就活に正解はない。あるのは自分の「答え」だけ。自分にベストな答えを見つける就活情報サイト

グループディスカッション能力を高める練習方法を徹底解説!

グループディスカッションの練習

グループディスカッションは面接とは違って、個人で完結できないため能力を高めるのが難しいという声をよく聞きます。しかし、グループディスカッションと言っても、評価されるのは個人の能力です。難しいからといって、練習をしなければ能力が上達する訳はありません。

スポーツの団体競技でも、個人でその技能を磨かなければレギュラーにはなれません。試合にも出してもらえないでしょう。更に、練習試合を行わないと、本番で力を発揮できません。就活のグループディスカッションも全く同じです。

この記事ではグループディスカッション能力を高める練習方法を、一人でできるものから実戦形式の練習の方法まで詳しく解説していきます。

一人でできる、グループディスカッション力を鍛える方法

グループディスカッションに最も必要な能力は、考える力です。もちろん、ファシリテーション力、リーダーシップ、協調性なども必要ですが、考える力がないと参加する意味もありません。つまり選考は勝ち抜けません。

考える力は一人でも養うことができます。普段の生活の中で以下のポイントをしっかり押さえていきましょう。

ニュース、時事問題、就職、志望業界・企業関連の話題に、問題意識と自分の意見を持つ

  • グループディスカッションのテーマには最近のニュースや時事問題や就活・志望業界・企業関連のトピックから選ばれる場合が多いため、そこにアンテナを貼っておくことが重要です
  • アンテナを張っておくだけでは不十分で、そのテーマを自分で考える習慣をつける事です。例えば、ニュースでも情報としてそれを知るだけでは不十分であり、そのニュースを自分の頭で深く掘り下げて考える癖をつけるのです
  • ニュースといっても、どういう点が議論されているのか、ある程度の情報があるし、ネットで検索すれば、その背景や問題点、専門家の意見などを知ることができます
  • はじめは、情報を深く探っていくことからはじめて、更に自分の頭で「本当にそうなのか」、「別の角度から考えてみるとどうか」、「矛盾点はないのか」自ら考える癖をつけましょう

一例ですが「企業の副業解禁」というニュースがありました。それについて、次にあげるアングルで考えていくと分かり易いと思います。

(例) 「企業の副業・兼業解禁」のニュース

  1. 定義の確認:副業・兼業と言っても、具体的にどういうことなのか?定義されているのか?就業時間外?時間内?時間の規則の有無?報酬など

 

  1. 背景は何か?:厚生労働省が、モデル就業規則で今まで原則禁止としてきた「副業・兼業」を解禁した背景

 

  1. 目的は何か?:原則を変えるには、誰かの、何かに対するメリットがあるはず。副業・兼業を解禁する社会全体、企業、従業員、生活者の立場で政策変更の目的を考えてみる

 

  1. 問題点・デメリットは何か?:そもそも今まで禁止されていたからには明確な理由があるはず。それは何か?また解禁されることによっての問題やデメリットを、社会全体、企業、従業員、生活者の立場で考えてみる

 

  1. 自分の意見を考える:メリットとデメリットを把握した上で、総合的にどう考えるのかを自分の意見をまとめてみましょう。このような賛否が拮抗する問題は、練習のためにどちらかに決めて、それに対しての対策まで考えてみる。「積極的に解禁するべき」という立場をとる場合は、解禁するべきと決めた理由を明確にしましょう

 

  1. 具体策を考える:「積極的に解禁」を促進するためには、何が必要かを具体的に考えてまとめます。最後に、「解禁すべきではない」という意見に対し、どうすれば解禁を説得できるのか、その方法論、具体策まで考えてみましょう

 

5、6の自分の意見をまとめるプロセスの途中で思考を停止しないでください。最後までまとめて、文字に起こしていきましょう。1~6のプロセスを20分以内で行う練習をしていきましょう。

ロジカル・シンキングの専門書籍を精読する

就活のグループディスカッション用の専門書・参考書も多数出版されています。色んな考え方のフレームワークが紹介されています。アマゾンや就活情報サイトでも簡単に推薦図書が検索できますので、購入して参考にしてください。就職を決めるための投資と思えば無駄にはなりません。

グループディスカッション力を集団の中で鍛える

グループディスカッションを友人と行う

自分と同程度か、自分以上の能力を持っている友人、知人と模擬グループディスカッションを行うのもグループディスカッション力を鍛える良い方法です。

しかし、ただダラダラと議論しても意味がないため、実施するのであれば、本番と同じ時間設定で行いましょう。人数は最低4人、最高でも7人で実施してください。スマートフォンで全員動画の自撮りするか、三脚があればそれを使って全体を記録して反省会を開きましょう。

メンバーの合意ができれば、だれか一人を評価者として客観的に全体の議論の流れを把握して、フィードバックする方法でも良いでしょう。

外部セミナーを積極的に活用する

セミナーのみではなく、模擬グループディスカッションを実施してくれるタイプを選んで積極的に活用しましょう。スポーツでいう対外練習試合です。

実戦以外では、最も能力を鍛える練習方法なので、積極的に活用しましょう。他の学生のレベルも知ることができます。また、参加者から良い面を吸収する効果も大きいです。専門家・キャリアコンサルタントからのフィードバックが受けられるので、具体的に良かったこと、悪かったことが把握できます。

無償で参加できるものも結構ありますので、「グループディスカッション 練習」で検索してみてください。

実戦で鍛える

就職協定に縛られない、コンサルティング企業、外資系企業、ベンチャー企業にエントリーして、早い段階からグループディスカッションを経験できると、非常に効果的な対策になります。コンサルティング企業の場合、テーマの難易度が高いです。外資系企業の場合もグループディスカッションを重視している場合が多く、クオリティの高い学生が集まると思っておきましょう。それだけにやる意味は大きいです。

早い段階から実戦を経験できることは、たとえ選考を通過できなくても良い経験になります。上手くいけば早期に内定を獲得できるため、その後の就活にも余裕が生まれるため一石二鳥です。

39点以下は危険度MAX!本番前に面接力を診断しておこう

今年の就活は、グループディスカッションやグループワークをクリアしたら個人面接。web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。

そんな時は、「面接力診断」を活用してみましょう。

面接力診断は、24の質問に答えるだけで、自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。

web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。

▶︎面接力を診断する(無料)

あわせて読みたい!就活に即効の記事、ベスト5

ES_icon.jpg1
大手人気企業100選、内定者のESが今すぐ手に入るサービス

就活はエントリーシートの選考を突破しなければ、何もはじまりません。人気、大手企業の場合は9割以上の人がその先に進めません。そのためES対策はとても重要。今すぐ内定者のESを手に入れ対策をはじめよう。

offer_box_fixed_icon_150x150.jpg2
22年卒の登録が殺到!大手企業も利用するオファーボックスでスカウトをもらおう

資生堂、マイクロソフト、日産自動車、朝日新聞、JCB、コクヨ、GREE、SECOM、3M、オプト、CO・OP、ATEAM、MicroAd、船井総研、大幸薬品なども利用している逆求人型スカウトサービスのOfferBoxを賢く使い、就活のもう一つのルートを開いておこう。

5606243-e1556884063700.jpg 3
就活の失敗さえもスカウトの材料になる、就活スカウト型サービスを賢く使おう

就活が思った通りにいかないのは、ある意味当たり前のこと。スカウトサービス大手のキミスカなら、例えあなたの選考が上手くいかなくても、その過程を評価してくれる企業からのスカウトオファーが期待できます。

rikei_navi_150x150.jpg 4
【22年卒理系学生限定】理系ナビを使って自分のキャリアプランを固めよう

コロナウイルスの影響が心配な22年卒の就活。理系学生がキャリアプランを考える上で強力なサポートになる理系に特化した「理系ナビ」を使い、進学・就職を含めて何が自分に最適な選択なのかを考えていこう。インターンシップへの参加も強力サポートします。

b3b75e7093f0c280652cb24dec855b9c.jpg5
首都圏の学生で、内定が取れていない人への神サービスを試してみよう

もう一人で悩まなくていい。就活の専任アドバイザーがマンツーマンでES添削・面談対策をしてくれ、しかもあなたに合った優良企業を紹介、完全無料の就活サポートをしてくれる「キャリアチケット」を紹介します。