動力
  • 先頭に立ち、模範となる
  • 組織をまとめる統率力
  • 迅速であること
  • 活発であり、チームをモチベートできる
  • 平常心を保てる胆力(チャレンジできる資質、失敗しても責任をとる覚悟)
  • 部下が失敗しても良い方向に導ける、部下を指導し、育てる資質
  • 優先順位を判断して仕事を的確に割り振る調整力
  • 対外交渉力がある
  • 方針に拘らずに判断が出来る (イノベーション・変化への対応)
  • 私利私欲、見栄、虚栄心では判断しない

このようにビジネスで求められるリーダーシップは、学生が何となくイメージしているリーダーシップよりはるかに重いものです。

リーダーシップの要素が備わっているビジネスマンはほんの一握りでしかありません。その一握りの優秀な人材でさえ、レベルにも大きな差があります。

当然、学生のあなたが、これらの要素を備えていると期待している訳でもありません。あくまで、素質があるかを判断するだけです。

しかし、あなたがリーダーシップを自己PRのポイントにするならば、あなたが語るエピソードにこれらの要素が一部でも感じられないと、素質がアピールできないのです。事実に基づくことが大前提ですが、エピソードでフォーカスできる要素をピックアップして、あなたのリーダーシップとして表現してください。

 リーダーシップを具体的に語ろう

リーダーシップの持つ意味があまりにも広く、面接官によって期待するポイントが違うため、リーダーシップをアピールする際には、具体的にどんなリーダーシップなのかを定義して語ってください。自分がアピールしたいリーダーシップとは何かをはっきり定義するべきなのです。上記の企業ニーズをヒントにしながら、あなたのエピソードから、あなた自身のリーダーシップを冒頭で語ってください

リーダーシップのアピールポイントを語っただけでは誰も信じてくれません。なぜそう主張できるのかを事実・経験に基づいたエピソードで証明しましょう。

自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

リーダーシップを上手くアピールするために、次の強み・長所を上手に伝えるパターンを応用してください。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の長所は○○○を○○○する○○力です」(長所のリーダーシップを具体的に表現する)

経験・エピソードパート:

  1. 長所の根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る
  2. そこにあった問題点と課題。課題に対して考えたこと、解決への動機
  3. 問題・課題に対してとった行動(努力や工夫)とその結果

まとめパート:

  1. あなたのリーダーシップのまとめと、学んだ事、成長した点を仕事へ活かす決意

あくまであなたが最も主体的に新しいことに取り組んだ事例を選びましょう。あなたが達成した結果、成果そのものより、あなたの具体的な取り組み、プロセスを簡潔に語ってください。

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

自己PRが書けない時は、自己PR作成ツールを活用してみよう

リーダーシップの自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

リーダーシップを自己PRする場合の回答例

私はサークルやアルバイトでもリーダーとしての役割をしてきましたが、自分の成長に一番つながったのは熊本でのボランティア団体のコーディネーターを経験したことです。リーダーシップに重要なのは、共感と信頼でした。

 

大学で教育関係のボランティア活動に参加していた繋がりで、ある熊本の災害ボランティアNPOの方から「熊本と東京の大学の支援活動をつなぐコーディネーターをやってくれないか」というお話をいただきました。

 

災害ボランティアの経験はなかったので、戸惑いましたが、大地震で困っている人の役に立ちたいとの思いから、引き受けることにしました。

 

メインの仕事は熊本のNPOの方から現地の事情や要望を聞いて、大学のボランティア団体への参加の要請を行う事。一般学生へのボランティア募集や寄付を募ること。スケジュールを調整して現地に入って大学からの参加者の代表として活動を振り分け、実施するというものでした。

 

コーディネーターとはいえ、私が声を掛けて始めた活動ですので、参加してもらった学生に対してはリーダーとして活躍しないと、皆がついてきてくれません。

 

その時はじめて先頭に立つことの難しさを実感しました。特に苦労したのは「参加者に納得してもらうこと」、そして「自主的に動いてもらうにはどうすれば良いのか」、という点でした。

 

ボランティアに参加してくる学生は意識も高く、自分なりの考えをちゃんと持っていて、活動そのものにも、しっかりとした意義を求めてきます。具体的な活動の詳細を説明して、意義を納得してもらえれば、こちらが指示しなくても自主的に動いてくれる方が多いということに気がつきました。

 

私がしたことは、徹底的に現地のニーズを取材して、なぜそれが今必要なのかを理解し、説明すること。もう一つは、参加してもらう学生の個々の事情や、モチベーションを把握することでした。

 

その二つをすることで、はじめて共感を得ることが出来、実際の活動を通じて参加した学生から信頼してもらえていることを実感できました。共感と信頼が私のリーダーシップのキーワードです。

 

この経験を活かし、社会人になってもチームを引っ張っていけるような人材に成長して、御社に貢献したいと考えています。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

自己PRが書けない時に!自己PRジェネレーターを活用してみよう

自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

このツールを利用するための登録時に、自分に有益と思える完全無料の就活サービスにもチエックを入れて、就活をより効率的に進めていきましょう。

▶︎自己PRを作成する(無料)

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

\\ 就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと //

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
厳しい環境の22年卒就活には、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

厳しい環境の22年卒の就活では、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。