就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

【例文あり】就活の面接で「メンタルの強さ」を効果的にアピールする秘訣

ESや面接の自己PRでは何が見られているのか

学生にとって、就活の目的は、自分を志望企業に売り込むことです。

従って全てエントリーシートや面接の質問への回答は自己PRにつながります。

狭義では、エントリーシートに記載した、能力・強み(力)、長所を、面接であらためて「あなたの自己PRをお願いします」、「あなたの強み・長所は何ですか?」という質問で聞かれます。

「メンタルの強さ」あるいは「メンタルタフネス」、「精神力の強さ」、「逆境での強さ」を強みとしてアピールしたい場合、どう話せば面接官に響くのでしょうか?自己PR質問の意図からおさらいしておきましょう。

面接官が自己PRや長所の質問で知りたいのは次の5点に集約できます。

質問の意図:

  1. どんな人柄で、どんな特長(強み、能力、長所)を持っているのか
  2. 物事に対する考え方、価値観、興味、取り組み方、態度・姿勢、行動特性
  3. 人柄や特長(学生の主張)の裏付けや経験、事実
  4. 人柄や特長を、どのように活かしているのか、活かそうとしているのか
  5. 魅力的で、印象に残す紹介ができるか

つまり特長(強み、長所)を通じて、あなたの考え方、行動特性や物事に取り組む熱意をアピールするべきなのです。

どんな特長でもこの趣旨を理解して、それが伝わるような回答ができれば良いのです。「メンタルの強さ」をアピールする場合の大切なポイントを解説していきます。

自己PRで、「メンタルの強さ」を取り上げる場合の注意点

「メンタルの強さ」や「メンタルタフネス」は企業が採用にあたって重視する資質の一つです。

経団連が1997年より毎年行っている「新卒採用に関するアンケート調査」では「メンタルの強さ」という項目は入っていませんが、直近の2019年卒を対象としたデータでは、「メンタルの強さ」に関連が非常に深いストレス耐性は第6位(35.2%)という結果になっています。

ちなみにこの調査は、社会人に必要な資質を20の項目に分け、経団連傘下の企業1,376社に対し、最も重視する資質を5つ選択してもらった結果を集計したものです。

調査結果の第1位はコミュニケーションの能力(82.4%)、2位は主体性(64.3%)、3位はチャレンジ精神(48.9%)、4位は協調性(47.0%)、5位は誠実性(43.4%)に次いで重視されているのがストレス耐性でした。

「メンタルの強さ」が重視される理由

現在、全国平均で新卒採用者の1/3が入社3年以内に退職してしまうという状況もあり、ストレス耐性やストレスコントロール力に対する重要性は増してきています。

企業としては、せっかく苦労して採用した学生が利益に貢献する前に退職してしまうのは、大きな損出です。

実際のビジネスは、自分の思った通りにならないことの方が多く、苦労の連続です。また組織で仕事を行う上では、上下関係や同僚との人間関係でストレスが生じることが少なくありません。

また、配属や勤務地、勤務条件・待遇、職種や仕事の内容、社内の雰囲気が入社前に期待していたものとは違うことも普通に起こり、それが大きなストレスになることもあります。

更に営業職であれば、顧客という更に難しい相手と関係を構築し、営業目標(売上・利益)に対するプレッシャーもあります。

仕事にはストレスがつきものであり、様々なストレスに耐えられる「メンタルの強さ」は社会人としてのポテンシャルをアピールできる強みなのです。

 「メンタルの強さ」のアピールは、面接の応答でもチェックされる

ただし面接官は学生の「メンタルの強さ」を自己PRや長所であげられたポイントだけで判断しているかというと、それは違います。
他の質問の答えとの整合性、性格を含めて全人格的な資質を判断しているのです。

特に面接の応答の仕方だけでも、この学生は「メンタル」が強い学生なのか、普通なのか、そうでない性格なのかは、直に分かってしまいますので注意してください。

企業によっては、あるいは面接官によっては敢えて「圧迫面接」をする場合さえあるので、民たるの強さは注意が必要な「強み・長所」です。

「メンタルの強さ」とは何か

あなたは「メンタルが強い人」を、どうイメージしますか?多くの人に同じ質問をした場合、共通する部分もありますが、微妙に解釈が違う答えをしてきます。

特に「何に対して、特にメンタルが強いと感じるのか」は、人によってその対象、原因は大きな差があります。

メンタルに大きな影響をあたえるものや場合

  • 人間関係において、厳しい言葉、叱責や辛い態度をとられた時
  • ピンチや重大な局面で、大きなプレッシャーがかかる
  • 高い目標を与えられ、それが達成できないと感じた時
  • 掛けた努力が実らず、チャレンジが失敗に終わった時
  • 逆境、不利な状況に立たされた時
  • 環境や立場に劇的な変化がある時
  • 重責を担った時
  • 現在行っていることが上手くいかず、成果がでない、結果が出ない
  • ミスや失敗をしてしまった時
  • やり直しを繰り返された時
  • 組織の中、ある状況の中で、自分だけ著しく能力が劣る場合
  • 行ったことが全く評価されない場合
  • 等々

このように、「メンタルの強さ」や「メンタルタフネス」といっても、人によって期待する強さが違うため、「自分は何に対して」、「どういう状況で」、強さ・タフさを発揮するのかを明確に定義することがポイントになります。

「メンタルの強さ」を「強い」と感じるレベルには個人差がある

あなたが「自分はメンタルが強い」と思っていても、他人にとっては「たいしたことではなく、普通のレベル」こともあるでしょう。

「メンタルの強さ」をアピールする場合は、その対象・原因を明確にすると同時に、できる限り具体的に「強さ」が発揮されたエピソード、経験を語る必要があります。

更に多くの人が「それは、大きなプレッシャーだよね」、「困難な状況だよね」と共感できるレベルのエピソードである必要があります。

例えば「自分の好きなことを、困難なことはありましたが最後までやり遂げました」というレベルのエピソードでは、そこに「困難に負けないメンタルの強さ」があったとしても、面接官は「好きなことなら当然だよね」と考えます。

説得力がなく、逆効果になるため「困難な状況」のエピソードは、エントリーシートのドラフト段階で信頼のおける第三者の評価を受けることをお勧めします。

エピソードの内容によっては、「メンタルの強さ」ではなく、関連性の深い他の強みや長所として表現した方が効果的な場合があります。

「メンタルの強さ」に関連した強みや長所

「メンタルの強さ」に関連、近似した強みや長所は数多く存在します。自分が伝えたい、経験・エピソードが、下記の強みや長所として伝えたほうが効果的かを検討しましょう。

「メンタルの強さ」に関連した強みや長所一覧

  • 打たれ強い
  • ストレス耐性がある・強い
  • 精神力がある
  • 粘り強い
  • 忍耐力、我慢強さ、辛抱強い
  • 継続力
  • 根気がある、根気強い
  • 努力家、コツコツ努力できる
  • 逃げない、負けない、諦めない、
  • 目標達成への執着心・意欲の高さ
  • しぶとい
  • 芯が強い
  • 耐久力がある
  • 負けず嫌い
  • 骨のある
  • 根性がある

それぞれ、微妙に意味の違いやニュアンスの違いがあります。上記のような強みや長所の表現の方が、自分の経験・エピソードによりフィットする場合は言い換えをしてください。

就活の文脈での、「メンタルの強さ」とは何か

企業が選考時に「メンタルの強さ」が備わっていて欲しい資質として重視するのは、仕事は基本的にストレスフルであり、自分の思う通りには進まないことが普通だからです。

更に、仕事は組織で行われ、多種多様な人が関わるため人間関係もストレスの一因になるからです。

就活で、「メンタルの強さ」をアピールする際には、自分一人で完結した経験より、人との関わりの中でプレッシャーや困難な状況が存在したエピソードの方が説得力が増します。

具体例で言うと「大学入試で二浪したが、第一志望の大学・学部への入学した」というメンタルの強さより、「体育会で先輩からの理不尽な要求にも耐え抜き、インターカレッジの大会で優勝を果たした」というエピソードの方が「メンタルの強さ」のアピールには適しているのです。

強み・長所は、あくまで面接官が「そう感じてくれる」ことが大前提です。

自己PRでは、「自己満足」にならないように、エピソードには客観的な評価やその評価につながる具体的な事実が絶対に必要となります。

就活文脈の「メンタルの強さ」に必要な要素

就活文脈の「メンタルの強さ」をもう少し深く考えてみましょう。企業のニーズにマッチするメンタルの強さの要素は以下のようになります。

  • 困難な状況下でも、物事を意欲的に、前向きに捉えられるポジティブシンキングが身に付いている
  • 困難な状況(外部・内部環境・人間関係)への適応力、調整力がある
  • 無理だと思うような要求でも、一旦受け止め、その解決策を考え行動できる
  • 状況を改善したり、問題を解決するための合理的な思考や、柔軟な思考ができる
  • 困難な問題や課題、目標に対して、根気よく取り組める
  • ストレスやプレッシャーを上手くコントロールする自己管理能力がある
  • 失敗してもくじけず、失敗から学んで立ち直れる、取り組みを再開できる
  • 投げ出さない、折れない、動じない、意思の強さがある
  • 目的や目標達成に対する高い意識がある
  • 最後までやりきる責任感と粘り強さがある

ビジネスで求められる「メンタルの強さ」は、学生が思っているメンタルの強さよりはるかに重いものです。もちろん、学生のあなたに、全てを求めている訳ではありません。

仕事もしていないのに、仕事に必要なメンタルの強さが十分に備わっているとも思ってはいません。

新卒の学生に対しては上記の要素を満たすポテンシャルがあるかをチェックしています。

従ってあなたが「メンタルの強さ」を自己PRのテーマにする場合、エピソードにこれらの要素の一部でも入っていないと、非常に説得力が弱い自己PRになってしまいます。

特に重要なのは、メンタルが強いことで何が生み出せるのかを語ることです。メンタルが強いだけでは、「守り」のイメージが強く、そこから何が生み出せるのかの「攻め」の意味を込めること、期待をもたせることがポイントになります。

就活の面接なので、「あなたのアピールポイントが志望する企業のビジネスで、どう活かせるのか」という「プラスのポイント」を常に考えておきましょう。

「メンタルの強さ」を具体的に語ろう

「メンタルの強さ」は非常に抽象的な言葉のため、アピールする際には、具体的にどんな強みなのかを定義して語ってください。自分がアピールしたい「メンタルの強さ」とは何かをはっきり定義するべきなのです。

「部活、サークルやアルバイトで、はじめは上手いかず先輩からも厳しい言葉を受けましたが、何とか続けることができました」という「耐える人」文脈だけで語らないでください。「耐えること」も大事なことですが、受け身の姿勢でしかなくアピール力がありません。

あなたの「メンタルの強さ」が志望する企業にとって、どんな意味があるのか、どんな貢献ができるのか、活かしどころはどこか、という視点を常に持っておくことです。

自己分析をやり込み、面接に備えよう

採用面接では様々な角度の質問がされ、「あなた」が深堀りされます。

上手く答えるには、自己分析を通じて、「あなた自身」を深く理解する必要があります。あなたは、自信をもって「メンタルが強い」や「打たれつ強さ」、「精神力」を強みとして主張できるレベルなのかを知りたくありませんか?

そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けて、本当のあなたの強みを偏差値的に解析してくれるものです。

本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれます。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、就活をスタートした人、選考結果に納得がいっていない人や、更に就活を継続してより良い選択をしたい人は登録して損はありません。

就活も今までと違う方法を試してみる価値は大いにあります。

手早く本格的で客観的な自己分析を済ませ、納得の結果を追求していきましょう。

今すぐ登録してみる(完全無料)

アピールポイントの根拠を語ろう

「メンタルの強さ」のアピールポイントを語っただけでは誰も信じてくれません。なぜそう主張できるのかを事実・経験に基づいたエピソードで証明しましょう。

自己PRをエントリーシートに書くために、あなたの強み・長所は事実・経験から抽出していますね。その過程で使用したエピソードの展開フレームを面接にも応用しましょう。

「メンタルの強さ」をアピールするには次の5点をアピールできるエピソードを選びましょう。

  1. 客観的にも人間関係や、問題、課題、目標の達成へのプレッシャーが高い(逆境)と判断でき、ストレスフルな状況が具体的に説明できること
  2. 「メンタルの強さ」を身に付けるために、あなたが主体的に、積極的に行ったこと、働きかけたことを必ず入れること
  3. 「メンタルの強さ」を発揮した結果が明確であり、自己満足ではなく客観的な評価を得たなエピソード
  4. 志望する企業での仕事に活かせる、貢献できる「メンタルの強さ」であること
  5. 結果としてその経験で証明する「メンタルの強さ」が、他のプレッシャーがかかる事例でも活かされ、しっかり身に付いたと

「メンタルの強さ」を上手くアピールするために、次の強み・長所を上手に伝えるパターンを応用してください。

強み・長所を上手に伝えるパターン

結論パート:

  1. 結論を先に述べる:「私の強みは○○○を○○○する○○力です」(「メンタルの強さ」を具体的に表現する)

 

経験・エピソードパート:

  1. 長所の根拠である経験、力を発揮できたエピソードの概要を簡潔に語る
  2. そこにあった問題点と課題。課題に対して考えたこと、解決への動機
  3. 問題・課題に対してとった行動(努力や工夫)とその結果

 

まとめパート:

  1. あなたの「メンタルの強さ」のまとめと、学んだ事、成長した点を仕事へ活かす決意

あくまであなたが最も主体的に新しいことに取り組んだ事例を選びましょう。メンタルの強さを発揮して得た成果も重要ですが、成果そのものより、あなたの主体的な取り組み、プロセスを具体的に、且つ簡潔に語ってください。

これらの要素を一気に話すのではなく、できるだけ面接官との会話の中で伝えてください。面接に慣れてくれば、順番を敢えて崩して印象を深めるなどの余裕も出てくると思います。

暗記した文の棒読みはだめです。キーワードをしっかり頭に入れて、会話で伝えることを心がけましょう。

「メンタルの強さ」を自己PRする場合の回答例

私の強みはラグビー部で鍛えられた、人と「やるべきこと」に対する二つのメンタルの強さです。

 

高校からラグビーを始め、大学でもラグビー部に所属していました。体育会の上下関係は厳しく、先輩からの理不尽な要求でも全て一旦受けることが求められます。

 

週5回から7回の練習は当然として、コンパでも徹底的に鍛えられた上にアルバイト先も部の先輩と働くコンビニエンスストアという、ほとんど先輩達と一緒という状況が3年間続きました。

 

先輩後輩の厳しい上下関係に加え、1日4時間の練習、休みの日にはアルバイトという過酷さの中で、単位を落とし留年する者が多い中で、私は一つの単位も落とさずに部活動と学業、アルバイトという三つのタスクを全うしました。

 

苦しくても絶対に弱音を吐かずそれぞれを全うできたのは、どんな場合でも面白いこと、モチベーションに繋がることを見つけて取り組む習慣を身に付けたからです。

 

この経験で培ったメンタル強みを社会に出てからも活かし、高い営業目標にもチャレンジしていきます。

上記の回答例は要素と構成の参考にしてください。このように話そうという目的ではありません。要素と構成を参考に自分のオリジナルを作って、練習と場数で磨いていきましょう。

この記事を読んだ人は、以下の記事も併せて読んでいます。

就活のスタートには、自己分析のサポートツールで自分の強みを発見しよう

「自己分析」は就活のイロハの「イ」ですが、時間がかかり大変です。そして自分を冷静に見つめ直すのも難しいものです。そんな時、力になるのは本格的な適職診断ソフト、「Analyze U+」です。

「Analyze U+」は251問の質問に答える本格的な診断テストで、質問に答えていくと経済産業省が作った「社会人基礎力」を基に、25項目に分けてあなたの強みを偏差値的に解析してくれます。本当のあなたの強みや向いている仕事を素早く「見える化」してくれる優れたツールなのです。

「AnalyzeU+」を利用するには、スカウト型就活サイト「OfferBox」への会員登録が必要です。もちろん全て無料で利用できます。

  OfferBoxは、自分のプロフィールを登録しておくだけで、あなたに関心を持った企業から選考のオファーがもらえるサイトなので、登録しておいて損はありません。 手早く自己分析を済ませ、就活の流れに乗っていきましょう。

<オファーボックス参加企業の一部>

Offerbox_companies.jpg

今すぐ登録してみる(完全無料)

人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

 5fcfac4dcd37cee1dca9a690507125f5.jpg

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

選考を通過したエントリーシートを参照して、コツをつかみ、自分のESに活かしましょう!

就活を成功に導くカギは、具体的な行動を起こすこと>>>

就活ノートに無料登録はこのボタンから

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

 offer_box_fixed_icon_150x150.jpg1
23年卒の登録が殺到中!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

ES_icon_syukatsu_note.jpg2
人気企業1,000社の選考通過ESを参考にして、エントリーシート対策を強化しよう

「就活ノート」に無料登録すれば、先輩の書いたエントリーシートを1,000社、2,000枚以上閲覧できます。自分になかった視点や「その学生らしい切り口」も見つけ、選考に強いESを書くコツを身につけよう

doda_campus_fix_image.jpg3
就活が不安な23年卒の就活生は、dodaキャンパスを賢く利用する打ち手がある

先行きが不透明な23年卒の就活生は、逆求人型スカウトサービスで急成長しているdodaキャンパスを試してみよう。オファー受信率98%、ベネッセならではの充実したオンライン講座やイベント、本格的な適性診断まで無料で使えます!

5606243-e1556884063700.jpg4
本当の自分にベストな企業が選べる、逆求人型就活サイトを賢く使おう

自分にベストな企業に入るには、大手ナビサイトと逆求人型就活サイトのスカウトを併用するのがお勧め。逆求人型サイトの大手であるキミスカを例に、メリット、デメリットを分析し、その賢い使い方を解説します。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、就活が不安でしかたがない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。